ジュネーヴ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュネーヴ州の位置
ジュネーヴ州の紋章

ジュネーヴ州: République et Canton de Genève)はスイスのカントン(州)。人口は438,483人(2005年)、州都はジュネーヴ。45の自治体に分かれている。第一公用語はフランス語。略号はGE

スイスの26州の中でも、州政府・州議会などの機関の権限が大きく、強い自治権を行使している州の一つでもある。

地理[編集]

ジュネーブ州の地図

ジュネーヴ州はスイスの西端に位置し、ほぼフランスに囲まれる形になっている。また、州の東北境はレマン湖に面している。

隣接している州[編集]

歴史[編集]

サヴォワ地域の小規模な自立国家都市であったが、1535年共和国となり、1536年にはカルヴァンの亡命を受け入れる(1538年には追放されるが1541年に再び受け入れられている)など、一躍国際都市として注目されるようになる。カルヴァンの到着以来、16世紀半ばからは主にフランスイタリアから数多くの新教徒が移住して、時計産業、銀行業をはじめ、経済的にも発展を見せた。

エスカラードの戦いと独立の強化[編集]

このような新教徒の国の発展を警戒したサヴォワ公カルロ・エマヌエーレ1世1602年12月11日から12日にかけての夜、軍隊を結集して夜襲をかけた。(この際、ロワイヨームおばさんMère Royaumeが台所の窓を開け、下にいたサヴォワ兵に気がついて、とっさに火にかかっていた野菜スープを鍋ごとぶちまけて敵兵を撃退したという逸話はジュネーヴ市民の間では伝説的な英雄談である。)
夜明けまで続いた戦いはジュネーヴの圧倒的な勝利に終わり、以来、ジュネーヴはこの地方でゆるぎない地位を築くことになる。
この「エスカラードの戦い」は、現在でも12月の第2週末にエスカラード祭 (fête de l'Escalade) として祝われ、ジュネーヴで最も賑やかな祝日である。
1685年ナントの勅令撤廃に伴い、フランスからの新教徒の流入はいっそう多くなって、18世紀にはジュネーヴは飛躍的な発展を見せた。

フランスへの併合とスイス連邦への加盟[編集]

人口の急激な増加により政情不安となっていたジュネーヴは、1798年にフランスに併合される。ナポレオン・ボナパルトの敗北を待ち、1813年に再び独立する際、スイス連邦加入の交渉を始め、元サヴォワ領のカルージュなど近郊諸都市とともに1815年にスイス連邦の一員となった。1846年の革命によってジュネーヴ共和国・州憲法が成立し、現在に至っている。

世界都市ジュネーヴ[編集]

19世紀にはその中立的な立場から多くの移民を受け入れ、また1864年にはアンリ・デュナンの主導で赤十字国際委員会が発足、ジュネーヴで最初の国際機関となる。
第一次世界大戦後、ジュネーヴに国際連盟本部が置かれ、以後、世界でも有数の国際機関の集約地となった。現在は上述の赤十字国際委員会、国際連合ヨーロッパ本部をはじめ、国際連合人権高等弁務官事務所国際連合人権委員会国際連合難民高等弁務官事務所国際連合エイズ合同計画国際連合人道問題調整事務所国際連合貿易開発会議国際電気通信連合国際労働機関世界気象機関世界保健機関などの本部が置かれる。
このような背景から、人口50万人ばかりの小さな州であるが、日本も在ジュネーヴ日本総領事館のほか在ジュネーブ国際機関日本政府代表部を置いている。

経済[編集]

経済力の強い都市であるが、フランスから近いため、フランスからの越境労働者が多数存在する。EUシェンゲン協定は、人の往来の自由化を保証しており、スイスでは企業がスイス国籍者を優先して雇用する義務もないため、全くの制限なく外国人がスイスに通勤することを可能としている。統計によると、全労働者の4分の1がフランスからの越境労働者であり、この状況にジュネーブ市民は「多くのスイス人を生活保護へと追いやっている」と反発している[1]

行政区(基礎自治体)[編集]

紋章 フランス語名 日本語名
AireLaVille-coat of arms.svg Aire-la-Ville エル=ラ=ヴィル
Anieres-coat of arms.svg Anières アニエール
Avully-coat of arms.svg Avully アヴュリー
Avusy-coat of arms.svg Avusy アヴュジー
Bardonnex-coat of arms.svg Bardonnex バルドネ
Bellevue-coat of arms.svg Bellevue ベルヴュー
Bernex-coat of arms.svg Bernex (GE) ベルネ
Carouge-coat of arms.svg Carouge カルージュ
Cartigny-coat of arms.svg Cartigny (GE) カルティニー
Celigny-coat of arms.svg Céligny セリニー
Chancy-coat of arms.svg Chancy シャンシー
CheneBougeries-coat of arms.svg Chêne-Bougeries シェヌ=ブジュリー
CheneBourg-coat of arms.svg Chêne-Bourg シェヌ=ブール
Choulex-coat of arms.svg Choulex シュレ
CollexBossy-coat of arms.svg Collex-Bossy コレ・ボッシー
CollongeBellerive-coat of arms.svg Collonge-Bellerive コロンジュ・ベルリヴ
Cologny-coat of arms.svg Cologny コロニー
Confignon-coat of arms.svg Confignon コンフィニョン
Corsier-coat of arms.svg Corsier コルジエ
Dardagny-coat of arms.svg Dardagny ダルダニー
Coat of Arms of Geneva.svg Genève (ville de) ジュネーヴ
Genthod-coat of arms.svg Genthod ジャント
GrandSaconnex-coat of arms.svg Le Grand-Saconnex グラン=サコネ
Gy-coat of arms.svg Gy (GE) ジー
Hermance-coat of arms.svg Hermance エルマンス
Jussy-coat of arms.svg Jussy (GE) ジュシー
Laconnex-coat of arms.svg Laconnex ラコネ
Lancy-coat of arms.svg Lancy ランシー
Meinier-coat of arms.svg Meinier メイニエ
Meyrin-coat of arms.svg Meyrin メイラン
Onex-coat of arms.svg Onex (GE) オネ
PerlyCertoux-coat of arms.svg Perly-Certoux ペルリー・セルトゥ
PlanLesOuates-coat of arms.svg Plan-les-Ouates プラン=レ=ズゥアト
PregnyChambesy-coat of arms.svg Pregny-Chambésy プレニー・シャンベジー
Presinge-coat of arms.svg Presinge プレザンジュ
Puplinge-coat of arms.svg Puplinge ピュプランジュ
Russin-coat of arms.svg Russin リュッサン
Satigny-coat of arms.svg Satigny サティニー
Soral-coat of arms.svg Soral (GE) ソラル
Thonex-coat of arms.svg Thônex トネ
Troinex-coat of arms.svg Troinex トロワネ
Vandoeuvres-coat of arms.svg Vandœuvres ヴァンドゥーヴル
Vernier-coat of arms.svg Vernier (GE) ヴェルニエ
Versoix-coat of arms.svg Versoix ヴェルソワ
Veyrier-coat of arms.svg Veyrier ヴェイリエ

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]