ルーク・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルーク・ショー Football pictogram.svg
Shaw - July 2015 (cropped).jpg
プレシーズンマッチのクラブ・アメリカ戦のショー(2015年)
名前
本名 ルーク・ポール・ホーア・ショー
Luke Paul Hoare Shaw[1]
ラテン文字 Luke Shaw
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1995-07-12) 1995年7月12日(26歳)[2]
出身地 ロンドン キングストン・アポン・テムズ区
身長 185cm[3]
体重 75kg[3]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
ポジション DF
背番号 23
利き足 左足
ユース
2003-2011 イングランドの旗 サウサンプトン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2014 イングランドの旗 サウサンプトン 60 (0)
2014- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 128 (2)
代表歴2
2011  イングランド U-16 6 (1)
2011-2012  イングランド U-17 8 (0)
2013-  イングランド U-21 5 (0)
2014- イングランドの旗 イングランド 16 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月13日現在。
2. 2021年07月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルーク・ポール・ホーア・ショーLuke Paul Hoare Shaw, 1995年7月12日 - )は、イングランドロンドン出身のサッカー選手マンチェスター・ユナイテッドFC所属。イングランド代表。ポジションはディフェンダー。元ブラジル代表のロベルト・カルロスに例えられ、ショーベルト・カルロスと呼ばれることもある[4]

サウサンプトンのユース出身の選手であり、2012年1月にトップチームデビューを飾り、その年の5月に初めてプロ契約を結び、以降2シーズンに渡りレギュラーを務めた。2014年、その10年前にウェイン・ルーニーに対して支払われた移籍金額を更新し、10代の選手としては史上最高額となる移籍金3000万ポンドでマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定した。

2014年3月5日に行われたデンマーク代表との親善試合でA代表デビューを果たし、同年に開催された2014 FIFAワールドカップのメンバーに選出された。

生い立ち[編集]

ショーはキングストン・アポン・テムズ王立特別区で生まれ[5]サリー州ハーシャムにあるライデンズ・エンタープライズ・スクールで学んだ[6]チェルシーのサポーターとして育ち、チェルシーでプレーすることを目標としていた[7]。8歳の時にはギルフォードにあるチェルシーのディベロップメント・センターでプレーしていたが、ユースチーム加入のオファーを受けることはなかった[8]

クラブ経歴[編集]

サウサンプトン[編集]

サウサンプトンでプレイするショー(2013年)

8歳の時にサウサンプトンのユースチームに加入し、15歳の時にはU-18のチームでレギュラーとしてプレーするようになった[2]。2011年9月に初めてトップチームに招集され、リーグカッププレストン・ノース・エンド戦のメンバーに選ばれ[2]、34番の背番号を与えられたが[9]、出場機会は得られなかった。2012年1月の移籍市場において、クラブは16歳のショーに400万ポンドの評価額を付け、アーセナルチェルシーマンチェスター・シティが興味を示しているとの報道がなされたが[10]、サウサンプトンはすぐに反応を示し、当時監督を務めていたナイジェル・アドキンスは「ルーク・ショーは我々の将来の計画において大きなウェイトを占めており、クラブはその他の若手選手についても移籍させるつもりはない。」と話した[11]

2012年1月28日、FAカップミルウォール戦の残り13分でジェイソン・パンチョンと交代出場しトップチームデビューを果たすと[12]、プレミアリーグ昇格を決めていた2012年5月にジャック・スティーブンスカラム・チャンバースジェームズ・ウォード=プラウズの3人のユース出身選手とともにプロ契約の提示を受けた[13]

2012-13シーズン[編集]

2012年8月に行われたリーグカップのスティヴネイジ戦で初めてスターティングメンバーとして出場し、チームも4-1で勝利を挙げた[2]。11月10日に行われ、1-1で引き分けたスウォンジー・シティ戦ではサウサンプトンのクラブ史上最も若い年齢でプレミアリーグの試合にスターティングメンバーとして出場した[14]

ショーはレギュラーポジションを掴み、アドキンス監督の最後の試合となった2013年1月16日のチェルシー戦では、2-2の引き分けに持ち込むチームの2ゴール目をアシストした[15]。3月9日に行われたノリッジ・シティ戦ではグラント・ホルトを倒し、アディショナルタイムに相手チームにペナルティキックを与えてしまったが、アルトゥール・ボルツのセーブにより最終的に0-0の引き分けに終わった[16]。プロ1年目のシーズンはプレミアリーグでは25試合に出場し、全公式戦合わせて28試合に出場した[2]

2013-14シーズン[編集]

2013年6月12日の18歳の誕生日にクラブと新たに5年間の契約を結び[17][18]、7月20日に行われ、8-0で勝利したパラモス戦でプレシーズンマッチ唯一となるゴールを挙げた[19]

2013-14シーズンの開幕戦となったウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦では89分にユースフ・ムルンブに倒されペナルティキックを獲得し、キッカーを務めたリッキー・ランバートはペナルティキックを成功したこともあり、チームの1-0の勝利に貢献した[20]

2014年4月18日にはPFA年間最優秀若手選手賞候補の1人に選ばれ[21]、同賞の受賞は叶わなかったが、PFA年間ベストイレブンを受賞した[22]

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

2014年6月27日、マンチェスター・ユナイテッドと1年の延長オプションの付いた4年間の契約を結んだ。移籍金額は公表されていないが3000万ポンドと見られており、10代の選手に支払われた移籍金としてはサッカー史上最高の金額となった[23][24]チェルシーも興味をしていたが、選手側が求める高額な給料がチームの和を乱すことを懸念し、獲得競争から手を引くことになった[25]

2014-15シーズン、アメリカで行っていたプレシーズンツアー中に行われたロサンゼルス・ギャラクシー戦でマンチェスター・ユナイテッドデビューを果たしたが[26]、ハムストリングを負傷してしまい、シーズン開幕から1ヶ月間チームを離れることになった[27]。リーグ4戦目となった9月14日に行われたクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦のメンバーに選ばれたが、出場機会は与えられなかった[28]。続くレスター・シティ戦でも出場機会は得られず、公式戦デビューは9月27日に行われ、2-1で勝利したウェストハム・ユナイテッドまで待たなければならなかった[29]。10月にはヨーロッパでプレーする若手選手を表彰するゴールデンボーイ賞の候補に選出された。2015年2月8日に行われ、1-1で引き分けたウェストハム・ユナイテッド戦ではイエローカードを2枚提示され退場処分を受けた[30]。4月18日に行われたチェルシー戦では怪我をしたダレイ・ブリントに代わり3月9日以来となるスターティングメンバー復帰を果たし、チームは0-1で敗れたが、キャプテンであるウェイン・ルーニーはショーのパフォーマンスを称賛した[31][32]

2015-16シーズン、開幕からリーグ戦のすべての試合にスターティングメンバーとして出場していたが、2015年9月15日に行われたUEFAチャンピオンズリーググループリーグ初戦のPSVアイントホーフェン戦でエクトル・モレノのスライディングタックルを受け右足を複合骨折し、復帰まで9ヶ月以上を要する見込みとなった[33]

2017-18シーズン、ジョゼ・モウリーニョアシュリー・ヤングを好んで起用したことから、出場機会が激減。追い討ちをかけるようにモウリーニョがショーのパフォーマンスを批判したことで、監督との確執が露わとなった[34]。退団も囁かれたが結局残留した。

ジョゼ・モウリーニョが解任されて、オレ・グンナー・スールシャールが監督に就任するとレギュラーに返り咲き[35]、2018-19シーズン開幕戦のレスター・シティFC戦でスタメンに抜擢されると、決勝弾の殊勲を挙げる。選手が選ぶこのシーズンのクラブ最優秀選手賞を受賞[36]

2021年3月8日、マンチェスター・シティ戦で1ゴールを決め、28戦無敗を誇っていたシティからの勝利に貢献した[37]

代表経歴[編集]

2011年にU-16のイングランド代表に招集され、通算6試合に出場した[38]。2月に行われたスロベニア代表戦でデビューを飾り、4月に行われたモンテギュー国際大会のメンバーに選ばれ、本大会のウルグアイ代表戦で初ゴールを挙げた[38]。8月に行われたイタリア代表戦に出場し、U-17代表デビューを果たすと、その後7ヶ月で通算8試合に出場した[38]

2013年1月、監督を務めていたスチュアート・ピアースは、「傑出した才能」であると翌月に行われるスウェーデン代表戦に向けたU-21代表メンバーへ初めてショーを招集したが[39]、練習中に負傷したため試合に出場することはできなかった[40]。同様の理由で3月21日のルーマニア代表[41]、3月25日のオーストリア代表[41]、8月13日のスコットランド代表[42]UEFA U-21欧州選手権2013に向けた代表メンバーに選ばれたが[43]、結局出場することは叶わなかった[44][45][46]。U-21代表でのデビューは9月5日に行われたUEFA U-21欧州選手権2015予選のモルドバ代表戦となり[47]、9月9日に行われたフィンランド代表と2戦続けてフル出場を果たした[48]

2014年2月27日、デンマーク代表との親善試合に向けたA代表のメンバーに招集された[49][50]。その試合ではアシュリー・コールと交代で後半から出場し、チームも1-0で勝利を挙げた[51]

2014年5月12日、ロイ・ホジソン監督により2014 FIFAワールドカップに臨む23人のメンバーに選出された[52]。そのあおりを受けて選外となったアシュリー・コールは代表引退を決断した[53]。代表でショーはレイトン・ベインズに次いで2番手の選手であり、出場機会は最終戦のコスタリカ代表戦の1試合に終わったが[54]、今回のワールドカップの試合に出場した選手の中では最年少であった[55]。2018年9月に召集されて以降は約2年以上代表チームからは遠ざかった[56]

2021年3月、2022 FIFAワールドカップ予選を戦う代表チームに召集され、アルバニア戦で先発起用されるとケインのゴールをアシストした[56]。同年6月のUEFA EURO 2020ではグループリーグ第2戦から先発起用されると、決勝トーナメント1回戦のドイツ戦でラヒーム・スターリングの決勝ゴールをアシストしてチームに貢献[57]、準々決勝のウクライナ戦ではFKでハリー・マグワイアのゴールをアシスト、更にクロスでハリー・ケインのゴールもアシスト、約26年振りとなる準決勝進出に貢献[58]、大会でのプレー振りをロベルト・カルロスからも賞賛された[4]。決勝のイタリア戦では前半2分にボレーで代表初ゴールとなる先制点を奪ったが、その後追いつかれPK戦で敗れた[59]

プレースタイル[編集]

オフェンス意識の高い左サイドバックの選手であるショーは、スピードと判断力、ディフェンス能力を高く評価されており、同じサウサンプトンユース出身のガレス・ベイルと比較されている[60]。元イングランド代表でFAのディレクターを務めるトレヴァー・ブルッキングは、ショーについて「技術的に優れた能力を有している」と評している[61]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
サウサンプトン 2011-12 チャンピオンシップ 0 0 1 0 0 0 - 0 0 1 0
2012-13 プレミアリーグ 25 0 1 0 2 0 - 0 0 28 0
2013-14 35 0 3 0 0 0 - 0 0 38 0
通算 60 0 5 0 2 0 - 0 0 67 0
マンチェスター・ユナイテッド 2014-15 プレミアリーグ 16 0 4 0 0 0 - 0 0 20 0
2015-16 5 0 0 0 0 0 3 0 0 0 8 0
2016-17 11 0 1 0 2 0 4 0 1 0 19 0
2017-18 11 0 4 0 3 0 1 0 0 0 19 0
2018-19 29 1 3 0 0 0 8 0 0 0 40 1
2019-20 24 0 3 1 2 0 4 0 0 0 33 1
2020-21 32 1 3 0 2 0 10 0 0 0 47 1
通算 128 2 18 1 9 0 30 0 1 0 186 3
総通算 188 2 23 1 11 0 30 0 1 0 253 3


代表[編集]


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2014 4 0
2015 2 0
2017 1 0
2018 1 0
2021 8 1
通算 16 1

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・ユナイテッド

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Barclays Premier League Squad Lists 2013/14 are revealed
  2. ^ a b c d e Luke Shaw
  3. ^ a b Player Profile
  4. ^ a b 伝説のSBロベルト・カルロス氏がルーク・ショーを絶賛 「すべてを持っている」”. 超ワールドサッカー (2021年7月7日). 2021年7月9日閲覧。
  5. ^ EXCLUSIVE: Chelsea set to land £10m replacement for Cole - Southampton teen sensation Shaw
  6. ^ Luke Shaw has celebrated his 18th birthday by signing a new five-year contract, Southampton Football Club can confirm.
  7. ^ Shaw Savouring Chelsea Contest
  8. ^ Chelsea expected to make £20m move for Southampton's Luke Shaw during January transfer window
  9. ^ Southampton 2-1 Preston
  10. ^ Arsenal face a battle for Saints' £4m teen
  11. ^ Luke Shaw will not be sold says Nigel Adkins
  12. ^ Millwall 1-1 Southampton
  13. ^ Southampton promote academy quartet to first team squad
  14. ^ Southampton 1-1 Swansea
  15. ^ Chelsea 2-2 Southampton
  16. ^ Norwich 0-0 Southampton
  17. ^ Luke Shaw: Southampton defender agrees five-year contract
  18. ^ Luke Shaw signs five-year deal with Southampton
  19. ^ Palamós 0-8 Saints: Report
  20. ^ West Brom 0-1 Southampton
  21. ^ PFA Player of the Year award shortlist: Gerrard and Lallana nominated
  22. ^ PFA unveils Team of the Year
  23. ^ Premier League: Manchester United buy Luke Shaw from Southampton for £30m
  24. ^ Luke Shaw joins Manchester United: England defender completes £30m move from Southampton
  25. ^ José Mourinho: ‘Signing Luke Shaw would have killed Chelsea’
  26. ^ Man Utd beat LA Galaxy: Louis van Gaal off to winning start
  27. ^ Manchester United’s Luke Shaw out for a month with hamstring injury
  28. ^ Manchester United won for the first time this season as their new-look side tore apart a poor QPR at Old Trafford.
  29. ^ Wayne Rooney was sent off for Manchester United as his side clung on to resolutely beat West Ham for their second league win of the season.
  30. ^ Daley Blind rescued a point for Manchester United with a 93rd-minute equaliser after Cheikhou Kouyate's sublime volley put West Ham ahead.
  31. ^ Luke Shaw: Joining Man Utd from Southampton has been tough
  32. ^ Wayne Rooney: We could have won at Chelsea
  33. ^ “Luke Shaw: Manchester United man suffers double leg fracture”. BBC. (2015年9月15日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/34264202 2015年9月16日閲覧。 
  34. ^ モウリーニョ、なぜショーを執拗に批判? 毒舌浴びる本人が皮肉「彼の頭の中には…」”. フットボールゾーン (2021年6月29日). 2021年7月5日閲覧。
  35. ^ モウリーニョ、なぜショーを執拗に批判? 毒舌浴びる本人が皮肉「彼の頭の中には…」選手を愛すればこその批判かもしれないが…”. フットボールゾーン (2021年6月29日). 2021年7月5日閲覧。
  36. ^ “クラブの年間最優秀選手に選ばれたショーが心境吐露嬉しいけど…”. サッカーキング. (2019年5月10日). https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20190510/935667.html?cx_player=relatednews 2020年2月21日閲覧。 
  37. ^ マンUがシティの連勝記録止める リバプールはホーム6連敗”. AFP通信 (2021年3月9日). 2021年7月4日閲覧。
  38. ^ a b c Luke Shaw
  39. ^ Southampton's Luke Shaw set for England Under-21 call - Pearce
  40. ^ Southampton left-back returns to St Mary's and will miss the meeting with Sweden
  41. ^ a b Stuart Pearce names his under-21s squad for games against Romania and Austria
  42. ^ U21s set for Sheffield
  43. ^ Pearce calls up McManaman and Shaw
  44. ^ Pearce confirms changes
  45. ^ Townsend withdraws from
  46. ^ England U21: Luke Shaw and Tom Ince withdraw from squad to face Scotland
  47. ^ Berahino pushes England past Moldova
  48. ^ Berahino rescues ten-man England in Finland
  49. ^ England call up Southampton's Luke Shaw for Denmark game
  50. ^ Luke Shaw: Southampton full-back revels in England call-up
  51. ^ Daniel Sturridge scored a late winner as England marked their final match before Roy Hodgson names his provisional World Cup squad with a deserved victory over Denmark.
  52. ^ World Cup 2014: England name Ross Barkley in squad
  53. ^ Ashley Cole quits England duty after World Cup omission
  54. ^ England end disappointing World Cup with barren draw against Costa Rica
  55. ^ Jose Mourinho: Signing Luke Shaw would have "killed" Chelsea
  56. ^ a b 好調のルーク・ショー、イングランド代表での定位置確保へ意欲”. ダゾーン (2021年3月29日). 2021年7月4日閲覧。
  57. ^ イングランドが25年前のリベンジ!…スターリング&ケイン弾でドイツ撃破し8強入り”. サッカーキング (2021年6月30日). 2021年6月30日閲覧。
  58. ^ イングランド、25年ぶりベスト4進出! ウクライナに4発快勝&無失点キープ”. サッカーキング (2021年7月4日). 2021年7月4日閲覧。
  59. ^ イタリア、53年ぶり2度目のEURO制覇! PK戦でイングランド下し34戦無敗維持”. サッカーキング (2021年7月12日). 2021年7月12日閲覧。
  60. ^ Shaw shapes up as the 'new Bale'
  61. ^ Chelsea to offer £4m for Southampton prodigy Luke Shaw

外部リンク[編集]