マルセル・シュメルツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マルセル・シュメルツァー Football pictogram.svg
Marcel Schmelzer 2014 crop.jpg
2014年のドルトムントでのシュメルツァー
名前
ラテン文字 Marcel Schmelzer
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1988-01-22) 1988年1月22日(34歳)
出身地 東ドイツの旗 東ドイツマクデブルク
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DF (LSB) / MF (LMF)
背番号 29
利き足 左足
ユース
1997-2001 ドイツの旗 SVフォルトゥナ・マクデブルク
2001-2005 ドイツの旗 1.FCマクデブルク
2005-2007 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント II 37 (0)
2008-2022 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 258 (3)
通算 258 (3)
代表歴2
2009-2010 ドイツの旗 ドイツ U-21 11 (0)
2010-2014 ドイツの旗 ドイツ 16 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年6月30日現在。
2. 2014年3月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルセル・シュメルツァー(Marcel Schmelzer、1988年1月22日 - )は、東ドイツザクセン=アンハルト州マクデブルク出身の元サッカー選手。元ドイツ代表。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ボルシア・ドルトムントの下部組織出身。2001年から2005年まで1.FCマクデブルクの下部組織に在籍していた。2005年にドルトムントの下部組織に入る。2008年8月9日DFBポカール(国内カップ戦)でのロートヴァイス・エッセン戦でトップチームデビュー。翌週のバイエル・レバークーゼン戦で後半に途中出場し、これがリーグデビューとなった。長年左サイドバックのレギュラーはデデが務めていたが、2008-09シーズン頃からレギュラーを奪取した。

マッツ・フンメルスバイエルン・ミュンヘンへ移籍したことにより、2016-17シーズからキャプテンに就任した。2019-20シーズン、5月31日の第29節、パーダーボルン戦で約7年振り(2013-14シーズン、9月21日のニュルンベルク戦でのゴール以来、2079日振り)となるゴールを決めた[1]。2020-21シーズンは怪我で1試合も場が出来ず、2021-22シーズンも引き続き怪我で試合出場が出来ないまま同シーズン限りでの引退を表明した[2]

代表[編集]

U-21ドイツ代表としては2009年3月に行われたU-21ベラルーシ代表戦でデビュー[3]。同年6月に行われたU-21欧州選手権決勝、U-21イングランド代表戦では89分にメスト・エジルと交代で出場すると最後の5分間ピッチ上でプレーし、優勝に貢献した[3]

ドイツA代表としては2010年11月17日に行われたスウェーデン代表戦でデビューし、EURO2012では代表メンバーに招集されたが[3]ワールドカップ2014では代表から落選した。

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 16試合 0得点(2010年- )


ドイツ代表国際Aマッチ
出場得点
2010 1 0
2011 4 0
2012 4 0
2013 6 0
2014 1 0
通算 16 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ボルシア・ドルトムント

代表[編集]

U-21ドイツ代表

脚注[編集]

  1. ^ シュメルツァーが2079日ぶりのリーグ戦ゴール! 1試合での1G1Aはキャリア初”. web.ultra-soccer.jp. 2020年6月4日閲覧。
  2. ^ 元独代表シュメルツァーが今季限りで現役引退…香川真司らとともにドルトムント連覇に貢献”. goal (2022年5月13日). 2022年5月15日閲覧。
  3. ^ a b c Marcel Schmelzer - Die Mannschaft”. Deutscher Fußball-Bund. 2016年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]