スタッド・ドゥ・ジュネーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スタッド・ドゥ・ジュネーヴ
Switzerland-Albania play in 2003 at the Stade de Genève
施設情報
位置 北緯46度10分40.25秒 東経6度7分38.75秒 / 北緯46.1778472度 東経6.1274306度 / 46.1778472; 6.1274306座標: 北緯46度10分40.25秒 東経6度7分38.75秒 / 北緯46.1778472度 東経6.1274306度 / 46.1778472; 6.1274306
建設期間 2001-2003
開場 2003年4月30日
所有者 Fondation du Stade de Genève
建設費 2億4000万スイス・フラン(2003)[1]
総合建設者 Zschokke Construction S.A.
使用チーム、大会
セルヴェットFC
収容能力
30,084

スタッド・ドゥ・ジュネーヴ(Stade de Genève)はスイスジュネーヴ州ランシーに位置するラグビー・サッカー兼用球技場。スーパーリーグセルヴェットFCの主な試合会場である。こけら落としは2003年で、公式の開場はスイス対イタリアの親善試合が行われた4月30日とされているが、それに先立つ3月16日に行われたセルヴェットFC対BSCヤングボーイズが最初の試合だった。

UEFA欧州選手権2008ではグループAの試合が行われた。

臨時駅[編集]

スイス連邦鉄道は2003年3月16日付けで当球技場の裏手(西側)に臨時駅ジュネーヴ=スタッド駅Genève-Stadefr:Gare de Genève-La Praille#Service des voyageurs)を開設している。国際試合[2]や野外ライブ[3]などの際はコルナヴァン駅から臨時列車が運行されるが、セルヴェットFCの通常の試合の際は運行されず[4]、公共交通機関によるアクセスは手前のランシー=ポン=ルージュ駅フランス語: Gare de Lancy-Pont-Rouge)からの徒歩又はバス、路面電車などの市内交通機関(ジュネーヴ公共交通)によることとなる[5]

なお、この臨時駅とは別に、2019年12月開通を目指す[6]新線CEVAフランス語版カルージュ=バシェ駅Carouge-Bachetが、本球技場の南約250mに建設中である。

脚注[編集]

  1. ^ Walmar Isler Le Stade de Genève
  2. ^ Match de amical Brésil - Italie: Navettes entre la gare de Genève Cornavin et le stade.”. スイス連邦鉄道 (2013年3月20日). 2013年5月2日閲覧。
  3. ^ Concert de Johnny Halliday au stade de Genève: Trains supplémentaires pour les fans de Johnny.”. スイス連邦鉄道 (2012年5月20日). 2013年5月2日閲覧。
  4. ^ 対戦相手の本拠地から直通する臨時列車が運行されることはある。
  5. ^ Accès au Stade”. スタッド・ドゥ・ジュネーヴ. 2013年5月2日閲覧。
  6. ^ CEVA Atrimestriel (PDF)”. p. 1 (2016年3月). 2016年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]