デレ・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デレ・アリ Football pictogram.svg
2020-03-10 Fußball, Männer, UEFA Champions League Achtelfinale, RB Leipzig - Tottenham Hotspur 1DX 3708 by Stepro.jpg
名前
本名 ベーミデレ・ジャーメイン・アリ
Bamidele Jermaine Alli
愛称 アリ
カタカナ デレ・アリ
ラテン文字 Dele Alli
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1996-04-11) 1996年4月11日(24歳)
出身地 ミルトン・キーンズ
身長 188cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC
ポジション MF (CH)
背番号 20
利き足 右足
ユース
2007-2012 イングランドの旗 MKドンズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 イングランドの旗 MKドンズ 62 (18)
2015- イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー 157 (50)
2015 イングランドの旗 MKドンズ (loan) 12 (4)
代表歴2
2012-2013  イングランド U-17 9 (0)
2014  イングランド U-18 2 (0)
2014-2015  イングランド U-19 4 (0)
2015-  イングランド U-21 2 (0)
2015- イングランドの旗 イングランド 37 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年9月13日現在。
2. 2020年2月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デレ・アリBamidele Jermaine "Dele" Alli, 1996年4月11日 - )は、イングランドバッキンガムシャー州ミルトン・キーンズ出身のサッカー選手プレミアリーグトッテナム・ホットスパー所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

ナイジェリア人の父親とイングランド人の母親の間に生まれる。父親はアリの誕生後すぐにアメリカ合衆国に移住し、残された母親とアリ含む4人の異父兄弟は貧しい生活を強いられた。家庭内には喧嘩が絶えず、母親がアルコール依存症に陥ると更に状況は悪化した。9歳で父親と共にナイジェリアに移住し、2年を過ごしたのちイングランドの母親のもとに戻ったが、変わらず生活は荒み、ほとんど家に帰らず悪童たちとつるんでいたという。彼の人生を変えたのはサッカーであった。

MKドンズ[編集]

2007年、地元のMKドンズのアカデミーに入団[1]し、13歳で親元を離れチームメイトの家に引っ越した。ユースチームで力を付けた後、2012-13シーズンに16歳でプロデビュー。10代ながらチームの中心選手として活躍するアリに、有力チームも注目するようになり、2015年2月にトッテナム・ホットスパーへの移籍が決定[2]するも、2014-15シーズンはローン移籍の形でMKドンズに残留。同シーズンは39試合に出場し16ゴールを決めるなど安定したプレーをみせ、フットボールリーグの最優秀若手選手に選出された[3]

トッテナム・ホットスパー[編集]

2015-16シーズン[編集]

2015-16シーズンより正式にトッテナム・ホットスパーに加入。開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦でプレミアリーグデビューを果たし、8月22日のレスター・シティ戦で、移籍後初ゴールを決めた[4]。19歳の選手とあって最初はそれほど重要な存在になるとは考えられていなかったが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が起用するとすぐに結果を残しレギュラーに定着した[5]。2016年1月には年俸が引き上げられた5年契約を締結し、ゴールデンボーイ2015候補者40名にも選出された[5][6]

1月24日のプレミアリーグ第23節、クリスタル・パレス戦では1-1の同点で迎えた終了間際に、クリスティアン・エリクセンからパスを受け、巧みなコントロールでボールを浮かせて相手DFをかわし、ボレーシュートで決勝点を記録した(シーズン6得点目)。このゴールについてアリは「生まれながらの本能に従ったまでだよ。良いボールが来たので、1回タッチして、あとは蹴るだけだった。考える時間もなく、自然に体が動いたんだ。どうやって喜んだらいいかわからなかったよ!」とコメント、敵将のアラン・パーデュー監督は、「見ていて鳥肌が立った。そしてあまりにも美しいゴールに言葉が出なかった」と称賛した。他にもこのゴールは、ガレス・ベイルグレン・ホドルにも絶賛された[7]。2015-16シーズン、リーグ戦では10得点11アシストを記録、プレミアリーグの年間ベスト11に選ばれた[8]

2016-17シーズン[編集]

ユニホームの名前をそれまでのAlliからDeleに変更した。2017年1月4日、プレミアリーグ第20節の首位チェルシーFC戦で2得点をきめて勝利に貢献するなど、5試合で5ゴールを挙げ、2017年1月にはプレミアリーグ月間MVPを初めて受賞した[9]。4月9日のワトフォードFC戦では、シーズン16得点目となる鋭いカーブを掛けたシュートで先制点を決め、チームの勝利に貢献した[10]。2017年4月には活躍が認められ、2年連続でプレミアリーグの年間ベスト11に選出され[11]、2年連続のPFA最優秀若手選手賞も受賞した[12]

2017-18シーズン[編集]

開幕戦となったニューカッスル・ユナイテッド戦で、61分にクリスティアン・エリクセンのクロスから、シーズン初ゴールを決め、チームも2-0で勝利した[13]。10月22日のリヴァプールFC戦では前半終了間際に強烈なボレーシュートを決め勝利に貢献した[14]。11月1日、UEFAチャンピオンズリーググループH、ウェンブリー・スタジアムでのレアル・マドリード戦では、前半にキーラン・トリッピアーのクロスに合せて先制点を決めると、後半にも得点を決めて勝利に貢献、スパーズのCLグループステージ突破に貢献した[15][16]。12月26日のサウサンプトン戦では、ハリー・ケインの2ゴールをアシストし、ケインのプレミアリーグ年間最多ゴール数更新を助けた、またアリ自身もゴールを決め、この日1ゴール2アシストの活躍でチームの勝利に貢献した[17][18]。4月1日、チェルシー戦では後半2ゴールを決め、28年ぶりとなる敵地スタンフォード・ブリッジでの勝利に貢献した[19]

2018-19シーズン[編集]

開幕戦のニューカッスル戦では1-1の同点からヘディングで決勝点を挙げた。UEFAチャンピオンズリーグ準決勝アヤックスとの2ndレグでは0-3とリードされて迎えた54分、カウンターからルーカス・モウラの得点をアシストし、1点ビハインドで迎えた終了間際の95分にもワンタッチの柔らかいパスでルーカスの決勝点をアシスト。2アシストの活躍で劇的勝利に貢献し、トッテナムをクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝に導いた[20]

2019-20シーズン[編集]

負傷で開幕3試合はベンチ外となり、リーグ第4節のアーセナル戦で60分からシーズン初出場を果たした。しかし、その後はベンチスタートが続き、第9節のワトフォード戦でシーズン初先発し初ゴールを決めた。ポチェッティーノ監督が解任され、新たに就任したジョゼ・モウリーニョ指揮下では、5試合で4ゴール3アシストを挙げ新監督のスタートダッシュに貢献した。

2020-21シーズン[編集]

シーズン開幕戦のエヴァートンFC戦で前半終了後にベンチに下げられ、チームも0-1で敗退。これを機にモウリーニョとの不仲説が一気に浮上し、パリ・サンジェルマンFCインテルナツィオナーレ・ミラノへの移籍の可能性が報じられた[21]

代表経歴[編集]

イングランド代表でのアリ (2018年)

2015年10月のUEFA EURO 2016予選イングランド代表に初招集され、10月9日のエストニア戦で、フル代表デビューを果たした[22][23]。2015年11月17日のフランスとの親善試合で代表初得点を挙げた[24]

2016年5月、UEFA EURO 2016に挑む23人の最終登録メンバーに選出された[25]。本大会ではグループリーグ初戦のロシア戦を含む3試合に先発出場し、ベスト8進出をかけたアイスランド戦では実力を垣間見せるハーフボレーシュートを放ったが、多くの場面では経験不足を露呈する結果となった[26]

2018 FIFAワールドカップ、準々決勝のスウェーデン戦でイングランドの2点目となるゴールを決め、1990年イタリア大会以来であるイングランドのベスト4入りを助けた。

プレースタイル・評価[編集]

ポジションはトップ下と、守備的MFを務めることが可能であり、トップ下で起用される際には巧みなボールコントロールや創造性を生かしストライカーのような働きを見せ、守備的MFで起用される際には走行距離こそ多くないが堅実なプレーを見せる[27]。得点力、チャンスメイク力共にトップレベルであり、ジャック・ウィルシャーの才能を凌いでいるとも言われる[28]

イングランド代表監督のロイ・ホジソンブライアン・ロブソンの再来と表現し[29][30]アレックス・ファーガソンポール・ガスコイン以来の才能であると評している[31]

かつてイングランド代表リヴァプールFCの主将として活躍したスティーブン・ジェラードはアリを評して、「今後10年、15年に渡ってリヴァプールで活躍できる選手だった。それくらいの能力は持っている。リヴァプールが彼と契約を結ばなかったことにがっかりしている。僕との契約が終わろうとしていたのだから、リヴァプールは彼の獲得に動くべきだった」とし、自分の後継者にはアリが理想的だったと述べている[32]

アラン・パーデューはアリに決勝点を決められた際、「彼がボールを浮かせたとき、最悪の事態が頭をよぎった。あの場面は彼にとって素晴らしい瞬間だった。彼は偉大な才能を持っている」と称賛した[7]

人物・エピソード[編集]

  • 子供の頃からリヴァプールFCのファンで、ヒーローはスティーブン・ジェラードであった[33]
  • 前述のように劣悪な環境で幼少期を過ごした。その原因となった実の両親に対して愛着はなく、サッカー選手として成功した後に連絡してきたが拒絶したという。ネーム変更の経緯についても、「Alliという苗字は自分に関係があるものとは思えない。より自分自身を表す名前として"Dele"を選んだ」などと述べている。
  • 2020年5月13日、自宅に強盗が侵入し、ナイフで脅され、貴金属や時計などを強奪された[34][35]
  • トッテナムで最も仲の良いチームメイトはソン・フンミンであるという。

不祥事[編集]

個人成績[編集]

2017年5月28日現在

クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 UEFA その他 合計
リーグ 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
MKドンズ 2012-13 リーグ・ワン 2 0 5 1 0 0 - 0 0 7 1
2013-14 33 6 1 0 2 0 - 1 1 37 7
2014-15 39 16 1 0 4 0 - 0 0 44 16
合計 74 22 7 1 6 0 - 1 1 88 24
トッテナム・ホットスパー 2015-16 プレミアリーグ 33 10 3 0 1 0 9 0 0 0 46 10
2016-17 37 18 5 3 0 0 6 1 0 0 48 22
2017-18 36 9 7 1 2 2 5 2 0 0 50 14
2018-19 25 5 5 1 4 2 8 0 0 0 38 7
2019-20 25 8 5 0 1 0 7 1 0 0 38 9
合計 156 50 21 4 8 4 37 4 0 0 222 62
通算 230 72 28 5 14 4 37 4 1 1 310 86

タイトル[編集]

個人[編集]

代表[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2015 4 1
2016 11 1
2017 7 0
2018 5 1
2019 2 0
通算 29 3

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2015年11月17日 イングランドの旗ロンドンウェンブリー・スタジアム フランスの旗 フランス 1–0 2–0 国際Aマッチ
2 2016年10月8日 イングランドの旗ロンドン、ウェンブリー・スタジアム マルタの旗 マルタ 2–0 2–0 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
3 2018年7月7日 ロシアの旗サマーラサマーラ・アリーナ スウェーデンの旗 スウェーデン 2–0 2–0 2018 FIFAワールドカップ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ MK Dons' Dele Alli has the makings of next Steven Gerrard
  2. ^ Dele Alli: Tottenham sign £5m MK Dons midfielder & loan him back
  3. ^ Kevin Phillips: Ex-England striker wins Football League award
  4. ^ Riyad Mahrez scores again as Leicester and Spurs eventually entertain
  5. ^ a b トッテナムの新星デル・アリ、年俸が2億円強に - qoly.jp
  6. ^ ゴールデンボーイ賞の候補者が発表…マンUのマルシャルら40名 - サッカーキング
  7. ^ a b 好調スパーズが勝利、19歳のアリが「本能」で決勝ボレー - AFPBB.com
  8. ^ “PFA awards: Leicester and Spurs dominate Premier League team”. BBC Sport. (2016年4月21日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/36106596 2016年4月21日閲覧。 
  9. ^ “Dele Alli wins EA SPORTS Player of the Month”. Premier League. (2017年2月10日). https://www.premierleague.com/news/327706 
  10. ^ Patrick Jennings (2017年4月8日). “Tottenham Hotspur 4 - 0 Watford”. BBC Sport. 2017年4月9日閲覧。
  11. ^ “PFA teams of the year: Chelsea and Tottenham dominate Premier League XI”. BBC. (2017年4月21日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39648483 22 April 2017閲覧。 
  12. ^ “Men’s PFA Young Player of the Year 2017”. The Professional Footballers Association. (2017年4月13日). https://www.thepfa.com/news/2017/4/13/pfa-mens-young-player-of-the-year 
  13. ^ Newcastle 0-2 Tottenham: Dele Alli, Ben Davies on target as Jonjo Shelvey sees red -SKYS 2017年8月13日
  14. ^ トッテナム、リバプールに完勝。大量4得点で寄せつけず-Football Channel 2017年10月23日
  15. ^ Tottenham 3 Real Madrid 1: Dele Alli double sets up one of English football's greatest European nights-Telegraph紙2017年11月2日
  16. ^ Tottenham 3 Real Madrid 1: Alli double seals sensational Spurs' last-16 spot-Goalcom 2017年11月1日
  17. ^ Tottenham 5 Southampton 2: Harry Kane breaks Alan Shearer's record and finishes ahead of Lionel Messi in 2017-telegraph 2017年12月26日
  18. ^ Tottenham v Southampton preview: Harry Kane eyes Premier League goalscoring record -Skysports 2017年12月26日
  19. ^ Chelsea 1-3 Tottenham: Dele Alli nets double as Spurs end Stamford Bridge hoodoo-Skysports 2018年4月1日(2018年4月2日閲覧)
  20. ^ “最高点はトッテナムの“奇跡”の主人公!最低点は急遽先発の…”. Goal. (2019年5月9日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%8E%A1%E7%82%B9%E6%9C%80%E9%AB%98%E7%82%B9%E3%81%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E6%9C%80%E4%BD%8E%E7%82%B9%E3%81%AF%E6%80%A5%E9%81%BD%E5%85%88%E7%99%BA%E3%81%AE/hekdoa0l8b8pz9n2l2mi4gze 2019年5月10日閲覧。 
  21. ^ モウリーニョとの関係は修復不可能? トッテナムがMFデレ・アリの放出を検討か”. フットボールゾーン (2020年9月18日). 2020年9月19日閲覧。
  22. ^ Daniel Sturridge left out of England squad for Euro 2016 qualifiers
  23. ^ England 2-0 Estonia
  24. ^ 代表初ゴールを決めたデル・アリ「この感情は言葉で表せない」
  25. ^ 10代の新鋭FWがイングランド最終メンバー入り”. UEFA.com (2016年5月30日). 2017年5月7日閲覧。
  26. ^ Rating England's Spurs contingent at Euro 2016 as Harry Kane struggles”. ESPN FC.com (2016年5月30日). 2017年5月7日閲覧。
  27. ^ ワンダーボーイを紹介:デリ・アリ”. UEFA.com (2016年3月26日). 2017年5月7日閲覧。
  28. ^ アリはウィルシャーとは比べ物にならない才能か? - theworldmagazine
  29. ^ Dele Alli can become England's new Bryan Robson says Roy Hodgson”. skysports.com (2016年3月26日). 2017年5月7日閲覧。
  30. ^ Dele Alli can be next Bryan Robson for England says Hodgson”. ESPN FC.com (2016年3月25日). 2017年5月7日閲覧。
  31. ^ Dele Alli called best young England midfielder since Paul Gascoigne”. telegraph (2016年3月31日). 2017年5月7日閲覧。
  32. ^ リヴァプールの補強に不満のジェラード「アリを獲得するべきだった」 - goal com 2015年
  33. ^ みんな“新成人”今年20歳を迎える「注目すべき50人の逸材」qoly.jp 2016年
  34. ^ “強盗に襲われたトットナムMFアリ「恐ろしい経験」”. www.nikkansports.com. (2020年5月14日). https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202005140000102.html 2020年7月31日閲覧。 
  35. ^ “トットナムMFアリの自宅に強盗、殴られ軽傷 時計、宝石など被害 犯人は逃走中”. www.sponichi.co.jp. (2020年5月14日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/05/14/kiji/20200514s00002021219000c.html 2020年7月31日閲覧。 
  36. ^ 中指を立てたデレ・アリが1試合の出場停止と罰金処分…スロベニア代表戦を欠場-超ワールドサッカー
  37. ^ デレ・アリ愚行!新型コロナウイルス流行を受けアジア人を揶揄する人種差別行為-超ワールドサッカー

外部リンク[編集]