コンテンツにスキップ

サッカーバーレーン代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカーバーレーン代表
国または地域 バーレーンの旗 バーレーン
協会 バーレーンサッカー協会
愛称 The Red
監督 スペインの旗 フアン・アントニオ・ピッツィ
最多出場選手 サルマーン・イーサ(156試合)
最多得点選手 イスマイール・アブドゥラティフ(47得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1966年4月2日クウェート
4-4
最大差勝利試合 2012年2月29日インドネシア
10-0
最大差敗戦試合 1966年4月6日イラク
1-10
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
最高成績 -
AFCアジアカップ
出場回数 7回
最高成績 4位 (2004)
FIFAアラブカップ
出場回数 6回
最高成績 準優勝 (1985, 2002)

サッカーバーレーン代表(サッカーバーレーンだいひょう、アラビア語: منتخب البحرين لكرة القدم‎)は、バーレーンサッカー協会(BFA)によって構成されるバーレーンサッカーナショナルチームである。ホームスタジアムは、リファーにあるバーレーン・ナショナル・スタジアム

歴史

[編集]
1959年のバーレーン代表

バーレーン代表の誕生

[編集]

バーレーン代表は1959年に結成されたが、最初の公式戦は1966年の国際親善試合・クウェート戦で、4-4のドローであった。1957年に設立されたバーレーンサッカー協会の元、国内でのサッカー発展を目指していたがアラブ地域ではサウジアラビアカタールUAEなどに劣る弱小国と見なされていた。

1988年、AFCアジアカップ1988・予選を勝ち抜き、初めてAFCアジアカップへの出場権を手にした。 本大会では2分2敗、最下位でのグループリーグ敗退だった。

アジアでの台頭

[編集]

アジアカップ2000年大会は惜しくも予選敗退となったが、2002 FIFAワールドカップ・アジア予選では1次予選を突破し初めて最終予選に進出した。どちらも本大会出場権獲得には至らなかったが、イランに対しアジアカップ予選では1-0で、W杯予選では3-1で共に勝利している[1]

AFCアジアカップ2004

[編集]

2回目の出場となったAFCアジアカップ2004中国開催)で大躍進を遂げた。グループステージは開催国中国、隣国カタール、インドネシアが入る組み合わせとなり、中国とカタールにはそれぞれ2-2、1-1での引き分け、インドネシアには3-1で勝利した。その結果1勝2分のグループ2位となり初めて決勝トーナメントに進出した[2]

決勝Tでは準々決勝でウズベキスタンPK戦の末下す[3]と、準決勝では前回大会優勝の日本を追い詰めたが3-4で敗北した[4]。3位決定戦でもイランに2-4で敗れたが2回目の出場にして4位という成績を収めた[5]

2006 W杯

[編集]

2006 FIFAワールドカップ・アジア最終予選・グループBを4カ国中3位で終え、グループA3位のウズベキスタンとの5位決定戦に出場することになった。ホーム・アンド・アウェー方式で合計スコアは1-1であったが、アウェーゴール方式によりこれに勝利。CONCACAF代表のトリニダード・トバゴとの大陸間プレーオフに進んだ。しかし、敵地での第1戦を1-1のドローで終えると、勝てば突破となるホームでの第2戦を0-1で落としたため合計スコア1-2で本大会初出場を逃した。

AFCプレーオフ(アジア5位決定戦)
チーム#1 合計スコア チーム#2 第1戦 第2戦
ウズベキスタン  1–1 (a)  バーレーン 1-1 0-0
大陸間プレーオフ(AFC代表vsCONCACAF代表)
バーレーン  1–2  トリニダード・トバゴ 1-1 0-1

AFCアジアカップ2007

[編集]

AFCアジアカップ2007では、インドネシア、韓国、サウジアラビアが入るグループDに振り分けられた。格上となる韓国は下したが、インドネシア、サウジアラビアには敗れ、1勝2敗のグループ最下位での敗退となった。

2010 W杯

[編集]
2009年6月10日 バーレーン代表対オーストラリア代表(2010 ワールドカップ予選)

2010 FIFAワールドカップ・アジア予選3次予選から参加。3次予選は日本、オマーンタイが入るグループBとなりホームで日本に勝利する[6]などグループ2位で最終予選進出を決めた。 最終予選は5カ国中3位となり前回大会予選と同様にAFCプレーオフに出場することになった。AFCプレーオフでは、サウジアラビアと対戦。2戦合計は2-2だったものの、アウェーゴールで上回り勝利した(詳細は後述)。

勝てば本大会南アフリカ開催)出場となる大陸間プレーオフでは、OFC代表のニュージーランドと対戦。 ホームの第1戦をスコアレスドローで終え、敵地ウェリントンでの第2戦に臨んだ。前半、コーナーキックからニュージーランドが先制。対して、バーレーンも後半にペナルティーキックを獲得した。決めれば同点となり、そのまま試合終了となればまたもやアウェーゴール数の差でバーレーンがW杯出場を決めるはずであった。ところが、これをゴールキーパーに止められ、そのまま試合終了。前回大会予選に続き、2大会連続で大陸間プレーオフ敗退となった。

5次予選(AFCプレーオフ)
チーム#1 合計スコア チーム#2 第1戦 第2戦
バーレーン  (a) 2–2  サウジアラビア 0-0 2-2
大陸間プレーオフ(AFC代表vsOFC代表)
バーレーン  0–1  ニュージーランド 0-0 0–1

近年のバーレーン代表

[編集]

その後2014年大会アジア予選では3次予選で敗退、2018年大会アジア予選でも組み合わせ抽選の際はポット2に属していたが、ウズベキスタン北朝鮮フィリピンの後塵を拝し敗退するなど2010年以降低迷が続いた。しかし、2019年に西アジアサッカー選手権ガルフカップで立て続けに初優勝を飾るなど、近年は上昇基調にある。

リヤドの奇跡

[編集]

ミラン・マチャラに率いられたバーレーン代表は2010 FIFAワールドカップ・アジア予選で、前回に続いてアジア5位決定戦に進出し、サウジアラビアと対戦した。バーレーンのホームの第1戦をスコアレスドローで終えた後、敵地リヤドでの第2戦は1-1のまま、ロスタイム(3分の表示)に突入した。このままのスコアならば、アウェーゴール数の差でバーレーンがアジア5位となる状況だったが、ロスタイム残り1分でサウジアラビアが勝ち越しゴール。時間は残り1分を切りバーレーンは予選敗退の危機だったが、コーナーキックからヘディングシュートを決め、再び同点。直後に試合終了となるこの劇的な同点ゴールにより、バーレーンはアウェーゴール数の差でアジア5位を決めた。

成績

[編集]

FIFAワールドカップ

[編集]

AFCアジアカップ

[編集]
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
香港の旗 1956 不参加
大韓民国の旗 1960
イスラエルの旗 1964
イランの旗 1968
タイ王国の旗 1972 予選敗退
イランの旗 1976 棄権
クウェートの旗 1980 予選途中に棄権
シンガポールの旗 1984 棄権
カタールの旗 1988 グループリーグ敗退 4 0 2 2 1 3
日本の旗 1992 予選敗退
アラブ首長国連邦の旗 1996 棄権
レバノンの旗 2000 予選敗退
中華人民共和国の旗 2004 4位 6 1 3 2 13 14
インドネシアの旗 マレーシアの旗 タイ王国の旗 ベトナムの旗 2007 グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 7
カタールの旗 2011 3 1 0 2 6 5
オーストラリアの旗 2015 3 1 0 2 3 5
アラブ首長国連邦の旗 2019 ベスト16 4 1 1 2 3 4
カタールの旗 2023 4 2 0 2 4 6
合計 7/18 27 7 6 14 33 44

ガルフカップ

[編集]
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
バーレーンの旗 1970 準優勝 3 1 1 1 3 4
サウジアラビアの旗 1972 記録なし - - - - - -
クウェートの旗 1974 グループリーグ敗退 2 0 0 2 1 8
カタールの旗 1976 4位 6 3 0 3 9 15
イラクの旗 1979 6 2 2 2 8 9
アラブ首長国連邦の旗 1982 準優勝 5 3 1 1 10 7
オマーンの旗 1984 5位 6 1 2 3 3 6
バーレーンの旗 1986 6 1 4 1 4 5
サウジアラビアの旗 1988 4位 6 3 0 3 4 4
クウェートの旗 1990 3位 4 1 2 1 1 1
カタールの旗 1992 準優勝 5 3 0 2 6 4
アラブ首長国連邦の旗 1994 3位 5 1 3 1 5 6
オマーンの旗 1996 5位 5 0 2 3 4 8
バーレーンの旗 1998 5 0 3 2 3 6
サウジアラビアの旗 2002 4位 5 1 2 2 4 6
クウェートの旗 2003 準優勝 6 4 1 1 13 3
カタールの旗 2004 3位 5 2 2 1 10 6
アラブ首長国連邦の旗 2007 ベスト4 4 1 1 2 4 5
オマーンの旗 2009 グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 4
イエメンの旗 2010 3 0 1 2 4 7
バーレーンの旗 2013 4位 5 1 1 3 4 9
サウジアラビアの旗 2014 グループリーグ敗退 3 0 2 1 0 3
クウェートの旗 2017 ベスト4 4 1 2 1 3 3
カタールの旗 2019 優勝 5 2 2 1 7 6
イラクの旗 2023 ベスト4 4 2 1 1 5 4
合計 25/25 111 34 35 42 118 139

FIFAアラブカップ

[編集]
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
レバノンの旗 1963 不参加
クウェートの旗 1964
イラクの旗 1966 5位 4 0 1 3 7 22
サウジアラビアの旗 1985 準優勝 4 1 2 1 4 3
ヨルダンの旗 1988 グループリーグ敗退 4 0 3 1 2 3
シリアの旗 1992 不参加
カタールの旗 1998 棄権
サウジアラビアの旗 2002 準優勝 6 3 1 2 8 5
サウジアラビアの旗 2012 グループリーグ敗退 3 0 0 3 1 8
カタールの旗 2021 3 0 1 2 0 4
合計 6/10 24 4 8 12 22 45

西アジアサッカー選手権

[編集]

歴代監督

[編集]

歴代選手

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ History of Iran vs. Bahrain | TeamMelli”. 2015年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ asahi.com : スポーツ サッカー日本代表:アジアカップ2004”. www.asahi.com. 2023年12月24日閲覧。
  3. ^ 2004年アジア杯準決勝、奇跡の逆転勝利をもたらした宮本恒靖の独断”. 集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva (2019年1月23日). 2023年12月24日閲覧。
  4. ^ asahi.com : スポーツ サッカー日本代表:アジアカップ2004”. www.asahi.com. 2023年12月24日閲覧。
  5. ^ asahi.com : スポーツ サッカー日本代表:アジアカップ2004”. www.asahi.com. 2023年12月24日閲覧。
  6. ^ 南アフリカW杯アジア3次予選 VS.バーレーン(木ノ原句望)”. Number Web - ナンバー. 2024年1月27日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]