ステファヌ・ギヴァルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ステファン・グィヴァルフ
ステファヌ・ギヴァルシュ Football pictogram.svg
名前
本名 ステファヌ・ピエール・イヴ・ギヴァルシュ
Stéphane Pierre Yves Guivarc'h
ラテン文字 Stéphane Guivarc'h
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1970-09-06) 1970年9月6日(50歳)
出身地 コンカルノー
身長 184cm
体重 78kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
フランスの旗 トレガン
1984-1989 フランスの旗 ブレスト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1991 フランスの旗 ブレスト 14 (1)
1991-1995 フランスの旗ギャンガン 110 (68)
1995-1998 フランスの旗 オセール 55 (24)
1996-1997 フランスの旗 レンヌ (loan) 36 (22)
1998 イングランドの旗 ニューカッスル 4 (1)
1998-1999 スコットランドの旗 レンジャーズ 14 (5)
1999-2001 フランスの旗 オセール 60 (25)
2001-2002 フランスの旗 ギャンガン 11 (1)
1989-2002 通算 304 (147)
代表歴
1997-1999 フランスの旗 フランス 14 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年8月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ステファヌ・ピエール・イヴ・ギヴァルシュStéphane Pierre Yves Guivarc'h, 1970年9月6日 - )は、フランスコンカルノー出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはFW(センターフォワード)。

ブルトン語においては「Stefan Gwivarc'h」と表記される。また「ch」と「c'h」の発音は明確に区別されるため、ステファン・グィヴァルフ (IPA: [stɛfãn ɡ(ɥ)ivar(x)]) といった発音になる。フランス語においてはギヴァルまたはギヴァルク (フランス語発音: [stefan ɡivaʁ(k)]) となり、ギヴァルシュ (フランス語発音: [ɡivaʁʃ]) とは発音されない。

クラブ歴[編集]

1989年にスタッド・ブレスト29からプロデビューした。1991年には同じブルターニュ地域圏EAギャンガンに移籍。ここでは100試合以上に出場し1試合平均得点数は2を超えた。1995-96シーズンよりギー・ルー率いるAJオセールに加入するが、23試合の出場で3得点に終わった。1996-97シーズン、レンタル移籍したスタッド・レンヌで36試合出場22得点を記録し得点王のタイトルを獲得する。翌シーズンはオセールに復帰し、21得点を記録して2シーズン連続で最多得点に輝いた。UEFAカップにおいては準決勝でSSラツィオに敗れたが、この試合で挙げた2ゴールを含め計7得点を記録し同大会の得点王となった。

フランス・ワールドカップ後にはアーセナルFCニューカッスル・ユナイテッドFCからオファーが舞い込む。1998年6月にニューカッスルへ3.5百万ポンドの移籍金で加入し、アラン・シアラーのパートナーとして期待された[1]。デビュー戦となる8月30日のリヴァプールFC戦でゴールを挙げるが[2]、自身の獲得を希望したケニー・ダルグリッシュ監督が解任されルート・フリット新監督が就任すると構想外となり、4試合の出場に止まるなど思うような活躍ができなかった[3]

11月6日、スコティッシュ・プレミアリーグレンジャーズFCに3.5百万ポンドの移籍金で加入[4]。契約から2日後のセント・ジョンストンFC戦では途中出場ながら2得点を挙げ、7-0での大勝に貢献した[5]。11月29日にはリーグカップにおいて再びセント・ジョンストンと対戦すると、先制ゴールを挙げ2-0で勝利を収めた[6]ディック・アトフォカート監督の下、トレブル達成の一員となった[7]

翌シーズンよりオセールに復帰し、同クラブへ3度目の所属となった。現役最終年の2000-01シーズンにはギャンガンに復帰。クラブレコードとなる計69得点を記録した。

代表歴[編集]

1996-97シーズンにリーグで得点王となったことを評価され、1997年10月に27歳でフランス代表に初招集される。10月11日の南アフリカ戦でデビューすると以降は代表に定着し、1998年には自国開催のFIFAワールドカップのメンバーに選出。エメ・ジャケ監督から背番号9を与えられる。初戦の南アフリカ戦で先発し26分にクリストフ・デュガリーと交代した。ラウンド16・パラグアイ戦では、オセールでの同僚ベルナール・ディオメドに代わり76分から投入された。準々決勝のイタリア戦以降は先発し65分に途中交代。続く準決勝クロアチアとの一戦では、ダヴィド・トレゼゲとの交代で68分にベンチに下がる。決勝のブラジル戦も66分にデュガリーに代わりピッチを去る。大会を通して無得点ながらチームの優勝に貢献した。

現役引退後[編集]

引退後はアマチュアクラブを指導する傍ら、テレビ解説者も務めている[8]

既婚で3児の父である。また、地元コンカルノーでスイミングプールのセールスマンをしている[9]

人物[編集]

姓は「俊敏な種牡馬」を意味する[10]

1998 FIFAワールドカップ優勝の功績が認められ、レジオンドヌール勲章シュヴァリエを授与されている[11]

タイトル[編集]

クラブ
オセール
レンジャーズ
代表
フランス
個人
  • ディヴィジオン・アン得点王 : 1996-97(22得点), 1997-98(21得点)
  • UEFAカップ得点王 : 1997-98(7得点)

脚注[編集]

  1. ^ Football: Guivarc'h en route to Newcastle”. The Independent (1998年6月12日). 2020年8月21日閲覧。
  2. ^ Football: Owen defines Gullit's task with hat-trick”. The Independent (1998年8月31日). 2020年8月21日閲覧。
  3. ^ footballista、ソルメディア、2010年2月17日号
  4. ^ Football: O'Leary in pounds 4m bid for Ward”. The Independent (1998年11月7日). 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ Football: Guivarc'h makes instant impact”. The Independent (1998年11月9日). 2020年8月21日閲覧。
  6. ^ St Johnstone suffer at Rangers' hands again”. The Irish Times (1998年11月30日). 2020年8月21日閲覧。
  7. ^ Rangers Treble-winner Stephane Guivarc’h has revealed he now has a career selling swimming pools”. The Scottish Sun (2018年3月27日). 2020年8月21日閲覧。
  8. ^ footballista、ソルメディア、2010年2月10日号
  9. ^ Meet Stéphane Guivarc'h, the World Cup champ who's now a pool guy - ウェイバックマシン(2016年6月17日アーカイブ分)
  10. ^ The 10 worst foreign signings of all time”. The Guardian (2000年8月6日). 2020年8月21日閲覧。
  11. ^ Décret du 24 juillet 1998 portant nomination à titre exceptionnel”. Légifrance (1998年7月25日). 2020年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]