2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本記事では、2022 FIFAワールドカップアジア予選、ならびにAFCアジアカップ2023予選のうち2次予選(にじよせん)の詳細について示す。

方式[編集]

[1]

1次予選免除の34チームと1次予選勝利の6チーム、合計40チームが5チームずつ8組に分かれてホーム・アンド・アウェーの2回総当たり戦を行う。

  • 各組1位のチームと、各組2位チームのうち成績上位4チーム(合計12チーム)はワールドカップの最終予選に進出するとともにアジアカップ2023への出場権を獲得。ただし、本大会開催国として既に出場権を獲得しているカタールがグループ1位または各組2位のうち成績上位4チームに入った場合はその分が繰り上がりとなり、各組2位チーム中成績第5位のチームが代わってワールドカップの最終予選に進出する。
  • それに次ぐ上位24チームがアジアカップ2023の3次予選に進出する。

シード順[編集]

組み合わせ抽選は、2019年7月17日マレーシアクアラルンプールのAFCハウスで行われた[2][1]

シード順には、2019年6月14日発表のFIFAランキングが用いられた[2]。ポット分けは以下の通り[2]。かっこ内の数字はFIFAランキング[3]

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4 ポット5

組み合わせ抽選において、各チームが組み合わせのどの番号に入るかについては、ポット番号と同一とする。ただしポット1のカタールに限り、コパ・アメリカ2020参加のため日程変更の要望があったことから、カタールが入った組については1番と5番のチームを入れ替えるものとする[4]

試合結果[編集]

グループA[編集]

チーム
1  中国 1 1 0 0 5 0 +5 3 '20.06.09 '20.06.04 '20.03.26 '19.10.10
2  シリア 1 1 0 0 5 2 +3 3 '19.11.14 '19.11.19 '19.10.10 '20.06.04
3  フィリピン 2 1 0 1 6 6 0 3 '19.10.15 2–5 '20.06.09 '20.03.26
4  モルディブ 2 1 0 1 1 5 −4 3 0–5 '20.03.31 '19.11.14 '19.11.19
5  グアム 2 0 0 2 0 5 −5 0 '20.03.31 '19.10.15 1–4 0–1
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











グループB[編集]

チーム
1  クウェート 2 1 0 1 7 3 +4 3 0–3 '20.03.31 7–0 '19.11.14
2  オーストラリア 1 1 0 0 3 0 +3 3 '20.03.26 '20.06.09 '19.10.10 '20.06.04
3  ヨルダン 1 1 0 0 2 1 +1 3 '19.10.10 '19.11.14 '19.10.15 '19.11.19
4  ネパール 2 1 0 1 2 7 −5 3 '19.11.19 '20.03.31 '20.06.04 '20.03.26
5  チャイニーズタイペイ 2 0 0 2 1 4 −3 0 '20.06.09 '19.10.15 1–2 0–2
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











グループC[編集]

チーム
1  バーレーン 2 1 1 0 2 1 +1 4 '19.10.15 1–1 '20.03.26 '20.06.09
2  イラン 1 1 0 0 2 0 +2 3 '20.06.04 '20.06.09 '19.10.10 '20.03.26
3  イラク 1 0 1 0 1 1 0 1 '19.11.19 '19.11.14 '20.06.04 '19.10.10
4  カンボジア 2 0 1 1 1 2 −1 1 0–1 '20.03.31 '19.10.15 1–1
5  香港 2 0 1 1 1 3 −2 1 '19.11.14 0–2 '20.03.31 '19.11.19
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











グループD[編集]

チーム
1  シンガポール 2 1 1 0 4 3 +1 4 2–1 2–2 '20.03.31 '19.10.15
2  パレスチナ 2 1 0 1 3 2 +1 3 '20.03.26 '20.06.09 '19.10.15 2–0
3  イエメン 2 0 2 0 4 4 0 2 '19.11.19 '19.11.14 2–2 '20.03.31
4  サウジアラビア 1 0 1 0 2 2 0 1 '19.10.10 '20.06.04 '20.03.26 '20.06.09
5  ウズベキスタン 1 0 0 1 0 2 −2 0 '20.06.04 '19.11.19 '19.10.10 '19.11.14
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











グループE[編集]

チーム
1  カタール 2 1 1 0 6 0 +6 4 '19.10.15 6–0 0–0 '20.03.31
2  オマーン 1 1 0 0 2 1 +1 3 '20.06.04 '19.10.10 '19.11.19 '19.11.14
3  アフガニスタン 2 1 0 1 1 6 −5 3 '19.11.19 '20.03.31 '19.11.14 1–0
4  インド 2 0 1 1 1 2 −1 1 '20.03.26 1–2 '20.06.09 '19.10.15
5  バングラデシュ 1 0 0 1 0 1 −1 0 '19.10.10 '20.06.09 '20.03.26 '20.06.04
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











グループF[編集]

チーム
1  タジキスタン 2 2 0 0 2 0 +2 6 '19.10.15 '20.03.26 1–0 '20.06.09
2  日本 1 1 0 0 2 0 +2 3 '20.06.04 '19.10.10 '20.06.09 '20.03.26
3  モンゴル 2 1 0 1 1 1 0 3 0–1 '20.03.31 '19.10.15 1–0
4  キルギス 1 0 0 1 0 1 −1 0 '19.11.19 '19.11.14 '20.06.04 '19.10.10
5  ミャンマー 2 0 0 2 0 3 −3 0 '19.11.14 0–2 '19.11.19 '20.03.31
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











グループG[編集]

チーム
1  タイ 2 1 1 0 3 0 +3 4 '19.10.15 '20.06.09 0–0 '20.03.26
2  アラブ首長国連邦 1 1 0 0 2 1 +1 3 '20.06.04 '20.03.26 '20.06.09 '19.10.10
3  マレーシア 2 1 0 1 4 4 0 3 '19.11.14 1–2 '20.03.31 '19.11.19
4  ベトナム 1 0 1 0 0 0 0 1 '19.11.19 '19.11.14 '19.10.10 '20.06.04
5  インドネシア 2 0 0 2 2 6 −4 0 0–3 '20.03.31 2–3 '19.10.15
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











グループH[編集]

チーム
1  北朝鮮 2 2 0 0 3 0 +3 6 '19.10.15 '20.06.09 2–0 '20.03.26
2  韓国 1 1 0 0 2 0 +2 3 '20.06.04 '20.03.26 '20.06.09 '19.10.10
3  トルクメニスタン 2 1 0 1 2 2 0 3 '19.11.14 0–2 '20.03.31 '19.11.19
4  レバノン 1 0 0 1 0 2 −2 0 '19.11.19 '19.11.14 '19.10.10 '20.06.04
5  スリランカ 2 0 0 2 0 3 −3 0 0–1 '20.03.31 0–2 '19.10.15
試合は2019年9月5日 に開始予定. 出典:
順位の決定基準: 順位決定方式











脚注[編集]

  1. ^ 2次予選のシード順発表の時点(2019年6月17日)では、1次予選のスリランカ(ホーム)-マカオ戦(2019年6月11日実施予定であった)にマカオが出場を辞退したことに対する処置が未定であった。その後、当該試合はスリランカの勝利扱いとなり、スリランカが2次予選に進出することが決定した。
  2. ^ a b c d e f ネパールは、本来は2019年9月5日・9月10日・10月15日にホームゲームを割り当てられていたものの、国内にある規格を満たす唯一のスタジアムであるダサラス・ランガシャラ・スタジアムの修繕工事(2015年の地震で損害を受けていた)がこれらの日までに完了できないことから[5]、各対戦相手の同意を得たうえでホームとアウェーの日程を交換した[6]
  3. ^ アラブ首長国連邦は、AFCアジアカップ2019の準決勝(アラブ首長国連邦 - カタール戦)で観客が物を投げ入れるなどの行為を行ったことへの処分として、AFCアジアカップ2023の予選のホームゲーム1試合を無観客試合とする処分を科された[7]

出典[編集]

  1. ^ a b Groups finalised for Qatar 2022 & China 2023 race”. アジアサッカー連盟 (2019年7月17日). 2019年7月20日閲覧。
  2. ^ a b c Asian Qualifiers draw to provide pathway to Qatar and China”. アジアサッカー連盟 (2019年6月17日). 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ The FIFA/Coca-Cola World Ranking - Ranking Table”. 国際サッカー連盟 (2019年4月4日). 2019年5月21日閲覧。
  4. ^ RELIVE: AFC Draw for Qatar 2022 Qualifying”. FIFATV (YouTube). 国際サッカー連盟 (2019年7月17日). 2019年7月17日閲覧。(15:20-16:16を参照)
  5. ^ Dashrath Stadium not capable of hosting first two World Cup Qualifying matches”. The Kathmandu Post (2019年7月29日). 2019年8月21日閲覧。
  6. ^ Nepal to play first match in Kuwait”. ネパールサッカー協会 (2019年8月9日). 2019年8月19日閲覧。
  7. ^ AFC Asian Cup UAE 2019(TM) - Decisions of the AFC Disciplinary and Ethics Committee”. アジアサッカー連盟 (2019年3月27日). 2019年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]