2022 FIFAワールドカップ・アジア予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本記事では、2022 FIFAワールドカップ予選のうちアジア予選(アジアよせん)について述べる。アジアサッカー連盟(AFC)所属の各代表チームにより競われる。

大会方式[編集]

前回大会の予選と同様、1次予選・2次予選は翌年のAFCアジアカップ2023年大会)の予選を兼ねる[1][2]

  • 2022年ワールドカップ開催国のカタールは、規定により自動的にワールドカップに出場できるものの、2023年アジアカップの予選も兼ねる2次予選には出場する(1次予選は免除)[2]
  • 東ティモールは、2019年アジアカップの予選において代表資格のない選手を多数出場させたことへの処分として2023年アジアカップへの出場資格を剥奪されているため、当予選には2022年ワールドカップのみの予選として出場する[3]
  • 2023年アジアカップ開催国の中国は、規定により自動的にアジアカップに出場できるため、当予選には2022年ワールドカップのみの予選として出場する。

方式は以下の通り。

1次予選[2]
出場全46チームのうち、FIFAランキング上位34チームは1次予選を免除。残る12チームが2チームずつの6組に分かれてホーム・アンド・アウェーで対戦し、勝利した6チームが2次予選に進出する。
2次予選[4]
1次予選免除の34チームと1次予選勝利の6チーム、合計40チームを5チームずつの8組に分け、ホーム・アンド・アウェーの総当たり戦を行う。
  • 各組1位8チームならびに各組2位のうち成績上位4チームの計12チームは最終予選に進出するとともにアジアカップ2023への出場権を獲得。ただし、本大会開催国として既に出場権を得ているカタールがグループ1位または同2位のうち成績上位4チームに入った場合はその分が繰り上がりとなり、各組2位チーム中成績5番手のチームが最終予選に進出する。
  • 上記に次ぐ24チームが、引き続きアジアカップ2023の3次予選に出場する。

1次予選[編集]

1次予選の組み合わせ抽選は、2019年4月17日 11:00(現地時間=UTC+8)よりマレーシアクアラルンプールのAFCハウスで行われた[1][3]

シード順[編集]

シード順には、組み合わせ抽選の時点で最新(2019年4月4日)のFIFAランキングが用いられた[2]。シード順は以下の通りで、1次予選出場チームのうち上位シードチームと下位シードチームが対戦するよう抽選する[2]。左の数字はAFC内での順位[2]、かっこ内の数字はFIFA全体での順位[5]

1次予選免除 1次予選から出場

上位シード

下位シード

試合結果[編集]

第1試合は2019年6月6日、第2試合は2019年6月11日に実施された[3]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
モンゴル  3 - 2  ブルネイ 2 - 0 1 - 2
マカオ  1 - 3  スリランカ 1 - 0 0 - 3
ラオス  0 - 1  バングラデシュ 0 - 1 0 - 0
マレーシア  12 - 2  東ティモール 7 - 1 5 - 1
カンボジア  4 - 1  パキスタン 2 - 0 2 - 1
ブータン  1 - 5  グアム 1 - 0 0 - 5

2次予選[編集]

2次予選の組み合わせ抽選は、2019年7月17日 17:30(現地時間=UTC+8)よりマレーシアクアラルンプールのAFCハウスで行われた[6][7][4]

シード順[編集]

シード順には、2019年6月14日発表のFIFAランキングが用いられる[6]

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4 ポット5

試合結果[編集]

グループA[編集]

チーム
1  中国 1 1 0 0 5 0 +5 3 '20.06.09 '20.06.04 '20.03.26 '19.10.10
2  シリア 1 1 0 0 5 2 +3 3 '19.11.14 '19.11.19 '19.10.10 '20.06.04
3  フィリピン 2 1 0 1 6 6 0 3 '19.10.15 2–5 '20.06.09 '20.03.26
4  モルディブ 2 1 0 1 1 5 −4 3 0–5 '20.03.31 '19.11.14 '19.11.19
5  グアム 2 0 0 2 0 5 −5 0 '20.03.31 '19.10.15 1–4 0–1
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式

グループB[編集]

チーム
1  クウェート 2 1 0 1 7 3 +4 3 0–3 '20.03.31 7–0 '19.11.14
2  オーストラリア 1 1 0 0 3 0 +3 3 '20.03.26 '20.06.09 '19.10.10 '20.06.04
3  ヨルダン 1 1 0 0 2 1 +1 3 '19.10.10 '19.11.14 '19.10.15 '19.11.19
4  ネパール 2 1 0 1 2 7 −5 3 '19.11.19 '20.03.31 '20.06.04 '20.03.26
5  チャイニーズタイペイ 2 0 0 2 1 4 −3 0 '20.06.09 '19.10.15 1–2 0–2
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式

グループC[編集]

グループD[編集]

グループE[編集]

グループF[編集]

グループG[編集]

グループH[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2次予選のシード順発表の時点(2019年6月17日)では、1次予選のスリランカ(ホーム)-マカオ戦(2019年6月11日実施予定であった)にマカオが出場を辞退したことに対する処置が未定であった。その後、当該試合はスリランカの勝利扱いとなり、スリランカが2次予選に進出することが決定した。

出典[編集]

  1. ^ a b Draw sets out path for Asian aspirants”. 国際サッカー連盟 (2019年4月17日). 2019年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Road to Qatar 2022: Asian teams set to discover opponents”. アジアサッカー連盟 (2019年4月16日). 2019年4月24日閲覧。(動画“2022 FWC Q RD1 Draw Mechanism”を参照)
  3. ^ a b c Road to Qatar 2022: Asian teams discover Round 1 opponents”. アジアサッカー連盟 (2019年4月17日). 2019年4月23日閲覧。
  4. ^ a b Groups finalised for Qatar 2022 & China 2023 race”. アジアサッカー連盟 (2019年7月17日). 2019年7月20日閲覧。
  5. ^ The FIFA/Coca-Cola World Ranking - Ranking Table”. 国際サッカー連盟 (2019年4月4日). 2019年5月21日閲覧。
  6. ^ a b Asian Qualifiers draw to provide pathway to Qatar and China”. アジアサッカー連盟 (2019年6月17日). 2019年6月17日閲覧。
  7. ^ Excitement builds ahead of Wednesday's second round draw”. アジアサッカー連盟 (2019年7月16日). 2019年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]