マルコ・リヴァヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マルコ・リヴァヤ Football pictogram.svg
Loc-Rub (4).jpg
ルビン・カザン時代(2015年)
名前
ラテン文字 Marko Livaja
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1993-08-26) 1993年8月26日(24歳)
出身地 スプリト
身長 182cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 AEKアテネFC
ポジション FW (CF)
背番号 10
利き足 右足
ユース
2002-2005 クロアチアの旗 GOŠK英語版
2005-2008 クロアチアの旗 オムラディナツ・ヴラニツ英語版
2008 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ
2008-2010 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト
2011-2012 イタリアの旗 インテル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2013 イタリアの旗 インテル 6 (0)
2011 スイスの旗 ルガーノ (loan) 0 (0)
2011-2012 イタリアの旗 チェゼーナ (loan) 3 (0)
2013-2014 イタリアの旗 アタランタ 31 (4)
2014-2016 ロシアの旗 ルビン・カザン 11 (0)
2015-2016 イタリアの旗 エンポリ (loan) 18 (1)
2016- スペインの旗 ラス・パルマス 25 (5)
2017- ギリシャの旗 AEKアテネ 14 (5)
代表歴
2008 クロアチアの旗 クロアチア U-15 4 (4)
2009 クロアチアの旗 クロアチア U-16 7 (6)
2008-2010 クロアチアの旗 クロアチア U-17 20 (7)
2010 クロアチアの旗 クロアチア U-18 4 (1)
2011-2012 クロアチアの旗 クロアチア U-19 7 (2)
2012-2013 クロアチアの旗 クロアチア U-20 7 (1)
2013-2014 クロアチアの旗 クロアチア U-21 5 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・リヴァヤMarko Livaja, 1993年8月26日 - )は、クロアチアスプリト出身のサッカー選手AEKアテネFC所属。ポジションはFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

ハイドゥク・スプリトの下部組織出身。2011年インテル・ミラノの下部組織へ移籍。EU枠やトップチームの選手の都合で、2011年はACルガーノACチェゼーナレンタル移籍。チェゼーナ在籍中の2011年10月16日、ACFフィオレンティーナ戦でセリエAデビューを果たした[1]

2012年1月にインテル復帰。当初はプリマヴェーラでプレーし、アンドレア・ストラマッチョーニ監督の下でU-19世代のUEFAチャンピオンズリーグに相当するNextGen シリーズ優勝に貢献。シーズン途中にストラマッチョーニがトップチームの監督に就任すると、自身もトップチームの練習に参加する機会を得た[2]

2012-13シーズンはキャンプからトップチームに帯同し、プレシーズンマッチにも出場[3]。8月3日に行われたUEFAヨーロッパリーグ予選3回戦のハイドゥク・スプリト戦に途中出場し、古巣相手にインテルでの公式戦初出場を果たした[4][5]。8月26日にはペスカーラ・カルチョとの開幕戦に途中出場しセリエA初出場を果たし[6]、9月21日のヨーロッパリーグ・FCルビン・カザン戦では初先発出場で公式戦初ゴールを決めた[7]。しかしロドリゴ・パラシオアントニオ・カッサーノディエゴ・ミリートなどベテランの牙城を崩すことは出来ず、6試合の出場に留まり放出候補となった。

2013年1月31日、エセキエル・スケロットのインテル移籍に伴う取引で、アタランタBCへ共同保有で移籍した[8]

2014年5月15日、ロシア・プレミアリーグに所属するFCルビン・カザンへ完全移籍することが発表された。2015-16シーズンエンポリFCへローンとなり再びイタリアでプレーした[9]

2016-17シーズンよりプリメーラ・ディビシオンUDラス・パルマスへ加入[10]。2017年7月1日、ギリシャ・スーパーリーグAEKアテネFCへシーズンローンとなることが発表された[11]

代表[編集]

U-14から各年代別のクロアチア代表を経験。2013 FIFA U-20ワールドカップに出場している。

タイトル[編集]

インテル
A.E.K

脚注[編集]

外部リンク[編集]