ニコ・コヴァチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニコ・コヴァチ Football pictogram.svg
Niko Kovač.JPG
名前
本名 Niko Kovač
愛称 ニコ
カタカナ ニコ・コヴァチ
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1971-10-15) 1971年10月15日(45歳)
出身地 西ベルリンドイツの旗 ドイツ
身長 176cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 右足
ユース
1987-1989 ドイツの旗 ラパイド・ベディング
1989-1990 ドイツの旗 ヘルタ・ツェーレンドルフ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1991 ドイツの旗 ヘルタ・ツェーレンドルフ 25 (7)
1991 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリンII 12 (1)
1992-1996 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 148 (15)
1996-1999 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン 77 (8)
1999-2001 ドイツの旗 ハンブルガーSV 55 (12)
2001-2003 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 34 (3)
2003-2006 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 75 (8)
2006-2009 オーストリアの旗 レッドブル・ザルツブルク 65 (9)
代表歴
1996-2008 クロアチアの旗 クロアチア 83 (14)
監督歴
2013 クロアチアの旗 クロアチア U-21
2013-2015 クロアチアの旗 クロアチア
2016- ドイツの旗 アイントラハト・フランクフルト
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコ・コヴァチセルビア・クロアチア語: Niko Kovačクロアチア語発音: [niːko koʋaːtʃ], 1971年10月15日 - )はドイツ出身の元クロアチア代表サッカー選手。現サッカー指導者。ブンデスリーガアイントラハト・フランクフルト監督。ポジションは守備的ミッドフィールダー

経歴[編集]

2002 FIFAワールドカップ2006 FIFAワールドカップに出場したクロアチア代表ミッドフィルダー。弟ロベルト・コヴァチと共に代表での精神的支柱となり、チームを支えた。安定感のあるプレーが持ち味。EURO2008ではキャプテンとしてチームを牽引したがベスト8で敗退した。これにより代表引退を表明していたが周囲の慰留をうけて撤回、大会後も代表を続けることとなった。

しかし2009年1月8日、若手に出番を譲りたい等の理由から代表引退を表明[1]。さらに同年、シーズン終了をもって現役も引退することを表明した。

2009年から2012年まで、引退クラブのレッドブル・ザルツブルクでアシスタントコーチやユースチームの監督として指導者としての経験を積み[2]、2013年にU-21クロアチア代表の監督に就任。

2013年10月16日、辞任したイゴール・シュティマッツ監督の後を継いでクロアチア代表監督に就任。1ヶ月後の2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選プレーオフではアイスランドを1勝1分で破り、2014 FIFAワールドカップ出場権を勝ち取った[3]

2014 FIFAワールドカップではカメルーンには勝利したものの、ブラジルメキシコには敗れ、グループリーグ3位で敗退した。ブラジル戦で主審を務めた西村雄一の物議を醸したPK判定について「あれがPKなら、我々はもうサッカーをする必要がない。代わりにバスケットボールをしよう。残念だよ」と批判していた[4]

UEFA EURO 2016予選では序盤こそ首位に立っていたものの、2015年9月のアゼルバイジャン戦で引き分け、ノルウェー戦で敗れると、3位に転落。クロアチアサッカー連盟ダヴォール・シューケル会長から「ここ2試合の結果を誰も予想できなかった。我々は自分たちで首を絞めてしまった。少し前まで首位にいたんだ。理事会は満場一致でこの結論に至った」と語られ、クロアチア代表監督を解任された[5]

2016年3月8日、ドイツ・ブンデスリーガアイントラハト・フランクフルトの監督に就任[6]

所属クラブ[編集]

監督歴[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。