カール=ハインツ・リードレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール=ハインツ・リードレ Football pictogram.svg
Karl-Heinz Riedle, 2012.jpg
名前
愛称 エア・リードレ (Air Riedle[1])
ラテン文字 Karl-Heinz Riedle
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1965-09-16) 1965年9月16日(56歳)
出身地 ヴァイラー・イム・アルゴイ
身長 179cm[2]
体重 75kg[2]
選手情報
ポジション FW
ユース
1974-1981 ドイツの旗 TSVエルホーフェン
1981-1982 ドイツの旗 SVヴァイラー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1986 ドイツの旗 FCアウクスブルク 80 (31)
1986-1987 ドイツの旗 ブラウ=ヴァイス・ベルリン 34 (10)
1987-1990 ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン 86 (38)
1990-1993 イタリアの旗 SSラツィオ 84 (30)
1993-1997 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 87 (24)
1997-1999 イングランドの旗 リヴァプールFC 60 (11)
1999-2001 イングランドの旗 フラムFC 34 (6)
代表歴
1986-1987 西ドイツの旗 西ドイツ U-21 4 (1)
1988 西ドイツの旗 西ドイツ 五輪 1 (0)
1988-1994[3] 西ドイツの旗 西ドイツ/ドイツの旗 ドイツ 42 (16)
監督歴
2000 イングランドの旗 フラムFC
獲得メダル
男子 サッカー
オリンピック
1988 サッカー
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カール=ハインツ・リードレ(Karl-Heinz Riedle, 1965年9月16日 -)は、ドイツ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはフォワード。身長179cmと大柄ではないが、滞空時間の長い跳躍力を生かしたヘディングシュートを得意とし「エア・リードレ」の愛称で呼ばれた[1][4]。息子のアレッサンドロ・リードレドイツ語版もサッカー選手であり父と同様にストライカーを務めている[5]

経歴[編集]

クラブ[編集]

リードレは1974年にTSVエルホーフェンでサッカーを始め[6]、SVヴァイラーを経て1983年バイエルンリーガドイツ語版所属のFCアウクスブルクに入団した[6]。1985-86シーズンのバイエルンリーガで22得点を記録すると[4]1986年ブラウ=ヴァイス 90 ベルリンドイツ語版へ移籍した[4]。ブラウ=ヴァイスでは1シーズンのみの所属となり10得点を記録するに留まったが[6]好調なプレーを維持し[4]1987年オットー・レーハーゲルが監督を務めるヴェルダー・ブレーメンへ移籍した[4]。この移籍について後にリードレは「ブレーメンは若手選手の育成に定評があるセンセーショナルなクラブだった。レーハーゲルのおかげで私は選手として成長し、多くのことを学んだ」と評している[4]。加入初年度の1987-88シーズンにはリーグ戦33試合に出場し18得点を記録し、ブンデスリーガ優勝に貢献した[4]。またクラブの歴史上において最高の試合の一つと考えられているUEFAカップ1989-903回戦のSSCナポリ戦でも2試合合計で3得点をあげるなど顕著な働きを見せた[4]

1990年に1300万ドイツマルクという当時のヨーロッパでは最高額の移籍金[7]でイタリアのSSラツィオに移籍[4]。1991-92シーズンにはリーグ戦29試合に出場し13得点を決める活躍を見せ[8]、1992-93シーズンにはクラブにとって1970年代以来最高の成績となるリーグ5位に押し上げる原動力となったが[4]、4人の外国人が在籍する中、やや出場機会を減らしていた[9]

1993年夏、ドイツに帰国しボルシア・ドルトムントへ移籍した[10]。契約期間は3年で移籍金は950万マルク(6億3000万円)[11]とも、850万マルクとも推定される[12]。ドルトムントでは1994-95シーズンと1995-96シーズンのブンデスリーガ連覇、UEFAチャンピオンズリーグ 1996-97では決勝戦のユヴェントスFC戦で2得点を決める活躍を見せ初優勝に貢献した[10][13]

1997年、イタリアのペルージャ・カルチョも獲得に動いたがアストン・ヴィラFCへ移籍したスタン・コリーモア英語版の後釜としてイングランドのリヴァプールFCへ移籍した[7]。リヴァプールではマイケル・オーウェンロビー・ファウラーといった攻撃陣とのポジション争いとなったが[7]1999年9月に出場機会を得るためにフットボールリーグフラムFCへ移籍[7]。1999-00シーズンにはポール・ブレイスウェルドイツ語版の後任として選手兼任の暫定監督を務め[10]、2000-01シーズンには正式な監督としてジャン・ティガナが就任したため選手に復帰し、プレミアリーグ昇格に貢献したが同シーズン限りで現役を引退した[10]。その後、2002年1月にリヒテンシュタインのFCファドゥーツの練習に参加し現役復帰を試みたが[14]、契約はならなかった[15]

ドイツ代表[編集]

1988年ユルゲン・クリンスマントーマス・ヘスラーらと共に西ドイツ五輪代表に選出され、韓国で開催されたソウルオリンピックに出場し銅メダルを獲得した[16]

ドイツ代表としては1988年8月31日に行われた1990 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選フィンランド戦で代表デビューをした[3]1990年イタリアで開催された本大会ではクリンスマンやルディ・フェラーに次ぐ3番手のフォワードと見做されていたが[4]、準決勝のイングランド戦を含む4試合に出場し優勝に貢献[3]。イタリア大会以降にフェラーに代わってレギュラーに定着し、1992年スウェーデンで開催されたUEFA欧州選手権1992では準決勝のスウェーデン戦で2得点を決めるなど合計3得点をあげヘンリク・ラルセン英語版デニス・ベルカンプトーマス・ブロリンと並び得点王となった[17]。その後、1994年アメリカ合衆国で開催された1994 FIFAワールドカップに出場するなど国際Aマッチ42試合に出場し16得点を記録した[3]

引退後[編集]

2004年11月からはスイスのグラスホッパー・クラブ・チューリッヒのスポーツディレクターを務めていたが、2007年4月に2006-07シーズン限りでの辞任を表明した[18]。その後はドイツ南部のアルゴイ地方ドイツ語版でサッカースクールや4つ星ホテルを経営している[19]

2014年11月、古巣のボルシア・ドルトムントの国際親善大使に就任した[20]

個人記録[編集]

代表での成績[編集]

出典[3]
西ドイツ代表
出場 得点
1988 1 1
1989 3 1
1990 9 1
ドイツ代表
出場 得点
1991 5 3
1992 10 4
1993 8 5
1994 6 1
通算 42 16

代表での得点[編集]

出典[3]
# 開催日 開催地 対戦国 結果 大会
1 1988年8月31日 フィンランドヘルシンキ フィンランドの旗 フィンランド 4-0 1990 FIFAワールドカップ・予選
2 1989年4月29日 オランダロッテルダム オランダの旗 オランダ 1-1 1990 FIFAワールドカップ・予選
3 1990年12月19日 ドイツシュトゥットガルト スイスの旗 スイス 4-0 親善試合
4 1991年9月11日 イングランドロンドン イングランドの旗 イングランド 1-0 親善試合
5 1991年10月16日 ドイツ、ニュルンベルク ウェールズの旗 ウェールズ 4-1 UEFA EURO '92予選
6 1991年12月18日 ドイツ、レーヴァークーゼン オランダの旗 オランダ 1-1 UEFA EURO '92予選
7 1992年6月15日 スウェーデンノーショーピング スコットランドの旗 スコットランド 2-0 UEFA EURO '92
8 1992年6月21日 スウェーデン、ストックホルム スウェーデンの旗 スウェーデン 3-2 UEFA EURO '92
9
10 1992年9月9日 デンマークコペンハーゲン デンマークの旗 デンマーク 2-1 親善試合
11 1993年3月24日 スコットランドグラスゴー スコットランドの旗 スコットランド 1-0 親善試合
12 1993年6月13日 アメリカ合衆国シカゴ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1-1 USカップ1993
13
14
15 1993年10月13日 ドイツ、カールスルーエ ウルグアイの旗 ウルグアイ 5-0 親善試合
16 1994年6月27日 アメリカ合衆国、ダラス 大韓民国の旗 韓国 3-2 1994 FIFAワールドカップ

脚注[編集]

  1. ^ a b Karl-Heinz Riedle, Deutschlands letzter EM-Torschützenkönig”. 11 Freunde. 2014年9月20日閲覧。
  2. ^ a b Karl-Heinz Riedle”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2021年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Karl-Heinz Riedle - Goals in International Matches”. rsssf.com. 2014年9月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k Karl-Heinz Riedle: „Up in the Air“ und ab nach Italien”. goal.com (2010年3月24日). 2014年9月20日閲覧。
  5. ^ Spieler”. Viktoria Köln 1904 e.V.. 2014年9月20日閲覧。
  6. ^ a b c Riedle, Karl-Heinz - Borussia Dortmund - 1. Bundesliga: alle Spielerstatistiken, News und alle persönlichen Informationen”. kicker.de. 2014年9月20日閲覧。
  7. ^ a b c d KarlHeinz Riedle”. Liverpool FC. 2014年9月20日閲覧。
  8. ^ Karl-Heinz Riedle – Matches and Goals in Bundesliga”. rsssf.com. 2017年6月18日閲覧。
  9. ^ 「ヨーロッパ移籍情報 フリット、プラットの協力コンビ結成! バルセロナはロマーリオを獲得」『ストライカー』1993年5月5日号、学研、112頁。
  10. ^ a b c d Karl-Heinz Riedle”. UEFA.com (2014年8月1日). 2014年9月20日閲覧。
  11. ^ 「ストライカーワールドスコープ 世界サッカー情報」『ストライカー』1993年5月5日号、学研、88頁。
  12. ^ Riedle wechselt nach Liverpool”. Rhein-Zeitung (1997年7月31日). 2020年12月26日閲覧。
  13. ^ Karl-Heinz Riedle, der Finalheld von 1997”. 11 Freunde (2013年5月24日). 2014年9月20日閲覧。
  14. ^ Karl-Heinz Riedle trainiert mit dem FC Vaduz”. fussball.ch (2002年1月9日). 2014年9月20日閲覧。
  15. ^ Karlheinz Riedle geht nicht zum FC Vaduz”. fussball.ch (2002年2月6日). 2014年9月20日閲覧。
  16. ^ Löhr über Olympia 1988: "Wir wollten nicht ohne Medaille nach Hause"”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年9月20日閲覧。
  17. ^ Karl-Heinz Riedle, Deutschlands letzter EM-Torschützenkönig”. 11 Freunde (2012年6月17日). 2014年9月20日閲覧。
  18. ^ Riedle tritt in Zürich zurück”. kicker.de (2007年4月19日). 2014年9月20日閲覧。
  19. ^ Berufe der '90er-Weltmeister”. taz.de. 2014年9月20日閲覧。
  20. ^ Borussia Dortmund holt Riedle zurück”. kicker (2014年11月22日). 2017年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]