アンドレ・ビラス・ボアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・ビナ・カブラル第二姓(父方の)はエ・ヴィラス=ボアスです。
アンドレ・ヴィラス・ボアス Football pictogram.svg
Loco-Zenit (11).jpg
名前
本名 ルイス・アンドレ・デ・ピナ・カブラル・エ・ヴィラス=ボアス
Luís André de Pina Cabral e Villas-Boas
愛称 AVB
ラテン文字 André VILLAS-BOAS
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1977-10-17) 1977年10月17日(40歳)
出身地 ポルト
身長 182cm
監督歴
チーム
2000-2001  ヴァージン諸島代表
2002-2004 ポルトガルの旗 ポルト (アシスタント)
2004-2007 イングランドの旗 チェルシー (アシスタント)
2008-2009 イタリアの旗 インテル (アシスタント)
2009-2010 ポルトガルの旗 アカデミカ
2010-2011 ポルトガルの旗 ポルト
2011-2012 イングランドの旗 チェルシー
2012-2013 イングランドの旗 トッテナム
2014-2016 ロシアの旗 ゼニト
2016-2017 中華人民共和国の旗 上海上港
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレ・ヴィラス・ボアスAndré Villas Boas, 1977年10月17日[1] - )は、ポルトガルポルト出身のサッカー指導者。レーシング・ドライバー。本名はルイス・アンドレ・デ・ピナ・カブラル・エ・ヴィラス=ボアス(Luís André de Pina Cabral e Villas-Boas)。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

父方の高祖母マーガレット・ケンドールはイングランドグレーター・マンチェスターのストックポート区出身であり、1900年代前半にワイン・ビジネスを始めるためにポルトガルギマランイスに移住した人物である[2][3]。ボアスが流暢に英語を話せるのは、彼女から英語を教わったためだという。幼少時代からFCポルトのファンであり、ジャーナリストになる夢を持っていた[4][5]

下積み時代[編集]

ビラス・ボアスはクラブチームの下部組織に所属したことがないが[6]、ポルト市内のラマルデンセFCという小さなクラブでプレーしていたことがある[5]。1994年、16歳の時にたまたま同じマンションに住んでいた、FCポルトボビー・ロブソン監督に宛てて書いた、FWドミンゴス・パシエンシアの出場機会が少ないことを訴える手紙が監督の目にとまり[7][8]、感激したロブソンからスタッフとしてスカウトされた[4]。FCポルトのスカウティングや統計部門の担当者としてロブソンの下で働き[8]、チーフ・アシスタントだったジョゼ・モウリーニョからもかわいがられた。イギリス国立スポーツセンターへの留学、スコットランドサッカー協会での指導者講習を経て[5]、17歳の時には欧州サッカー連盟(UEFA)のC級ライセンスを取得し[6]、21歳の時にイギリス領ヴァージン諸島代表の監督に就任したが、最後の試合となったバミューダ諸島代表戦には0-9と大敗し、「私の若さがすべてだった」と18か月で辞任した。

2001年1月にはFCポルトの監督に就任したモウリーニョのコーチングスタッフに加わり[6]、相手チームの弱点分析などを担当した[9][8]チェルシーFCインテルでもアシスタントコーチを務めた[10]

ビラスボアスは私の目であり耳だ。彼は私のサッカーを完璧に理解している[11]— ジョゼ・モウリーニョ

アカデミカ・コインブラ[編集]

2009年夏には監督を探していたスポルティングCPの面接を受けて不採用に終わった[5]。2009-10シーズン序盤もインテルでアシスタントコーチを続けていたが、同年10月にアカデミカ・コインブラから監督就任オファーを受け、これを受諾した[12]。リーグ最下位に低迷していたクラブを最終的に16チーム中11位にまで押し上げ、残留に成功した。さらにタッサ・ダ・リーガでは準決勝に進出し[9]、魅力的なサッカーは高い評価を受けた。

ポルト[編集]

アカデミカでの実績が評価され、2010年6月、クラブ史上最年少でFCポルトの監督に就任した[13]。7月に早速スーペルタッサを獲得し好調なスタートを切ると[14]、12月には早くも契約を2013年まで延長した[15]。就任してから2011年1月4日にCDナシオナルに敗れるまで、全コンペティション合わせて25戦無敗であり、4月3日のアウェーでのSLベンフィカ戦に2-1で勝ち、5試合を残して優勝を決めた。リーグ優勝時の年齢は歴代優勝監督の中で3番目に若かった。最終的には30試合27勝3分で無敗優勝を達成し[16]、2位との勝ち点差21は歴代最多記録となった[17]。勝ち点84はリーグ戦が30節になってからの最多記録であり、シーズン中に記録した16連勝も歴代最多記録である。シーズン無敗優勝は1972-73シーズン・1977-78シーズンのSLベンフィカ以来であった[18]

UEFAヨーロッパリーグではセビージャFCビジャレアルCFCSKAモスクワを破って決勝に進出し、同じポルトガルのSCブラガを1-0で破って優勝した。33歳213日という年齢はUEFA主催のクラブ大会において史上最年少優勝記録となった[19][20]。またUEFAヨーロッパリーグでは14勝しているが、これはポルトガルのクラブがUEFA主催大会で記録した1シーズン最多勝利記録となった[21]

国内カップのタッサ・デ・ポルトガルでは下部リーグのチームを下して準決勝に進出し、準決勝でベンフィカと対戦した。ホームでのファーストレグに2-0で敗れたものの、アウェーでのセカンドレグでは試合開始からわずか10分間の間に3ゴールを奪って3-1と勝利し、アウェーゴールの差で決勝進出を決めた。決勝ではヴィトーリア・ギマランイスを6-2で下し、クラブにとって1987-88シーズン以来となる4冠を達成した[22]。就任以前から続いていた公式戦無敗記録を36戦まで続け、モウリーニョ監督時代に達成されたクラブ記録(33戦連続無敗)を更新した[23][11]

チェルシー[編集]

これはワンマンショーではない。グループ・ワンと呼ばなくてはならないだろう[24][25]— ビラス・ボアス, 就任記者会見にて

2011年6月22日、イングランド・プレミアリーグチェルシーFCの監督に就任した[26]。契約期間は3年であるが、3年目はオプション扱いである[27]。年俸は500万ユーロ(約6億円)となり、FCポルトには違約金として1500万ユーロ(約18億円)が支払われた[5]。33歳と8ヶ月での就任はフラムFCクリス・コールマン監督(就任当時32歳と11ヶ月)に次いでプレミアリーグ史上2番目の若さであった。アシスタントコーチにはロベルト・ディ・マッテオが就任した[24]

しかし、成績不振により2012年3月4日に解任された[28]

トッテナム・ホットスパー[編集]

2012年7月3日、解任されたハリー・レドナップの後任としてトッテナム・ホットスパーFCの監督に就任。プレミアリーグ第6節のマンチェスター・ユナイテッドFC戦で2-3と勝利し、23年ぶりにトッテナムのオールド・トラッフォードでの勝利へ導いた。リーグ後半でもマンチェスター・シティFCに3-1という大勝をもたらした。最終的にはリーグ5位で終わり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権は得られなかったがクラブ史上最多の勝ち点72を積み上げた。

2013-14シーズンはレアル・マドリードに移籍したガレス・ベイルの穴埋めをするため大量補強を敢行した。開幕からのスタートダッシュには成功するものの、不調が続き、ホームでのリヴァプールFC戦に0-5で大敗したことが引き金となり、翌日解任された[29]

ゼニト・サンクトペテルブルク[編集]

2014年3月18日、解任されたルチアーノ・スパレッティの後任としてFCゼニト・サンクトペテルブルクの新監督に就任することが発表された[30]。2014-15シーズンには、ヨーロッパ・リーグでベスト8に進出した。2015年9月10日に行われた記者会見で、シーズン限りでゼニトの監督を退任する意向を表明した[31]

上海上港[編集]

2016年11月4日上海上港集団足球倶楽部の監督に就任した。

人物[編集]

2004年に結婚し、ふたりの娘がいる[32]

選手時代に無名であったこと、スカウティングや分析の仕事から指導者キャリアをスタートさせたこと、中小クラブを率いた後にFCポルトの監督に就任したこと、FCポルトで実績を残してチェルシーFC監督に就任したこと、英語などの外国語に長けていること、端正な顔立ちであることなど、ジョゼ・モウリーニョと共通点が多く[33]、チェルシーFC監督就任当初はミニ・モウリーニョと呼ばれることも多かったが[24][33]、当人はモウリーニョと比較されることを快く思っておらず[9]、「私は誰のクローンでもない」と語っている[7]

名前を略して、AVBと呼ばれる事もある[34]

指導者経歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ポルト
ゼニト

個人[編集]

監督成績[編集]

クラブ 就任 退任 記録
試合 得点 失点 勝率 %
アカデミカ ポルトガルの旗 2009年10月14日 2010年6月2日 30 11 9 10 38 35 036.67
ポルト ポルトガルの旗 2010年6月2日 2011年6月21日 58 49 5 4 135 36 084.48
チェルシー イングランドの旗 2011年6月22日 2012年3月4日 40 19 11 10 69 43 047.50
トッテナム イングランドの旗 2012年7月3日 2013年12月16日 80 44 20 16 137 89 055.00
ゼニト ロシアの旗 2014年3月20日 2016年5月23日 101 62 20 19 197 92 061.39
上海上港 中華人民共和国の旗 2016年11月4日 2017年11月30日 46 27 9 10 0 0 058.70
合計 353 211 74 68 0 0 59.77

脚注[編集]

  1. ^ André Villas-Boas”. ZeroZeroFootball. 2010年12月18日閲覧。
  2. ^ “Crucial role of boy scout who is Mourinho's 'eyes and ears'”. The Independent. (2004年7月11日). http://www.independent.co.uk/sport/football/premier-league/crucial-role-of-boy-scout-who-is-mourinhos-eyes-and-ears-552798.html 2010年10月7日閲覧。 
  3. ^ “10 things you need to know about prospective new Chelsea manager”. The Mirror. (2011年6月20日). http://www.mirrorfootball.co.uk/opinion/blogs/mirror-football-blog/Chelsea-manager-hunt-Andre-Villas-Boas-10-things-you-need-to-know-about-Porto-coach-article750070.html 2011年6月26日閲覧。 
  4. ^ a b 3冠を狙うビラス・ボアス監督”. UEFA.com (2011年5月17日). 2011年5月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e 「『モウリーニョ2世』の実態」ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2011年8月4日号、20-21頁
  6. ^ a b c ポルト無敗優勝の快挙に“第二のモリーニョ”あり”. スポーツナビ (2011年4月11日). 2011年5月23日閲覧。
  7. ^ a b モウリーニョのクローン? ポルトで無敗のビラス・ボアス”. livedoorスポーツ (2010年10月8日). 2011年5月23日閲覧。
  8. ^ a b c 若くして一流に上り詰めたビラス・ボアス監督”. UEFA.com (2011年6月22日). 2011年6月28日閲覧。
  9. ^ a b c Meet Portugal's Boy Genius”. The Wall Street Journal (2010年10月5日). 2011年5月23日閲覧。
  10. ^ ポルトの若手監督ビラス・ボアス、次代のモウリーニョかグアルディオラか”. Football Weekly (2011年4月5日). 2011年5月23日閲覧。
  11. ^ a b <快進撃ポルトを率いる> ビラスボアス 「4冠制覇の33歳はモウ+ペップのハイブリッド型」”. NumberWeb (2011年6月21日). 2011年8月11日閲覧。
  12. ^ “Academica appoint Andre Villas-Boas as head coach”. PortuGOAL.net. (2009年10月14日). http://www.portugoal.net/index.php/more-academica-news/4682-andre-villas-boas-new-academica-boss 2010年12月18日閲覧。 
  13. ^ ビラス・ボアス監督の下で復活したポルト”. Football Weekly (2011年4月20日). 2011年5月23日閲覧。
  14. ^ “His first trophy in Porto, Porto 2–0 Benfica”. http://www.whoscored.com/Matches/407902/Live 
  15. ^ チェルシー、ポルトのビラス・ボアス監督招へいに17億円を用意”. スポーツナビ (2011年6月21日). 2011年8月11日閲覧。
  16. ^ EL決勝を控えるポルトがリーグ戦無敗優勝を達成、フッキは得点王に輝く”. サッカーキング (2011年5月15日). 2011年9月25日閲覧。
  17. ^ FC Porto extends unbeaten run in Portuguese league to 28 matches by routing Setubal 4-0Google.com、2011年5月1日
  18. ^ Portuguese champions Porto end season unbeaten in the leagueGoal.com、2011年5月15日
  19. ^ Villas-Boas can be Special The Sun、2011年5月27日
  20. ^ ポルト、ファルカオのゴールで優勝”. UEFA.com (2011年5月18日). 2011年5月23日閲覧。
  21. ^ FC Porto complete win over CSKAPortuGOAL.net、2011年3月17日
  22. ^ ポルト、カップ戦を制し4冠達成”. UEFA.com (2011年5月22日). 2011年5月23日閲覧。
  23. ^ Nacional end Porto's unbeaten run”. PortuGOAL.net (2011年1月2日). 2011年8月11日閲覧。
  24. ^ a b c チェルシーのビラス・ボアス新監督が就任会見、「スペシャル・ワンではない」”. AFP BB News (2011年6月30日). 2011年8月11日閲覧。
  25. ^ 監督の高齢化が進むプレミアで、ビラスボアスに課せられた使命とは?”. NumberWeb (2011年7月23日). 2011年8月11日閲覧。
  26. ^ チェルシーの新指揮官にビラス・ボアス氏”. UEFA.com (2011年6月22日). 2011年6月22日閲覧。
  27. ^ 「モウリーニョ2世」が挑むチェルシーという難関。~ビラスボアス、長期政権への課題~”. NumberWeb (2011年7月12日). 2011年8月11日閲覧。
  28. ^ CHELSEA AND VILLAS-BOAS PART COMPANY”. chelseafc.com (2012年3月4日). 2012年3月4日閲覧。
  29. ^ トッテナムがビラス=ボアスを解任”. Goal (2013年12月16日). 2013年12月17日閲覧。
  30. ^ André Villas-Boas to be presented as Zenit head coach on March 20”. ZENIT FOOTBALL CLUB (2014年3月18日). 2014年3月18日閲覧。
  31. ^ ビラス=ボアス監督、今季限りで退任へ”. UEFA.com (2015年9月10日). 2016年8月30日閲覧。
  32. ^ D. Luís André de Pina Cabral e Vilas-Boas”. GeneAll.net. 2011年8月11日閲覧。
  33. ^ a b 33歳でチェルシー率いる異端児、ビラスボアス新監督”. 日本経済新聞 (2011年7月29日). 2011年8月11日閲覧。
  34. ^ [1][2]など。

外部リンク[編集]