フアン・アロンソ (スペインのサッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアデラルペ第二姓(母方の)はアロンソです。
フアン・アロンソ Football pictogram.svg
名前
本名 フアン・アデラルペ・アロンソ
Juan Adelarpe Alonso
ラテン文字 Juan Alonso
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1927-12-13) 1927年12月13日
出身地 オンダリビア
没年月日 1994年9月8日(1994-09-08)(66歳)
身長 178cm
選手情報
ポジション GK
代表歴
1958-1959 スペインの旗 スペイン 2 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フアン・アデラルペ・アロンソスペイン語: Juan Adelarpe Alonso,別名フアニート・アロンソスペイン語: Juanito Alonso1927年12月13日 - 1994年9月8日)は、スペインギプスコア県オンダリビア出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。同じレアル・マドリードに在籍したディフェンダーガブリエル・アロンソGabriel Alonso Aristiaguirre)を兄に持つ[1]

経歴[編集]

ユースチーム「Keriztetxiki」の出身、1946年に18歳でCDログロニェスに入団した。ここで1年間プレーした後、セルタ・デ・ビーゴの入団テストを受けたが、当時セルタの指導者だったリカルド・サモラから低い評価を受けた。このため入団は叶わず、兵役年齢を終えるまでの2年間、ガリシア州のチームラシン・クラブ・デ・フェロルに在籍した。ここで結果を出し、地方リーグでの活躍を通じて高い評価を得た。兵役が終了した後、レアル・マドリードと契約し、1949年から1962年まで、13年間プレーした。この間、225試合に出場、チームメンバーとして1956年1957年1958年ヨーロピアンカップに優勝している。また、1958年から1960年にかけては主将も務めた。1955年から1956年にはスペインBチームとして3試合に出場、1958年から1959年にはスペイン代表としてメンバー入りし2試合に出場した。また、1954-55年のシーズンにはリーガ・エスパニョーラにおける1試合当たりの平均失点が最少のゴールキーパーに与えられるサモラ賞を獲得した。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BDFutbol profile(英語),2012年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]