原川力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原川 力 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハラカワ リキ
ラテン文字 HARAKAWA Riki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-08-18) 1993年8月18日(25歳)
出身地 山口県山口市
身長 175m
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サガン鳥栖
ポジション MF
背番号 4
利き足 右足
ユース
2006-2008 レオーネ山口
2009-2011 京都サンガF.C.U-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2015 京都サンガF.C. 39 (0)
2014 愛媛FC (Loan) 32 (1)
2014 Jリーグ・アンダー22選抜 1 (0)
2016-2017 川崎フロンターレ 4 (0)
2017 サガン鳥栖 (Loan) 33 (7)
2018- サガン鳥栖 29 (2)
代表歴
2013  日本 U-20
2014-2016  日本 U-23
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

原川 力(はらかわ りき、1993年8月18日 - )は、山口県山口市出身のサッカー選手Jリーグサガン鳥栖所属。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

ジュニアユースチームのレオーネ山口(現・レノファ山口FCアカデミー)でサッカーを始めた。鴻南中学校のサッカー部に所属していた久保裕也は、チームこそ違うものの同中学の同級生で、中学校の校庭や学校の隣にある維新百年記念公園で朝練をしていた間柄であった[1]。中学3年時の2008年には高円宮杯第20回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会に初出場、中心選手としてベスト4進出を果たす。また、同年のチャレンジ! おおいた国体サッカー少年男子競技にも久保と共に山口県代表として出場した。2009年、鴻南中を卒業後、同級生の久保と共に京都サンガF.C.U-18に入団。

京都サンガ[編集]

2011年シーズンに京都サンガF.C.に2種登録され、トップチームに帯同。2012年より、トップチームへ昇格[2]。7月22日、J2第25節の愛媛FC戦で後半33分から出場し、プロデビューを果たす。2014年1月、出場機会を得るために愛媛FCへ期限付き移籍[3]。この年32試合に出場しプロ初得点も挙げた。2014年12月、京都への復帰が発表され[4]、2015年シーズンはJ2リーグ戦・天皇杯合わせて32試合に出場した。

川崎フロンターレ[編集]

2015年12月24日、川崎フロンターレに完全移籍することが発表された[5]2016年活躍に期待されたが、大島僚太エドゥアルド・ネットの壁が崩せず、スタメンには定着できなかった。風間八宏監督の戦術理解に苦しみSB等で自分のプレーを見つめ直したり努力はしたが、シーズン通しての出場は少なかった。

サガン鳥栖[編集]

2017年1月4日、サガン鳥栖に期限付き移籍で加入することが発表された。2月25日、柏レイソルとの開幕戦でフリーキックから移籍後初得点を決め、3月11日に行われた第3節のサンフレッチェ広島戦でもホームで2戦連続となるフリーキックを決めた[6]。12月9日、期限付きから完全移籍でサガン鳥栖に加入することが発表された[7]

日本代表[編集]

2014年1月、オマーンで開催されたAFC U-22アジアカップ2013に出場するU-21日本代表に追加招集され3試合に出場[8]。初陣となったイラン戦では、2016年リオデジャネイロオリンピック出場を目指す手倉森誠ジャパンの第1号ゴールを決めた[9]

2016年リオデジャネイロオリンピック出場権が懸かったAFC U-23選手権2016カタール)に臨むU-23サッカー日本代表メンバーに招集される。大会準決勝となったU-23サッカーイラク代表戦では、1-1の同点で迎えた後半アディショナルタイムで、南野拓実のクロスをパンチングでイラクのゴールキーパー:ファハド・タリブ・ラヒムが弾き返したボールをペナルティエリア外で拾い、左足でミドルシュートを放ってゴールに突き刺して得点を挙げた。これが日本にとって6大会連続となるオリンピック出場を決める決勝点となった[10][11]

2016年7月、リオデジャネイロオリンピックの代表登録メンバーに選出された。初戦のナイジェリア戦にスタメンで出場するも、残り2試合は出場せずにチームはグループリーグ敗退となった。

人物[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 京都 27 J2 3 0 - 0 0 3 0
2013 7 0 - 1 0 8 0
2014 愛媛 10 32 1 - 1 0 33 1
2015 京都 29 0 - 3 0 32 0
2016 川崎 15 J1 4 0 2 0 2 0 8 0
2017 鳥栖 4 33 7 2 0 1 0 36 7
2018 29 2 1 0 3 1 33 3
通算 日本 J1 66 9 5 0 6 1 77 10
日本 J2 71 1 - 5 0 76 1
総通算 137 10 5 0 11 1 153 11

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 1 0 1 0
2015 0 0 0 0
通算 日本 J3 1 0 1 0
総通算 1 0 1 0

タイトル[編集]

代表[編集]

U-23日本代表

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “山口・鴻南中出身、久保、原川選手 サッカーU-22代表に選出”. 山口新聞. (2015年3月11日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2015/0311/4p.html 2016年1月17日閲覧。 
  2. ^ トップチームへ昇格のお知らせ - 京都サンガF.C.オフィシャルサイト(2011年12月6日閲覧)
  3. ^ 原川力選手 愛媛FCへ期限付き移籍のお知らせ - 京都サンガF.C.オフィシャルサイト(2014年1月8日閲覧)
  4. ^ “原川 力選手 愛媛FCへの期限付き移籍期間満了ならびに復帰のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2014年12月25日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/27916 2014年12月25日閲覧。 
  5. ^ 原川力選手加入のお知らせ - 川崎フロンターレオフィシャルサイト(2015年12月24日閲覧)
  6. ^ 鳥栖MF原川“デジャブ”…ホーム2戦連続FK弾で苦手・広島を沈めるゲキサカ(2017年3月11日)
  7. ^ 原川力選手 完全移籍加入のお知らせサガン鳥栖(2017年12月9日)
  8. ^ 原川力選手 U-21日本代表「AFC U-22選手権Oman2013」メンバー追加招集のお知らせ - 京都サンガF.C.オフィシャルサイト(2013年12月25日閲覧)
  9. ^ イランと激しい打ち合い…手倉森ジャパンの初陣は3-3ドロー - ゲキサカ(2014年1月13日閲覧)
  10. ^ サッカー:AFC U-23選手権・準決勝 日本vs.イラク(アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム) スポーツナビ 2016年1月27日閲覧
  11. ^ 原川力「非常にうれしくて達成感もある」 五輪最終予選 イラク戦後、選手コメント スポーツナビ 2016年1月27日閲覧
  12. ^ 意外な関係 - サンガ日記(2012年9月6日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]