2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ2次予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項目では、カタールで開催される2022 FIFAワールドカップ出場チームを決定するための予選のうち、欧州サッカー連盟 (UEFA) 加盟協会を対象としたヨーロッパ予選のうち、2022年3月に開催される予定の2次予選(プレーオフステージ)について記す。

開催方式が前回大会までの「グループステージ2位同士によるホーム・アンド・アウェー方式」から「グループステージ2位に直近のUEFAネーションズリーグ (NL) 上位を加えたトーナメント方式」に大きく変更されている。

フォーマット[編集]

大会フォーマットは、2019年12月4日にスイスニヨンで開催されたUEFA実行委員会によって承認された[1][2]。ともにNLの結果を加味するものの、UEFAネーションズリーグ2018-19の結果のみで参加チームを決定したUEFA EURO 2020予選プレーオフの大会方式からは変更され、従来の「グループステージ/プレーオフステージ」構造を維持した上で、UEFAネーションズリーグ2020-21の上位チームを参加チームに加える方式となった[3][4][5]

参加資格を有する12チーム(後述)を4チームずつ3つのグループ(プレーオフ・パス)に分けて、それぞれでシングルイリミネーショントーナメントを戦う。3月24-25日に準決勝を、2022年3月28-29日に決勝を行い、決勝の勝者が2022 FIFAワールドカップの出場権を獲得する[6]。準決勝・決勝とも1試合のみで決着するものとし(ホーム・アンド・アウェー方式ではない)、準決勝はグループステージの上位6チームのホームゲームとして、決勝は準決勝後の抽選により決定したチームのホームゲームとして開催される[7]

準決勝・決勝ともフルマッチ終了後に同点の場合は30分の延長戦が行われ(1名分の選手交代枠が追加される)、延長戦終了後も同点の場合はPK戦により勝者を決定する[8] 。2019年12月のUEFA実行委員会の承認を受けて、ワールドカップ予選トーナメント全体でビデオ・アシスタント・レフェリーの使用が承認されており[6]、2次予選でも採用される。

参加チーム[編集]

次の要件を満たす12チームが参加する。

  • ヨーロッパ予選グループステージの各グループ(A-J)の2位となった10チーム
  • グループステージで3位以下となったチームのうちUEFAネーションズリーグ2020-21でグループ最上位となったチームから2チーム[6]

グループステージ2位チーム[編集]

ヨーロッパ予選グループステージの各グループ(A-J)の2位となったチームがプレーオフに進む。 グループステージの上位6チームがシードされホーム開催権を得る。下位4チームは準決勝の抽選でシードされない[7]

チーム シード
1 A  ポルトガル 8 5 2 1 17 6 +11 17 準決勝シード
2 F  スコットランド 8 5 2 1 14 7 +7 17
3 C  イタリア 8 4 4 0 13 2 +11 16
4 H  ロシア 8 5 1 2 14 5 +9 16
5 B  スウェーデン 8 5 0 3 12 6 +6 15
6 E  ウェールズ 8 4 3 1 14 9 +5 15
7 G  トルコ 8 4 3 1 18 16 +2 15 準決勝ノーシード
8 I  ポーランド 8 4 2 2 18 10 +8 14
9 J  北マケドニア 8 3 3 2 14 11 +3 12
10 D  ウクライナ 8 2 6 0 11 8 +3 12
出典: FIFA
順位の決定基準: グループ上位5カ国の対戦成績に基づいた 1. 勝ち点; 2. 得失点差; 3. 総得点; 4. アウェーゴール; 5. 勝利数; 6. アウェー勝利数; 7. 反則ポイント; 8. UEFAネーションズリーグ2020-21成績.[7]

ネーションズリーググループ勝者[編集]

グループステージで3位以下となり、本大会および2次予選出場資格を得られなかったUEFAネーションズリーグ2020-21各グループの勝者(グループ1位)のうち総合ランキング[9]上位2チームが2次予選に進出する[6]。この資格で2次予選に参加するチームは準決勝でホーム開催権を得られない[7]

NL グループ1位 予選
A 1  フランス & D
2  スペイン & B
3  イタリア dagger C
4  ベルギー & E
B 17  ウェールズ dagger E
18  オーストリア double-dagger F
19  チェコ double-dagger E
20  ハンガリー I
C 33  スロベニア H
34  モンテネグロ G
35  アルバニア I
36  アルメニア J
D 49  ジブラルタル G
50  フェロー諸島 F

凡例

  •  &  グループ首位により本大会出場権獲得
  •  dagger  グループ2位により2次予選進出
  •  double-dagger  NLの成績要件により2次予選進出


抽選[編集]

ヨーロッパ予選グループステージの終了後、2次予選進出の12チームは、2021年11月26日 17:00 (CET) にスイスチューリッヒで行われる抽選で組み合わせが決定する[6] [10]

組み合わせ抽選は以下の手順で行なわれる[7]

  • グループステージの上位6チームがシードとなり、順番に抽選し、準決勝1から6のホームチームに割り当てる。
  • 前述以外の6チームがノーシードとなり、順番に抽選し、準決勝1から6のアウェイチームに割り当てる。
  • パスAは、準決勝1と2で構成され、準決勝の勝者が決勝Aに進む。
  • パスBは、準決勝3と4で構成され、準決勝の勝者が決勝Bに進む。
  • パスCは、準決勝5と6で構成され、準決勝の勝者が決勝Cに進む。
  • 決勝A、B、Cがどちらのホームゲームとなるかは、準決勝終了後に改めて抽選を行って決定される。

シード分けは次のとおり。

ポット1(シード)
チーム 順位
 ポルトガル 1
 スコットランド 2
 イタリア 3
 ロシア 4
 スウェーデン 5
 ウェールズ 6
ポット2(ノーシード)
チーム 順位
 トルコ 7
 ポーランド 8
 北マケドニア 9
 ウクライナ 10
 オーストリア NL
 チェコ NL

なお、ロシアとウクライナは政治的な理由により、同じプレーオフパスとならないように抽選が行われた[7]

スケジュール[編集]

準決勝は3月24-25日に行われ、決勝戦は2022年3月28-29日に行われる[11] [12]。時間は特記なき限り中央ヨーロッパ時間(CET, UTC+1) / 中央ヨーロッパ夏時間(CEST, UTC+2) 表記 [注釈 1](現地時間が異なる場合は括弧内に表記)。

パスA[編集]

組み合わせ(パスA)[編集]

 
準決勝決勝
 
      
 
3月24日 – カーディフ
 
 
 ウェールズ
 
3月29日 – TBD
 
 オーストリア
 
 
 
3月24日 – グラスゴー
 
 
 
 スコットランド
 
 
 ウクライナ
 
チーム #1 スコア チーム #2
準決勝
スコットランド  3月24日  ウクライナ
ウェールズ  3月24日  オーストリア
決勝
3月29日

準決勝(パスA)[編集]


決勝(パスA)[編集]

2022年3月29日 (2022-03-29)
20:45
v
Report (UEFA)

パスB[編集]

組み合わせ(パスB)[編集]

 
準決勝決勝
 
      
 
3月24日 – モスクワ
 
 
 ロシア
 
3月29日 – TBD
 
 ポーランド
 
 
 
3月24日 – ソルナ
 
 
 
 スウェーデン
 
 
 チェコ
 
チーム #1 スコア チーム #2
準決勝
ロシア  3月24日  ポーランド
スウェーデン  3月24日  チェコ
決勝
3月29日

準決勝(パスB)[編集]


決勝(パスB)[編集]

2022年3月29日 (2022-03-29)
20:45
v
Report (UEFA)

パスC[編集]

組み合わせ(パスC)[編集]

 
準決勝決勝
 
      
 
3月24日 – ポルト
 
 
 ポルトガル
 
3月29日 – TBD
 
 トルコ
 
 
 
3月24日 – パレルモ
 
 
 
 イタリア
 
 
 北マケドニア
 
チーム #1 スコア チーム #2
準決勝
イタリア  3月24日  北マケドニア
ポルトガル  3月24日  トルコ
決勝
3月29日

準決勝(パスC)[編集]


決勝(パスC)[編集]

2022年3月29日 (2022-03-29)
20:45
v
Report (UEFA)

注記[編集]

  1. ^ 中央ヨーロッパ時間 (CET) は3月27日までおよび10月31日からの試合(第1–2節および第9–10節)に、中央ヨーロッパ夏時間 (CEST) は2021年3月28日から10月30日までの試合(第3–8節)に適用される。

出典[編集]

  1. ^ “UEFA Executive Committee agenda for Nyon meeting”. Union of European Football Associations. (2019年11月27日). https://www.uefa.com/insideuefa/about-uefa/news/0257-0f8e728a25fa-ff255df68294-1000--uefa-executive-committee-agenda-for-nyon-meeting/ 2019年11月28日閲覧。 
  2. ^ Regulations of the UEFA Nations League, 2020/21 (PDF)”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2019年10月13日). 2020年11月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年10月13日閲覧。
  3. ^ “Game changer: group stage for UEFA Women's Champions League”. Union of European Football Associations. (2019年12月4日). https://www.uefa.com/insideuefa/about-uefa/news/newsid=2635809.html 2019年12月4日閲覧。 
  4. ^ “2022 World Cup qualifying: all you need to know”. Union of European Football Associations. (2019年12月9日). https://www.uefa.com/european-qualifiers/news/0258-0e2bb3490b69-0abf5d9bc2fa-1000/ 2020年1月5日閲覧。 
  5. ^ UEFA preliminary competition format for the FIFA World Cup 2022 (PDF)”. FIFA (2020年12月4日). 2020年12月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e “Game changer: group stage for UEFA Women's Champions League”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2019年12月4日). https://www.uefa.com/insideuefa/about-uefa/news/newsid=2635809.html 2019年12月4日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f Regulatory articles for the 2020–2022 European qualifiers play-offs (PDF)”. FIFA (2020年10月22日). 2020年10月22日閲覧。
  8. ^ Regulations FIFA World Cup 2022 Preliminary Competition (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2020年). 2020年12月7日閲覧。
  9. ^ Overall ranking of the 2020/21 UEFA Nations League (PDF)”. UEFA (2020年12月1日). 2020年12月1日閲覧。
  10. ^ UEFA preliminary competition format for the FIFA World Cup 2022 (PDF)”. FIFA (2020年12月4日). 2020年12月7日閲覧。
  11. ^ Regulations of the UEFA Nations League, 2020/21 (PDF)”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2019年10月13日). 2020年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月13日閲覧。
  12. ^ “2022 World Cup qualifying: all you need to know”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2019年12月9日). https://www.uefa.com/european-qualifiers/news/0258-0e2bb3490b69-0abf5d9bc2fa-1000/ 2020年1月5日閲覧。 

外部リンク[編集]