イアン・ラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イアン・ラッシュ Football pictogram.svg
Ian Rush.jpg
名前
本名 イアン・ジェームズ・ラッシュ MBE
ラテン文字 Ian Rush
基本情報
国籍 ウェールズの旗 ウェールズ
生年月日 (1961-10-20) 1961年10月20日(56歳)
出身地 セント・アサフ
身長 183cm
体重 79kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1980 イングランドの旗チェスター・シティ 34 (18)
1980-1987 イングランドの旗リヴァプール 224 (139)
1987-1988 イタリアの旗ユヴェントス 29 (12)
1988-1996 イングランドの旗リヴァプール 245 (90)
1996-1997 イングランドの旗リーズ・ユナイテッド 36 (3)
1997-1998 イングランドの旗ニューカッスル・U 10 (2)
1998 イングランドの旗シェフィールド・U (loan) 4 (0)
1998-1999 ウェールズの旗レクサム 18 (0)
1999-2000 オーストラリアの旗シドニーOFC 2 (1)
- =合計 602 (265)
代表歴2
1980-1996[1] ウェールズの旗 ウェールズ 73 (28)
監督歴
2004-2005 イングランドの旗チェスター・シティ
1. 国内リーグ戦に限る。2008年9月6日現在。
2. 2008年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イアン・ジェームズ・ラッシュ(Ian James Rush MBE, 1961年10月20日 - )は、ウェールズセント・アサフ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW(CF)。

抜群のスピードと高い決定力を併せ持った1980年代から1990年代のウェールズを代表する選手。スピードを生かした的確なポジショニングと、左右両足から繰り出す正確なシュート(ワンタッチゴール)で得点を挙げた[2]

来歴[編集]

クラブ[編集]

ラッシュは1979年に3部リーグのチェスター・シティFCで選手経歴を開始、翌1980年に30万ポンドの移籍金でリヴァプールFCへ移籍した。リヴァプールでは1980年から1987年の間に、UEFAチャンピオンズカップ優勝1回、リーグ優勝4回、FAカップ優勝とタイトルを総なめにし、ケニー・ダルグリッシュグレアム・スーネス、らと共にリヴァプールの黄金時代を築き上げた。

1983-84シーズンには32得点を挙げリーグ得点王とヨーロッパ・ゴールデンブーツ賞を受賞、リーグ、リーグカップの二冠とUEFAチャンピオンズカップ 1983-84優勝に貢献[3] 。この活躍によりPFA年間最優秀選手賞FWA年間最優秀選手賞を同時受賞した。なお、1984年12月にはヨーロッパチャンピオンとしてトヨタカップに出場。前評判ではラッシュやダルグリッシュらを擁するリヴァプールが優位だったが、アルゼンチンCAインデペンディエンテに0-1で敗れた。

1987年に300万ポンドの移籍金でイタリアユヴェントスへ移籍[4]。1986-87シーズン限りで現役を引退したミシェル・プラティニの後の得点源として期待をされたが、29試合7ゴールと多くの結果を残すことは出来ず、当時のイングランドクラブの最高額でリヴァプールへ復帰した。

復帰後は本来の調子を取り戻し、1989-90年のリーグ優勝、1991-92年シーズンのFAカップ決勝では得点を決め優勝に貢献、1992-93年シーズンから3年連続2二桁得点を記録し、1994-95年シーズンにはリーグカップの制覇に貢献した。しかし1995-96年シーズンになると若手のロビー・ファウラーの台頭や、コリーモアーの加入もあって出場機会が減少、途中出場が多くなった。1996年FAカップ決勝のマンチェスターU戦で途中出場したのを最後にリヴァプールを離れた。エヴァートンなどの複数のチームが獲得に興味を示したが[5]リーズ・ユナイテッドへ移籍したが3ゴールを決めたのみに終わる。その後かつて共にプレーした、ダルグリシュ監督の誘いでニュー・カッスルへ移籍。2000年にオーストラリアシドニー・オリンピックFCで現役を引退した。

ウェールズ代表[編集]

ウェールズ代表としては1980年にデビューを飾り、1996年に引退するまで国際Aマッチ78試合出場28得点を記録した。キャップ数と得点数はいずれもウェールズ歴代最多記録となっている。

1990年から1991年に行われたUEFA欧州選手権1992予選では1990 FIFAワールドカップ優勝のドイツや、同ベスト16のベルギーと同じ組となる厳しい組み合わせだったが、マーク・ヒューズディーン・ソーンダースらと共にチームを牽引し、1990年10月17日のホームでのベルギー戦を3-1、1991年6月5日のホームでのドイツ戦ではラッシュの決勝点で1-0で勝利するなど、強国を相手に勝ち点9を上げ、本大会出場まであと一歩まで詰め寄った。

しかし、現役生活を通じてFIFAワールドカップUEFA欧州選手権の予選を突破し本大会へ出場することは叶わなかった。

引退後[編集]

引退後の2003年にジェラール・ウリエ監督の下、古巣のリヴァプールFCのストライカーコーチを務めマイケル・オーウェンらを指導。[6] 2004年8月にフットボールリーグ2部のチェスター・シティFCの監督に就任したが、翌2005年4月6日に辞任した[7]

2006年にイングランドサッカー殿堂入りを果たした。

エピソード[編集]

少年時代はリヴァプールFCのライバルのエヴァートンFCのファンであった[8]。ラッシュはエヴァートンとのマージーサイドダービーにおいて現役通算で25得点を記録している。

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ian Rush - Goals in International Matches”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2014年6月15日閲覧。
  2. ^ 週刊サッカーマガジン 編 『サッカーマルチ大辞典 改訂版』 ベースボール・マガジン社2006年、504-505頁。ISBN 978-4583038803
  3. ^ 欧州に君臨するレッズ - UEFA.com 2009年4月24日閲覧
  4. ^ Ian Rush Biography”. bbc.co.uk. 2011年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月12日閲覧。
  5. ^ Royle eyes Rush Daily Record, 29 February 1996
  6. ^ Liverpoolfc.tv: Profile - 2009年4月24日閲覧
  7. ^ シェバに影響を与えた英雄 - UEFA.com 2009年4月24日閲覧
  8. ^ Liverpoolfc.tv: Profile - 2009年4月24日閲覧

外部リンク[編集]