パトリス・ロコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パトリス・ロコ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Patrice Loko
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1970-02-06) 1970年2月6日(48歳)
出身地 シュリー=シュル=ロワール
身長 178cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1995 フランスの旗 ナント 181 (41)
1995-1998 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 84 (23)
1998-1999 フランスの旗 ロリアン 20 (9)
1999-2000 フランスの旗 モンペリエ 27 (8)
2001 フランスの旗 オリンピック・リヨン 2 (0)
2001-2002 フランスの旗 トロワ 27 (8)
2002-2004 フランスの旗 ロリアン 48 (10)
2004 フランスの旗 アジャクシオ 13 (1)
代表歴
1993-1997 フランスの旗 フランス 26 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パトリス・ロコPatrice Loko, 1970年2月6日 - )は、フランスシュリー=シュル=ロワール出身のサッカー選手元フランス代表。ポジションはフォワード

クラブ[編集]

ナントの下部組織を経て、1989年にトップチームデビュー。デビュー当初は、攻撃的MFとしてプレーしていた。 1994-95シーズン、ナントはロコ、ニコラ・ウエデクレイナール・ペドロスヤフェット・エンドラムを中心としたスペクタクル溢れるサッカーを展開。クロード・マケレレクリスチャン・カランブーらの活躍もあり、開幕から32試合連続無敗の快進撃を続け、12年ぶりのリーグ優勝を果たした。ロコ自身もエレガントなプレーとペドロスとの絶妙なコンビで22ゴールを挙げ、リーグ得点王に輝くなど大車輪の活躍を披露する。

ナントでの活躍が認められ、1995-96シーズンにはパリ・サンジェルマンへ移籍する。しかし、怪我や精神的に不安定な時期もあり、結果を残すことはできなかった。1996-97シーズンは復調し、15ゴールを挙げる活躍をする。

1998年にパリ・サンジェルマン退団後は、FCロリアンを経てモンペリエHSCへ移籍。モンペリエHSCでは、再びウエデク、ペドロスとチームメートとなり、ナントでのコンビの再現が期待された。しかし、いずれの選手もピークを過ぎており、大きな活躍は披露できなかった。その後オリンピック・リヨントロワACなどでプレーし、2004年にACアジャクシオで引退した。

代表[編集]

ナントでの活躍が認められ、1994年のUEFA EURO '96予選から代表に定着し、UEFA EURO '96に出場。前述のように1995-96シーズンはスランプ状態であったが、グループリーグでのブルガリア戦においてゴールを奪う活躍をし、復活の印象を残す。