ジャック・ハリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック・ハリソン Football pictogram.svg
名前
本名 ジャック・デイヴィッド・ハリソン
Jack David Harrison
ラテン文字 Jack Harrison
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1996-11-20) 1996年11月20日(24歳)
出身地 ストーク=オン=トレント
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 リーズ・ユナイテッドFC
ポジション MF
背番号 22
利き足 右足
ユース
2002–2003 イングランドの旗 リヴァプールFC
2003–2010 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
2013–2015 アメリカ合衆国の旗 マンハッタンSC
2015 アメリカ合衆国の旗 ウェイク・フォレスト大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016–2017 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・シティFC 55 (14)
2018–2021 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC 0 (0)
2018 イングランドの旗 ミドルズブラFC (loan) 4 (0)
2018–2021 イングランドの旗 リーズ・ユナイテッドFC (loan) 123 (19)
2021- イングランドの旗 リーズ・ユナイテッドFC
代表歴2
2017  イングランド U-21 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月2日現在。
2. 2020年9月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャック・デイヴィッド・ハリソンJack David Harrison , 1996年11月20日 - )は、イングランドスタッフォードシャー州ストーク=オン=トレント出身のサッカー選手プレミアリーグリーズ・ユナイテッドFC所属。ポジションはMF

クラブ経歴[編集]

6歳の時にリヴァプールFCのユースアカデミーに加わり、翌2003年にはマンチェスター・ユナイテッドFCのユースに移ったハリソンだったが、14歳の時に母親の仕事の都合で渡米し、マサチューセッツ州ボストンに定住。同州シェフィールドの高校では、全米No.1の評価を得て、大学はウェイク・フォレスト大学に進学。2016年にMLSスーパードラフトシカゴ・ファイアーFCから全体1位指名を受けた後、ドラフト開催日当日にニューヨーク・シティFCが4位で指名したブランドン・ヴィンセントとのトレードが成立し、交渉権がニューヨーク・シティに移動。MLSでプロデビューし、2シーズンで55試合14ゴールを決め、2017年10月には、ニューヨーク・シティの提携元にあたるマンチェスター・シティFCが、ハリソンの獲得に乗り出していると報じられた[1]

2018年1月30日、マンチェスター・シティがハリソンを獲得し、2017-18シーズン終了までのミドルズブラFCへのローン移籍を発表[2][3]。2018-19シーズンからはリーズ・ユナイテッドFCへローン移籍。加入2年目の2019-20シーズンにEFLチャンピオンシップ (2部リーグ)で優勝し、2003-04シーズン以来のプレミアリーグ復帰が決定[4][5]。同シーズン終了後には、3年連続でリーズへのローン移籍が決まった。

プレミアリーグ2020-2021開幕戦となった2020年9月12日のリヴァプールFC戦で先発で起用され、念願のプレミアリーグデビュー。前半12分に同点ゴールを決め、プレミアリーグデビュー戦で初ゴールを記録。しかし試合は、前シーズン王者を相手に撃ち合いを演じるも、モハメド・サラーハットトリックを決められ、3-4で敗戦[6]。19日のフラムFC戦に4-3で勝利し、17シーズン振りのプレミアリーグ勝利をもたらした。

2021年7月2日、リーズへの完全移籍が決定し、3年契約を締結した[7]

代表歴[編集]

2017年にU-21のイングランド代表に招集されている。

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 14歳でユナイテッドを離れた神童、シティ移籍も?代表招集で注目”. Qoly.jp (2017年10月7日). 2020年9月24日閲覧。
  2. ^ マンC、U-21英代表ジャック・ハリソン獲得へ…現在はアメリカで活躍”. サッカーキング (2018年1月30日). 2020年9月24日閲覧。
  3. ^ マンチェスター・C、姉妹クラブのNYCから21歳FWを獲得…今季はミドルスブラで武者修行”. goal.com.jp (2018年1月30日). 2020年9月24日閲覧。
  4. ^ リーズ・ユナイテッド、17年ぶりのプレミア復帰が決定。チャンピオンシップ優勝の可能性も”. フットボールチャンネル (2020年7月18日). 2020年9月24日閲覧。
  5. ^ リーズのプレミア復帰に美しい物語…2枚の写真が16年の歳月を雄弁に語る”. 超ワールドサッカー (2020年7月20日). 2020年9月24日閲覧。
  6. ^ マッチレポート:モハメド・サラー選手のハットトリックにより、リヴァプールが4-3でリーズに辛勝”. リヴァプールFC (2020年9月13日). 2020年9月24日閲覧。
  7. ^ リーズが3シーズン借りたシティFWハリソンの買取OPを行使! 3年契約”. 超ワールドサッカー (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]