天河体育中心体育場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天河体育中心体育場
アジアチャンピオンズリーグの試合
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 広東省広州市天河区
位置 北緯23度8分26.33秒 東経113度19分9.58秒 / 北緯23.1406472度 東経113.3193278度 / 23.1406472; 113.3193278座標: 北緯23度8分26.33秒 東経113度19分9.58秒 / 北緯23.1406472度 東経113.3193278度 / 23.1406472; 113.3193278
起工 1984年
開場 1987年8月31日
所有者 広州市体育局
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
広州恒大中国サッカー・スーパーリーグ
1991 FIFA女子ワールドカップ
2010年アジア競技大会
中華人民共和国全国運動会(1987年、2001年)
収容能力
58,500(サッカー)
60,000(最大)[1]
天河体育中心体育場
各種表記
繁体字 天河體育中心體育場
簡体字 天河体育中心体育场
拼音 Tiānhé Tǐyù Zhōngxīn Tǐyùchǎng
発音: ティエンホー ティーユイ チュンシン ティーユイチャン
英文 Tianhe Stadium
テンプレートを表示

天河体育中心体育場(てんがたいいくちゅうしんたいいくじょう、簡体字: 天河体育中心体育场: Tianhe Stadium)は、中国広東省広州市にある多目的スタジアムである。

概要[編集]

1987年に開場。収容人数は58,500人、天河体育中心は敷地面積51万平方メートル。メインスタジアムの他、補助陸上競技場、野球場、体育館とテニスコート、国際水連認定の国際プールを併設しており、バスケットボール、卓球、テニス、バドミントンなどの国際試合を開催することが可能である[2]

主にサッカーの試合に使用されており、中国スーパーリーグ(中国超級聯賽、国内サッカーリーグ1部に相当)に所属する広州恒大のホームスタジアムである。

また、1987年と2001年には中華人民共和国全国運動会の会場となり、特に1987年には開会式、閉会式の会場ともなった。

1991年には第1回FIFA女子ワールドカップ決勝戦の会場となった。また、2010年には広州アジア大会においてサッカー競技の決勝戦などが開催され、この地で日本代表が初の男女両方の優勝を果たしている。

交通アクセス[編集]

最寄りの駅は広州地下鉄1号線体育西路駅体育中心駅、もしくは広州地下鉄3号線林和西駅珠江新城新交通システム線(APM線)の体育中心南駅。いずれも駅より徒歩約5分。

開催試合[編集]

親善試合[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
なし
FIFA女子ワールドカップ
決勝戦会場

1991
次代:
ロースンダ・スタディオン
ソルナ
(ストックホルム)