ファビアン・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ファビアン・ジョンソン Football pictogram.svg
Fabian Johnson 2014 cropped (15259946016).jpg
アメリカ代表でのジョンソン(2014年)
名前
本名 Fabian Marco Johnson
ラテン文字 Fabian Johnson
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1987-12-11) 1987年12月11日(30歳)
出身地 ミュンヘン
身長 183cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシアMG
ポジション MF / DF
背番号 19
利き足 両足
ユース
1991-1996 ドイツの旗 シュポルトフロインデ・ミュンヘン
1996-2006 ドイツの旗 1860ミュンヘン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ドイツの旗 1860ミュンヘンII 43 (0)
2006-2009 ドイツの旗 1860ミュンヘン 89 (4)
2009-2011 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 16 (1)
2011-2014 ドイツの旗 ホッフェンハイム 87 (5)
2014- ドイツの旗 ボルシアMG 71 (10)
代表歴2
2003-2004 ドイツの旗 ドイツ U-17 13 (0)
2004-2005 ドイツの旗 ドイツ U-18 3 (0)
2005-2006 ドイツの旗 ドイツ U-19 11 (0)
2006-2007 ドイツの旗 ドイツ U-20 2 (0)
2007-2009 ドイツの旗 ドイツ U-21 6 (0)
2011- アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 56 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月20日現在。
2. 2017年6月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファビアン・ジョンソンFabian Marco Johnson, 1987年12月11日 - )は、ドイツバイエルン州ミュンヘン出身ののサッカー選手。ポジションはMF及びDFブンデスリーガボルシア・メンヒェングラートバッハ所属。アメリカ代表

経歴[編集]

クラブ[編集]

アメリカ人軍人の父とドイツ人の母の下でミュンヘンに生まれた[1]ジョンソンは、2001年にシュポルトフロインデ・ミュンヘン(Sportfreunde München)でキャリアを始め、2006年夏にTSV1860ミュンヘンの下部組織へ移籍した。1860ミュンヘンの下部組織ではU-23までの全部門でプレーしており、そのU-23では2004年12月11日にレギオナルリーガ・バイエルンの試合に初出場を飾って以降、2007年までの間で43試合に出場した。

2006年3月19日に2部SCパーダーボルン07戦で試合残り1分からプロ初出場を飾り、2005-06シーズン終了まで3試合に短時間出場した。翌2006-07シーズンは、ヴァルター・シャッハナーen)監督からトップチームへの完全移行を告げられ、2009年に退団するまでの間にトップチームでリーグ戦90試合4得点、DFBポカール6試合1得点を記録した[2]

2009年7月15日に同国1部王者のVfLヴォルフスブルクと2010年6月30日までの契約を締結[2]し、2009-10シーズン第5節のバイエル・レバークーゼン戦でクリスティアン・ゲントナーに代わって76分から初出場を飾り[3]、12月5日のSCフライブルク戦(2-2)で初得点を挙げる。ヴォルフスブルクでは左サイドバックにマルセル・シェーファー、右サイドバックにはサシャ・リーターペテル・ペカリークの存在から出場機会が限られ、移籍1季目は10試合の出場にとどまり、さらに翌2010-11シーズンは出場6試合中途中出場5試合(うち3試合は試合終了残り1分)と非常に厳しいものだった。

2011年6月3日にヴォルフスブルクからジョンソンをTSG1899ホッフェンハイムへ放出することが発表[4]。2012年9月26日のVfBシュトゥットガルト戦で初得点を挙げ、チームのシーズン初勝利に貢献した[5]

2014年2月24日にシーズン終了に伴ってボルシア・メンヒェングラートバッハへ自由契約で移籍することが発表された[6]

代表[編集]

世代別代表ではドイツ代表としてU-17から各部門でプレーしており、U-21ではホルスト・ルベッシュ監督の下でUEFA U-21欧州選手権2009の準決勝と決勝に出場して優勝に貢献した。

2011年8月25日にアメリカ代表ユルゲン・クリンスマン監督から9月2日のコスタリカ、9月6日のベルギーとの親善試合へ向けて初招集された[7]が、FIFAから代表変更の許可が間に合わず出場することはなかった[8]。その後、変更許可が下りたことでアメリカ代表に出場出来ることとなり、11月3日にフランススロベニア戦へ向けて再招集され[9]、11月11日のスタッド・ド・フランスでのフランス戦(0-1)で後半からアメリカ代表として初出場を飾った[10]。続く、11月15日のスロベニア戦(3-2)で初先発出場をした。2012年6月12日の2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選グアテマラ戦でFIFA公式戦初出場。2014年6月1日のトルコとの親善試合で代表初得点を挙げた。

タイトル[編集]

代表

ドイツ U-21代表

脚注[編集]

  1. ^ "FABIAN JOHNSON" Archived 2013年6月15日, at the Wayback Machine. ussoccer.com
  2. ^ a b "1860-Presseservice: Löwen und Wölfe einigen sich: Johnson wechselt"
  3. ^ "Spielstatistik VfL Wolfsburg - Bayer Leverkusen 2:3 (0:1)"
  4. ^ "Fabian Johnson wechselt nach Hoffenheim"
  5. ^ "VfB Stuttgart 0-3 TSG Hoffenheim" espnfc
  6. ^ "Johnson landet in Gladbach"
  7. ^ "Klinsmann Names 24 Players for Upcoming Friendlies Against Costa Rica and Belgium" Archived 2011年8月27日, at the Wayback Machine.
  8. ^ "Johnson muss auf US-Debüt warten"
  9. ^ "Klinsmann Names 22 Players to MNT Roster for Important November Friendlies Against France and Slovenia" Archived 2012年8月25日, at the Wayback Machine.
  10. ^ "US Men's National Team Falls 1-0 to France Before 70,018 Fans at Stade de France"

外部リンク[編集]