ジャンルカ・ヴィアッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャンルカ・ヴィアッリ Football pictogram.svg
Gianluca Vialli.jpg
2018年のヴィアッリ
名前
愛称 ルカ、ゴールマッキナ
ラテン文字 Gianluca Vialli
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1964-07-09) 1964年7月9日
出身地 クレモナ
没年月日 (2023-01-06) 2023年1月6日(58歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1973-1978 イタリアの旗 ピッツィゲットーネイタリア語版
1978-1980 イタリアの旗 クレモネーゼ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1984 イタリアの旗 クレモネーゼ 113 (25)
1984-1992 イタリアの旗 サンプドリア 328 (141)
1992-1996 イタリアの旗 ユヴェントス 145 (53)
1996-1999 イングランドの旗 チェルシー 88 (40)
通算 674 (259)
代表歴
1983-1986  イタリア U-21 20 (11)
1985-1992 イタリアの旗 イタリア 59 (16[1])
監督歴
1998-2000 イングランドの旗 チェルシー
2001-2002 イングランドの旗 ワトフォード
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャンルカ・ヴィアッリGianluca Vialli, 1964年7月9日 - 2023年1月6日)は、イタリアクレモナ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元イタリア代表。現役時代のポジションはFW

クラブ経歴[編集]

1984年にクレモネーゼからサンプドリアへ移籍すると直ぐに頭角を現し、ロベルト・マンチーニとのコンビプレーで1987-88シーズンにコッパ・イタリアを制し、翌1988-89シーズンのコッパ・イタリアでは大会合計13得点を挙げて2度目の優勝を果たした[2]。1989-90シーズンにはUEFAカップウィナーズカップで優勝。1990-91シーズンのリーグ戦においては19ゴールを挙げ得点王となり、スクデット獲得に貢献した。

1991-92シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグの前身、UEFAチャンピオンズカップの決勝に進出するが、数度訪れた決定機を逃し[3]、負傷によりレナート・ブーゾ英語版との途中交代を命じられ、バルセロナに敗れ準優勝に終わった。

1992年より当時世界最高額でユヴェントスへ移籍[4]、当初は怪我での離脱もあり、その能力を十分発揮したとは言い難かったが、徐々に本来のフォームを取り戻し不動のエースストライカーとして君臨、1994-95シーズンにはベストゴールの一つとされる94年10月23日クレモネーゼ戦でのバイシクルシュートを決めるなど[2]、19ゴールを挙げて自身2度目のスクデットとコッパイタリア優勝に貢献した。

翌1995-96シーズンにはキャプテンとしてUEFAチャンピオンズリーグのタイトルも手中にした。特に準決勝のナント戦では、第1戦で1ゴール、2戦では1ゴール1アシスト(パウロ・ソウザのゴールをアシスト、試合には敗れたが、このゴールにより合計でナントを上回り。ユベントスは決勝に進出した。)と目覚ましい活躍を見せた。1996年にはプレミアリーグチェルシーに移籍し、この年のFAカップ獲得に貢献。1998-99シーズンはチェルシープレイングマネージャーに就任した[5]。1999年でプレーヤーとしてのキャリアに終止符を打った。

サンプドリア時代の友人であるマンチーニ率いるイタリア代表のコーディネーターを務め、ユーロ2020では優勝を果たした。2019年に膵癌の治療のため代表チームのコーデイネーターからは離れていたが、2023年1月6日に死去した[6]。58歳没。

代表歴[編集]

イタリア代表時代。右はブラジル代表リカルド・ローシャ (1989年)

イタリア代表としては1985年11月16日のポーランド戦で初出場、1987年1月24日のマルタ戦で代表初ゴールを挙げた。

メジャー大会には1986年のワールドカップメキシコ大会、1988年ヨーロッパ選手権、1990年のワールドカップイタリア大会に出場した。

1986年大会では途中出場で4試合に出場したが無得点、1988年ヨーロッパ選手権では4試合全てに先発起用され、グループリーグのスペイン戦で1得点を挙げた。

1990年ワールドカップではイタリアの7試合のうち3試合に先発で出場、グループリーグ初戦オーストリア戦ではクロスでサルヴァトーレ・スキラッチの決勝点をアシスト、準決勝のアルゼンチン戦ではシュートのこぼれ球からスキラッチの得点が生まれたが、自身は無得点に終わるなど、スキラッチやロベルト・バッジョらの台頭もあって大きな活躍の機会はなかった[4]

1992年12月19日、ワールドカップ予選のマルタ戦に出場してゴールを挙げたのを最後に代表からは遠ざかった。

タイトル[編集]

個人タイトル[編集]

サンプ[編集]

  • コッパ・イタリア : 1984-85, 1987-88, 1988-89
  • UEFAカップウィナーズカップ : 1989-90
  • セリエA : 1990-91

ユヴェントス[編集]

チェルシー[編集]

  • FAカップ : 1996-97
  • リーグカップ : 1997-98
  • UEFAカップウィナーズカップ : 1997-98

代表[編集]

  • ワールドカップ第3位 : 1990

出典[編集]