チーロ・インモービレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チーロ・インモービレ Football pictogram.svg
Ciro Immobile with Lazio (2019) (edited).jpg
SSラツィオ所属時代(2019年)
名前
ラテン文字 Ciro Immobile
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1990-02-20) 1990年2月20日(31歳)
出身地 トッレ・アンヌンツィアータ
身長 185cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 SSラツィオ
ポジション FW
背番号 17
利き足 右足
ユース
2002-2008 イタリアの旗 ソレント
2008-2009 イタリアの旗 ユヴェントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 イタリアの旗 ユヴェントス 3 (0)
2010-2011 イタリアの旗 シエーナ (loan) 4 (1)
2010-2011 イタリアの旗 グロッセート (loan) 16 (1)
2011-2012 イタリアの旗 ペスカーラ (loan) 37 (28)
2012-2013 イタリアの旗 ジェノア 33 (5)
2013-2014 イタリアの旗 トリノ 33 (22)
2014-2016 ドイツの旗 ドルトムント 24 (3)
2015-2016 スペインの旗 セビージャ (loan) 8 (2)
2015-2016 イタリアの旗 トリノ (loan) 14 (5)
2016- イタリアの旗 ラツィオ 177 (123)
代表歴2
2009-2010  イタリア U-20 6 (0)
2009-2013  イタリア U-21 16 (9)
2014- イタリアの旗 イタリア 52 (15)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年6月5日現在。
2. 2021年7月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

チーロ・インモービレCiro Immobile,イタリア語発音: [ˈtʃiro imˈmɔbile]; 1990年2月20日 - )は、イタリアカンパニア州ナポリ県トッレ・アンヌンツィアータ出身のサッカー選手セリエASSラツィオ所属。イタリア代表。ポジションはFW

クラブ経歴[編集]

ユース[編集]

2002年からソレント・カルチョ下部組織に所属し、2008年6月ユヴェントスの下部組織へ移籍。ユヴェントスのプリマヴェーラ時代には、トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ2009で準決勝、決勝と2試合連続ドッピエッタを記録し、チームを4年ぶりの優勝に導いた。続く、2010年に行われた同大会でも、決勝戦のエンポリ戦で上げたトリプレッタを含む10ゴールをあげるなど大会連覇に貢献し、得点王と共に同大会の最優秀選手に選ばれた。

ユヴェントス[編集]

2009年3月14日、ボローニャ戦にてアレッサンドロ・デル・ピエロと交代で途中出場し、19歳でセリエAデビューを果たした。

2009年11月25日、チャンピオンズリーグボルドー戦ではリードされている68分に途中出場し、UCLデビューを飾った。

シエーナとグロッセートへのローン[編集]

2010年7月1日、チームメイトのルカ・マッローネと共にセリエBシエーナへローン移籍が発表された。シエナでは出場機会に恵まれず、1月には同じセリエBのグロッセートへローン移籍した。

ペスカーラへのローン[編集]

2011年8月17日、セリエBのペスカーラへのローン移籍が発表された。8月26日、ペスカーラのデビューとなったヴェローナとのリーグ初戦にクラブ初ゴールを決めた。

ペスカーラではレギュラーポジションを確保し、ゴールを量産。得点ランキング2位のマルコ・サウより7ゴール多い28ゴールでセリエB得点王に輝き、ペスカーラのセリエA昇格に貢献した。また、チームメイトのロレンツォ・インシーニェマルコ・ヴェッラッティと共に、セリエBの最優秀選手に選ばれた。

ジェノア[編集]

2012年7月1日、パスカーラとのレンタル契約満了の後、2012年1月に400万ユーロで共同保有権を獲得していたジェノアでプレーした。

トリノ[編集]

2013年7月12日、ユヴェントスがジェノアから保有権を275万ユーロで買い戻し、トリノへ共同保有で移籍した。コッパ・イタリア1回戦で古巣のペスカーラと対戦し、トリノデビューし、シーズン初ゴールを決めた。セリエA開幕からゴールを量産、2014年3月22日のリヴォルノ戦でキャリア初のハットトリックを成し遂げるなど[1]、22ゴールを決め、自身初のセリエA得点王となった[2]

ボルシア・ドルトムント[編集]

ドルトムントでプレイするインモービレ (2014年7月)

2014年6月2日、ブンデスリーガボルシア・ドルトムントへの移籍が決定。8月23日、レヴァークーゼン戦でブンデスリーガデビューを果たす。

入れ替わりでバイエルン・ミュンヘンへ移籍したロベルト・レバンドフスキの穴埋めを期待されるも、リーグ戦24試合3得点という結果に終わった。

セビージャ[編集]

2015年7月12日、セビージャFCへ1年間のローン移籍が発表された。2015スーパーカップでは、後半80分にケヴィン・ガメイロに代わってセビージャデビューすると、イェウヘン・コノプリャーンカへの同点アシストを記録するも、チームは延長戦の末、バルセロナに敗れた。11月8日、レアル・マドリード戦で同点ゴールを決め、移籍後初得点を記録した。11月、5試合出場したことによる買い取り義務によりセビージャへ完全移籍した。

トリノへのローン[編集]

2016年1月14日、古巣トリノFCへローン移籍した。復帰デビューから2日後、フロジノーネ戦で先制点を挙げた。

ラツィオ[編集]

ラツィオでのインモービレ(2018年)

2016年7月27日、移籍金875万ユーロで、ラツィオへの完全移籍が決定した[3][4]。開幕戦でゴールを決めるなど、セリエAでシーズン中36試合で23ゴールを決める活躍を見せた[5]

2017年8月13日、スーペルコッパ・イタリアーナではユヴェントス相手に2ゴールを決め優勝に貢献[6]。3節のミラン戦ではハットトリックを決めた[7]。2018年1月SPAL戦では4ゴールを決めた[8]。また、ヨーロッパリーグラウンド32のブカレスト戦でもハットトリックを決めた[9]。2017-18シーズンは33試合で29ゴールを挙げ、マウロ・イカルディと共に、セリエA得点王になった。

2019年11月3日のミラン戦でラツィオでの100ゴールを達成した[10]。2020年1月11日、第19節のナポリ戦で決勝ゴールを決め、早くも20ゴール台に乗せ、欧州5大リーグ最速で20ゴールを達成した[11]。2020年1月18日サンプドリア戦ではハットトリックを決め20節終了時点でリーグ戦23ゴールとした[12]。第25節のジェノア戦でゴールを決め、25試合27ゴールとし、元アルゼンチン代表FWのアントニオ・アンヘリージョインテル所属時の1958-59シーズンに記録して以来61年振りの好成績となった[13]。7月26日、第36節のエラス・ヴェローナ戦でハットトリックを達成、シーズンの得点を34とし、これまでルカ・トーニが持っていたイタリア人選手としての年間最多ゴール数を更新した[14]。またこの試合における2ゴール目で、リーグ戦におけるラツィオでの通算100ゴールも達成した[14]。最終節のナポリ戦でもゴールを決め、リーグ戦でのゴール数を36ゴールとし、過去にゴンサロ・イグアインが記録したセリエAの最多得点記録に並んだ。自身3度目のセリエA得点王を獲得すると共に、欧州最多得点者に送られるゴールデンシューを受賞した[15]

代表経歴[編集]

イタリア代表でのインモービレ (2015年)

2014年3月5日のスペインとの親善試合でイタリア代表デビュー。同年に開催されたFIFAワールドカップにも出場、同年9月4日のオランダとの親善試合で代表初得点を挙げた。 2016年のUEFA EURO 2016の23人のメンバーに選出された[16]

2021年6月、UEFA EURO 2020参加メンバーに選出。開幕戦のトルコ戦で大会第1点目(オウンゴール除く)のゴール[17]、第2戦のスイス戦でも1ゴールを挙げるなど[18]、チームの主力として優勝に貢献した。

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ユヴェントス 2008–09 セリエA 1 0 0 0 0 0 - 1 0
2009–10 2 0 1 0 1 0 - 4 0
通算 3 0 1 0 1 0 0 0 5 0
シエーナ 2010–11 セリエB 4 1 2 1 - 0 0 6 2
通算 4 1 2 1 - 0 0 6 2
グロッセート 2010–11 セリエB 16 1 0 0 - 0 0 16 1
通算 16 1 0 0 - 0 0 16 1
ペスカーラ 2011–12 セリエB 37 28 0 0 - 0 0 37 28
通算 37 28 0 0 - 0 0 37 28
ジェノア 2012–13 セリエA 33 5 1 0 - 0 0 34 5
通算 33 5 1 0 - 0 0 34 5
トリノ 2013–14 セリエA 33 22 1 1 - 0 0 34 23
通算 33 22 1 1 - 0 0 34 23
ドルトムント 2014–15 ブンデスリーガ 24 3 3 3 6 4 1 0 34 10
通算 24 3 3 3 6 4 1 0 34 10
セビージャ 2015–16 プリメーラ 8 2 3 2 3 0 1 0 15 4
通算 8 2 3 2 3 0 1 0 15 4
トリノ 2015–16 セリエA 14 5 0 0 - 0 0 14 5
通算 14 5 0 0 - 0 0 14 5
ラツィオ 2016–17 セリエA 36 23 5 3 - 0 0 41 26
2017–18 33 29 4 2 9 8 1 2 47 41
2018–19 36 15 5 3 5 1 0 0 46 19
2019–20 37 36 2 1 4 2 1 0 44 39
2020-21 35 20 1 0 5 5 0 0 41 25
通算 177 123 17 9 23 16 2 2 219 150
総通算 349 190 28 16 33 20 4 2 414 228


代表[編集]

2021年7月6日 [19]現在
代表 出場 得点
イタリア代表 2014 9 1
2015 3 0
2016 8 4
2017 10 2
2018 5 0
2019 4 3
2020 3 0
2021 9 5
合計 51 15
代表戦での得点一覧
No. 開催日 会場 対戦国 得点 結果 試合概要
1 2014年9月4日 イタリアの旗 スタディオ・サン・ニコラ  オランダ 1–0 2–0 親善試合
2 2016年9月5日 イスラエルの旗 サミー・オフェル・スタジアム  イスラエル 3–1 3–1 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
3 2016年10月9日 北マケドニア共和国の旗 ピリッポス2世アレナ  マケドニア 2–2 3–2
4 3–2
5 2016年11月12日 リヒテンシュタインの旗 ラインパーク・シュタディオン  リヒテンシュタイン 2–0 4–0
6 2017年3月24日 イタリアの旗 スタディオ・レンツォ・バルベラ  アルバニア 2–0 2–0
7 2017年9月5日 イタリアの旗 マペイ・スタジアム=チッタ・デル・トリコローレ  イスラエル 1–0 1–0
8 2019年9月8日 フィンランドの旗 タンペレーン・スタディオン  フィンランド 1–0 2–1 UEFA EURO 2020予選
9 2019年11月18日 イタリアの旗 スタディオ・レンツォ・バルベラ  アルメニア 1–0 9–1
10 4–0
11 2021年3月25日 イタリアの旗 スタディオ・エンニオ・タルディーニ  北アイルランド 2–0 2–0 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
12 2021年3月31日 リトアニアの旗 LFFスタディオナス  リトアニア 2–0 2–0
13 2021年6月4日 イタリアの旗 スタディオ・レナート・ダッラーラ  チェコ 1–0 4–0 親善試合
14 2021年6月11日 イタリアの旗 スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ  トルコ 2–0 3–0 UEFA EURO 2020
15 2021年6月16日  スイス 3–0 3–0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ユヴェントス (ユース)
ペスカーラ
ボルシア・ドルトムント
ラツィオ

個人[編集]

  • 得点王(トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ)
    • 2010
  • 最優秀選手(トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ)
    • 2010
  • セリエB得点王
    • 2011-12
  • セリエA得点王
    • 2013-14, 2017-18, 2019-20
  • UEFAヨーロッパリーグ得点王
    • 2018
  • セリエA年間最優秀FW賞
    • 2019-20
  • セリエA月間最優秀選手賞
    • 2019-20, 10月
  • ヨーロッパ・ゴールデンシュー
    • 2019-20

脚注[編集]

  1. ^ TORINO LIVORNO 3–1”. legaseriea.it. Lega Serie A. 2014年3月23日閲覧。
  2. ^ “Serie A Week 38: Did You Know?”. Football Italia. (2014年5月19日). http://www.football-italia.net/49372/serie-week-38-did-you-know 2014年5月19日閲覧。 
  3. ^ RELAZIONE FINANZIARIA SEMESTRALE CONSOLIDATA AL 31 DICEMBRE 2016” (Italian). S.S. Lazio (2017年3月30日). 2017年4月2日閲覧。
  4. ^ Official: Immobile joins Lazio”. Football Italia (2016年7月27日). 2016年7月27日閲覧。
  5. ^ Ciro Immobile Football Statistics”. WhoScored. 2017年5月31日閲覧。
  6. ^ Murgia: 'Lazio deserved this'”. Football Italia (2017年8月13日). 2018年4月22日閲覧。
  7. ^ Immobile hat-trick mauls Milan”. Football Italia (2017年9月10日). 2018年4月22日閲覧。
  8. ^ Immobile hat-trick mauls Milan”. Football Italia (2017年9月10日). 2018年4月22日閲覧。
  9. ^ EL: Immobile hat-trick, Lazio Manita”. Football Italia (2018年2月22日). 2018年4月22日閲覧。
  10. ^ Immobile celebrates Lazio Century”. Football Italia. 2019年11月3日閲覧。
  11. ^ インモービレが5大リーグ最速20ゴール達成! ラツィオ、ナポリ撃破で10連勝”. Soccer King. 2020年1月19日閲覧。
  12. ^ インモービレ、イグアインのシーズン歴代最多得点数を「超えることができる」”. Soccer King. 2020年1月19日閲覧。
  13. ^ インモービレが25試合で27ゴール目! 61年ぶりの驚異的ペース”. Ultora Soccer. 2020年1月24日閲覧。
  14. ^ a b ラツィオFW、イタリア人歴代最多得点達成。欧州得点王争いもレバンドフスキに並ぶ”. Ultora Soccer. 2020年1月27日閲覧。
  15. ^ インモービレ、36ゴールでシーズン最多記録に並ぶ! ゴールデンシュー受賞も確実に”. www.soccer-king.jp. 2020年8月2日閲覧。
  16. ^ OFFICIAL: Italy squad for Euro 2016”. Football Italia (2016年5月31日). 2016年5月31日閲覧。
  17. ^ ユーロ白星発進のイタリア、指揮官マンチーニ「ウェンブリーまで長い道のり」”. 超ワールドサッカー (2021年6月12日). 2021年6月12日閲覧。
  18. ^ 代役からヒーローに! 決勝T導く2ゴールのイタリアMFロカテッリ「ファンを幸せにするためにプレーしている」”. ゲキサカ (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  19. ^ チーロ・インモービレ - National-Football-Teams.com

外部リンク[編集]