カイ・ハフェルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。
  • カイ・ハヴァーツ
  • カイ・ハヴェルツ
  • カイ・ハフェルツ
カイ・ハフェルツ Football pictogram.svg
Kai Havertz 2020.jpg
チェルシーFCでのハフェルツ(2020年)
名前
本名 カイ・ルカス・ハフェルツ
Kai Lukas Havertz
ラテン文字 Kai Havertz
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1999-06-11) 1999年6月11日(23歳)
出身地 アーヘン
身長 190cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション MF / FW
背番号 29
利き足 左足
ユース
2010-2016 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2020 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン 118 (36)
2020- イングランドの旗 チェルシーFC 56 (12)
代表歴2
2014-2015  ドイツ U-16 6 (2)
2015-2016  ドイツ U-17 16 (7)
2017-2018  ドイツ U-19 8 (7)
2018- ドイツの旗 ドイツ 23 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年6月14日現在。
2. 2022年2月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カイ・ハフェルツ(Kai Havertz,ドイツ語発音: [kaɪ̯ ˈhaːvɐts] 1999年6月11日 - )は、ドイツアーヘン出身のサッカー選手プレミアリーグチェルシーFC所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダーフォワード[1]

クラブ経歴[編集]

レバークーゼン[編集]

2010年にバイエル・レバークーゼンのユースチームに加入した[2]。2016年10月15日、ブンデスリーガヴェルダー・ブレーメン戦でトップチームデビュー並びにリーグデビューを果たすが、チームは1-2で敗北した[3]。この時、彼は17歳と126日であったが、これはブンデスリーガ史上8番目の若さでのデビューとなった[4]。2017年2月17日にはカリム・ベララビへの初アシストを記録した[5]。4月8日のヴォルフスブルク戦でクラブ初得点を記録し、17歳での得点もブンデスリーガ史上最年少得点となった。

2019-20シーズンの後半は、ケヴィン・フォラントの負傷によりセンターフォワードとして起用された[2]。2020年5月24日、第27節のボルシアMG戦では4試合連続ゴールを決めて勝利に貢献した[6]。続く5月29日、第29節のSCフライブルクでも得点をきめ、ブンデスリーガにおいて史上初となる当時21歳以下で35得点を決めた選手となった[7]

チェルシー[編集]

2020年9月4日、チェルシーFCと5年契約を締結したことが発表された[8]。背番号はレバークーゼン時代と同じ29番。9月14日、シーズン開幕戦のブライトン戦でデビューを果たした[9]。2021年5月29日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・シティFC戦ではマウントからスルーパスを受け相手GKエデルソンを交わし優勝に貢献する決勝点を決め、1997年以降のCL決勝で得点を決めたドイツ人で最年少ゴールを記録した[10]FIFAクラブワールドカップ2021では決勝で南米王者SEパルメイラスと対戦。延長戦までもつれ込む接戦となったが、117分に決勝点を決めて優勝に貢献した[11]

代表経歴[編集]

2018年8月29日、ヨアヒム・レーヴ率いるフル代表のドイツ代表に招集された。9月9日、親善試合のペルー戦にて88分、ティモ・ヴェルナーとの交代でフル代表デビューを飾った[12]。2019年10月9日、アルゼンチンとの親善試合で代表初得点を記録。

2021年5月、UEFA EURO 2020に臨むドイツ代表メンバーに選出された。グループリーグ第2戦のポルトガル戦で決勝ゴールを決め、4-2での勝利に貢献[13]。第3戦のハンガリー戦では1ゴールを決め、決勝トーナメント進出の立役者となった[14]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
レバークーゼン 2016–17 ブンデスリーガ 24 4 1 0 - 3 0 0 0 28 4
2017-18 30 3 5 1 - - 0 0 35 4
2018-19 34 17 2 0 - 6 3 0 0 42 20
2019-20 30 12 5 2 - 10 4 0 0 45 18
通算 118 36 13 3 - 19 7 0 0 150 46
チェルシー 2020-21 プレミアリーグ 27 4 5 1 1 3 12 1 0 0 45 9
通算 27 4 5 1 1 3 12 1 0 0 45 9
総通算 145 40 18 4 1 3 31 8 0 0 195 55

タイトル[編集]

クラブ[編集]

チェルシーFC

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 24試合8得点(2018年 - )


ドイツ代表国際Aマッチ
出場得点
2018 2 0
2019 5 1
2020 3 1
2021 13 5
2022 1 1
通算 24 8

ゴール[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2019年10月10日 ドイツの旗ドルトムントジグナル・イドゥナ・パルク アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2–0 2–2 国際親善試合
2 2020年10月13日 ドイツの旗ケルンラインエネルギーシュタディオン  スイス 2–2 3–3 UEFAネーションズリーグ2020-21
3 2021年3月26日 ドイツの旗フュルトトローリ・アレーナ アイスランドの旗 アイスランド 2–0 3–0 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
4 2021年6月19日 ドイツの旗ミュンヘンアリアンツ・アレーナ ポルトガルの旗 ポルトガル 3–1 4–2 UEFA EURO 2020
5 2021年6月23日  ハンガリー 1–1 2–2
6 2022年3月26日 ドイツの旗ジンスハイムライン・ネッカー・アレーナ  イスラエル 1–0 2–0 国際親善試合

エピソード[編集]

アレマニア・マリードフという無名のチームでサッカーを始めてる

脚注[編集]

  1. ^ Kai Havertz”. worldfootball.net. HEIM:SPIEL. 2016年10月15日閲覧。
  2. ^ a b カイ・ハフェルツ”. Chelsea FC. 2020年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  3. ^ Werder Bremen vs. Bayer Leverkusen - 15 October 2016 - Soccerway”. int.soccerway.com. 2019年4月1日閲覧。
  4. ^ UEFA.com. “UEFA.com's weekly wonderkid: Kai Havertz” (英語). UEFA.com. 2019年4月1日閲覧。
  5. ^ Staff, BR-UK. “European Golden Boys XI: Dembele and Havertz Continue to Shine Brightly” (英語). Bleacher Report. 2019年4月1日閲覧。
  6. ^ 4試合連続弾のハフェルツは自身の去就について「とても感謝しているから…」”. サッカーキング (2020年5月24日). 2020年5月26日閲覧。
  7. ^ “ドイツの至宝“ハフェルツが記録樹立…新ポジション抜擢で再開後4試合5得点”. サッカーキング (2020-05-30日). 2020年5月30日閲覧。
  8. ^ ハフェルツの入団が決定!”. チェルシーFC (2020年9月4日). 2020年9月5日閲覧。
  9. ^ ヴェルナー&ハフェルツがデビュー!…チェルシー、ブライトンに競り勝ち白星発進”. サッカーキング (2020年9月15日). 2020年9月16日閲覧。
  10. ^ 優勝に導いたハフェルツが快挙! 1997年以降CL決勝でドイツ人最年少ゴールサッカーキング(2021年5月30日)2021年5月30日閲覧。
  11. ^ チェルシーがクラブW杯初優勝! 延長後半V弾のハバーツはメッシ以来の快挙”. ゲキサカ (2022年2月13日). 2022年2月13日閲覧。
  12. ^ Erstes Spiel, erstes Tor: Debütant Schulz trifft zum Sieg: Deutschland - Peru 2:1 (1:1)” (ドイツ語). kicker. 2019年4月1日閲覧。
  13. ^ ドイツ、C・ロナウド1G1Aのポルトガルに逆転勝利! ゴセンス躍動で圧巻4発”. サッカーキング (2021年6月19日). 2021年6月20日閲覧。
  14. ^ ゴレツカ弾で84分に追いついたドイツ、“死の組”を2位で突破!ハンガリーはあと一歩で涙”. サッカーダイジェスト (2021年6月24日). 2021年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]