サッカークロアチア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカークロアチア代表
国または地域 クロアチアの旗 クロアチア
協会 クロアチアサッカー連盟
FIFAコード CRO
愛称 Vatreni (炎の男)
監督 ズラトコ・ダリッチ
最多出場選手 ルカ・モドリッチ(159試合)
最多得点選手 ダヴォール・シューケル(45得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1990年10月17日アメリカ合衆国
2-1
最大差勝利試合 2016年6月4日サンマリノ
10-0
最大差敗戦試合 2018年9月11日スペイン
0-6
FIFAワールドカップ
出場回数 6回(初出場は1998
最高成績 準優勝 (2018)
UEFA欧州選手権
出場回数 6回
最高成績 ベスト8 (1996, 2008)

サッカークロアチア代表(サッカークロアチアだいひょう、クロアチア語: Hrvatska nogometna reprezentacija)は、クロアチアサッカー連盟(HNS)によって編成されるクロアチアサッカーナショナルチームである。愛称のヴァトレニは、クロアチア語で炎の男の意味。ユニフォームはクロアチアの国旗国章に使用されている紅白の市松模様を基調とする。

歴史[編集]

前史[編集]

クロアチアはナチス・ドイツの支援の下、1939年から1945年にかけてクロアチア独立国としてユーゴスラビア王国を解体し独立した政権を樹立していた。1940年4月2日にザグレブでスイスと対戦し、4-0で勝利したという記録が残っている。クロアチアはこの後、ドイツイタリアハンガリールーマニア独立スロバキアなどヨーロッパの枢軸国若しくはその傀儡国家と親善試合を行っており、1944年までその数は19を数える。またユーゴスラビア成立後の1956年にクロアチア選抜が結成された記録が残っている。

1991年 - 1996年[編集]

クロアチアは、1991年にユーゴスラビア連邦から離脱する以前はユーゴスラビア連邦の一共和国であり、ナショナルチームはユーゴスラビア代表に属していた。ただし、ユーゴスラビア代表は1980年代中頃からチームとして崩壊に向かっており、クロアチア出身の選手に対してユーゴスラビア代表に加わらないよう政治的圧力がかけられる事がしばしばあった。

こうした状況の中で1990年のワールドカップ直後にクロアチア代表が編成され、首都ザグレブアメリカ合衆国代表を招いてクロアチア代表初となる国際試合が開かれた。この時点でクロアチアは独立していなかったが、連邦からの離脱はほぼ既定路線であった。翌年6月にクロアチアはスロベニアと共にユーゴスラビアから独立するが、ワールドカップ終了後に始まったユーロ92予選にはクロアチア、スロベニア出身の選手は参加していなかった。

独立して初のビッグトーナメント参加となったUEFA EURO '96では予選でイタリアに1勝1分で凌ぐなど健闘し一位突破を果たすと、本大会でも8強入りを果たす。

1998年 - 2018年[編集]

2018年ロシアW杯・準決勝でのクロアチア代表とサポーター

特筆すべきは、1998年のフランス大会での活躍である。欧州予選ではグループ最終戦の開始時点で自力でのプレーオフ進出すら不可能な状況に追い込まれたが、アウェイでスロベニアに勝利する。同時進行のアテネでのギリシャデンマークはギリシャが勝利すれば予選を一位突破し、デンマークがプレーオフに回るという試合だったが0-0の引分でデンマークが一位突破を決め、ギリシャが三位で敗退しプレーオフ進出が転がり込んだ。そこでもウクライナを2試合合計3-1で破り、ワールドカップ初出場を決めた。

本大会ではグループリーグでアルゼンチン以外の日本ジャマイカと共に3チームがワールドカップ初出場と言う特異なグループに入るが、アルゼンチンには敗れたものの、ジャマイカ、日本を破り2位でグループリーグを通過、決勝トーナメントに進出した。決勝トーナメントでは一回戦でルーマニアを破り、UEFA EURO '96と同じくドイツとの対戦となった準々決勝でも3-0で勝利した。準決勝でこの大会の優勝国となるフランスと対戦。1-2で逆転負けしたものの、3位決定戦ではオランダを2-1で破って3位入りを果たした[1]。この大会で6点を挙げたダヴォール・シューケルが得点王に輝いた。

日韓W杯以降はチームの高齢化などによってしばらく停滞していた時期もあったが、ルカ・モドリッチマリオ・マンジュキッチイヴァン・ラキティッチニコ・クラニチャールエドゥアルド・ダ・シルバら次世代の若手選手が台頭した。EURO2008予選ではホームとアウェーでイングランドに2連勝し、本戦ではドイツに勝ち決勝トーナメントに進出。準々決勝のトルコ戦は延長終了間際に先制したが直後に追いつかれ、大会無敗のままPK戦で涙をのんだ。その後のFIFAランキングは急上昇し、最高で5位まで上がっている。

2010年FIFAワールドカップ予選は主力選手の怪我やイングランド、ウクライナ等の強豪国と同グループになったことから予選3位で終わり、初の予選敗退を喫した。3大会連続出場となったUEFA EURO 2012ではグループリーグで敗退した。

2014FIFAワールドカップ予選ではグループ2位でプレーオフに進出し、アイスランドを1勝1分けで破り2大会ぶりの本大会出場を決めた。2014 FIFAワールドカップ本大会ではカメルーンには勝利したものの、ブラジルとメキシコに敗れグループリーグ敗退となった。4大会連続出場となったUEFA EURO 2016ではグループリーグでスペインに勝利しグループリーグ首位通過でベスト16へと進出したが、ポルトガルと対戦して敗れた。

2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では予選敗退の危機に就任したズラトコ・ダリッチ監督がチームを再生させ、プレーオフでギリシャを破り本大会出場を決めた。本大会ではアルゼンチンに3-0で快勝するなど、3戦全勝でグループDを首位で通過した。決勝トーナメントは1回戦のデンマーク、準々決勝のロシア、準決勝のイングランド戦のいずれも先制されながら同点に追いつき、3戦連続延長戦(うち2戦がPK戦決着)を勝ち抜いて旧ユーゴスラビアから通しても初めての決勝進出を果たした。決勝戦は20年前の準決勝で敗れたフランスと対戦し、再び2-4で敗れたもののワールドカップ準優勝という成績を残した。なお、この試合でフランスの先制点となったマリオ・マンジュキッチオウンゴールは、ワールドカップ・決勝戦史上初のオウンゴール、かつワールドカップ 史上初の双方シュート0本で得点が決まった事例であった[2]。大会終了後、キャプテンとしてチームを牽引してきたモドリッチがゴールデンボール(最優秀選手)を獲得している。

2022年 - 現在[編集]

2022 FIFAワールドカップではグループFに入り、モロッコカナダ前回大会3位のベルギーと同じ組に入った。初戦のモロッコ戦では前半こそビルドアップを活性化させ、チャンスも作りながらボールを支配して試合を進めるが、後半は相手の積極的なプレスに苦しみ、チャンスをほとんど作れないままスコアレスで初戦は勝点1を得るにとどまる。第2戦のカナダ戦は試合開始わずか2分でアルフォンソ・デイビスに先制ゴールを奪われたが、前半のうちに逆転し最終的に4-1で勝利した。第3戦は前回大会3位のベルギーと対戦。開始から試合の主導権を握り、サイド攻撃を中心にチャンスを創出。ボール非保持の際は前からの守備と自陣で中央を固めるディフェンスを使い分けてゲームを進め、スコアレスで前半を終える。だが後半に入るとベルギーのエース・ロメル・ルカクが後半の頭に投入されたことで攻め込まれ続ける展開に。それでも相手の猛攻を最後まで耐え凌ぎ1勝2分の2位でグループリーグを2位で通過した。決勝トーナメント1回戦では初の8強入りを狙う日本と対戦。開始からボールを保持し続け決定的なシーンを何度も作り続けるが、権田修一を中心としたディフェンス陣に苦しみ得点を奪えない。前半終了間際にはCKの流れから前田大然のゴールで先制点を奪われ1点ビハインドで前半を終える。後半は徐々に相手を押し込む時間を増やし、55分にイヴァン・ペリシッチが同点ゴールを奪う。同点にした後も攻撃陣の勢いは止まらず、逆転弾を目指したものの、90分では逆転弾を奪えずに試合は延長戦へ。その延長戦でも決着はつかずにPK戦にもつれ込む。そのPK戦ではドミニク・リヴァコヴィッチが3本のシュートを止め、最後は4人目のマリオ・パシャリッチが決めたところで決着がつき、2大会連続の準々決勝進出を決めた。準々決勝のブラジル戦も90分戦ってスコアレスで延長戦に突入する。延長前半終了間際にネイマールのゴールで先制点を奪われるも、延長後半終了間際にブルーノ・ペトコヴィッチのゴールで同点に追いつき、試合は2試合連続のPK戦へ。そのPK戦では4人全員がPKを成功させると、ブラジルの1人目ロドリゴのPKをドミニク・リヴァコヴィッチが止め、最後は4人目のマルキーニョスのPKがゴール左ポストにはじかれたところで決着がつき、ベスト4一番乗りを果たす[3]。だが、2大会連続の決勝進出がかかった準決勝 ・アルゼンチン戦ではリオネル・メッシに先制ゴールを奪われるとフリアン・アルバレスにも2ゴールを決められて0-3で敗れ、2大会連続の決勝進出はならなかった。グループリーグ初戦の再戦となった3位決定戦のモロッコ戦では前半にヨシュコ・グヴァルディオルミスラフ・オルシッチのゴールで2点を奪って2-1で勝利し3位の成績を収めた。

ユニフォームの変遷[編集]

1996-1997 ホーム
1998-2000 ホーム
2002-2004 ホーム
2004-2006 ホーム
2006-2008 ホーム
2008-2010 ホーム
2010-2012 ホーム
2012-2014 ホーム
1996-1997 アウェー
1998-2000 アウェー
2002-2004 アウェー
2004-2006 アウェー
2006-2008 アウェー
2008-2010 アウェー
2010-2012 アウェー
2012-2014 アウェー

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

FIFAワールドカップ FIFAワールドカップ・予選
開催国 / 年 成績
アメリカ合衆国の旗 1994 FIFA未加盟 FIFA未加盟
フランスの旗 1998 3位 7 5 0 2 11 5 10 5 4 1 20 13
日本の旗大韓民国の旗 2002 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 3 8 5 3 0 15 2
ドイツの旗 2006 3 0 2 1 2 3 10 7 3 0 21 5
南アフリカ共和国の旗 2010 予選敗退 10 6 2 2 19 13
ブラジルの旗 2014 グループリーグ敗退 3 1 0 2 6 6 12 6 3 3 14 9
ロシアの旗 2018 準優勝 7 4 2 1 14 9 12 7 3 2 19 5
カタールの旗 2022 3位 7 2 4 1 8 7 10 7 2 1 21 4
通算 最高成績 : 準優勝
22大会中/6回出場
30 13 8 9 43 33 72 43 20 9 129 51

UEFA欧州選手権[編集]

UEFA欧州選手権 UEFA欧州選手権 予選
開催国 / 年 成績
イングランドの旗 1996 ベスト8 4 2 0 2 5 5 10 7 2 1 22 5
ベルギーの旗オランダの旗 2000 予選敗退 8 4 3 1 13 9
ポルトガルの旗 2004 グループリーグ敗退 3 0 2 1 4 6 10 6 2 2 14 5
オーストリアの旗スイスの旗 2008 ベスト8 4 3 1 0 5 2 12 9 2 1 28 8
ポーランドの旗ウクライナの旗 2012 グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 3 12 8 2 2 21 7
フランスの旗 2016 ベスト16 4 2 1 1 5 4 10 6 3 1 20 5
欧州連合の旗 2021 4 1 1 2 7 8 8 5 2 1 17 7
通算 最高成績 : ベスト8 (2回)
16大会中/6回出場
22 9 6 7 30 28 70 45 16 9 135 46

歴代監督[編集]

現招集メンバー[編集]

2022年11月9日、2022 FIFAワールドカップに臨むクロアチア代表のメンバー26人が発表された[4][5]

No. Pos. 選手名 原語表記 生年月日(年齢) 出場数 在籍クラブ
1 GK ドミニク・リヴァコヴィッチ Dominik Livaković (1995-01-09)1995年1月9日(27歳) 34 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ
2 DF ヨシプ・スタニシッチ Josip Stanišić (2000-04-02)2000年4月2日(22歳) 7 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
3 DF ボルナ・バリシッチ Borna Barišić (1992-11-10)1992年11月10日(30歳) 28 スコットランドの旗 レンジャーズ
4 FW イヴァン・ペリシッチ Ivan Perišić (1989-02-02)1989年2月2日(33歳) 116 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー
5 DF マルティン・エルリッチ Martin Erlić (1998-01-24)1998年1月24日(24歳) 4 イタリアの旗 サッスオーロ
6 DF デヤン・ロヴレン Dejan Lovren (1989-07-05)1989年7月5日(33歳) 72 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク
7 MF ロヴロ・マイェル Lovro Majer (1998-01-17)1998年1月17日(24歳) 11 フランスの旗 レンヌ
8 MF マテオ・コヴァチッチ Mateo Kovačić (1994-05-06)1994年5月6日(28歳) 84 イングランドの旗 チェルシー
9 FW アンドレイ・クラマリッチ Andrej Kramarić (1991-06-19)1991年6月19日(31歳) 74 ドイツの旗 ホッフェンハイム
10 MF ルカ・モドリッチ キャプテン Luka Modrić (1985-09-09)1985年9月9日(37歳) 155 スペインの旗 レアル・マドリード
11 MF マルセロ・ブロゾヴィッチ Marcelo Brozović (1992-11-16)1992年11月16日(30歳) 77 イタリアの旗 インテル
12 GK イヴォ・グルビッチ Ivo Grbić (1996-01-18)1996年1月18日(26歳) 2 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
13 MF ニコラ・ヴラシッチ Nikola Vlašić (1997-10-04)1997年10月4日(25歳) 42 イタリアの旗 トリノ
14 FW マルコ・リヴァヤ Marko Livaja (1993-08-26)1993年8月26日(29歳) 14 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト
15 MF マリオ・パシャリッチ Mario Pašalić (1995-02-09)1995年2月9日(27歳) 43 イタリアの旗 アタランタ
16 FW ブルーノ・ペトコヴィッチ Bruno Petković (1994-09-16)1994年9月16日(28歳) 23 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ
17 FW アンテ・ブディミル Ante Budimir (1991-07-22)1991年7月22日(31歳) 15 スペインの旗 オサスナ
18 FW ミスラヴ・オルシッチ Mislav Oršić (1992-12-29)1992年12月29日(29歳) 21 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ
19 DF ボルナ・ソサ Borna Sosa (1998-01-21)1998年1月21日(24歳) 8 ドイツの旗 シュトゥットガルト
20 DF ヨシュコ・グヴァルディオール Joško Gvardiol (2002-01-23)2002年1月23日(20歳) 12 ドイツの旗 ライプツィヒ
21 DF ドマゴイ・ヴィダ Domagoj Vida (1989-04-29)1989年4月29日(33歳) 100 ギリシャの旗 AEKアテネ
22 DF ヨシプ・ユラノヴィッチ Josip Juranović (1995-08-16)1995年8月16日(27歳) 21 スコットランドの旗 セルティック
23 GK イヴィツァ・イヴシッチ Ivica Ivušić (1995-02-01)1995年2月1日(27歳) 5 クロアチアの旗 オシエク
24 DF ヨシプ・シュタロ Josip Šutalo (2000-02-28)2000年2月28日(22歳) 3 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ
25 MF ルカ・スチッチ Luka Sučić (2002-09-08)2002年9月8日(20歳) 4 オーストリアの旗 ザルツブルク
26 MF クリスティヤン・ヤキッチ Kristijan Jakić (1997-05-14)1997年5月14日(25歳) 4 ドイツの旗 フランクフルト

歴代選手[編集]

主要大会のメンバー[編集]

主な代表選手[編集]

歴代記録[編集]

出場数ランキング[編集]

最多出場者のルカ・モドリッチ

2022年12月5日時点

  水色は現役代表選手
名前 試合数 得点数 期間
1 ルカ・モドリッチ 159 23 2006-
2 ダリヨ・スルナ 134 22 2002-2016
3 イヴァン・ペリシッチ 130 33 2011-
4 スティペ・プレティコサ 114 0 1999-2014
5 イヴァン・ラキティッチ 106 15 2007-2020
6 ヨシプ・シムニッチ 105 3 2001-2013
7 イヴィツァ・オリッチ 104 20 2002-2015
8 ヴェドラン・チョルルカ 103 4 2006-2018
9 ダリオ・シミッチ 100 3 1996-2008
ドマゴイ・ヴィダ 100 4 2010-
11 マリオ・マンジュキッチ 89 33 2007-2018

得点数ランキング[編集]

2022年12月5日時点

  水色は現役代表選手
名前 得点数 試合数 期間
1 ダヴォール・シューケル 45 69 1992-2002
2 マリオ・マンジュキッチ 33 89 2007-2018
イヴァン・ペリシッチ 33 130 2011-
4 エドゥアルド・ダ・シルヴァ 29 64 2004-2014
5 ルカ・モドリッチ 23 159 2006-
6 ダリヨ・スルナ 22 134 2002-2016
アンドレイ・クラマリッチ 22 77 2014-
8 イヴィツァ・オリッチ 20 104 2002-2015
9 ニコ・クラニチャール 16 81 2004-2013
10 ゴラン・ヴラオヴィッチ英語版 15 52 1992-2002
イヴァン・ラキティッチ 106 2007-2020
ニコラ・カリニッチ 42 2008–2018

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ フランスはこの大会で通算2失点(ワールドカップ記録)で、そのうちの1点がクロアチアから失点したものである。また、その1分後にフランスが同点ゴールを挙げるが、この大会でフランスが相手にリードを許したのはこの1分間だけである。
  2. ^ 史上初の珍事が続出! W杯決勝で初めて起こった3つの出来事”. サッカーキング. フロムワン (2018年7月18日). 2018年7月19日閲覧。
  3. ^ またもヒーローとなったクロアチアGKリヴァコヴィッチ「夢のよう。僕らは最後まで戦った」”. サンスポ. 2022年12月7日閲覧。
  4. ^ IZBORNIK DALIĆ OBJAVIO POPIS ZA SP U KATARU!” (クロアチア語). Hrvatski nogometni savez. 2022年11月12日閲覧。
  5. ^ 前回準優勝クロアチアがカタールW杯に臨む26名を発表! モドリッチやコヴァチッチら順当に招集”. Goal.com (2022年11月9日). 2022年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]