フィルジル・ファン・ダイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィルジル・ファン・ダイク Football pictogram.svg
20160604 AUT NED 8876 2.jpg
オランダ代表でのファン・ダイク (2016年)
名前
本名 Virgil van Dijk
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 (1991-07-08) 1991年7月8日(28歳)
出身地 ブレダ
身長 193cm
体重 92kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 リヴァプールFC
ポジション DF(CB)
背番号 4
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2013 オランダの旗 FCフローニンゲン 62 (7)
2013-2015 スコットランドの旗 セルティックFC 76 (9)
2015-2017 イングランドの旗 サウサンプトンFC 67 (4)
2018- イングランドの旗 リヴァプールFC 52 (4)
代表歴2
2011 オランダの旗 オランダ U-19 1 (0)
2011-2013 オランダの旗 オランダ U-21 3 (0)
2015- オランダの旗 オランダ 28 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月1日現在。
2. 2019年6月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フィルジル・ファン・ダイクVirgil van Dijk1991年7月8日 - )は、オランダブレダ出身のサッカー選手リヴァプールFC所属。オランダ代表。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

プロ初期[編集]

2009年、ヴィレムIIのユースチームでキャリアをスタートさせる。その後、FCフローニンゲンのユースチームへ加入。

2013年6月、スコティッシュ・プレミアシップセルティックFCへ移籍。2度のリーグ優勝を経験し、2014-2015シーズンにはスコティッシュリーグカップとの2冠を達成。

サウサンプトン[編集]

2015年9月1日、プレミアリーグサウサンプトンFCへ移籍。移籍金は1150万ポンドで契約期間は5年[1][2]。2017年6月、リヴァプールFCから正式なオファーがあったものの、サウサンプトンはリヴァプールが不正な手段でファン・ダイクに接触したとしてプレミアリーグに報告した。結局、この夏のオフ期間にファン・ダイクが移籍する事は叶わなかった[3]。サウサンプトンでは、移籍問題の影響で、シーズン当初は起用されなかったが、リーグ戦12試合に出場した。

リヴァプール [編集]

2017年12月27日、リヴァプールFCへの移籍が決定、2018年1月1日付での加入となる。移籍金は7500万ポンド(114億円)とされ、2017年12月28日の時点でディフェンダーとしてはプレミアリーグ最高額での移籍金と報じられた[4][5]。また自身のインスタグラムに「リヴァプールの選手になることができ、喜び、そして感謝しています。今日、僕はワールドクラスのビッグクラブに加わり、誇りに思う一日です。レッズ(リヴァプールの愛称)の赤いシャツを着るのが楽しみで待ちきれません。僕はすべて捧げ、この偉大なクラブの偉業に貢献したいです。また、サウサンプトンの監督、選手、そしてサポーターの皆さんには感謝を伝えたいです」とコメントした[6]。1月5日、FAカップ3回戦のエヴァートンとのマージーサイド・ダービーで、リヴァプール移籍後初出場を果たし、終盤にはヘディングで決勝点を挙げ新天地でいきなりチームの勝利に貢献した[7]レアル・マドリードに敗れ優勝こそ逃したものの、UEFA チャンピオンズリーグ決勝進出に貢献した。

2018-19シーズン、11月のプレミアリーグ月間最優秀選手に選出された[8]。12月20日のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦でチームの2点目のゴールを決め勝利に貢献(これがリヴァプール移籍後リーグ戦初ゴールとなった)[9]チャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16のバイエルン・ミュンヘン戦のアウェーでのセカンドレグでは、ジェームズ・ミルナーのCKをヘッドで合わせて決勝ゴールを決め、更に1アシストの活躍でベスト8入りに貢献した。リヴァプールの選手がチャンピオンズリーグ決勝トーナメントのアウェーでの試合において1ゴール1アシストを記録したのは2007年のクレイグ・ベラミー以来となった[10]。シーズンを通じてディフェンスリーダーとして、マンチェスター・シティとのハイレベルな首位争いの中でリーグ最少失点を誇ったチームを牽引し、2019年4月28日にはPFA年間最優秀選手賞を受賞した[11][12]。ディフェンダーが同賞を受賞するのは2004-05シーズンのジョン・テリー以来14年ぶりだった[13][14]。チャンピオンズリーグ決勝のトッテナム・ホットスパー戦ではソン・フンミンハリー・ケインらトッテナム攻撃陣を0点に抑え、リヴァプールの14年ぶりとなる優勝に貢献し[15]、UEFAが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選定された[16]

代表歴[編集]

2015年10月、UEFA EURO 2016予選に臨むオランダ代表に招集され、カザフスタン戦にてオランダA代表デビューを果たす[17]

2018年3月26日のポルトガルとの親善試合で代表初得点を挙げた。

プレースタイル・評価[編集]

恵まれた身体能力と的確な読みによる対人守備の圧倒的な強さと、正確なロングフィードによる攻撃力を兼ね備えたセンターバック[14][18][19]。特に対人守備の強さに関しては、2018-19シーズンの全50試合で相手に1度もドリブルで抜かれなかった[16]、プレミア・リーグでの空中戦勝率76.6%[20]といったデータを残している。海外サッカー通として知られる東京ヴェルディ林陵平はファン・ダイクの対人守備の強さについてポジショニングの的確さといった基本的な事項に加え、UEFAネーションズリーグフランス戦でのキリアン・エムバペへの対応や、トッテナム戦でのムサ・シソコソン・フンミンへの1対2での対応を例に挙げ、瞬時の判断で相手の選択肢を限定する能動的な守備が特長であると評価した[19]

こうした能力やリヴァプールでの活躍もあり、2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝でバルセロナとの対戦が決定した際には、リオネル・メッシと対比される形でメディアより「世界最高のセンターバック」と評価された[21][22][23]

チェルシーでファン・ダイクと対戦したエデン・アザールは、最も手強いディフェンダーとしてヴァンサン・コンパニとともにファン・ダイクの名を挙げ、「世界最高の一人」と称賛した[24]。OB選手からの評価では、ジェイミー・レドナップはファン・ダイクを、ジョン・テリーの試合を読む能力、リオ・ファーディナンドのスピードと技術、ロングフィード、ネマニャ・ヴィディッチの精神力、空中戦の強さ、リーダーシップを兼ね備えており、プレミアリーグ史上最高のDFになりうると評価した[25]。またそのリオ・ファーディナンドも、リヴァプールの最終ラインの不安を解消したファン・ダイク加入の影響力を指摘し「プレミアリーグ史上最高のDF」であると賛辞を送った[26]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

セルティック時代(2015年)
2019年6月1日現在
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
2010-11 フローニンゲン 48 エール 5 2 - 0 0 5 2
2011-12 21 23 3 - 1 0 24 3
2012-13 4 34 2 - 3 0 37 2
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯スコティッシュ杯 期間通算
2013-14 セルティック 5 Sプレミア 36 5 1 0 2 0 39 5
2014-15 35 4 4 0 5 4 44 8
2015-16 4 0 0 0 0 0 4 0
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2015-16 サウサンプトン 17 プレミア 34 3 3 0 1 0 38 3
2016-17 21 1 2 0 1 1 24 2
2017-18 12 0 0 0 0 0 12 0
2017-18 リヴァプール 4 14 0 0 0 2 1 16 1
2018-19 38 4 0 0 2 1 40 5
通算 オランダ エール 62 7 0 0 4 0 66 7
スコットランド プレミア 75 9 5 0 7 4 87 13
イングランド プレミア 119 8 5 0 6 3 130 11
総通算 256 24 10 0 17 7 283 31
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
UEFAUEFA EL
2013-14 セルティック 5 8 0
2014-15 14 2
2015-16 5 0
サウサンプトン 17 0 0
2016-17 6 2
2017-18 リヴァプール 4 6 0
2018-19 12 2
総通算 51 6

代表[編集]

2019年6月9日更新.[27]

国際Aマッチ 28試合 4得点(2015年-)


オランダ代表国際Aマッチ
出場得点
2015 3 0
2016 9 0
2017 4 0
2018 8 3
2019 4 1
合計 28 4

代表でのゴール[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2018年3月26日 スイスの旗ジュネーヴスタッド・ドゥ・ジュネーヴ ポルトガルの旗 ポルトガル 0-3 0-3 国際親善試合
2 2018年10月13日 オランダの旗アムステルダムヨハン・クライフ・アレナ ドイツの旗 ドイツ 1-0 3-0 UEFAネーションズリーグ2018-19
3 2018年11月19日 ドイツの旗ゲルゼンキルヒェンアレナ・アウフシャルケ ドイツの旗 ドイツ 2-2 2-2
4 2019年3月21日 オランダの旗ロッテルダムデ・カイプ ベラルーシの旗 ベラルーシ 4-0 4-0 UEFA EURO 2020予選

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セルティックFC
リヴァプールFC

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Southampton Football Club is delighted to confirm the signing of Virgil van Dijk. Southampton FC
  2. ^ 吉田所属のサウザンプトン、元U-21蘭代表CBのV・ダイク獲得 Yahoo!
  3. ^ リバプールに不正疑惑?サウサンプトンがファン・ダイクの件でリーグ側に調査依頼 ゲキサカ 2017年6月7日
  4. ^ ファンダイク DF史上最高額でリバプール移籍へ-日刊スポーツ 2017年12月28日(報道並びに閲覧日)
  5. ^ http://www.liverpoolfc.com/amp/news/first-team/285500-liverpool-agree-deal-to-sign-virgil-van-dijk?__twitter_impression=true
  6. ^ ファン・ダイクのリヴァプール移籍が決定 移籍金はDF史上最高額の114億円-EXCITニュース  2017年12月28日(報道並びに閲覧日)
  7. ^ FAカップのマージーサイド・ダービーでリヴァプール新加入ファン・ダイクが決勝点-Goal.com 2017年1月5日(報道並びに閲覧日)
  8. ^ Van Dijk wins PFA Player of the Month awardpublisher=Liverpool FC” (2018年12月3日). 2018年12月28日閲覧。
  9. ^ “Liverpool’s Mohamed Salah and Virgil van Dijk put Wolves in their place”. The Guardian. (2018年12月21日). https://www.theguardian.com/football/2018/dec/21/wolves-liverpool-premier-league-match-report 2018年12月30日閲覧。 
  10. ^ “Virgil van Dijk does something no Liverpool player has managed for 12 years”. CaughtOffside. (2019年3月14日). https://www.caughtoffside.com/2019/03/13/liverpools-van-dijk-matches-bellamy-vs-barcelona-stat/ 2019年3月14日閲覧。 
  11. ^ “ファン・ダイクがDFながらPFA年間最優秀選手賞を獲得!スターリングらを抑えて”. GOAL.com. (2019年4月29日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%8Cdf%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89pfa%E5%B9%B4%E9%96%93%E6%9C%80%E5%84%AA%E7%A7%80%E9%81%B8%E6%89%8B%E8%B3%9E%E3%82%92%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%89%E3%82%92%E6%8A%91%E3%81%88%E3%81%A6/1hkwjd8c7lprd14j4lis7gncvc 2019年5月28日閲覧。 
  12. ^ “ファン・ダイクがPFA年間最優秀選手に選出! アグエロら抑えて初受賞”. サッカーキング. (2019年4月29日). https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20190429/932797.html 2019年5月28日閲覧。 
  13. ^ “ファン・ダイクがPFA年間最優秀選手賞に輝く! 14年ぶりにDFから受賞者”. 超ワールドサッカー. (2019年4月29日). https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=354073 2019年5月28日閲覧。 
  14. ^ a b “DFとして14年ぶりの快挙! ファン・ダイクが選手投票のプレミア最優秀プレーヤーに決定!「言葉にできない…」”. サッカーダイジェスト. (2019年4月29日). https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=57699 2019年5月28日閲覧。 
  15. ^ Tottenham 0-2 Liverpool: Mo Salah and Divock Origi goals hand Liverpool sixth European crown”. SKY (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  16. ^ a b CL決勝MVPのファン・ダイク、今季は一度もドリブル突破を許さなかった!”. 超ワールドサッカー (2019年6月2日). 2019年6月6日閲覧。
  17. ^ Successful Saturday for Saints stars Southampton FC 2015年10月10日
  18. ^ “今季ドリブル突破を許した回数、驚異のゼロ! “完全無欠CB”ファン・ダイクが最後に抜かれたのは…”. サッカーダイジェスト. (2019年4月29日). https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=57866 2019年6月2日閲覧。 
  19. ^ a b “ファン・ダイクは、なぜ対人守備に強いのか? 林陵平のマニアック技術論”. footballista. (2019年5月22日). https://www.footballista.jp/column/68134 2019年6月2日閲覧。 
  20. ^ “CL4強、「誰でもかわせる男」と「誰にもかわされない男」の“ほこたて対決”に海外注目”. Football ZONE. (2019年4月18日). https://www.football-zone.net/archives/183690 2019年6月2日閲覧。 
  21. ^ “世界最高の”FW対DF”実現 ファン・ダイクはメッシをどう封じ込める?”. the WORLD. (2019年4月18日). https://www.theworldmagazine.jp/20190418/01world/ucl/237396 2019年6月2日閲覧。 
  22. ^ “世界最高CBファン・ダイク、“メッシ封じ”の対策を語る”. ゲキサカ. (2019年4月19日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?271996-271996-fl 2019年6月2日閲覧。 
  23. ^ ““世界最高CB”もメッシに脱帽。「毎年対戦せずに済むのが嬉しい」”. フットボールチャンネル. (2019年5月2日). https://www.footballchannel.jp/2019/05/02/post319921/l 2019年6月2日閲覧。 
  24. ^ “アザール「ファン・ダイクは世界最高」”. Qoly. (2018年10月6日). https://qoly.jp/2018/10/06/hazard-on-van-dijk-iks-1l 2019年6月2日閲覧。 
  25. ^ “「プレミア歴代最高DFにも…」ファン・ダイクはテリー、リオ、ヴィディッチのいいとこ取り? 元英代表MFが主張”. GOAL.com. (2018年12月24日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E6%9C%80%E9%AB%98df%E3%81%AB%E3%82%82%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AF%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E5%8F%96%E3%82%8A-%E5%85%83%E8%8B%B1%E4%BB%A3%E8%A1%A8mf%E3%81%8C%E4%B8%BB%E5%BC%B5/1ts4uyllbn6ry17yx69ngiij86 2019年5月28日閲覧。 
  26. ^ “ファン・ダイクは「プレミア史上最高のDF」 マンU黄金期を支えたOBが“影響力”に賛辞”. Football ZONE. (2018年12月13日). https://www.football-zone.net/archives/154075 2019年6月2日閲覧。 
  27. ^ van Dijk, Virgil”. national football teams. 2018年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]