セリア・シャシッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セリア・シャシッチ Football pictogram.svg
Célia Okoyino da Mbabi 2012 1.jpg
名前
ラテン文字 Célia Šašić
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1988-06-27) 1988年6月27日(31歳)
出身地 西ドイツの旗 ボン
身長 174cm
選手情報
ポジション FW
ユース
1993-2000 ドイツの旗 TuSゲルマニア・ヘルセル
2000-2001 ドイツの旗 SCヴィディヒ
2002-2003 ドイツの旗 TuSプツヘン05
2003-2004 ドイツの旗 FC St.アウグスティン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2013 ドイツの旗 SC07バート・ノイェンアール 136 (97)
2013-2015 ドイツの旗 1.FFCフランクフルト 40 (42)
代表歴
2005-2015  ドイツ 111 (63)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セリア・シャシッチ、ツェーリア・シャーシチ(ドイツ語: Célia Šašić1988年6月27日 - )は、ドイツボン出身の元女子サッカー選手。1.FFCフランクフルト最終所属。ポジションはフォワード2015年のFIFA女子ワールドカップでゴールデンブーツ(大会得点王)となり、同大会をもって現役を引退。2015年度のUEFA欧州女子最優秀選手賞を受賞している。結婚前の姓はオコイノ・ダ・エムバビ(Okoyino da Mbabi)であった。

経歴[編集]

クラブ[編集]

1988年6月27日ボンに生まれる。5歳の時、長兄の影響でサッカーを始める。

2004年、当時ブンデスリーガ・1部に在籍していたSC07バート・ノイェンアールに加入。すぐに主力としてレギュラーに定着した。2012年にはドイツ年間最優秀選手賞の女子部門に選出された。

2013年6月に1.FFCフランクフルトに移籍。2014-15シーズンのUEFA女子チャンピオンズリーグでは得点王に輝き、チームの優勝に貢献した。ブンデスリーガでは2013-14と2014-15シーズンに得点王となった。

ドイツ代表[編集]

2004年から2006年までの間、ドイツの年代別代表に選出されていた。2004年のFIFA U-19女子世界選手権(現FIFA U-20女子ワールドカップ)ではグループリーグで3得点をあげ、チームの優勝に貢献した。

フル代表には2005年1月のオーストラリアで初めて選出され、同年9月のカナダとの親善試合で代表初ゴールをあげた。

2008年、北京オリンピックでは銅メダルを獲得。自身は無得点であった。

UEFA欧州女子選手権には2009年大会2013年大会に出場し、それぞれ1得点と2得点をあげ、ともにチームの優勝に貢献。

FIFA女子ワールドカップは地元開催となった2011年大会2015年大会に出場。2011年大会はグループリーグで2得点をあげたが、準々決勝で同大会優勝国の日本に敗れた。2015年大会は6得点をあげてゴールデンブーツ(大会得点王)に輝くものの、準決勝のアメリカ合衆国戦で先制点のチャンスとなるPKを外し、チームもここで敗退となった。

私生活[編集]

2013年8月、クロアチア人サッカー選手であるマルコ・シャシッチ(Marko Šašić)と結婚し、オコイノ・ダ・エムバビから現在の姓へと変わった。

タイトル[編集]

ドイツ代表[編集]

クラブ[編集]

1.FFCフランクフルト

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]