マリオ・マンジュキッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリオ・マンジュキッチ Football pictogram.svg
Mario Mandžukić 2018.jpg
クロアチア代表でのマンジュキッチ (2018年)
名前
ラテン文字 Mario Mandžukić
キリル文字 Марио Манџукић
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1986-05-21) 1986年5月21日(32歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア スラヴォンスキ・ブロド
身長 190cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション FW (CF、LWG)
背番号 17
利き足 右足
ユース
1992-1996 ドイツの旗 ディツィンゲン
1996-2003 クロアチアの旗 マルソニア
2003-2004 クロアチアの旗 スラヴォンスキ・ブロド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 クロアチアの旗 マルソニア 23 (14)
2005-2007 クロアチアの旗 NKザグレブ 51 (14)
2007-2010 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ 81 (42)
2010-2012 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 56 (20)
2012-2014 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 54 (33)
2014-2015 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 28 (12)
2015- イタリアの旗 ユヴェントス 100 (26)
代表歴2
2004-2005 クロアチアの旗 クロアチア U-19 10 (3)
2007 クロアチアの旗 クロアチア U-20 1 (1)
2006-2008 クロアチアの旗 クロアチア U-21 9 (1)
2007-2018 クロアチアの旗 クロアチア 89 (33)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年10月6日現在。
2. 2018年7月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・マンジュキッチ(Mario Mandžukić, 1986年5月21日 - )は、クロアチア東部スラヴォンスキ・ブロド出身のサッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。元クロアチア代表。ポジションはフォワード

経歴[編集]

初期クラブ経歴[編集]

幼少時にドイツで過ごしていた時期があり、シュトゥットガルト近郊ディツィンゲンという町のクラブでサッカーを始めた。その後出身地に戻り、1997年から2003年までNKマルソニアのユース組織に所属した。2005年夏にNKザグレブに移籍。元クロアチア代表監督であるミロスラヴ・ブラジェヴィッチの指導の下で才能を伸ばし、他の多くのクラブから関心を持たれるようになった。

NKディナモ・ザグレブ[編集]

2007年夏、クロアチア内の強豪NKディナモ・ザグレブに、エドゥアルド・ダ・シルヴァの代役として130万ユーロの移籍金で移籍[1]。移籍初年度は29試合出場で12ゴール、11アシストを記録した反面、8枚のイエローカードを受けるという記録も残した。2008-09シーズンは、28試合に出場し16ゴールをあげ、クロアチアリーグ得点王に輝いた。シーズン終了後、ドイツのヴェルダー・ブレーメンから1200万ユーロの移籍金で獲得のオファーがあったが、ディナモは1500万ユーロを要求し破談に終わった。

2009年9月17日UEFAヨーロッパリーグRSCアンデルレヒト戦(ホームで0対2の敗戦)後、試合中の低調なパフォーマンスと、以前に行われたUEFAチャンピオンズリーグ予選、レッドブル・ザルツブルク戦でのレッドカードの責任を問われ、10万ユーロの罰金という高額な懲罰が課された[2]。これはクラブ史上初の経済的懲罰だった[3]

2010年7月16日ドイツVfLヴォルフスブルクへ移籍。移籍金は700万ユーロと報道されている[4][5]

バイエルン・ミュンヘン[編集]

12得点を挙げた2011-12シーズンと、UEFA EURO 2012でグループリーグで敗退したものの3試合で3得点した活躍が評価されて、2012年6月27日に1300万ユーロでバイエルン・ミュンヘンに移籍した。

2012-13シーズンはマリオ・ゴメスの控えと思われたものの、ゴメスの怪我もありスタメンに定着しユップ・ハインケスの下でのシーズン三冠に貢献した。 2013-14シーズンも前線の軸として活躍しリーグ戦とDFBポカールの二冠に貢献した。しかし、公式戦で次第にスタメンから外れることが多くなり、DFBポカールの決勝のメンバーでも外れることをジョセップ・グアルディオラが発表し、ロベルト・レヴァンドフスキの獲得もあり退団が確実視された。後に本人はグアルディオラとの確執をほのめかしている。

アトレティコ・マドリード[編集]

2014年7月、バイエルン・ミュンヘンのスポーツディレクター、マティアス・ザマーアトレティコ・マドリードとバイエルン及びマンジュキッチ本人との間に移籍合意していることを明かした[6]。その後、4年契約でアトレティコに加入することが発表された。背番号は9番。8月22日のスーペルコパ・デ・エスパーニャレアル・マドリード戦で決勝点を決め、公式戦初得点を記録した。

ユヴェントス[編集]

2015年6月、ユヴェントスFCマッシミリアーノ・アッレグリがマンジュキッチ獲得の報道を認め、後にユヴェントスFCがマンジュキッチ獲得を正式発表した。契約は4年間で移籍金は1900万ユーロ[7]。背番号はダビド・トレゼゲが着用し本人がクロアチア代表でも着用している17番。リーグ戦10ゴールを記録し、リーグ優勝に貢献、コパイタリア、イタリアスーパーカップも制した。

2016-17シーズンからはゴンサロ・イグアインの加入もあり本来のストライカーポジションのほか、中盤の左ウイングとしてもプレーしている[8]UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17準決勝のASモナコ戦セカンドレグではダニエウ・アウヴェスのクロスからヘディングで先制点を決め、ユヴェントスのファイナル進出に貢献した[9]。2017年5月25日、ユヴェントスとの契約を2020年まで延長した。チャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリード戦では同点ゴールを決め、決勝戦において異なるクラブで得点を記録したのはクリスティアーノ・ロナウドに続いて史上二人目の快挙となった。

2017-18年チャンピオンズリーグ準々決勝レアルマドリードのホームで行われた第2戦では2ゴールの活躍で1-3での勝利の立役者となるも、第1戦で3-0と敗れていたため、準決勝進出はならなかった。

代表[編集]

2007年11月17日マケドニア共和国代表戦で代表デビュー。2008年9月10日イングランド代表戦で初ゴールを決めた。

2012年6月10日UEFA EURO 2012グループリーグ初戦、アイルランド戦では2得点を挙げ、クロアチアの勝利に貢献した。

2013年11月19日2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選プレーオフアイスランド戦では先制点を決めたものの退場処分を受けた。その後ダリヨ・スルナのゴールでクロアチアは本大会出場権を獲得したものの、ブラジルとの開幕戦に出場できなくなった。

2016年6月4日のサンマリノとの親善試合でハットトリックを達成した。

2018 FIFAワールドカップロシア大会準決勝のイングランド戦では延長戦後半に決勝ゴールを決め、クロアチア史上初のワールドカップ決勝進出に貢献。決勝ではアントワーヌ・グリーズマンのフリーキックから、ワールドカップ史上初となる決勝戦でのオウンゴールを献上したが[10]、後半にはウーゴ・ロリスのミスを突きゴールを決めた。しかしフランスに4-2と敗れ、クロアチア史上初のワールドカップ制覇はならなかった。 ワールドカップ後の8月14日、クロアチア代表からの引退を表明した。

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2018年5月19日現在
クラブ シーズン リーグ リーグ カップ UEFA その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
NKマルソニア 2004-05 ドルガ 23 14 - - - 23 14
通算 23 14 - - - 23 14
NKザグレブ 2005-06 プルヴァHNL 28 3 - - - 28 3
2006-07 23 11 4 3 - - 27 14
2007-08 - - 2 0 - 2 0
通算 51 14 4 3 2 0 - 57 17
NKディナモ・ザグレブ 2007-08 プルヴァHNL 29 12 8 5 10 3 - 47 20
2008-09 28 16 5 5 10 3 - 43 24
2009-10 24 14 0 0 10 3 - 37 17
2010-11 - - 1 2 - 1 2
通算 81 42 16 10 31 11 - 128 63
VfLヴォルフスブルク 2010-11 ブンデスリーガ 24 8 3 0 - - 27 8
2011-12 32 12 1 0 - - 33 12
通算 56 20 4 0 - - 60 20
バイエルン・ミュンヘン 2012-13 ブンデスリーガ 24 15 5 3 10 3 1 1 40 22
2013-14 30 18 4 4 10 3 1 0 45 25
通算 54 33 9 7 20 6 5 2 88 48
アトレティコ・マドリード 2014-15 リーガ・エスパニョーラ 28 12 3 2 10 5 2 1 43 20
通算 28 12 3 2 10 5 2 1 43 20
ユベントスFC 2015-16 セリエA 27 10 3 0 5 2 1 1 36 13
2016-17 34 7 4 1 11 3 1 0 50 11
2017-18 32 5 3 1 6 4 1 0 38 10
通算 92 22 10 2 22 9 3 1 127 34
総通算 360 143 46 24 84 32 10 4 501 202

代表での出場試合数[編集]


クロアチア代表国際Aマッチ
出場得点
2007 1 0
2008 2 1
2009 6 0
2010 7 1
2011 8 3
2012 11 4
2013 10 4
2014 11 4
2015 8 3
2016 10 9
2017 7 1
2018 8 3
合計 89 33

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

NKディナモ・ザグレブ
バイエルン・ミュンヘン
アトレティコ・マドリード
ユヴェントス

個人[編集]

  • クロアチアリーグ得点王 2008–09
  • クロアチアリーグ最優秀選手 2008–09
  • UEFA EURO 2012得点王
  • クロアチア年間最優秀選手 2012, 2013

脚注[編集]

  1. ^ Dinamo act quickly to replace Eduardo, uefa.com, 2007年7月10日
  2. ^ “Mandžukića igrači trebaju šamarati zbog njegovog seljačkog ponašanja!” (クロアチア語). Milan Stjelja (Sportske novosti). (2009年9月18日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090922193243/http://sportske.jutarnji.hr/index.php?cmd=show_clanak&clanak_id=13925 2009年9月21日閲覧。 
  3. ^ “Ne želi o kaznama: 'Samo se nadam da će reakcija igrača biti pozitivna!” (クロアチア語). Davorin Olivari (Sportske novosti). (2009年9月19日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090922200125/http://sportske.jutarnji.hr/index.php?cmd=show_clanak&clanak_id=13949 2009年9月19日閲覧。 
  4. ^ クロアチア代表マンズキッチ、ヴォルフスブルク移籍 Livedoor 2010年7月17日付記事
  5. ^ Career statistics Nogometni Magazin 2010年7月17日閲覧
  6. ^ マンジュキッチ、アトレティコ移籍が最終段階にGoal.com 2014年7月9日
  7. ^ Mandzukic joins Juventus”. Juventus Football Club (2015年6月22日). 2015年6月22日閲覧。
  8. ^ クロアチア代表FWがユヴェントスで新境地を切り開く「左サイドでのプレイを受け入れる」 theWORLD 2017年1月28日
  9. ^ Juventus reached their second Champions League final in three seasons with a comfortable aggregate victory over Monaco.”. BBC Sport. 2017年5月14日閲覧。
  10. ^ 史上初の珍事が続出! W杯決勝で初めて起こった3つの出来事”. サッカーキング. フロムワン (2018年7月18日). 2018年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]