ダリヨ・スルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダリヨ・スルナ Football pictogram.svg
Дарио Срна1.jpeg
名前
ラテン文字 Darijo SRNA
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1982-05-01) 1982年5月1日(37歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア メトコヴィッチ
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF,DF
背番号 33
利き足 右足
ユース
クロアチアの旗 GOŠK Gabela
0000–1999 クロアチアの旗 NK Neretva
1999 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999–2003 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト 64 (4)
2003–2018 ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク 339 (33)
2018- イタリアの旗 カリアリ・カルチョ 26 (0)
代表歴
1998 クロアチアの旗 クロアチア U-15 1 (0)
1999–2000 クロアチアの旗 クロアチア U-17 5 (4)
2000–2001 クロアチアの旗 クロアチア U-19 7 (3)
2000–2001 クロアチアの旗 クロアチア U-20 2 (0)
2001–2004 クロアチアの旗 クロアチア U-21 10 (4)
2002–2016 クロアチアの旗 クロアチア 134 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダリヨ・スルナDarijo Srna, 1982年5月1日 - )は、クロアチアメトコヴィッチ出身の元サッカー選手セリエAカリアリ・カルチョ所属。元クロアチア代表。ポジションはMFDFダリオ・スルナとも表記される[1]

クロアチア代表の最多出場記録保持者である。

経歴[編集]

2002年、代表に初選出。2006年ドイツワールドカップではグループリーグ全3試合に先発出場。日本戦ではPKを川口能活にセーブされたが、オーストラリア戦ではフリーキックを直接決め、先制点を挙げた。EURO2008にも出場し、ドイツ戦で先制ゴールを決めるなど、クロアチアのベスト8進出に貢献した。

EURO2016に参戦するクロアチアの主将として召集された。また、大会前に今大会を持ってクロアチア代表からの引退を表明した。本戦では決勝トーナメントに進出したが準々決勝で優勝したポルトガルに敗れベスト8で姿を消した。 なお、大会前に表明していた通り、クロアチア代表からの引退を発表した。代表引退の理由として「家族と過ごす時間を増やしたい」という点と「所属クラブであるシャフタール・ドネツクでのプレーに集中したい」という点をあげた[要出典]

2018年6月22日セリエAカリアリ・カルチョに移籍することが発表された[2]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ハイドゥク・スプリト
FCシャフタール・ドネツク

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ダリオ・スルナゲキサカ 2015年4月3日閲覧。
  2. ^ Benvenuto Darijo!” (イタリア語). www.cagliaricalcio.com. 2018年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]