2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
大会概要
日程 2019年9月5日 – 2021年6月15日
チーム数 40
大会統計
試合数 157試合
2018
2026

本記事では、2022 FIFAワールドカップアジア予選、ならびにAFCアジアカップ2023予選のうち2次予選(にじよせん)の詳細について示す。

方式[編集]

1次予選免除の34チームと1次予選突破の6チーム、合計40チームが5チームずつ8組に分かれてホーム・アンド・アウェーの2回総当たり戦を行う[1]

  • 各組1位のチームと、各組2位チームのうち成績上位4チーム(合計12チーム)はワールドカップの最終予選に進出するとともにアジアカップ2023への出場権を獲得。ただし、本大会開催国として既に出場権を獲得しているカタールがグループ1位または各組2位のうち成績上位4チームに入った場合はその分が繰り上がりとなり、各組2位チーム中成績第5位のチームが代わってワールドカップの最終予選に進出する。
  • なお、各組2位のうち成績下位3チームおよび各組3位・4位、各組5位チームのうち成績上位3チーム (計22チーム)はAFCアジアカップ2023予選3次予選へ進出。各組5位チームのうち成績下位4チームはAFCアジアカップ2023予選プレーオフへ進出する[2]

新型コロナウイルス流行による大会の変更点[編集]

新型コロナウイルスの流行を受け、国際サッカー連盟(FIFA)およびアジアサッカー連盟(AFC)は2020年3月9日に以下の決定をしたことを発表した。[3][4][5]

  • 2020年3月・6月に予定されていた試合(第7節 - 第10節)は原則として延期する。ただし、対戦する双方の国・地域の合意が取れ、安全が確保でき、かつFIFA・AFCの承認を得られた場合は、当初予定の3月・6月の開催も可能とする。

その後2020年6月5日にAFCは、第7節 - 第10節は同年10月8日・10月13日・11月12日・11月17日に実施する予定であることを発表した[6]。しかしその後の2020年8月12日にAFCは、FIFAとの協議の結果、これらの試合は2021年に延期することを発表した[7]

2021年3月2日にAFCは、同年3月の試合実施予定日(3月25日・30日)に開催可能な試合は実施してもよいものの、その際に実施できなかった試合ならびに6月に実施予定であった試合については、5月31日 - 6月15日の間で集中開催で実施すると発表した[8]。同年3月12日、AFCは集中開催の会場となる国を発表した[9][10]

北朝鮮の出場辞退による大会の変更点[編集]

AFCは2021年5月16日に、グループH北朝鮮の出場辞退を発表し[11]、同年5月27日に成績の取り扱いを以下の通りとすることを発表した[12]

  • 北朝鮮が入っていたグループHについては、すでに実施された北朝鮮との対戦戦績を無効とする。
  • 各グループ2位のチーム同士の成績を比較する際は、グループH以外の各グループについては、最下位のグループ5位チームとの戦績を除外したもので比較する。

シード順[編集]

組み合わせ抽選は、2019年7月17日マレーシアクアラルンプールのAFCハウスで行われた[13][1]

シード順には、2019年6月14日発表のFIFAランキングが用いられた[13]。ポット分けは以下の通り[13]。かっこ内の数字はFIFAランキング[14]

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4 ポット5

組み合わせ抽選において、各チームが組み合わせのどの番号に入るかについては、ポット番号と同一とする。ただしポット1のカタールに限り、コパ・アメリカ2020参加のため日程変更の要望があったことから、カタールが入った組については1番と5番のチームを入れ替えるものとする[15]

  1. ^ 2次予選のシード順発表の時点(2019年6月17日)では、1次予選のスリランカ(ホーム)-マカオ戦(2019年6月11日実施予定であった)にマカオが出場を辞退したことに対する処置が未定であった。その後、当該試合はスリランカの勝利扱いとなり、スリランカが2次予選に進出することが決定した。

試合結果[編集]

グループA[編集]

チーム 出場権
1  シリア 8 7 0 1 22 7 +15 21 アジア3次予選アジアカップ 2–1 1–0 2–1 4–0
2  中国 8 6 1 1 30 3 +27 19 3–1 2–0 5–0 7–0
3  フィリピン 8 3 2 3 12 11 +1 11 アジアカップ3次予選 2–5 0–0 1–1 3–0
4  モルディブ 8 2 1 5 7 20 −13 7 0–4 0–5 1–2 3–1
5  グアム 8 0 0 8 2 32 −30 0 アジアカップ予選プレーオフ 0–3 0–7 1–4 0–1
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方式












  1. ^ グアム(ホーム)-シリア戦は2019年10月15日に予定されていたものの、シリア代表がグアムへ行くための入国準備が整わないことから、2020年6月4日に予定されていたシリア(ホーム)-グアム戦とでホーム・アウェーを入れ替えた[16]
  • 2021年6月の試合については、当初は集中開催の会場を中国とする予定であったものの、モルディブ代表・シリア代表に新型コロナウイルス感染者が生じて中国への渡航が不可能となったため、会場を(モルディブ代表・シリア代表の滞在先である)アラブ首長国連邦に変更して開催することとなった[17]

グループB[編集]

チーム 出場権
1  オーストラリア 8 8 0 0 28 2 +26 24 アジア3次予選アジアカップ 3–0 1–0 5–0 5–1
2  クウェート 8 4 2 2 19 7 +12 14 アジアカップ3次予選 0–3 0–0 7–0 9–0
3  ヨルダン 8 4 2 2 13 3 +10 14 0–1 0–0 3–0 5–0
4 ネパールの旗 ネパール 8 2 0 6 4 22 −18 6 0–3 0–1 0–3 2–0
5  チャイニーズタイペイ 8 0 0 8 4 34 −30 0 アジアカップ予選プレーオフ 1–7 1–2 1–2 0–2
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方式











  1. ^ a b c d ネパールは、本来は2019年9月5日・9月10日・10月15日にホームゲームを割り当てられていたものの、国内にある規格を満たす唯一のスタジアムであるダサラス・ランガシャラ・スタジアムの修繕工事(2015年の地震で損害を受けていた)がこれらの日までに完了できないことから[18]、各対戦相手の同意を得たうえでホームとアウェーの日程を交換した[19]。さらに交換後の2019年11月19日のホームゲーム(クウェート戦)については、ダサラス・ランガシャラ・スタジアムが試合を開催するのに十分な状態でないとAFCが判断[20]、会場を国外(ブータンティンプーチャンリミタン・スタジアム)に変更することとなった[21]

グループC[編集]

チーム 出場権
1  イラン 8 6 0 2 34 4 +30 18 アジア3次予選アジアカップ 1–0 3–0 3–1 14–0
2  イラク 8 5 2 1 14 4 +10 17 2–1 0–0 2–0 4–1
3  バーレーン 8 4 3 1 15 4 +11 15 アジアカップ3次予選 1–0 1–1 4–0 8–0
4  香港 8 1 2 5 4 13 −9 5 0–2 0–1 0–0 2–0
5  カンボジア 8 0 1 7 2 44 −42 1 アジアカップ予選プレーオフ 0–10 0–4 0–1 1–1
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方式











  1. ^ a b 2019年11月14日・19日のイラクのホームゲームは、当初はバスラバスラ国際スタジアムで開催予定と発表されていたものの、FIFAならびにAFCがイラク国内の安全上の問題のため、イラク国外での開催を命じた[22]。その後、これらの試合はヨルダンアンマンアンマン国際スタジアムで開催されることが発表された[23]

グループD[編集]

チーム 出場権
1  サウジアラビア 8 6 2 0 22 4 +18 20 アジア3次予選アジアカップ 3–0 5–0 3–0 3–0
2  ウズベキスタン 8 5 0 3 18 9 +9 15 アジアカップ3次予選 2–3 2–0 5–0 5–0
3  パレスチナ 8 3 1 4 10 10 0 10 0–0 2–0 4–0 3–0
4  シンガポール 8 2 1 5 7 22 −15 7 0–3 1–3 2–1 2–2
5  イエメン 8 1 2 5 6 18 −12 5 2–2 0–1 1–0 1–2
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方式












グループE[編集]

チーム 出場権
1  カタール 8 7 1 0 18 1 +17 22 アジアカップ 2–1 0–0 6–0 5–0
2  オマーン 8 6 0 2 16 6 +10 18 アジア3次予選アジアカップ 0–1 1–0 3–0 4–1
3  インド 8 1 4 3 6 7 −1 7 アジアカップ3次予選 0–1 1–2 1 –1 1–1
4  アフガニスタン 8 1 3 4 5 15 −10 6 0–1 1–2 1–1 1–0
5  バングラデシュ 8 0 2 6 3 19 −16 2 0–2 0–3 0–1 1–1
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方式







カタール  5 - 0  バングラデシュ
ハーティム 9分にゴール 9分
アフィーフ 33分にゴール 33分90+2分
アリ 72分にゴール 72分 (pen)78分
レポート(FIFA)
レポート(AFC)
ジャシム・ビン・ハマド・スタジアム, ドーハ
観客数: 1044
主審: モフド・アミル・イズワン・ヤーコブ (マレーシア)





グループF[編集]

チーム 出場権
1  日本 8 8 0 0 46 2 +44 24 アジア3次予選アジアカップ 4–1 5–1 6–0 10–0
2  タジキスタン 8 4 1 3 14 12 +2 13 アジアカップ3次予選 0–3 1–0 3–0 4–0
3  キルギス 8 3 1 4 19 12 +7 10 0–2 1–1 0–1 7–0
4  モンゴル 8 2 0 6 3 27 −24 6 0–14 0–1 1–2 1–0
5  ミャンマー 8 2 0 6 6 35 −29 6 0–2 4–3 1–8 1–0
出典: FIFA
順位の決定基準: 順位決定方式



キルギス  7 - 0  ミャンマー
ベルンハルト 5分にゴール 5分10分87分 (PK)
シュクロフ 20分にゴール 20分71分
アリクロフ 26分にゴール 26分
キチン 45分にゴール 45分
レポート(FIFA)
レポート(AFC)
ドレン・オムルザコフ・スタジアム, ビシュケク
観客数: 13,000
主審: オマール・モハメド・アル=アリ (UAE)





モンゴル  0 - 14  日本
レポート (FIFA)
レポート (AFC)
南野拓実 13分にゴール 13分
大迫勇也 23分にゴール 23分55分90+2分
鎌田大地 26分にゴール 26分
守田英正 33分にゴール 33分
トゥヤー英語版 40分にゴール 40分 (OG)
稲垣祥 68分にゴール 68分90+3分
伊東純也 73分にゴール 73分79分
古橋亨梧 79分にゴール 79分87分
浅野拓磨 90+1分にゴール 90+1分
フクダ電子アリーナ, 千葉 (日本)[注F 1]
観客数: 0
主審: オマール・モハメド・アル=アリ (UAE)

日本  10 - 0  ミャンマー
南野拓実 8分にゴール 8分66分
大迫勇也 22分にゴール 22分30分 (PK)36分49分88分
守田英正 56分にゴール 56分
鎌田大地 84分にゴール 84分
板倉滉 90分にゴール 90分
レポート (FIFA)
レポート (AFC)
フクダ電子アリーナ, 千葉 (日本)[25]
観客数: 0
主審: ハッサン・アクラミ (イラン)