アッペンツェル・インナーローデン準州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アッペンツェル・インナーローデン準州の位置
アッペンツェル・インナーローデン準州の地図
州民総会

アッペンツェル・インナーローデン準州(Appenzell Innerrhoden)は、スイスのカントン(州)。フランス語ではアッペンゼル=ローザンテリュー(Appenzell Rhodes-Intérieures)という。人口は1万5974人(2015年12月)[1]。州都はアッペンツェル。基礎自治体はなく、その代わりに6の行政区からなる。

スイスでもっとも人口の少ないカントンである。州の問題に対して、州民総会  (Landsgemeinde による直接民主制を現在も採用している2つのカントンのうちのひとつ(もう一つはグラールス州)。1991年の連邦裁判決まで、女性参政権は認められていなかった。

地理[編集]

アッペンツェル・インナーローデン準州はスイスの北東に位置している。

歴史[編集]

行政区[編集]

アッペンツェル・インナーローテン準州に基礎自治体は設置されておらず、その代わりに以下の6つの行政区 (Bezirk) がその機能を果たしている。

行政区 (Bezirk) 人口
(2015年12月)[1]
面積
(km²)
アッペンツェル (Appenzell) 5,822 16.9
ゴンテン (Gonten) 1,442 24.7
オーベルエック (Oberegg) 1,916 14.7
リューテ (Rüte) 3,525 40.9
シュラット・ハスレン (Schlatt-Haslen) 1,110 17.9
シュヴェンデ (Schwende) 2,159 57.5
合計 (6) 15,974 172.6

脚注[編集]

外部リンク[編集]