キリアン・エムバペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。
  • キリアン・ンバッペ
  • キリアン・エムバッペ
  • キリアン・エンバペ
  • キリアン・ムバッペ
  • キリアン・エムバペ
  • キリアン・エンバッペ
キリアン・エムバペ Football pictogram.svg
2019-07-17 SG Dynamo Dresden vs. Paris Saint-Germain by Sandro Halank–129 (cropped).jpg
2019年のエムバペ
名前
本名 キリアン・エムバペ・ロタン
Kylian Mbappé Lottin[1][2]
愛称 Donatello[3]
ラテン文字 Kylian Mbappé
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1998-12-20) 1998年12月20日(22歳)
出身地 ボンディ
身長 178cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 パリ・サンジェルマン
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足[4]
ユース
2010-2013 フランスの旗 ボンディ
2013-2015 モナコの旗 モナコ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2016 モナコの旗 モナコB 12 (4)
2015-2018 モナコの旗 モナコ 41 (16)
2017-2018 フランスの旗 パリ・サンジェルマン (loan) 27 (13)
2018- フランスの旗 パリ・サンジェルマン 92 (84)
代表歴2
2014  U-17フランス 2 (0)
2016  U-19フランス 11 (7)
2017- フランスの旗 フランス 53 (24)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年11月17日現在。
2. 2021年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

キリアン・エムバペ・ロタン(Kylian Mbappé Lottin, フランス語発音: [kiljan (ɛ)mbape]; 1998年12月20日 - )[注釈 1]は、フランスセーヌ=サン=ドニ県ボンディ出身のサッカー選手フランス代表リーグ・アンパリ・サンジェルマン所属。ポジションはフォワード

リーグ・アンのモナコで2015年に16歳でプロデビューした。モナコでは2016-17シーズンにリーグ・アン優勝を達成し、リーグ・アン年間最優秀若手選手賞ゴールデンボーイ賞を受賞した。2017年にはリーグのライバルであるパリ・サンジェルマンと最初のレンタル契約を結び、2018年には1億8,000万ユーロ+αの移籍金で完全移籍した。この移籍金は歴代2位、10代の選手としては史上最高額であった[7]。パリ・サンジェルマンでは、リーグ・アンで3回、クープ・ドゥ・フランスで3回優勝し、リーグ・アン年間最優秀選手賞に2回選ばれ、3シーズン連続でリーグ・アンの得点王英語版に輝いた。クラブでのゴール数は歴代3位である。

フランス代表としては2017年、18歳の時にフル代表デビューを果たした。2018 FIFAワールドカップでは、フランス史上最年少でのワールドカップでの得点を達成。決勝戦でもゴールを挙げ、ペレに次ぎ史上2人目のワールドカップ決勝戦で得点した10代の選手となった。大会2位タイの4得点を挙げフランスの優勝に貢献した活躍が認められ、大会の最優秀若手選手賞と同年のフランス年間最優秀選手賞英語版を受賞した。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1998年12月20日にカメルーンドゥアラ出身の父ウィルフリートとアルジェリア系フランス人の母でハンドボールの選手のファイザラマールの間にパリ19区で誕生[8][9]

少年時代にかつてティエリ・アンリニコラ・アネルカなどを輩出したフランス一の育成の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所に入学、その頃から才能は知れ渡っており、2012年にはレアル・マドリードがエムバペを練習に招待している[10][11][12]

モナコ[編集]

2013年からモナコのユースチームに所属し、2015年12月2日のカーン戦にてファビオ・コエントランとの交代途中出場でプロデビューを果たした[13]。2016年2月20日、トロワ戦にて17歳と26日でプロ初得点を記録した。ディエン・アンリの記録を抜いてモナコでの最年少得点記録となった[14][15]

2016-17シーズン、クープ・ドゥ・フランスのラウンド16・スタッド・レンヌ戦ではモナコの選手として1997年のソニー・アンデルソン以来となるハットトリックを達成した[16]。2017年2月11日、第25節のメス戦ではリーグ史上2人目の若さでハットトリックを達成した[17]。3月15日、UEFAチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・シティ戦では1stレグに続いて得点をしてベスト8進出に貢献した[18]。3月19日、第30節のカーン戦では2得点を決めて4連勝に貢献。4月12日のチャンピオンズリーグ準々決勝のボルシア・ドルトムント戦のアウェーでの第1戦で先制弾を含む2ゴールを挙げた。これによりチャンピオンズリーグ決勝トーナメントにおける1試合複数得点の最年少記録を18歳と113日に更新した。ホームでの第2戦でも先制ゴールを挙げ、モナコの2003-04シーズン以来の準決勝進出に貢献した。UEFAチャンピオンズリーグ準決勝のユヴェントス戦ではトータルスコア1-4でチームは敗退したものの、5月9日に行われたアウェーでの第2戦でジャンルイジ・ブッフォンからチーム唯一となるゴールを挙げた[19]。5月17日の第37節・サンテティエンヌ戦では決勝点となる先制点を挙げ、モナコに17季ぶりとなるリーグタイトルをもたらした。

パリ・サンジェルマン[編集]

2017年8月31日、パリ・サンジェルマンへ2018年6月30日までの買取オプション付きレンタルで移籍で加入することが発表された[20]。オプションを行使することにより、2022年までの契約となる。年俸は2017-18シーズンはモナコ時代と同じ(リーグ・アンの最低保障年俸)となる。9月8日、移籍後初戦となるメス戦で先発フル出場し、初ゴールを含む1ゴール1アシストで勝利に貢献した。10月29日、UEFAチャンピオンズリーグ第3節のRSCアンデルレヒト戦でも得点を決めて、10代におけるCL最多得点を更新した。12月6日、UEFAチャンピオンズリーグ第6節のバイエルン・ミュンヘン戦で2点ビハインドで迎えた50分、エディンソン・カバーニのパスに反応し、ヘディングでCL通算10ゴール目を挙げた。18歳11ヶ月での二桁到達は史上最年少となった[21]

2018-19シーズンから背番号を29番からルーカス・モウラの移籍で空き番号となっていた7番に変更することが決定。8月19日、第2節ギャンガン戦で後半から今季初出場を果たすと2ゴールを決める活躍を見せた[22]。10月7日のリヨン戦ではわずか13分の間に4ゴールを奪う圧巻の活躍を見せチームを5-0の大勝に導いた[23]。11月3日、第12節のリール戦でも得点を決め、45年ぶりとなる19歳でリーグ戦通算40得点をきめる記録を達成した[24]。2019年2月23日、第26節のニーム・オリンピック戦でも2得点をきめ、わずか20歳と3か月でリーグ通算50得点に到達した[25]

2019年

2019年9月、2年連続となるFIFA/FIFProワールドイレブンに選出された[26]。また、2019-20シーズンは2年連続でリーグ得点王とフランス・フットボール選出のフランス人最優秀選手をダブル受賞した。

2020年7月24日、クープ・ドゥ・フランス決勝のサンテティエンヌ戦で負傷退場するもチームは1-0で優勝した[27]。その後、 8月12日のチャンピオンズリーグループ準々決勝のアタランタ戦で復帰。その後、8月23日のFCバイエルン・ミュンヘンとの決勝に進出するも0-1で敗れた[28]

2020年9月7日、フランス代表で活動中に新型コロナウイルスに感染し、リーグ戦最初の3試合を欠場した[29]。 12月5日、リーグ戦第13節のモンペリエ戦で公式戦通算100ゴールを達成、クラブでの5人目の選手となった[30]。2021年2月16日、チャンピオンズリーグ ラウンド16・1stレグ、カンプ・ノウでのバルセロナ戦ではハットトリックを決めチームの1-4での勝利に貢献した[31]

代表経歴[編集]

2017年

フランス代表として各年代でプレーし、2016年にUEFA U-19欧州選手権に出場し、5得点を記録しチームを優勝に導いた。2017年3月26日、2018W杯・欧州予選ルクセンブルク戦で18歳と95日で代表デビューを果たした[32]。2017年8月31日のW杯予選オランダ戦で代表初得点を挙げた[33]

2018年

2018 FIFAワールドカップのメンバーに選出。6月11日、第2戦のペルー戦で得点を決め、同大会における最年少得点者(19歳183日)となった[34]。6月30日、決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦では2得点をあげる活躍で勝利に貢献した[35]。 決勝のクロアチア戦では4点目となるミドルシュートを決めフランスの優勝に大きく貢献した。10代選手がワールドカップの決勝に出場したのは、1958年大会ペレ1982年大会ジュゼッペ・ベルゴミに続き史上3人目、決勝でゴールを決めたのはペレ以来2人目となる60年ぶりの出来事となった[36]

2021年、UEFA EURO 2020では決勝トーナメント1回戦のスイス戦のPK戦で5人目のキッカーを務めたがシュートを止めれチームは敗退[37]、4試合でノーゴールに終わった。大会直前にジル―との不仲が報じられていたが[38]、大会終了後、今度はアントワーヌ・グリーズマンと以前から不仲であったことが報じられた[39]

プレースタイル・人物[編集]

圧倒的なスピードを誇り[40]サッカー界随一との呼び声も高い。フランスのサッカー記者、ロビン・バイルナーによると、ムバッペは最高速度で「時速44.7キロ」を記録し、平均速度でも「時速36キロ」に達していたという。同氏は「100メートルの世界記録を打ち立てた際のウサイン・ボルトの平均速度『時速37.5キロ』よりもほんの少しだけ遅い」と綴った[41]。パリ・サンジェルマンでのチームメイトであるネイマールは「彼は知的で速いだけでなく、高いドリブル能力を持っている」と述べている[42]。また、得点力にも非常に優れており、左右両足そん色なく、力強く鋭いシュートを放つことが可能。戦術理解度も高く、相手DFの綻びを瞬時に見つけることが出来る[43]。大舞台にも強くメッシキラーと評されたこともある[44]

ストライカーとして若くしてモナコでデビューし、先述の通り最年少得点記録を塗り替えたことなどからティエリ・アンリの再来と称されている[45][46]。エムバペ本人は幼い頃はジネディーヌ・ジダンに憧れており[45]、ジダンを真似てヘアスタイルを坊主頭にしようとするほどであった[47]。その他、クリスティアーノ・ロナウドについてもプロになる前から憧れのプレーヤーであることを明かしており、サッカー界で最も印象に残っているゴールとしてロナウドが2017-18シーズンユヴェントスFC戦で記録したオーバーヘッドシュートを挙げている[48][49]

パリ・サンジェルマン移籍後はティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズに似ているとしてチームメイトから「ドナテロ」のニックネームで呼ばれており、2017年12月17日のスタッド・レンヌ戦では試合に乱入したタートルズに扮したファンに抱きつかれる一幕もあった[3]

同リーグ所属のエミリアーノ・サラを乗せた飛行機の墜落事故の捜索活動へ27000ポンド(約380万円)を寄付した[50]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
モナコ リーグ・アン 2015–16 11 1 1 0 1 0 1 0 - 14 1
2016-17 29 15 3 2 3 3 9 6 - 44 26
2017-18 1 0 - - - 1 0 2 0
通算 41 16 4 2 4 3 10 6 1 0 60 27
パリ・サンジェルマン リーグ・アン 2017–18 27 13 5 4 4 0 8 4 - 44 21
2018-19 29 33 4 2 2 0 8 4 0 0 43 39
2019-20 20 18 3 4 3 2 10 5 1 1 37 30
2020-21 31 27 5 7 - 10 8 1 0 47 42
2021-22 -
通算 107 91 17 17 9 2 36 21 2 1 171 132
総通算 148 107 21 19 13 5 46 27 3 1 231 159
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
モナコB 2015-16 CFA 10 2 10 2
2016-17 2 2 2 2
総通算 12 4 12 4

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 53試合 24点(2017年 - )


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
2017 10 1
2018 18 9
2019 6 3
2020 5 3
2021 14 8
通算 53 24

代表での得点[編集]

# 日付 場所 対戦相手 スコア 結果 試合
1 2017年8月31日 フランスの旗 サン=ドニスタッド・ド・フランス オランダの旗 オランダ 4-0 4-0 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
2 2018年3月27日 ロシアの旗 サンクトペテルブルクガスプロム・アリーナ ロシアの旗 ロシア 1-0 3-1 親善試合
3 3-1
4 2018年6月10日 フランスの旗 デシーヌ=シャルピューパルク・オリンピック・リヨン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1-1 1-1 親善試合
5 2018年6月21日 ロシアの旗 エカテリンブルクセントラル・スタジアム ペルーの旗 ペルー 1-0 1-0 2018 FIFAワールドカップ
6 2018年6月30日 ロシアの旗 カザンカザン・アリーナ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3-2 4-3
7 4-2
8 2018年7月15日 ロシアの旗 モスクワルジニキ・スタジアム クロアチアの旗 クロアチア 4-1 4-2
9 2018年9月9日 フランスの旗 サン=ドニスタッド・ド・フランス オランダの旗 オランダ 1-0 2-1 UEFAネーションズリーグ 2018-19
10 2018年10月12日 フランスの旗 サン=ドニスタッド・ド・フランス アイスランドの旗 アイスランド 2-2 2-2 親善試合
11 2019年3月22日 モルドバの旗 キシナウジンブル・スタジアム  モルドバ 1-0 4-1 UEFA EURO 2020予選
12 2019年3月25日 フランスの旗 サン=ドニスタッド・ド・フランス アイスランドの旗 アイスランド 3-0 4-0
13 2019年6月11日 アンドラの旗 アンドラ・ラ・ベリャ、Estadi Nacional アンドラの旗 アンドラ 1-0 4-0
14 2020年6月3日 スウェーデンの旗 ストックホルムフレンズ・アレーナ スウェーデンの旗 スウェーデン 1-0 3-0 UEFAネーションズリーグ 2020-21
15 2020年10月7日 フランスの旗 サン=ドニスタッド・ド・フランス ウクライナの旗 ウクライナ 6-1 7-1 親善試合
16 2020年10月14日 クロアチアの旗 ザグレブスタディオン・マクシミール クロアチアの旗 クロアチア 2-1 2-1 UEFAネーションズリーグ 2020-21
17 2021年6月2日 フランスの旗 ニームアリアンツ・リヴィエラ ウェールズの旗 ウェールズ 1-0 3-0 親善試合
18 2021年10月8日 イタリアの旗 トリノユヴェントス・スタジアム ベルギーの旗 ベルギー 1-2 1-2 UEFAネーションズリーグ 2020-21
19 2021年10月11日 イタリアの旗 ミラノスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ スペインの旗 スペイン 2-2 2-3
20 2021年11月14日 フランスの旗 パリパルク・デ・プランス  カザフスタン 1-0 8-0 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
21 2-0
22 3-0
23 8-0
24 2021年11月17日 フィンランドの旗 ヘルシンキヘルシンキ・オリンピックスタジアム  フィンランド 0 - 2 0-2

タイトル[編集]

チーム[編集]

モナコ
パリ・サンジェルマン

代表[編集]

U-19フランス代表
フランス代表

個人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Mbappéフランス語発音: [(ɛ)mbape])の日本語表記は表記ゆれが存在する[5]。名前の起源であるカメルーンでの発音と、出生地のフランスでの発音での違いによる[5]。本人は「ムバッペ」「エムバペ」「エンバペ」の中では「エンバペ」が最も近いとしている[6]

出典[編集]

  1. ^ 2018年1月5日に発行されたパリ市庁舎(19区)の出生証明書n°4993/1998からの抜粋。
  2. ^ Kylian Mbappé: Profile”. worldfootball.net. HEIM:SPIEL. 2020年11月28日閲覧。
  3. ^ a b “PSG戦になんと“忍者”が乱入!理由はエンバッペのあれ”. Qoly. (2017年12月18日) 
  4. ^ キリアン・エンバッペ” (日本語). サッカーキング. 2020年10月11日閲覧。
  5. ^ a b “【現地発】「MBAPPE」の正しい読み方。エムバペ? ムバッペ? ンバぺ?エンバベ?”. サッカーダイジェストWeb. (2017年9月19日). http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=30136 2017年9月23日閲覧。 
  6. ^ ムバッペ?エムバペ?エンバペ? 正しい発音を本人に聞いてみた!”. 2020年9月6日閲覧。
  7. ^ “PSG trigger Kylian Mbappe's permanent transfer from Monaco”. ESPN. (2018年2月19日). http://www.espn.com/soccer/soccer-transfers/story/3388743/psg-trigger-kylian-mbappes-permanent-transfer-from-monaco 2018年2月19日閲覧。 
  8. ^ Kylian Mbappé : La Tortue Ninja du foot français - Le Vestiaire du Sport
  9. ^ モナコFWムバッペ、17年ぶりリーグ優勝も来季は「もっと良いものに」と約束 - Goal.com 2017年5月18日
  10. ^ ワンダーボーイを紹介:キリアン・ムバッペ - UEFA.com 2016年2月13日
  11. ^ CL4戦連続弾の大爆発、モナコの18歳FWムバッペとは何者か。仏史上屈指の才能、超ド級の期待感 - Qoly 2017年4月25日
  12. ^ モナコの超新星FWが衝撃告白。あるビッグクラブと5年越しの密約あり!? - フットボールチャンネル 2017年6月14日
  13. ^ Monaco vs. Caen - 2 December 2015 - Soccerway”. soccerway.com. 2015年11月2日閲覧。
  14. ^ European round-up: What you might have missed”. BBC Sport. 2016年2月23日閲覧。
  15. ^ Kylian Mbappe offered Monaco contract amid Arsenal, Liverpool links”. ESPNFC.com. 2016年2月24日閲覧。
  16. ^ Monaco vs. Rennes - 14 December 2016 - Soccerway”. soccerway.com. 2016年12月15日閲覧。
  17. ^ ハットトリックにも謙虚なモナコの18歳FW。「怪物というのはメッシやCロナ」 - フットボールチャンネル 2017年2月13日
  18. ^ “アンリ2世”2戦連発!モナコ 18歳ムバッペ躍動で逆転8強 スポニチアックス(2017年3月17日)
  19. ^ 691分ぶりにブッフォンの牙城を崩したムバッペ 「来季はさらに強くなって戻ってくる」 - スカパー 2017年5月10日
  20. ^ Kylian Mbappé au Paris Saint-Germain ! - PSG.fr 2017年9月1日
  21. ^ 脅威の18歳ムバッペ、CL史上最年少で二桁得点到達…わずか15試合で10ゴール Goal(2017年12月6日)
  22. ^ 今季初出場の19歳ムバッペがパリSGを救う!後半途中出場から2得点で逆転勝利に大貢献ゲキサカ(2018年8月19日)
  23. ^ まさに“ムバッペ無双”!圧巻4ゴールでリヨンを粉砕…PSGの19歳が新たな記録樹立https://www.goal.com/jp/
  24. ^ 欧州5大リーグの得点ランクでトップに立った! 止まらない“怪童”エムバペ、気になる智将との関係は?サッカーダイジェスト(2018年11月3日)
  25. ^ “怪物”ムバッペ、20歳で50ゴール到達!「ゴールを決めて記録を破る。それが僕を駆り立てる」ゲキサカ(2019年2月24日)
  26. ^ VAN DIJK AMONG FOUR DEBUTANTS IN MEN’S WORLD 11”. fifpro.org. 2019年9月25日閲覧。
  27. ^ ムバッペ、フランス杯決勝で涙の負傷交代 危険な「ホラータックル」で乱闘寸前の騒動に” (日本語). www.football-zone.net. 2021年2月16日閲覧。
  28. ^ 【徹底分析】“完璧な機械”バイエルンがPSGを破った理由…時代の最先端を行く王者が示した3つの要素 | Goal.com”. www.goal.com. 2021年2月16日閲覧。
  29. ^ ムバッペが新型コロナ感染…ロシアW杯の決勝カード再現も欠場へ | Goal.com”. www.goal.com. 2021年2月16日閲覧。
  30. ^ Mbappe reaches 100 goals for PSG with strike against Montpellier | Goal.com”. www.goal.com. 2021年2月16日閲覧。
  31. ^ ムバッペ圧巻ハットのPSGが4年前に味わった“カンプ・ノウの悲劇”を払しょくする4発圧勝! 惨敗バルサは敗退濃厚に…《CL》【超ワールドサッカー】” (日本語). 超ワールドサッカー. 2021年2月16日閲覧。
  32. ^ ムバッペ、18歳と95日でフランス代表デビュー…1955年以降では最年少 Goal(2017年3月26日)
  33. ^ パリSG電撃移籍のムバッペが代表初ゴール!若手躍動のフランスが“崖っぷち”オランダに大勝 ゲキサカ 2017年9月1日
  34. ^ 19歳183日でW杯初ゴール!! ムバッペが今大会最年少得点を記録ゲキサカ(2018年6月22日)
  35. ^ ムバッペ無双!19歳新星の大活躍でフランスがアルゼンチン撃破!!メッシの4度目W杯は16強終戦ゲキサカ(2018年6月30日)
  36. ^ ペレ以来2人目!ムバッペ、W杯決勝で60年ぶり10代選手ゴールゲキサカ(2018年7月15日)
  37. ^ フランス代表監督、PK失敗のムバッペ擁護 「彼に苛立ちをぶつけることは許されない」”. フットボールゾーン (2021年6月29日). 2021年7月3日閲覧。
  38. ^ ムバッペ、ジルーからの苦言に「少し影響はあった。でも些細なこと。問題はない」”. ゴールコム (2021年6月14日). 2021年7月3日閲覧。
  39. ^ EURO16強敗退のフランス、さらなる内紛発覚 ムバッペとグリーズマンが衝突と現地報道”. フットボールゾーン (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。
  40. ^ エムバペがレアル移籍で「個人合意」とスペイン紙”. 日刊スポーツ (2021年5月22日). 2021年5月22日閲覧。
  41. ^ ムバッペのスピードは世界記録の“ボルト級”!? リール戦で見せた驚愕の時速は……[映像アリ]|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!” (日本語). www.theworldmagazine.jp. 2021年4月13日閲覧。
  42. ^ パリSG残留へ? ネイマール「幸せの大部分は彼のおかげ」” (日本語). ゲキサカ. 2021年4月13日閲覧。
  43. ^ 【注目選手】キリアン・エンバペ|パリ・サンジェルマン | DAZN News 日本” (英語). DAZN. 2021年4月13日閲覧。
  44. ^ ムバッペはメッシキラー?2試合で計5ゴール!ロシアW杯でもメッシに引導を渡す”. 超ワールドサッカー (2021年2月17日). 2021年5月26日閲覧。
  45. ^ a b ムバッペ「バロンドールはブッフォンに勝ち取ってほしい」ユーヴェの欧州制覇に期待 GOAL 2017年5月27日
  46. ^ 脅威の18歳ムバッペ、大先輩アンリとの比較を喜ぶも「他選手のコピーではない」 GOAL 2017年10月25日
  47. ^ ムバッペのジダンへの憧れ 全てを真似たくてヘアスタイルまで似せようとした少年時代 the WORLD 2017年9月12日
  48. ^ “「本当に好きだった」エムバペが忘れられない“衝撃的なゴール”と、憧れのアイドルを告白!”. サッカーダイジェストWeb. (2020年4月29日). https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=72477 2020年11月3日閲覧。 
  49. ^ “エムバペが目標とする選手を語る「ロナウドが大好き」”. gooニュース. (2020年4月30日). https://news.goo.ne.jp/article/sportes/sports/sportes-30016.html 2020年11月3日閲覧。 
  50. ^ PSGムバッペ、エミリアーノ・サラの事故解決へ380万円寄付。パイロットが依然行方不明…”. Football Tribe Japan (2019年2月11日). 2020年9月6日閲覧。
  51. ^ FIFA World Cup Fan Dream Team”. FIFA.com. 2018年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]