マルコ・マリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルコ・マリン Football pictogram.svg
Marko Marin (Sevilla).jpg
セビージャFC時代 (2013年)
名前
ラテン文字 Marko MARIN
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 (1989-03-13) 1989年3月13日(31歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア グラディシュカ
身長 170cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム サウジアラビアの旗 アル・アハリ・ジッダ
ポジション MF
背番号 17
利き足 右足
ユース
-1996 ドイツの旗 ヘーヒスト
1996-2005 ドイツの旗 フランクフルト
2005-2006 ドイツの旗 ボルシアMG
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 ドイツの旗 ボルシアMG II 16 (3)
2007-2009 ドイツの旗 ボルシアMG 68 (8)
2009-2012 ドイツの旗 ブレーメン 87 (8)
2012-2016 イングランドの旗 チェルシー 6 (1)
2013-2014 スペインの旗 セビージャ (loan) 18 (0)
2014-2015 イタリアの旗 フィオレンティーナ (loan) 0 (0)
2015 ベルギーの旗 アンデルレヒト (loan) 6 (0)
2015-2016 トルコの旗 トラブゾンスポル (Loan) 24 (2)
2016-2018 ギリシャの旗 オリンピアコス 37 (11)
2018-2019 セルビアの旗 レッドスター 34 (9)
2020- サウジアラビアの旗 アル・アハリ・ジッダ
代表歴
2004-2005 ドイツの旗 ドイツ U-16 9 (0)
2005-2006  ドイツ U-17 16 (5)
2006-2007 ドイツの旗 ドイツ U-18 4 (2)
2007-2009  ドイツ U-21 12 (1)
2009-2010 ドイツの旗 ドイツ 16 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・マリンMarko Marin, 1989年3月13日 - )は、ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身のドイツ人サッカー選手アル・アハリ・ジッダ所属。ポジションはMFFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

SG01ヘーヒストアイントラハト・フランクフルトでユースに所属、2006年にフランクフルトを去り、ボルシア・メンヒェングラートバッハのユースへ移籍。1年後に3年契約を結び、ボルシアMGでプロデビューする。2008年8月9日、DFBポカールのファーストラウンド・VfB Fichte Bielefeld戦(7部リーグ)では17分間でハットトリックを達成した。

2009年6月25日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍した。2012年4月にはイングランドプレミアリーグチェルシーFCに移籍、移籍後も故障で長期離脱が続いたがFIFAクラブワールドカップ2012決勝戦に後半42分から途中出場した。しかしチェルシーFCは南米王者のSCコリンチャンスに1対0で惜敗し優勝を逃した[1]。2013年ウィガン戦に出場しプレミア初ゴールを記録した[2][3][4]

2013年6月、セビージャFC期限付き移籍[5]。その年のUEFAヨーロッパリーグで優勝した。異なるチームでのUEL連続優勝は、ラダメル・ファルカオに次いで2人目。

2014年8月18日ACFフィオレンティーナにレンタル移籍した[6]

2015年1月20日、フィオレンティーナとの契約を打ち切り、RSCアンデルレヒトへレンタル移籍した[7]

2015年8月25日トラブゾンスポルへレンタル移籍[8]

2016年8月24日、オリンピアコスFCに完全移籍することが発表された[9]

2018年9月1日、レッドスター・ベオグラードと2年契約(1年契約延長オプション)を結んだ[10]

2020年1月5日、アル・アハリ・ジッダに完全移籍することが発表された[11]

代表[編集]

出身地のボスニア・ヘルツェゴビナでプレーすることも出来たが、ドイツ代表を選択。2007年からU-21ドイツ代表でプレーし、6試合に出場する。

2008年5月16日、ユーロ2008の代表候補26名に選ばれるが、本大会メンバーから落選した[12]。A代表初出場は2008年5月27日のベラルーシ代表戦で、ハーフタイムにバスティアン・シュヴァインシュタイガーとの交代で出現。ユーロ2008終了後の最初の代表戦となるベルギー代表戦に招集され、代表2試合目で初得点を決める[13]

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ
ボルシア・メンヒェングラートバッハ
チェルシーFC
セビージャFC
代表

脚注[編集]

  1. ^ Sportsmail (2012年8月10日). “Injured Marin misses out as Chelsea face Manchester City in Community Shield”. Mail Online. Daily Mail. 2020年7月3日閲覧。
  2. ^ Marko Marin finally leaves Chelsea after 143 Premier League minutes, four loan spells and one goal”. Daily Mail (2016年8月22日). 2020年7月3日閲覧。
  3. ^ Chelsea 4 Wigan Athletic 1: match report”. The Telegraph (2013年2月9日). 2020年7月3日閲覧。
  4. ^ Premier League: Chelsea defeat Wigan with Frank Lampard closing on record”. skysports. 2014年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月3日閲覧。
  5. ^ MARIN LOAN AGREED”. Chelsea FC (2013年6月28日). 2013年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月29日閲覧。
  6. ^ Goal (2014年8月19日). “フィオレンティーナ、マリン獲得を正式発表”. 2014年8月29日閲覧。
  7. ^ Goal (2015年1月21日). “チェルシーMFマリン、今度はアンデルレヒトへ”. 2015年1月21日閲覧。
  8. ^ Qoly (2015年8月26日). “3年間で6クラブも…元ドイツ代表マリンの「移籍遍歴」がすごいことに”. 2015年9月11日閲覧。
  9. ^ Παίκτης του Ολυμπιακού ο Μάρκο Μάριν” (ギリシア語). オリンピアコスFC (2016年8月22日). 2020年7月3日閲覧。
  10. ^ FC Crvena zvezda official web site (2018年9月1日). “Triple transfer swoop”. 2018年9月9日閲覧。
  11. ^ Soccerking (2020年1月5日). “元チェルシーMFマリン、セルビア王者からサウジ1部アル・アハリへ移籍”. 2020年1月6日閲覧。
  12. ^ euro2008.uefa.com (2008年5月16日). “ドイツがEURO代表候補発表”. 2009年2月17日閲覧。
  13. ^ uefa.com (2008年8月21日). “ドイツのマリンが華麗にアピール”. 2009年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]