サミ・ヒーピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サミ・ヒーピア Football pictogram.svg
Sami Hyypia 2012.jpg
名前
本名 サミ・トーマス・ヒーピア(サミ・トゥオマス・ヒューピア)
Sami Tuomas Hyypiä
愛称 ビッグ・サミー
ラテン文字 Sami HYYPIA
基本情報
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
生年月日 (1973-10-07) 1973年10月7日(43歳)
出身地 ウーシマー県ポルヴォー
身長 195cm
体重 88kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1977-1988 フィンランドの旗 クーサンコスケン・クム
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989 フィンランドの旗 PaPe 3 (0)
1989-1991 フィンランドの旗 クーサンコスケン・クム 19 (0)
1991-1995 フィンランドの旗 ミリコスケン・パロ47 96 (8)
1995-1999 オランダの旗 ヴィレムII 100 (3)
1999-2009 イングランドの旗 リヴァプールFC 318 (22)
2009-2011 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン 53 (3)
代表歴
1989-1992 フィンランドの旗 フィンランド U-21 27 (3)
1992-2010[1] フィンランドの旗 フィンランド 105 (5)
監督歴
2011-2012 フィンランドの旗 フィンランド
2012-2014 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン
2014 イングランドの旗 ブライトン
2015- スイスの旗 FCチューリッヒ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サミ・トーマス・ヒーピア(よりフィンランド語に近い表記ではサミ・トゥオマス・ヒューピア、Sami Tuomas Hyypiä1973年10月7日 - )は、フィンランドウーシマー県ポルヴォー出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはDFヒッピアと表記されることもある。

経歴[編集]

クラブ経歴[編集]

1992年ヴェイッカウスリーガMyPaでデビューすると、いきなりレギュラーを獲得。2度のカップ戦優勝に貢献するなど中心選手として活躍した。1995年にはニューカッスル・ユナイテッドFCのトライアルを受けるも、結局はエールディヴィジヴィレムIIへ移籍し、レギュラーとして活躍した。

1999年、移籍金260万ポンドでリヴァプールFCに移籍。ジェラール・ウリエ監督の最高の補強と評価される[2]。1年目からレギュラーとなり、数々のタイトルを獲得。2003年までキャプテンを務めた。ステファヌ・アンショズとのコンビはプレミア最強のセンターバックと評された。2004-05シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ優勝にも大きく貢献した。翌年はFAカップの優勝に貢献。晩年は若手の成長や自身の衰えもあり、ベンチを暖める機会が増えたが、空中戦の強さやディフェンスの統率力は依然として高いレベルにあり、バックアッパーとして貴重な存在であった。リヴァプールでの最後のゲームとなった2008-09シーズン最終戦トッテナム戦では、応援席に巨大な『SAMI』という人文字が形作られ、多くのファンが彼の退団を惜しみ、勝利が確実となった84分にはスティーヴン・ジェラードとの途中交代でキャプテンマークを引き受ける形でピッチに立った[3]リヴァプールFCでは464試合に出場デフェンダーでありながら、35得点を記録した。 2009年夏、出場機会を求めてバイエル・レヴァークーゼンに移籍。

2011年7月に現役を引退.[4]、その後はレヴァークーゼンでコーチとなった。2012年3月、解任されたロビン・ドゥットの後任としてシーズン終了までの暫定監督に就任。まだブンデスリーガ1部で指揮を執るライセンスを持っていないため、ユース監督のサシャ・レヴァンドフスキもベンチ入りする[5]。2013-14シーズンから単独で指揮する。2014年4月、成績不振により解任された[6]

2014年6月6日、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCの監督に就任したが、成績不振のため12月22日に辞任した[7]

フィンランド代表経歴[編集]

フィンランド代表には1992年の9月7日のチュニジア戦でデビュー。以降、ディフェンスの要として欠かせない存在となっていた。

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]