ゴンサロ・カストロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカストロ第二姓(母方の)はランドンです。
ゴンサロ・カストロ Football pictogram.svg
Gonzalo-castro-bvb-borussia-dortmund.jpg
ボルシア・ドルトムントでのカストロ (2015年)
名前
本名 ゴンサロ・カストロ・ランドン
Gonzalo Castro Randón
ラテン文字 Gonzalo CASTRO
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1987-06-11) 1987年6月11日(29歳)
出身地 ノルトライン=ヴェストファーレン州の旗ノルトライン=ヴェストファーレン州
ヴッパータール
身長 172cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
ポジション MF (CH) / DF (RSB)
背番号 27
利き足 右足
ユース
ドイツの旗 SVヴッパータール
ドイツの旗 ヴィクトリア・ロット
0000-1999 ドイツの旗 バイエル・ヴッパータール
1999-2005 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼンII 10 (3)
2004-2015 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン 286 (25)
2015- ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 25 (3)
代表歴
2006-2009 ドイツの旗 ドイツ U-21 21 (3)
2007 ドイツの旗 ドイツ 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゴンサロ・カストロ・ランドン(Gonzalo Castro Randon, 1987年6月11日 - )は、ドイツヴッパータール出身のサッカー選手ブンデスリーガボルシア・ドルトムント所属。元ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

バイエル・レバークーゼンのでミッドフィールダーとして育成されたが育ち、サイドバックの選手としてトップチームデビュー。ポジションを獲得して以来、国内有数のサイドバックとしてドイツ代表に呼ばれるまでに成長した。

複数のポジションをこなすユーティリティープレーヤーとして知られており、デビューからしばらくは主にサイドバックで起用された後、ユップ・ハインケス就任後は中盤のインサイドハーフでも起用されるようになった。2012年に就任したサミ・ヒーピアは4-3-2-1のフォーメーションを採用し、その中でチーム事情により3枚の中盤の一角や、シャドーストライカーで起用されている。

2015年5月25日、ボルシア・ドルトムントへ2019年までの4年契約で完全移籍した[1]

代表[編集]

スペイン国籍を所持し、世代別ではU-19までスペイン代表としてプレーした過去を持つ。その後、ドイツ代表としてプレーすることを選択した。

U-21ドイツ代表としては2009年に行われたUEFA U-21欧州選手権2009に出場し、決勝のU-21イングランド代表戦では先制点をあげる活躍を見せて優勝に貢献した[2]。ドイツA代表としては2007年3月28日のデンマーク戦で初出場し、同年に5試合に出場したが[3]、その後は代表からは遠ざかっている。

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 5試合 0得点(2007年)


ドイツ代表 国際Aマッチ
出場 得点
通算 5 0

タイトル[編集]

代表[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BVBがゴンサロ・カストロを獲得 - BVB2015年5月25日
  2. ^ Germany claim first Under-21 crown”. UEFA.com. 2009年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月27日閲覧。
  3. ^ Gonzalo Castro - Datencenter”. Deutscher Fußball-Bund. 2016年9月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]