アルフ・ラムゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフ・ラムゼイ Football pictogram.svg
Alf Ramsey Statue.jpg
名前
本名 Sir Alfred Ernest Ramsey
ラテン文字 Sir Alf Ramsey
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1920年1月22日
出身地 ダゲナム
没年月日 1999年4月28日(満79歳没)
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1943-1949
1949-1955
サウサンプトン
トッテナム
90 0(8)
226 (24)
代表歴
1948-1954 イングランドの旗 イングランド 32 (3)
監督歴
1955-1963
1963-1974
1977-1978
イプスウィッチ
イングランド代表
バーミンガム
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

サー・アルフ・ラムゼイ(Sir Alfred Ernest "Alf" Ramsey、1920年1月22日 - 1999年4月28日)は、イングランドの元サッカー選手サッカー指導者イングランド代表監督として1966年のFIFAワールドカップ・イングランド大会優勝に導いた人物である。

経歴[編集]

選手時代[編集]

ラムゼイは1920年ロンドン郊外のダゲナムで生まれた。1943年サウサンプトンFCで選手経歴を開始した当初はインサイドフォワード(現在の攻撃的MF)としてプレーをしていたが、フルバック(現在のDF)へとコンバートされると顕著な活躍を見せるようになり、1949年に2万1千ポンドの移籍金でトッテナム・ホットスパーFCへ移籍した。トッテナムではアーサー・ロウ監督の速攻を主体とした戦術に適応し、また優れたリーダーシップでチームメイトを統率し「将軍」(the general)の愛称で呼ばれた。ラムゼイはスピードは無いものの、ポジショニングの良さと強烈なタックルを武器に活躍し、ペナルティキックを得意ともしていた。

イングランド代表としては1948年12月スイス戦でデビューを飾り、1950年FIFAワールドカップ・ブラジル大会に出場するなど、1954年に代表から退くまで国際Aマッチ32試合に出場し3得点を記録した。一方で、ブラジル大会のアメリカ合衆国戦(試合は0-1でイングランドの敗戦)や、1953年11月ロンドンウェンブリースタジアムで行われたハンガリーとの親善試合における歴史的な敗戦(試合は3-6でイングランドの敗戦)にも選手として立ち会っている。

監督時代[編集]

ラムゼイは1955年に現役を引退すると、直ぐに指導者の道へ進み、同年にイプスウィッチ・タウンFCの監督に就任した。当時3部リーグ所属し、無名選手ばかりで構成されていた弱小クラブを就任2年目の1956-57シーズンに3部リーグ優勝に導き2部リーグ昇格。1960-61シーズンに2部リーグで優勝し1部リーグ昇格へ導くと、1部昇格初年度の1961-62シーズンに1部リーグ優勝へと導いた。

この手腕が認められ、1962年FIFAワールドカップ・チリ大会終了後にウォルター・ウィンターボトムの後任としてイングランド代表監督に就任した。1963年に敵地のパリで行われた1960 欧州ネイションズカップフランス戦が初采配となったが、この試合を2-5で落とし、先行きが不安視された。ここから改革に着手することとなった。この当時の代表選考に関しては、監督の意向よりも代表選考委員会(The team selection committee)の人選が優先されていたが、ラムゼイはその権限を掌握し、自ら代表選手の選考を行った。またウィンターボトムの時代には実現しなかったチームドクターの必要性を説き、帯同させるようになった。

1966年のFIFAワールドカップ・イングランド大会ではウイングを外し中盤の運動量を重視した4-4-2システム(ウイングレス・システム)を採用[1]。地元開催の重圧の中、準決勝でポルトガル、決勝で西ドイツを下し初優勝。1968年のUEFA欧州選手権1968では3位、1970年FIFAワールドカップ・メキシコ大会ベスト8進出に導いた。しかし、1974年10月に行われたFIFAワールドカップ・西ドイツ大会予選、ポーランドに競り負け予選敗退が決まると、責任を問われ監督を辞任した。

代表監督から退いたラムゼイは、1977年バーミンガム・シティFCの暫定監督、1979年ギリシャパナシナイコスのテクニカルディレクターを務めた。

その後[編集]

ラムゼイは1998年脳梗塞にかかり、翌1999年4月28日にイプスウィッチの病院でアルツハイマー病により亡くなった。79歳没。彼の死後の2002年に、生前の功績が認められイングランドサッカー殿堂入りを果たした。

エピソード[編集]

  • 代表監督就任にあたりマスコミやファンに対し「1966年のワールドカップで優勝する」と公言した[2]。ワールドカップの舞台でベスト8以上に進出した経験が無かった同国であったが、この発言から4年後に優勝が実現することとなった。
  • 規律を重んじる監督であり、スター選手との対立やそれを擁護するマスコミとの間で軋轢を生んだ。DFで主将を務めたボビー・ムーアとは1964年の海外遠征で練習方法を巡って対立し、しばらくムーアを主将から外した。また天才肌のFW、ジミー・グリーブスを代表から外したことが報道されると、これに激怒。後に謝罪する事態となった[3]
  • 1966年のワールドカップ準々決勝、アルゼンチン戦は荒れた試合展開となり、36分にはアルゼンチンの主将のアントニオ・ラティンが退場処分を受けた。試合は1-0でイングランドが勝利を収めたものの、ラムゼイは試合終了後に「アルゼンチンの選手はアニマル(野獣)だ」と非難した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『決定版ワールドカップ前史』153頁
  2. ^ FIFA.com - Classic Coach: Alf Ramsey
  3. ^ 『決定版ワールドカップ前史』153-154頁
  4. ^ 『ワールドカップ』148-149頁

参考文献[編集]

  • ブライアン・グランヴィル著、賀川浩監修『決定版ワールドカップ前史』草思社、1998年
  • 後藤健生『ワールドカップ』中央公論社、1998年

外部リンク[編集]