ファビアン・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファビアン・ジョンソン Football pictogram.svg
Fabian Johnson 2014 cropped (15259946016).jpg
アメリカ代表でのジョンソン(2014年)
名前
本名 Fabian Marco Johnson
ラテン文字 Fabian Johnson
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1987-12-11) 1987年12月11日(30歳)
出身地 ミュンヘン
身長 183cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシアMG
ポジション MF / DF
背番号 19
利き足 両足
ユース
1991-1996 ドイツの旗 シュポルトフロインデ・ミュンヘン
1996-2006 ドイツの旗 1860ミュンヘン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ドイツの旗 1860ミュンヘンII 43 (0)
2006-2009 ドイツの旗 1860ミュンヘン 89 (4)
2009-2011 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 16 (1)
2011-2014 ドイツの旗 ホッフェンハイム 87 (5)
2014- ドイツの旗 ボルシアMG 71 (10)
代表歴2
2003-2004 ドイツの旗 ドイツ U-17 13 (0)
2004-2005 ドイツの旗 ドイツ U-18 3 (0)
2005-2006 ドイツの旗 ドイツ U-19 11 (0)
2006-2007 ドイツの旗 ドイツ U-20 2 (0)
2007-2009 ドイツの旗 ドイツ U-21 6 (0)
2011- アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 56 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月20日現在。
2. 2017年6月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファビアン・ジョンソンFabian Marco Johnson, 1987年12月11日 - )は、ドイツバイエルン州ミュンヘン出身ののサッカー選手。ポジションはMF及びDFブンデスリーガボルシア・メンヒェングラートバッハ所属。アメリカ代表

経歴[編集]

クラブ[編集]

アメリカ人軍人の父とドイツ人の母の下でミュンヘンに生まれた[1]ジョンソンは、2001年にシュポルトフロインデ・ミュンヘン(Sportfreunde München)でキャリアを始め、2006年夏にTSV1860ミュンヘンの下部組織へ移籍した。1860ミュンヘンの下部組織ではU-23までの全部門でプレーしており、そのU-23では2004年12月11日にレギオナルリーガ・バイエルンの試合に初出場を飾って以降、2007年までの間で43試合に出場した。

2006年3月19日に2部SCパーダーボルン07戦で試合残り1分からプロ初出場を飾り、2005-06シーズン終了まで3試合に短時間出場した。翌2006-07シーズンは、ヴァルター・シャッハナーen)監督からトップチームへの完全移行を告げられ、2009年に退団するまでの間にトップチームでリーグ戦90試合4得点、DFBポカール6試合1得点を記録した[2]

2009年7月15日に同国1部王者のVfLヴォルフスブルクと2010年6月30日までの契約を締結[2]し、2009-10シーズン第5節のバイエル・レバークーゼン戦でクリスティアン・ゲントナーに代わって76分から初出場を飾り[3]、12月5日のSCフライブルク戦(2-2)で初得点を挙げる。ヴォルフスブルクでは左サイドバックにマルセル・シェーファー、右サイドバックにはサシャ・リーターペテル・ペカリークの存在から出場機会が限られ、移籍1季目は10試合の出場にとどまり、さらに翌2010-11シーズンは出場6試合中途中出場5試合(うち3試合は試合終了残り1分)と非常に厳しいものだった。

2011年6月3日にヴォルフスブルクからジョンソンをTSG1899ホッフェンハイムへ放出することが発表[4]。2012年9月26日のVfBシュトゥットガルト戦で初得点を挙げ、チームのシーズン初勝利に貢献した[5]

2014年2月24日にシーズン終了に伴ってボルシア・メンヒェングラートバッハへ自由契約で移籍することが発表された[6]

代表[編集]

世代別代表ではドイツ代表としてU-17から各部門でプレーしており、U-21ではホルスト・ルベッシュ監督の下でUEFA U-21欧州選手権2009の準決勝と決勝に出場して優勝に貢献した。

2011年8月25日にアメリカ代表ユルゲン・クリンスマン監督から9月2日のコスタリカ、9月6日のベルギーとの親善試合へ向けて初招集された[7]が、FIFAから代表変更の許可が間に合わず出場することはなかった[8]。その後、変更許可が下りたことでアメリカ代表に出場出来ることとなり、11月3日にフランススロベニア戦へ向けて再招集され[9]、11月11日のスタッド・ド・フランスでのフランス戦(0-1)で後半からアメリカ代表として初出場を飾った[10]。続く、11月15日のスロベニア戦(3-2)で初先発出場をした。2012年6月12日の2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選グアテマラ戦でFIFA公式戦初出場。2014年6月1日のトルコとの親善試合で代表初得点を挙げた。

タイトル[編集]

代表

ドイツ U-21代表

脚注[編集]

  1. ^ "FABIAN JOHNSON" Archived 2013年6月15日, at the Wayback Machine. ussoccer.com
  2. ^ a b "1860-Presseservice: Löwen und Wölfe einigen sich: Johnson wechselt"
  3. ^ "Spielstatistik VfL Wolfsburg - Bayer Leverkusen 2:3 (0:1)"
  4. ^ "Fabian Johnson wechselt nach Hoffenheim"
  5. ^ "VfB Stuttgart 0-3 TSG Hoffenheim" espnfc
  6. ^ "Johnson landet in Gladbach"
  7. ^ "Klinsmann Names 24 Players for Upcoming Friendlies Against Costa Rica and Belgium" Archived 2011年8月27日, at the Wayback Machine.
  8. ^ "Johnson muss auf US-Debüt warten"
  9. ^ "Klinsmann Names 22 Players to MNT Roster for Important November Friendlies Against France and Slovenia" Archived 2012年8月25日, at the Wayback Machine.
  10. ^ "US Men's National Team Falls 1-0 to France Before 70,018 Fans at Stade de France"

外部リンク[編集]