フェデリコ・キエーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェデリコ・キエーザ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Federico Chiesa
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1997-10-25) 1997年10月25日(21歳)
出身地 ジェノヴァ
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ
ポジション FW(WG), MF(SH, CH)
背番号 25
利き足
ユース
2002-2007 イタリアの旗 USセッティニャネーゼ
2007-2016 イタリアの旗 フィオレンティーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- イタリアの旗 フィオレンティーナ 63 (9)
代表歴2
2015-2016 イタリアの旗 イタリア U-19 3 (0)
2016- イタリアの旗 イタリア U-20 5 (0)
2017- イタリアの旗 イタリア U-21 10 (3)
2018- イタリアの旗 イタリア 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月31日現在。
2. 2018年11月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フェデリコ・キエーザFederico Chiesa1997年10月25日 - )は、イタリアジェノヴァ出身のサッカー選手セリエAACFフィオレンティーナ所属。ポジションはMFFWイタリア代表。父親は元イタリア代表のサッカー選手エンリコ・キエーザである。

クラブ歴[編集]

初期[編集]

1997年に父親のエンリコ・キエーザの故郷であり、当時父親が在籍していたUCサンプドリアの本拠地でもあるジェノヴァにて生まれるが、そのわずか3ヶ月後には父親の移籍に伴いジェノアを去った[1]。2002年に6歳から、当時父親が在籍していたACFフィオレンティーナの本拠地であるフィレンツェ市北東部にあるセッティニャーノのサッカースクールにてサッカーを始めた。2007年には11歳でフィオレンティーナの下部組織に入団し、以後プロデビューまでの育成期間を同クラブで過ごした。

フィオレンティーナ[編集]

2016-17年、キエーザは育成部門であるプリマヴェーラに所属していたが、プレシーズンのトップチームの夏合宿にパウロ・ソウザ監督によって招集される[2]。その後の合宿中の会見でソウザ監督は「キエーザは残りのシーズンを我々と共に行動する」と発言し、レンタル移籍に出さずにそのままトップチームで起用することを示唆した。そして、その言葉通りに2016-17シーズンの開幕戦である対ユヴェントス戦に先発起用され、18歳にしてセリエAデビュー、フィオレンティーナのトップチームでの公式戦デビューを同時に成し遂げた[3]。続く9月29日にはホームで行われた対カラバフFK戦にて欧州カップ戦デビューを果たした。また12月8日に行われたアウェイでのカラバフ戦において、後半76分に得点を決め、プロ初得点によってチームの勝利(2-1)に貢献した。2017年1月14日には、フィオレンティーナとの契約を2021年6月まで延長したことが、同クラブ公式サイトにより発表された[4]。同年1月21日にアウェイで行われた対キエーヴォ戦において、後半ロスタイムにセリエA初得点を記録し[5]、8日後のリーグ戦ジェノア戦でもゴールを決めた[6]。5月7日サッスオロ戦でもゴールを決めた。

2017-18年、9月16日に対戦のボローニャFC戦にて先制点を決め、チームも2-1で勝利した。2月4日ボローニャFC戦は決勝点[7] 、3月31日クロトーネ戦は1点を挙げた[8]

2018-19年1月30日のコッパイタリア準々決勝ASローマ戦で初のハットトリックを決め、チームを7-1での勝利に導いた[9]

代表歴[編集]

U-19からイタリア代表に招集されている。2017年にU-21イタリア代表としてU-21欧州選手権に出場したが、準決勝で敗れた。

2017年5月サンマリノとの親善試合に向けた若手主体のフル代表に招集されたが[10]、2018年3月に行われるアルゼンチン、イングランド代表との親善試合のメンバーにルイジ・ディ・ビアージョ監督に選出され、正式に初のフル代表入りとなった[11]。アルゼンチン戦で先発出場で代表デビューすると、次のイングランド戦は後半56分から出場、PKを奪取するなどの好プレーを見せた[12]

プレースタイル[編集]

[13][14][15][16][17][18]

有名なサッカー選手の息子としてデビュー当初から注目を集め、父親も活躍したフィオレンティーナの生え抜きとしても期待されている選手である。若さのわりに落ち着いたメンタルとスピードとテクニックに優れ、左右の足でのプレーが可能である。ポジションは左右のウィングを主戦場としているが、ソウザ監督はセカンドスライカーなどインサイドハーフでもテストしている。トップチーム昇格後は下がり気味の右のサイドハーフとして起用されている[3]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Federico Chiesa, l'inglese di Firenze: a 17 anni università, gol e debutto azzurrogazzetta.it(2015-11-11)(イタリア語),2017-1-14閲覧
  2. ^ I figli d'arte della Fiorentina: Ianis Hagi e Federico Chiesa in ritiro a Moenagazzetta.it(2016-7-11)(イタリア語),2017-1-14閲覧
  3. ^ a b Juve-Fiorentina, Chiesa junior debutta in serie A: somiglia proprio al papà...gazzetta.it(2016-8-20)(イタリア語),2017-1-14閲覧
  4. ^ CHIESA: FIRMATO IL RINNOVO AL 2021violachannel.tv(2017-1-14)(イタリア語),2017-1-15閲覧
  5. ^ Sousa: 'Satisfied with Fiorentina'”. Football Italia (2017年1月21日). 2017年1月22日閲覧。
  6. ^ Fiorentina 3-3 Genoa”. Soccerway UK (2017年1月29日). 2017年3月12日閲覧。
  7. ^ Bologna vs Fiorentinaespn
  8. ^ fiorentina vs crotoneespn
  9. ^ Coppa: Fiorentina put seven past Roma!”. Football Italia (2019年1月30日). 2019年1月30日閲覧。
  10. ^ Nazionale, i convocati di Ventura per Italia-San Marino: c'è Berardi”. 2017年5月28日閲覧。
  11. ^ “ブッフォン招集!バロテッリは復帰ならず…イタリアが代表メンバー26人を発表”. ゲキサカ. (2018年3月18日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239986-239986-fl 2018年3月18日閲覧。 
  12. ^ [1]soccer king から
  13. ^ Juve-Fiorentina, Chiesa junior debutta in serie A: somiglia proprio al papà...” (Italian). La Gazzetta dello Sport (2016年8月20日). 2017年1月20日閲覧。
  14. ^ Fiorentina, da Chiesa, Hagi a Satalino, ecco i giovani in ritiro con Paulo Sousa” (Italian). La Gazzetta dello Sport (2016年8月1日). 2017年1月20日閲覧。
  15. ^ Federico Chiesa, en el nombre del padre” (Italian). Marca.com (2017年1月15日). 2017年1月20日閲覧。
  16. ^ Hagi e Chiesa jr quando il talento è una questione di famiglia” (Italian). La Repubblica (2016年7月17日). 2017年1月20日閲覧。
  17. ^ Mussetta, Fabio (2016年12月17日). “Federico Chiesa | TALENTS HUNTER” (英語). www.talentshunter.eu (TALENTS HUNTER). http://www.talentshunter.eu/federico-chiesa/ 2017年1月25日閲覧。 
  18. ^ Nel nome del padre: la fulminea scalata di Federico Chiesa” (Italian). Eurosport.com (2016年12月13日). 2017年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]