アレクサンダー・フライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー・フライ Football pictogram.svg
080603 frei06.jpg
名前
本名 アレクサンダー・フライ
愛称 アレックス
ラテン文字 Alexander FREI
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1979-07-15) 1979年7月15日(37歳)
出身地 バーゼル
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション CF
利き足 右足
ユース
1987-1988 スイスの旗 ベニャン
1988-1995 スイスの旗 アエシュ
1995-1997 スイスの旗 バーゼル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1998 スイスの旗 バーゼル 11 (1)
1998-1999 スイスの旗 トゥーン 32 (6)
1999-2001 スイスの旗 ルツェルン 53 (17)
2001-2003 スイスの旗 セルヴェット 64 (36)
2003-2006 フランスの旗 レンヌ 100 (47)
2006-2009 ドイツの旗 ドルトムント 74 (34)
2009-2013 スイスの旗 バーゼル 103 (73)
代表歴2
1995-1996 スイスの旗 スイス U-18 5 (1)
1996-1997 スイスの旗 スイス U-19 4 (3)
1999-2000 スイスの旗 スイス U-21 19 (9)
2001-2011[1] スイスの旗 スイス 84 (42)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年9月6日現在。
2. 2013年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンダー・フライAlexander Frei, 1979年7月15日 - )は、スイスバーゼル出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはFWスイス代表の通算最多得点記録の保持者である。

日本ではアレクサンダー・フレイと表記される場合が多いがフレイは英語読みで、ドイツ語読みではフライである。

経歴[編集]

クラブ[編集]

2003年1月にリーグ・アン・スタッド・レンヌへ移籍すると、2003-04シーズンには19得点で得点ランク2位、2004-05シーズンには20得点で得点王になりヨーロッパ中の注目を浴びた。各チームが争奪戦を繰り返す中、2006年8月にヤン・コレルの抜けたボルシア・ドルトムントへと移籍した。移籍初年度の2006-07シーズンには16得点するなど3シーズンで34ゴールを挙げる活躍をみせた。ドルトムントのライバルであるシャルケと相性が良く、いくつものゴールを決めている[2] [3]。2009年7月に移籍金400万ユーロ(約5億3000万円)、3年契約でバーゼルに復帰[4]。 2010-11シーズン、2011-12シーズンと2季連続で得点王を獲得している。

2012年11月、2012-13シーズンの終了後の現役引退を発表[5]。 2013年3月に4月15日からFCルツェルンのスポーツディレクターに就任するため、予定より早く現役を引退することになった[6]

代表[編集]

スイス代表では2001年ユーゴスラビア戦にてデビューを果たす。この時同時にU-21スイス代表のストライカーとしても活躍、2002年のU-21欧州選手権で2得点を挙げている。EURO2004では無得点に終わったが、2006 FIFAワールドカップでも2得点を挙げ、スイスのベスト16進出に貢献した。2007年3月、ヨハン・フォーゲルに代わってスイス代表のキャプテンに就任。

2008年5月30日に行われたスイス対リヒテンシュタインの親善試合において2得点をあげ、歴代代表FWの得点記録34得点を更新した。同年に開催されたEURO2008で更なる記録が期待されたが、初戦のチェコ戦で左膝の靭帯損傷を負い離脱。大会中の復帰はかなわなかった。

2010 FIFAワールドカップでは直前合宿で捻挫するなどコンディションが整わず、初戦のスペイン戦は欠場。後の2試合に出場するも得点はなく、チームもグループリーグで敗退。ワールドカップ前後からパフォーマンスに批判が多くなり、2011年4月に代表引退を表明した[7]

代表での最後の得点は2010年11月の親善試合、ウクライナ戦での2得点で、代表での通算成績は84試合42得点。先述の通り、得点数はスイス代表歴代1位である。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ
スイスの旗 セルヴェットFC
スイスの旗 FCバーゼル
個人
  • リーグアン得点王:2004-05 (20得点)
  • スイス年間最優秀選手:2007
  • スイスリーグ得点王:2010-11 (27得点), 2011-12 (24得点)
  • スイス・ゴールデンプレイヤー賞ベストフォワード部門:2011, 2012

脚注[編集]

  1. ^ “Alexander Frei - Goals in International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/frei-intlg.html 
  2. ^ uefa.com (2006年12月10日). “シャルケがダービーを制して首位浮上”. 2009年7月21日閲覧。
  3. ^ AFP BB News (2007年5月12日). “ドルトムント シャルケを降し4連勝で7位に浮上”. 2009年7月21日閲覧。
  4. ^ uefa.com (2009年7月19日). “フライがバーゼルに復帰”. 2009年7月21日閲覧。
  5. ^ uefa.com (2012年11月15日). “バーゼルのフライ、今季限りでの引退を表明”. 2012年11月16日閲覧。
  6. ^ uefa.com (2013年3月19日). “フライ、ルツェルンの強化担当就任へ”. 2013年3月22日閲覧。
  7. ^ Goal.com (2011年4月7日). “フライ、スイス代表引退を表明”. 2011年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]