ラヒーム・スターリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラヒーム・スターリング Football pictogram.svg
Raheem Sterling (24366304179) (cropped).jpg
マンチェスター・シティでのスターリング(2016年)
名前
本名 ラヒーム・シャキール・スターリング
Raheem Shaquille Sterling
ラテン文字 Raheem STERLING
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス (イングランドの旗 イングランド)
ジャマイカの旗 ジャマイカ
生年月日 (1994-12-08) 1994年12月8日(23歳)
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ キングストン
身長 170cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・シティFC
ポジション MF / FW (WG)
背番号 7
利き足 右足
ユース
2003-2010 イングランドの旗 クイーンズ・パーク・レンジャーズ
2010-2012 イングランドの旗 リヴァプール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 イングランドの旗 リヴァプール 95 (18)
2015- イングランドの旗 マンチェスター・シティ 97 (31)
代表歴2
2009-2010 イングランドの旗 イングランド U-16 7 (1)
2010-2011 イングランドの旗 イングランド U-17 13 (3)
2012 イングランドの旗 イングランド U-19 1 (0)
2012-2013 イングランドの旗 イングランド U-21 8 (3)
2012- イングランドの旗 イングランド 35 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月13日現在。
2. 2017年10月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラヒーム・シャキール・スターリング(Raheem Shaquille Sterling, 1994年12月8日 - )は、ジャマイカキングストン出身のイングランド人サッカー選手プレミアリーグマンチェスター・シティFC所属。イングランド代表。ポジションはミッドフィールダーフォワード

生い立ち[編集]

スターリングは、ジャマイカの首都であるキングストンで生まれ、生後3年間をそこで過ごし[1][2]、7歳の時に母親と共にロンドンへ移住した[3]。父親は2歳の時にジャマイカで射殺されている[4]

クラブ経歴[編集]

リヴァプール[編集]

2003年にクイーンズ・パーク・レンジャーズFCでキャリアをスタートさせ、2010年にリヴァプールFCに移籍した。2011年2月14日、FAユースカップサウスエンド・ユナイテッドFC戦で5ゴールを記録した。2012年3月24日、ウィガン・アスレティックFC戦でプロデビューを果たした。17歳と107日のデビューはリヴァプールで2番目に若いデビューとなった[5]

2014-15シーズン中に契約延長のオファーを二度拒否、2014-15シーズン終了後の移籍を希望した。アーセナルFCチェルシーFCバイエルン・ミュンヘンレアル・マドリードなどが獲得に興味を示したと報じられ、リヴァプールサポーターの反発を買うこととなった[6][7]。激怒した一部のリヴァプールサポーターによって、スターリングやその家族への脅迫や人種差別が相次ぎ、警察が捜査に乗り出す事態に発展した[8]

マンチェスターシティ[編集]

2015年7月14日、同じくプレミアリーグのマンチェスター・シティFCへ完全移籍することが発表された[9]。契約期間は2020年6月30日までの5年間で、背番号は「7」を着用。イギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』によると、ボーナスを含めた移籍金は4900万ポンド(約94億2000万円)と報道した[10]。2015年10月17日、第7節のAFCボーンマス戦でプロ入り初のハットトリックを達成した。

2017年11月30日、第14節のサウサンプトン戦では終了間際に得点を決めて12連勝に貢献[11]、プレミアリーグでは18ゴールを決めるなどシティの優勝を助けた。

代表経歴[編集]

イングランド代表でのスターリング(2018年)

イングランド代表として各年代でプレーし、2011 FIFA U-17ワールドカップに出場した。

2012年11月14日のスウェーデン戦で17歳の若さでA代表初出場を果たした[12]。2014年3月5日に行われた国際親善試合のデンマーク戦では、ゴールは挙げられなかったものの得点に絡む活躍を見せマンオブザマッチに選出された。2015年3月27日のEURO予選リトアニア戦で代表初得点を挙げた。

2018FIFAワールドカップロシア大会では6試合に出場したが、度重なる決定期にも1ゴールも奪えず批判を受けた[13]

人物・エピソード[編集]

  • 2015年4月、チームメイトのジョーダン・アイブと共に水タバコのパイプを咥えている写真が出回り、その翌日、イギリスでは脱法ドラッグとして知られている「風船ドラッグ(亜酸化窒素)」を自宅で吸引している動画が出回った[14]。過去には風船ドラッグの吸引が原因で命を落とした者もおり、当時リヴァプールの監督を務めていたブレンダン・ロジャーズは「プロのスポーツ選手であればそれはすべきことではない。その事を私から話しようと思う。我々は選手たちに『スーパー・プロ』でいてほしい。それはピッチ内外ともにだ」と語り、選手と面談する事を明かした[15][16]。しかし、同年6月、休暇で訪れたスペインイビサ島での船上パーティーにて再び風船ドラッグを吸引している動画が出回った[17][18]。さらに同年10月、シーシャと呼ばれる水タバコを吸っている姿を撮影された[19]
  • アメリカ人ピアニストリベラーチェに憧れており、2015年にピアノの講師を雇ってピアノの練習を始めた。使用しているピアノは1万ポンド(約185万円)のヤマハ製と報じられている[20]
  • 2017年5月、ESPN世界で最も有名なアスリート100人を発表し、77位に選出された。サッカー選手としては28位[21]
  • 2018年5月、右脚のふくらはぎの辺りにM16自動小銃の刺青を入れ、W杯直前だったという事もあり問題視された。刺青を除去しないならW杯のメンバーから外れるべきという声さえ上がっていた中、本人は「僕の父親は、僕が2歳の頃に銃で撃たれてこの世を去った。そのときに僕は、何があっても銃には触らないと誓った。僕は右足でシュートを撃つから、これには深い意味があるし、それにまだこれで完成形というわけじゃないんだ」と反論している[22]

個人成績[編集]

クラブでの個人成績
クラブ シーズン 番号 リーグ FAカップ リーグカップ ヨーロッパ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
リヴァプール 2011-12 31 3 0 0 0 0 0 0 0 3 0
2012-13 24 2 1 0 1 0 10 0 36 2
2013-14 33 9 2 0 2 1 0 0 34 10
2014-15 34 7 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 95 18 9 1 7 4 18 0 129 23
マンチェスター・シティ 2015-16 7 31 6 2 1 4 1 10 3 47 11
2016-17 33 7 5 1 1 0 8 2 47 12
2017-18 33 18 2 1 3 0 8 4 42 23
通算 97 31 9 3 8 1 26 9 136 54
総通算 192 49 18 4 15 5 44 9 265 67

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

出典[23]


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2012 1 0
2013 0 0
2014 12 0
2015 7 2
2016 9 0
2017 6 0
2018 8 2
通算 43 4

ゴール[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2015年3月7日 イングランドの旗ウェンブリー・スタジアム リトアニアの旗 リトアニア 3-0 4-0 UEFA EURO 2016予選
2. 2015年10月5日 イングランドの旗ウェンブリー・スタジアム エストニアの旗 エストニア 2-0 2-0 UEFA EURO 2016予選
3. 2018年10月15日 スペインの旗エスタディオ・ベニート・ビジャマリン スペインの旗 スペイン 1-0 3-2 UEFAネーションズリーグ2018-19
4. 3-0

タイトル[編集]

チーム[編集]

リヴァプールFC
マンチェスター・シティFC

個人[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lowe, André (2011年2月23日). “As Hype Grows Around Raheem Sterling”. The Gleaner (Kingston). http://jamaica-gleaner.com/gleaner/20110223/sports/sports3.html 2011年4月22日閲覧。 
  2. ^ Hall, Arthur (2012年7月1日). “Maverley's Son Liverpool's Baller Raheem's Return Inspires”. The Gleaner (Kingston). http://jamaica-gleaner.com/gleaner/20120701/lead/lead3.html 2015年5月19日閲覧。 
  3. ^ As Hype Grows Around Raheem Sterling Jamaica Gleaner 2011年4月22日
  4. ^ Raheem Sterling, England's new wunderkind Channel4 News 2014年6月18日
  5. ^ “Liverpool 1 - 2 Wigan Athletic”. BBC Sport. (2012年3月24日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/17412511 2012年3月24日閲覧。 
  6. ^ リバプールファンのジョーク? スターリング、ネットオークションに出品される theWORLD 2015年7月10日
  7. ^ スターリング、シティ移籍は目前か リバプールの遠征に帯同せず AFP 2015年7月13日
  8. ^ 移籍のスターリング、3歳の娘が殺人予告の被害に…警察が捜査に乗り出す ゲキサカ 2015年7月14日
  9. ^ スターリングのマンC移籍が決定。破格の移籍金94億円はプレミア史上2位footballchannel 2015年7月15日
  10. ^ マンCがリヴァプールから20歳MFスターリングを獲得…移籍金は約94億円soccerking 2015年7月15日
  11. ^ 絶好調シティを止めるのは…スターリングの劇的弾で吉田フル出場のサウサンプトンを下して12連勝ゲキサカ(2017年11月30日)
  12. ^ “ジェラード100キャップ達成も、イブラヒモビッチの4発に屈す”. Goal.com. (2012年11月15日). http://www.goal.com/jp/match/96153/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3-vs-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/report 2012年11月15日閲覧。 
  13. ^ デ・ブライネが批判を受ける同僚スターリングを擁護「理解できない」”. 2018年8月4日閲覧。
  14. ^ リバプール監督、スターリングとイベを擁護「若い選手たちは失敗犯すもの」 SANSPO.COM 2015年4月18日
  15. ^ リヴァプールのスターリング喫煙疑惑に続き今度は麻酔ガス吸引? サッカーキング 2015年4月14日
  16. ^ リバプール、スターリングのドラッグ疑惑で調査開始 nikkansports.com 2015年4月14日
  17. ^ リバプール、スターリングが合法麻薬を再吸引と英紙 nikkansports.com 2015年6月18日
  18. ^ Liverpool star Raheem Sterling pictured allegedly inhaling laughing gas for second time Mirror 2015年6月18日
  19. ^ マンCスターリング、水タバコ喫煙再び撮影される nikkansports.com 2015年10月12日
  20. ^ スターリング、ピアニストに憧れピアノ講師を雇う…ピアノはヤマハ製 ゲキサカ 2015年11月25日
  21. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。
  22. ^ 英代表スターリング、波紋呼ぶライフルのタトゥーには「深い意味」 AFP 2018年5月30日
  23. ^ Sterling, Raheem”. National-Football-Teams.com. 2018年4月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]