ジュリアーノ・ヴィクトル・デ・パウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュリアーノ Football pictogram.svg
Giuliano 10.jpg
ゼニト時代のジュリアーノ (2017年)
名前
本名 ジュリアーノ・ヴィクトル・デ・パウラ
Giuliano Victor de Paula
ラテン文字 GIULIANO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1990-05-31) 1990年5月31日(27歳)
出身地 クリチバ
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 フェネルバフチェSK
ポジション MF
背番号 20
利き足 右足
ユース
2002-2006 ブラジルの旗 パラナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2008 ブラジルの旗 パラナ 17 (6)
2009-2010 ブラジルの旗 インテルナシオナル 56 (11)
2011-2014 ウクライナの旗 ドニプロ 87 (16)
2014-2016 ブラジルの旗 グレミオ 67 (11)
2016-2017 ロシアの旗 ゼニト 30 (8)
2017- トルコの旗 フェネルバフチェ 19 (10)
代表歴2
2007 ブラジルの旗 ブラジル U-17 9 (2)
2009 ブラジルの旗 ブラジル U-20 14 (3)
2010- ブラジルの旗 ブラジル 14 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月17日現在。
2. 2017年11月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュリアーノ・ヴィクトル・デ・パウラ(Giuliano Victor de Paula, 1990年5月31日 - )は、ブラジルパラナ州クリチバ出身のプロサッカー選手トルコスュペル・リグフェネルバフチェSK所属。ブラジル代表。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

2005年パラナ・クルーベのユースでキャリアをスタートし、2007年2月にプロ契約を締結。2009年インテルナシオナルに移籍、同年2月11日にデビューを果たした。2010年コパ・リベルタドーレス決勝・グアダラハラ戦では2試合合計5-3で勝利し優勝。自身も2得点を挙げ貢献した。2011年1月ウクライナプレミアリーグFCドニプロに移籍。2012-13シーズンにはコノプリャンカと中盤でコンビを組んでUEFAヨーロッパリーグでの決勝トーナメントへ進出した。

母国への帰還を経て、2016年7月26日ロシアプレミアリーグFCゼニト・サンクトペテルブルクへ4年契約で完全移籍[1]2016年8月12日ロストフ戦でデビューを果たした。UEFAヨーロッパリーグではグループリーグ終了時点で6得点を記録し得点ランキングのトップに立つと、ラウンド32のアンデルレヒト戦でも2得点を挙げ、ローマエディン・ジェコと並んで8得点で大会得点王に輝いた。しかし翌2017-18シーズンにはロベルト・マンチーニ監督の戦術的な変更もあって移籍金が設定され退団が促された[2]

2017年8月12日トルコスュペル・リグフェネルバフチェSKへ4年契約で完全移籍[3]。移籍金は600万ユーロ。

代表[編集]

2007年南米U-17選手権で優勝を経験し、FIFA U-17ワールドカップ出場権を獲得した。U-17ワールドカップではベスト16で敗退するも自身は2ゴールを挙げた。2009年には南米ユース選手権に出場し2ゴールを挙げ、チームの優勝に貢献した。またFIFA U-20ワールドカップでも1ゴールを挙げチームを準優勝に導き、自身もブロンズボールを獲得した。

2010年10月7日イランとの親善試合でブラジルA代表デビューを果たした。その後は代表から遠ざかっていたが、2016年チッチが監督に就任するとクラブでの活躍もあって代表に復帰した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

インテルナシオナル

代表[編集]

ブラジル代表

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]