ジョルジ・ルイス・フレーロ・フィーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はフレーロ第二姓(父方の)はフィーリョです。
ジョルジーニョ Football pictogram.svg
Jorginho 2016.jpg
ナポリでのジョルジーニョ (2016年)
名前
本名 ジョルジ・ルイス・フレーロ・フィーリョ
Jorge Luiz Frello Filho
ラテン文字 JORGINHO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1991-12-20) 1991年12月20日(27歳)
出身地 インビトゥーバ
身長 180cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション MF (CMF)
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2014 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 89 (11)
2010-2011 イタリアの旗 サンボニファチェゼ (loan) 31 (1)
2014-2018 イタリアの旗 ナポリ 133 (2)
2018- イングランドの旗 チェルシーFC 12 (1)
代表歴2
2016- イタリアの旗 イタリア 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年7月14日現在。
2. 2018年7月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョルジーニョ(Jorginho)ことジョルジ・ルイス・フレーロ・フィーリョ(Jorge Luiz Frello Filho、1991年12月20日 - )は、ブラジルサンタカタリーナ州インビトゥーバ出身のサッカー選手イタリア代表プレミアリーグチェルシーFC所属。ポジションはMF

経歴[編集]

ブラジルで生まれ、15歳の時にイタリアに移住した。エラス・ヴェローナFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年にトップチーム昇格し、その後ACサンボニファチェゼにレンタル移籍した[1]。翌年ヴェローナに復帰し、2011年9月4日、USサッスオーロ・カルチョ戦でデビューした[2]

昇格したヴェローナの主力として2013-14シーズン活躍し、一躍注目を浴び、2014年1月SSCナポリ移籍が決定[3]。2017-2018年シーズンにはナポリの優勝争いの原動力ともなった[4]

2018年7月14日、ナポリ時代の恩師マウリツィオ・サッリが監督に就任したプレミアリーグチェルシーFCに移籍した[5]。契約期間は5年間で、背番号は5番。プレミアリーグ開幕戦となったハダースフィールドにアンカーのポジションで先発出場、ペナルティーキックを成功させ移籍後初ゴールを決めた[6]

代表歴[編集]

祖父がブラジル出身のため、ブラジル代表も選択することが出来た。2012年からイタリア代表としてU-21代表に招集されている。A代表デビュー戦は2016年3月24日ウーディネで行われたスペイン代表との親善試合で89分にマルコ・パローロと交代で初キャップを記録した。2018年のFIFAワールドカップ出場をかけた、スウェーデンとのプレーオフで代表に選出され、第2戦で先発出場しプレーしたが、ワールドカップへの出場を逃した[7]

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 ACサンボニファチェゼ 2010-2011 (loan)

タイトル[編集]

SSCナポリ

脚注[編集]

外部リンク[編集]