サッカーリヒテンシュタイン代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカーリヒテンシュタイン代表
国または地域 リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン
協会 リヒテンシュタインサッカー連盟
監督 オーストリアの旗 Rene Pauritsch
最多出場選手 マリオ・フリック
ペーター・イェーレ(125試合)
最多得点選手 マリオ・フリック(16得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1982年3月9日スイス
0-1
最大差勝利試合 2004年10月13日ルクセンブルク
4-0
最大差敗戦試合 1996年11月9日マケドニア共和国
1-11
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
UEFA欧州選手権
出場回数 0回

サッカーリヒテンシュタイン代表(Liechtensteiner Fussballnationalmannschaft)はリヒテンシュタインサッカー連盟(LFV)によって編成されるリヒテンシュタインサッカーのナショナルチームである。

歴史[編集]

初の国際試合は1982年3月9日スイス戦で0-1で敗れた。UEFA欧州選手権1996から国際大会予選に参加するようになった。2004年10月9日2006 FIFAワールドカップ予選・ポルトガル戦で0-2から後半に追いつきドローに持ち込む番狂わせを演じた。その4日後の10月13日にはルクセンブルクに4-0で勝利。初のアウェーでの勝利であり、またFIFAワールドカップ予選での初勝利だった。FIFAランキングの過去最高は2008年1月に記録した118位である。

国際サッカー連盟(FIFA)に加盟しているヨーロッパの国の中で、唯一国内リーグ戦を開催しておらず、FCファドゥーツUSVエッシェン・マウレンが特例で隣国スイスのサッカーリーグに参加している[1]。代表選手の大半がこの2クラブのいずれかに所属している[1]。2000年代後半にはリヒテンシュタイン代表を強化する目的でリヒテンシュタイン・ランデス銀行英語版FCファドゥーツに積極的な投資を行った結果、2008年チャレンジリーグ(2部)で優勝し、史上初めてスーパーリーグ(1部)昇格を果たした[1]

FIFAワールドカップの成績[編集]

  • 2018 - 予選敗退

UEFA欧州選手権の成績[編集]

  • 2000 - 予選敗退
  • 2004 - 予選敗退
  • 2008 - 予選敗退
  • 2012 - 予選敗退
  • 2016 - 予選敗退

歴代監督[編集]

歴代記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c footballista、ソルメディア、2010年10月20日号、30頁

外部リンク[編集]