サッカースコットランド代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカースコットランド代表
国または地域 スコットランドの旗 スコットランド
協会 スコットランドサッカー協会
愛称 Tartan Army
監督 スコットランドの旗 ゴードン・ストラカン
最多出場選手 ケニー・ダルグリッシュ(102試合)
最多得点選手 ケニー・ダルグリッシュ
デニス・ロー(30得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1872年11月30日イングランド
0-0
最大差勝利試合 1878年3月23日ウェールズ
9-0
最大差敗戦試合 1954年6月19日ウルグアイ
0-7
FIFAワールドカップ
出場回数 8回(初出場は1954
最高成績 本大会出場
UEFA欧州選手権
出場回数 2回
最高成績 ベスト8 (1992)

サッカースコットランド代表: Scotland national football team)は、スコットランドサッカー協会 (SFA) により構成されるスコットランドサッカーのナショナルチームである。ここでは男子代表を取り上げる。

概要[編集]

1870年3月5日、ロンドンのケニントン・オーヴァルで「非公式」ながら、世界初の国際試合がイングランド代表とスコットランドの間で行われ、1-1の引き分けに終わった。その後、この試合も含め両者は5回に渡り非公式国際試合を行った(1870年の11月19日、ケニントン・オーヴァルでイングランドが1-0で勝利。1871年2月25日、同地区で1-1引き分け。1871年11月18日、ロンドンでイングランドが2-1で勝利、1872年2月24日、ロンドンでイングランドが1-0の勝利)。一連の非公式国際試合は、それらの試合を企画したイングランドサッカー協会 (FA) 第4代事務局長チャールズ・ウィリアム・オールコックの名前にちなんで、オールコックの国際試合と呼ばれている。そして、1872年11月30日に、グラスゴーのパーティック地区のハミルトン・クレッセント・グラウンドで、世界で最初の「公式」国際試合が、イングランドとスコットランドの間で実施された。スコアは0-0の引き分けだった。このように、イングランド代表とともに世界初の公式および非公式の国際試合を戦った歴史あるチームである。FIFAワールドカップには1950年ブラジルW杯で出場権を獲得したものの辞退、1954年スイスW杯に初出場して以来、8回出場しているものの、全て1次リーグ敗退という結果に終わっている。 代表チームサポーターの愛称はタータン・アーミー (Tartan Army) と呼ばれている。

1863年イングランドで近代サッカーが誕生した時からイングランドはロングボール戦術だった。イングランド代表に勝てなかったスコットランド代表は1867年にショートパス戦術を考案。スコットランドはショートパス戦法確立後、1872年〜1882年の10年間で、イングランドに対し、7勝2敗2分け得点39失点31試合平均得点3.55平均失点1.91と大きく勝ち越した。この2つの戦法が、近代サッカー伝来と同時か、もしくは時を経て各国に伝播されていき、各国のサッカー戦術の源流となった。なお、日本で現在主流のショートパスも、スコットランド人からサッカーを学んだビルマ(現ミャンマー)人留学生チョウ・ディンの1923(大正12)年からの全国巡回指導および指導書出版によりもたらされたものである[1]

歴史[編集]

FIFAワールドカップでは初めて本大会に出場した1954年大会で、2試合でオーストリアウルグアイにいずれも敗れて敗退した。3度目の出場となった1974年大会で、第一戦のザイール戦でワールドカップ初勝利を挙げると、続くブラジル戦とユーゴスラビア戦でも両方とも引分で1勝2分とするが、得失点差で1届かず敗退した。そこからブラジルドイツイタリアアルゼンチン以外で唯一1990年大会まで連続出場を果たした。

1986年大会は2連敗スタートを喫するが、第三戦で勝てば自力で16強入りとなるウルグアイ戦を迎える。相手のホセ・バティスタゴードン・ストラカンに対するファウルを犯し、ワールドカップ最速記録(2014年大会終了時)の56秒で退場処分を受けるが、0-0の引分で敗退した。

UEFA欧州選手権では1992年大会で予選を突破し、初の本大会進出と唯一となる8強入りを達成している。

FIFAワールドカップの成績[編集]

  • 1930 - 不参加
  • 1934 - 不参加
  • 1938 - 不参加
  • 1950 - 参加辞退
  • 1954 - 1次リーグ敗退
  • 1958 - 1次リーグ敗退
  • 1962 - 予選敗退
  • 1966 - 予選敗退
  • 1970 - 予選敗退
  • 1974 - 1次リーグ敗退
  • 1978 - 1次リーグ敗退
  • 1982 - 1次リーグ敗退
  • 1986 - 1次リーグ敗退
  • 1990 - 1次リーグ敗退
  • 1994 - 予選敗退
  • 1998 - 1次リーグ敗退
  • 2002 - 予選敗退
  • 2006 - 予選敗退
  • 2010 - 予選敗退
  • 2014 - 予選敗退

UEFA欧州選手権の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
フランスの旗 1960 不参加
スペインの旗 1964
イタリアの旗 1968 予選敗退
ベルギーの旗 1972
ユーゴスラビアの旗 1976
イタリアの旗 1980
フランスの旗 1984
西ドイツの旗 1988
スウェーデンの旗 1992 グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 3
イングランドの旗 1996 グループリーグ敗退 3 1 1 1 1 2
ベルギーの旗 オランダの旗 2000 予選敗退
ポルトガルの旗 2004
オーストリアの旗 スイスの旗 2008
ポーランドの旗 ウクライナの旗 2012
フランスの旗 2016
合計 2/15 6 2 1 3 4 5

歴代監督[編集]

選手[編集]

ゴールキーパー[編集]

ディフェンス[編集]

ミッドフィールダー[編集]

フォワード[編集]

歴代記録[編集]

2016年11月12日現在

通算出場数ランキング[編集]

順位 選手 期間 出場 得点
1 ケニー・ダルグリッシュ 1971-1986 102 30
2 ジム・レイトン 1982-1998 91 0
3 ダレン・フレッチャー 2003- 77 5
アレックス・マクリーシュ 1980-1993 0
5 ポール・マクステイ 1983-1997 76 9
6 トム・ボイド 1990-2001 72 1
7 ケニー・ミラー 2001-2013 69 18
デヴィッド・ウィアー 1997-2010 1
9 クリスティアン・デイリー 1997-2008 67 6
10 ウィリー・ミラー 1975-1989 65 1

通算得点数ランキング[編集]

順位 選手 期間 出場 得点
1 デニス・ロー 1958-1974 55 30
ケニー・ダルグリッシュ 1971-1986 102 30
3 ヒューイー・ギャラハー 1924-1935 20 23
4 ローリー・レイリー 1948-1957 38 22
5 アリー・マッコイスト 1986-1998 61 19
6 ケニー・ミラー 2001-2013 69 18
7 ロバート・ハミルトン 1899-1911 11 15
ジェームズ・マクファデン 2002-2010 48 15
9 モー・ジョンストン 1984-1991 38 14
10 ロバート・スミス・マッコール 1896-1908 13 13
アンドリュー・ウィルソン 1920-1923 12 13

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]