エムリン・ヒューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エムリン・ヒューズ Football pictogram.svg
名前
本名 エムリン・ウォルター・ヒューズ
ラテン文字 Emlyn Hughes
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1947-08-28) 1947年8月28日(70歳)
出身地 イングランドの旗 バロー=イン=ファーネス
没年月日 (2004-11-09) 2004年11月9日(57歳没)
選手情報
ポジション DF (CB, 左SB) / MF (DH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1964-1967 イングランドの旗 ブラックプールFC 28 (0)
1967-1979 イングランドの旗 リヴァプールFC 474 (35)
1979-1981 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン 58 (2)
1981-1983 イングランドの旗 ロザラム・ユナイテッドFC 56 (6)
1983 イングランドの旗 ハル・シティAFC 9 (0)
1983 イングランドの旗 マンスフィールド・タウンFC 0 (0)
1983-1984 イングランドの旗 スウォンジー・シティAFC 7 (0)
代表歴
1969-1980 イングランドの旗 イングランド 62 (1)
監督歴
1981-1983 イングランドの旗 ロザラム・ユナイテッドFC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エムリン・ウォルター・ヒューズ, OBE(Emlyn Walter Hughes, OBE, 1947年8月28日 - 2004年11月9日)は、イングランド出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダーミッドフィールダーで、主にボランチを務めた。

略歴[編集]

ヒューズはバロー=イン=ファーネスにて生まれ、かつて有名なラグビー選手であった父親フレッド・ヒューズの影響もあり、少年時代はラグビーをプレーするが、その後サッカーに転向し1965年にブラックプールにてプロキャリアをスタートさせる。1967年に名将ビル・シャンクリーによってブラックプールFCから6500ポンドでリヴァプールFCに移籍[1]。無尽蔵のスタミナを持ち、時には強烈なミドルを放ち、レギュラーの座を放すことがなかった。愛らしい笑顔がファンから愛された。また、激しく動き回るプレースタイルから、クレイジーホースという愛称で親しまれた。1974-75シーズンからは、トミー・スミス英語版からキャプテンの座を譲り受けた。しかし、それによりスミスとの仲は険悪なものとなっていった。1976-77シーズンには自身そしてクラブ史上初となるUEFAチャンピオンズカップ制覇をキャプテンとして果たした。翌年もチャンピオンズカップを制し、クラブの連覇に大きく貢献した。しかし、1979年に膝を故障してからはメンバーから外れることが多くなり、同年夏に90000ポンドでウォルバーハンプトンへ移籍した。その後もロザラム・ユナイテッドFCハル・シティマンスフィールド・タウンスウォンジーと渡り歩き、1984年に現役を退いた。

ヒューズの銅像

引退後、その功績を讃えられ、生まれ故郷のバロー=イン=ファーネスにはヒューズの銅像が建てられている。

2004年11月9日永眠。

代表でのキャリア[編集]

アルフ・ラムゼイにより1970 FIFAワールドカップのメンバーに招集されるも、出番には恵まれなかった。1974年に監督に就任したジョー・マーサーの下ではキャプテンに任命され、キャプテンとして26試合に出場している。代表通算では62試合に出場している[2]

エピソード[編集]

ビル・シャンクリーはヒューズとの契約を締結させ、ヒューズと共にクラブへ向かう際にタクシーの運転手に対し「この少年が誰だか分かるかい。未来のイングランド代表のキャプテンだよ。」と自慢げに語ったが、実際その通りとなり、ヒューズはイングランド代表キャプテンとして26試合に出場している。

脚注[編集]

  1. ^ Measuring Worth - Relative Value of UK Pounds”. Measuring Worth (2014年12月31日). 2015年1月1日閲覧。
  2. ^ “Emlyn Walter Hughes - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/crazyhorse-intl.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]