サミ・ケディラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サミ・ケディラ Football pictogram.svg
20180602 FIFA Friendly Match Austria vs. Germany Sami Khedira 850 0707.jpg
ドイツ代表でのケディラ(2018年)
名前
ラテン文字 Sami Khedira
アラビア語 سامي خضيرة
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
チュニジアの旗 チュニジア
生年月日 (1987-04-04) 1987年4月4日(31歳)
出身地 西ドイツの旗 西ドイツシュトゥットガルト
身長 189cm[1]
体重 85kg[1]
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション MF (DMF)
背番号 6
利き足 右足
ユース
1992-1995 TVエッフィンゲン
1995-2004 ドイツの旗 シュトゥットガルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 ドイツの旗 シュトゥットガルト II 21 (1)
2006-2010 ドイツの旗 シュトゥットガルト 98 (14)
2010-2015 スペインの旗 レアル・マドリード 102 (6)
2015- イタリアの旗 ユヴェントス 81 (20)
代表歴2
2003-2004 ドイツの旗 ドイツ U-17 10 (2)
2007-2009 ドイツの旗 ドイツ U-21 15 (5)
2009- ドイツの旗 ドイツ 72 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年10月6日現在。
2. 2017年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サミ・ケディラSami Khedira, 1987年4月4日 - )は、西ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト出身のサッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー。実弟には、アウクスブルクFC所属の ラニ・ケディラがいる。

経歴[編集]

クラブ[編集]

1995年からドイツのVfBシュトゥットガルトのユースチームに所属する。2006年からトップチームに昇格し、10月1日のヘルタ・ベルリン戦でデビューを飾る。トップチームに昇格したシーズンにブンデスリーガのタイトルを手にし、所属した4シーズンでブンデスリーガ98試合に出場、14ゴールを記録した。2010年7月30日、スペインのレアル・マドリードに移籍金1200万ユーロ(約13億5000万円)の5年契約で移籍した。

フランツ・ベッケンバウアー杯(バイエルン・ミュンヘンとの親善試合)でデビュー。8月29日の開幕戦であるRCDマヨルカ戦で73分から途中出場、リーガ・エスパニョーラデビューを飾った。その後もラッサナ・ディアッラら同じポジションの選手を抑えて多くの試合に先発出場し、レアル・マドリードでの初タイトルとなったコパ・デル・レイ決勝でも延長戦107分までプレーした。最初のシーズンに得点を挙げることはなかったが、シーズン後のプレシーズン広州恒大戦でレアル・マドリード所属後初得点を記録し、10月18日のUEFAチャンピオンズリーググループステージオリンピック・リヨン戦で公式戦初ゴールもマークした。

2015年2月9日、左足の大腿二頭筋を負傷したと発表した[2]。3月に復帰も出場機会はほとんどなく、同年5月、契約を更新しないことによるレアル・マドリード退団を発表。

2015年6月9日、ユヴェントスFCと2019年6月30日までの4年契約を結んだことが発表された[3][4]。なお、ケディラは2015年の夏に契約満了で、ユベントスにはフリーで移籍。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は年俸400万ユーロ(約5億3000万円)と報じた。 背番号は当初28番を着用予定であったが、ポール・ポグバが背番号を6番から10番に変更したため6番を着用することになった。 イタリアスーパーカップのラッイオ戦での怪我のため、ユベントスでの1シーズン目はリーグ戦20試合の出場に留まるが.[5]10月4日のボローニャ戦でセリエAデビューを果たし、初ゴールも記録[6]。リーグ優勝とコパイタリア優勝に貢献した。2017年10月22日ウディネーゼ・カルチョとのゲームにおいて、公式戦初のハットトリックを成し遂げた[7]

代表[編集]

ユースの各年代の代表でキャプテンを務めた[8]。2009年、U-21欧州選手権でもキャプテンを務め、優勝を経験。同年9月5日南アフリカとの親善試合で、73分にジモン・ロルフェスとの交代でドイツ代表デビューを果たした[9]

2010年5月29日に行われたハンガリーとの親善試合には、ポーツマス戦で右足首を負傷したミヒャエル・バラックに代わって途中出場。バラックの代役を務め上げたケディラにヨアヒム・レーヴ監督は満足感を示し[10]2010 FIFAワールドカップではバラックに代わって全7試合に先発出場。ウルグアイとの3位決定戦で代表初ゴールとなる決勝点を挙げ、ドイツの3位に貢献した。2014 FIFAワールドカップではドイツ代表の中心メンバーとして優勝に貢献した。 2016年ユーロフランス大会出場したが、イタリア戦以降は怪我の為離脱した。

人物[編集]

父親がチュニジア[9]。弟のラニ・ケディラもサッカー選手であり、U-17のドイツ代表などでもプレーしている[9]。アラビア語原音ではサーミー・ハディーラ(سامي خضيرة)。

元恋人はモデルのレナ・ゲルケ英語版。二人は2012年に婚約したが、2014 FIFAワールドカップ後に破局が報じられた[11]

個人成績[編集]

出場大会[編集]

代表での成績[編集]

国際Aマッチ 74試合 7得点(2009年- )[1][12]


ドイツ代表国際Aマッチ
出場得点
2009 1 0
2010 16 1
2011 7 0
2012 12 1
2013 8 2
2014 9 1
2015 4 0
2016 12 2
2017 1 0
2018 4 0
合計 74 7

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マイスターシャーレを掲げるケディラ
VfBシュトゥットガルト
レアル・マドリード
ユヴェントスFC

代表[編集]

U-21ドイツ代表
ドイツ代表

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]