ジョーダン・ピックフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョーダン・ピックフォード Football pictogram.svg
Jordan Pickford 2018.jpg
イングランド代表でのピックフォード(2018年)
名前
本名 Jordan Lee Pickford
ラテン文字 Jordan Pickford
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1994-03-07) 1994年3月7日(26歳)
出身地 シティ・オブ・サンダーランド・ワシントン
身長 185cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 エヴァートンFC
ポジション GK
背番号 1
利き足 左足
ユース
2006-2010 イングランドの旗 サンダーランド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2017 イングランドの旗 サンダーランド 31 (0)
2012 イングランドの旗 ダーリントン (loan) 17 (0)
2013 イングランドの旗 アルフレトン (loan) 12 (0)
2013 イングランドの旗 バートン (loan) 12 (0)
2014 イングランドの旗 カーライル (loan) 18 (0)
2014-2015 イングランドの旗 ブラッドフォード (loan) 33 (0)
2015 イングランドの旗 プレストン (loan) 24 (0)
2017- イングランドの旗 エヴァートン 114 (0)
代表歴2
2009-2010  イングランド U-16 5 (0)
2010-2011  イングランド U-17 17 (0)
2010-2012  イングランド U-18 3 (0)
2012-2013  イングランド U-19 8 (0)
2015  イングランド U-20 3 (0)
2015-2017  イングランド U-21 14 (0)
2017- イングランドの旗 イングランド 26 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年9月6日現在。
2. 2020年9月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョーダン・リー・ピックフォードJordan Lee Pickford1994年3月7日 - )は、イングランドシティ・オブ・サンダーランドのワシントン出身のサッカー選手イングランド代表エヴァートンFC所属。ポジションは、ゴールキーパー

クラブ経歴[編集]

サンダーランド[編集]

8歳でサンダーランドAFCの下部組織に入団し、2011年にトップチームに昇格した[1]

下位リーグへのレンタル[編集]

2012年1月、カンファレンス・ナショナルダーリントンFCへレンタル移籍し、同月21日のフリートウッド・タウンFC戦でデビューを果たした.[2][3]

2013年2月25日、同じくカンファレンス・ナショナルのアルフレトン・タウンFCに1ヶ月の短期レンタルで加入[4]

2013年8月2日、フットボールリーグ2バートン・アルビオンFCに移籍した[5]が、同月17日に退団。9月13日、バートン・アルビオンFCに再加入した。

2014年2月8日、フットボールリーグ1カーライル・ユナイテッドFCに1ヶ月の短期レンタルで加入[6]

2013-14シーズン終了後、サンダーランドと2018年までの新契約を結んだ[7]

2014年7月21日、フットボールリーグ1ブラッドフォード・シティAFCに加入した[8]

2015年7月31日、チャンピオンシップのプレストン・ノースエンドFCに加入。

サンダーランド復帰[編集]

2016年1月1日、サンダーランドに復帰。2016-17シーズンのプレミアリーグでサンダーランドは19位と低迷したが、ピックフォード自身は好プレーを連発し評価を高めた。

エヴァートン[編集]

2017年6月15日、エヴァートンFCへの移籍が発表された[9]。5年契約で移籍金はボーナスを含めると3000万ポンドであり、これはイングランド人キーパーとしては史上最高額であり、当時のゴールキーパー史上3番目の金額である。同シーズンはリーグ戦全試合に出場した。

2018-19シーズンもリーグ戦の全試合でゴールマウスを守り、昨シーズンと同様にマンチェスター・ユナイテッドFCの関心を持たれた[10]。一方で3月にニューカッスル・ユナイテッドFCのサポーターとトラブルになったり[11]、駐車場の身体障害者用のスペースに愛車のランボルギーニを止めたりするなど、ピッチ外での問題も目立った[12]

代表経歴[編集]

2017年8月、W杯最終予選に望むイングランド代表に初選出されたが、怪我による影響で辞退。

同年11月、親善試合ドイツ戦で代表デビューを果たし、無失点に抑えた。

2018 FIFAワールドカップのメンバーにも選出され[13]、本大会ではグループリーグ初戦から正GKとして出場。ベスト16のコロンビア戦ではPK戦でカルロス・バッカのシュートを止めるなど、それまでW杯のPK戦過去3戦全敗だったイングランドを初勝利に導いた[14]。準々決勝のスウェーデン戦では数回の好セーブでピンチを救い、イングランドのベスト4進出に貢献し、MOMに選ばれた[15]

タイトル[編集]

代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Poyet still wants Sunderland back-up, despite Pickford deal”. Sunderland Echo. (2014年6月2日). http://www.sunderlandecho.com/sport/football/sunderland-afc/poyet-still-wants-sunderland-back-up-despite-pickford-deal-1-6648325 2016年10月17日閲覧。 
  2. ^ “Keeper Jordan Pickford signs as the region rallies round Darlington FC”. Teesside Gazette (Middlesbrough). http://www.gazettelive.co.uk/sport/football/football-news/keeper-jordan-pickford-signs-region-3677528 2013年8月3日閲覧。 
  3. ^ “Match Report: Darlington 0–1 Fleetwood Town”. Evening Chronicle (Newcastle upon Tyne). (2012年1月22日). http://www.chroniclelive.co.uk/sport/football/football-news/darlington-0-fleetwood-town-1-1343033 2016年10月17日閲覧。 
  4. ^ “Alfreton Town sign Sunderland keeper Jordan Pickford”. https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/21579193 2013年8月3日閲覧。 
  5. ^ “Jordan Pickford: Burton agree deal Sunderland keeper”. https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/23540671 2013年8月3日閲覧。 
  6. ^ Loan: Keeper joins Cumbrians”. Carlisle United F.C. (2014年2月8日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月10日閲覧。
  7. ^ “Sunderland tie youngster to long-term deal”. The Northern Echo (Darlington). (2014年6月1日). http://www.thenorthernecho.co.uk/sport/11248898.Sunderland_tie_youngster_to_long_term_deal 2016年10月17日閲覧。 
  8. ^ Pickford on the move”. Sunderland A.F.C.. 2014年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  9. ^ “エヴァートン、ピックフォードを5年契約で獲得...移籍金はGK史上3番目となる42億円”. Goal.com. (2017年6月15日). http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%925%E5%B9%B4%E5%A5%91%E7%B4%84%E3%81%A7%E7%8D%B2%E5%BE%97%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E9%87%91%E3%81%AFgk%E5%8F%B2%E4%B8%8A3%E7%95%AA%E7%9B%AE%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B42%E5%84%84%E5%86%86/1e7p02zw58xu716e8qkewwg4ig 2018年7月31日閲覧。 
  10. ^ マンUがオブラク、ピックフォードに関心か…デ・ヘアの流出に備えるサッカーキング 2019年4月7日
  11. ^ ピックフォード、ニューカッスルファンとトラブルか…婚約者への侮辱に激高サッカーキング 2019年4月2日
  12. ^ ピックフォード、身体障害者用スペースにランボルギーニを駐車サッカーキング 2019年5月3日
  13. ^ “イングランド、W杯メンバー23人を発表…リヴァプール19歳DFが初招集!”. サッカーキング. (2018年5月17日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180517/759231.html 2018年7月31日閲覧。 
  14. ^ “歴史的なPKストップ…イングランドを救った守護神「僕はまだ若いが、精神的な強さがあるんだ」”. Goal.com. (2018年7月3日). http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E3%81%AApk%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%AE%88%E8%AD%B7%E7%A5%9E%E5%83%95%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A0%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%8C%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%BC%B7%E3%81%95%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%93%E3%81%A0/1b5bjxrn542pn1b4cdqpxyfyip 2018年7月31日閲覧。 
  15. ^ “英代表GKピックフォード、スウェーデン戦でMOM獲得! ファインセーブを連発”. サッカーキング. (2018年7月8日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180708/790662.html 2018年7月31日閲覧。 
  16. ^ “England Under-21s win Toulon Tournament for first time in 22 years”. BBC Sport. (2016年5月29日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/36410296 2016年5月29日閲覧。 

外部リンク[編集]