アラン・パーデュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・パーデュー Football pictogram.svg
Alanpardew.jpg
名前
本名 Alan Scott Pardew
カタカナ アラン・スコット・パーデュー
ラテン文字 Alan PARDEW
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1961年7月18日(52歳)
出身地 ウィンブルドン
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1981
1981-1983
1983-1984
1984-1986
1986-1987
1987-1991
1991-1995
1995
1995-1997
1997-1998
イングランドの旗 ホワイテリーフ
イングランドの旗 Epsom & Ewell
イングランドの旗 コリンシアン・コーサルズ
イングランドの旗 ダリッジ・ハムレット
イングランドの旗 ヨーヴィル
イングランドの旗 クリスタル・パレス
イングランドの旗 チャールトン・A
イングランドの旗 トッテナム (Loan)
イングランドの旗 バーネット
イングランドの旗 レディング
27 (3)
45 (1)
36 (5)
58 (2)
19 (1)
128 (8)
104 (24)
0 (0)
67 (0)
17 (0)
監督歴
1999-2003
2003-2006
2006-2008
2009-2010
2010-
イングランドの旗 レディング
イングランドの旗 ウェストハム・U
イングランドの旗 チャールトン・A
イングランドの旗 サウサンプトン
イングランドの旗 ニューカッスル・U
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アラン・スコット・パーデューAlan Scott Pardew1961年7月18日 - )は、イングランドウィンブルドン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現在はニューカッスル・ユナイテッドFCの監督を務める。

クリスタル・パレスFCに在籍していた1990年には選手として、ウェストハム・ユナイテッドFCを率いていた2006年には監督として、それぞれFAカップの決勝に出場したが、いずれの試合も準優勝に終わっている。選手時代にはクリスタル・パレスFCで、指導者時代にはレディングFCとウェストハム・Uでプレミアリーグ昇格を達成した。2010年にはサウサンプトンFCフットボールリーグトロフィー優勝に導いた。

経歴[編集]

選手[編集]

アマチュア時代[編集]

フラムFCのファンとして育った。ガラス工やタクシー運転手として働きながら、ノンリーグのホワイテリーフFCやコリンシアン・コーサルズFCでプレーしたが[1]中東で働いていた6ヶ月間はサッカーから離れた[1]。イングランドに戻ってからは再びコリンシアンでプレーし、その後はダリッジ・ハムレットFCやヨーヴィル・タウンFCでプレーした。この時期にはイングランドセミプロ代表(England C national football team)に選出された経験がある[2]

クリスタル・パレス[編集]

1987年、セカンドディビジョン(当時2部相当)のクリスタル・パレスFCと契約した[2]。移籍金は7500ポンドが支払われた。1988-89シーズンには昇格プレーオフでブラックバーン・ローヴァーズFCを破ってフットボールリーグ・チャンピオンシップ(当時1部相当)昇格を果たした。1989-90シーズンのFAカップでは、ヴィラ・パークで行われた準決勝のリヴァプールFC戦(4-3)で決勝点を挙げた。決勝ではマンチェスター・ユナイテッドFCと対戦し、再試合の末に敗れて準優勝に終わった[2]

選手経歴の晩年[編集]

1991年11月、セカンドディビジョンのチャールトン・アスレティックFCに移籍した。1992-93シーズンには10得点を挙げてチーム内得点王に輝いた[2]。1995年にはプレミアリーグ(1部相当)のトッテナム・ホットスパーFCに短期間だけレンタル移籍した。リーグ戦には出場していないが、公式戦4試合に出場し、UEFAインタートトカップ1.FCケルン戦(8-0)ではクラブ史に残る大勝を経験した[2][3][4]。この時期には香港のクラブからのオファーを拒否した[2]。1995年のバーネットFC移籍後は、テリー・バリーバント監督の下で選手兼任コーチとしてプレーした。

指導者[編集]

レディングFC[編集]

1997年にバリーバント監督がフットボールリーグ1(3部相当)のレディングFC監督に就任すると、パーデューはレディングに選手として引き抜かれ、同時にリザーブチームの監督にも就任した[1]

1998年3月、シーズン終盤にトップチームのバリーバント監督が解任され、パーデューが暫定監督に就任してシーズン終了まで采配を振るった。1998年夏にはトミー・バーンズ監督がトップチーム監督に就任し、パーデューは再びリザーブチームを指揮した。1999年にはリザーブチームが解散となったが[5]、1999年に再びトップチームの暫定監督を務めて良好な成績を残したパーデューは正式な監督に就任した。ジェイミー・キュアトンなどの選手を軸とし、常に降格の危機にあったレディングを昇格候補にまで引き上げた。「不屈、気迫、嗅覚」をモットーとし、チームに精神的な強さを植え付けた。2000-01シーズンにはフットボールリーグ2(4部相当)で3位となって昇格プレーオフに出場したが、プレーオフ決勝でウォルソールFCに2-3で敗れた。2001-02シーズンには2位となり、リーグ1への自動昇格を果たした。リーグ1での初采配となった2002-03シーズンは傑出した成績を残し、レギュラーシーズンで4位となったが、昇格プレーオフでウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCに敗れた。

ウェストハム・ユナイテッド[編集]

ウェストハムでのパーデュー

2003-04シーズン序盤、フットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)のウェストハム・ユナイテッドFCはレディングに対してパーデュー招聘の許可を求めた。すでにシーズンが開幕していたため、レディングはこの要請を拒否したが、パーデューはレディング監督を辞任することでウェストハム・U監督就任を希望する意思を表した。様々な論争の結果、パーデューがウェストハム・U監督に就任することで問題は解決された[6]。ウェストハム・U での初年度となった2003-04シーズンはレギュラーシーズンで4位となって昇格プレーオフに出場したが、プレーオフ決勝でかつて在籍したクリスタル・パレスに敗れた[7]

2004-05シーズンのウェストハム・Uは目標の昇格に向かって苦しみ、パーデューはサポーターから重圧を受けたが[8]、リーグ戦6位となって出場した昇格プレーオフでは決勝まで勝ち進み、決勝でプレストン・ノース・エンドFCを下してプレミアリーグ昇格を果たした[9]。2005-06シーズンはハマーズをリーグ戦9位に導き、FAカップでは決勝まで上り詰めた。決勝ではリヴァプールFCと対戦し、延長戦を終えて3-3の同点であったが、PK戦の末に敗れ、自身2度目のFAカップ決勝ではまたしても準優勝に終わった[10]

2006-07シーズンのUEFAカップでは1回戦でUSチッタ・ディ・パレルモに敗れたほか、フットボールリーグカップではリーグ2のチェスターフィールドFCに敗れ、国内リーグ前半戦には74年ぶりとなる公式戦8連敗を喫したことで批判を受けた[11][12][13]。ウェストハム・Uの新会長はパーデューを支えると述べたが[14]ボルトン・ワンダラーズFCに0-4で敗れた翌週の2006年12月11日に解任が発表され、「エガート・マグヌソン会長とクラブ首脳陣はこの数週間のプレーぶりを気にかけており、クラブの利益のための変化を行うのに適切な時期だと感じる」という声明がクラブから出された[15]

チャールトン・アスレティック[編集]

ウェストハム・U 監督解任からわずか2週間後のクリスマスイブに、選手時代にも所属したチャールトン・アスレティックFCと3年半契約を結んで監督に就任した[16]。監督就任時のチャールトンはプレミアリーグで19位と低迷しており、獲得した勝ち点はわずか12、リーグ最下位の20得点という状況であった。チャールトンのチーム状態はパーデューの監督就任で改善したが[17]、良好な状態を維持できず、選手時代・指導者時代を通じて初の降格という結果に終わった[18]

2007年夏にクリス・イウェルモルーク・ヴァーニーを獲得したことで、2007-08シーズンは降格から立ち直ってプレミアリーグ昇格を果たすことが期待された。しかし、チャールトンは昇格争いにも絡めず、チャンピオンシップ11位でシーズンを終えた。2008-09シーズン開幕前には強い重圧を受けたが、レディングやスウォンジ・シティAFCを破って順調なスタートを切った。しかし、チャールトンのチーム状態は急速に悪化し、8試合未勝利で順位表の底近くまで急降下した。ホームでシェフィールド・ユナイテッドFCに2-5で敗れ、チャンピオンシップの下位3クラブにまで落ち込むと、その試合後には数百人のサポーターが一時間以上もスタジアムに居残り、「We want Pardew out」「We want our club back」というチャントを歌ってパーデューを責め立てた[19][20]。2008年11月22日、クラブと双方合意の上でチャールトンの監督を退任した[21]

サウサンプトン[編集]

2009年7月17日、リーグ1に降格したばかりのサウサンプトンFCの監督に就任した[22]。サウサンプトンFCではスイス人のMarkus Liebherrが新オーナーに就任し、マルク・ウォッテ監督を解任していた。パーデューはイプスウィッチ・タウンFCとの契約が満了したダン・ハーディングをフリートランスファーで獲得した。8月8日のミルウォールFC戦で初采配を振るい、1-1の引き分けという結果を持ち帰った。チャンピオンシップでは名の知られたストライカーであるリッキー・ランバート獲得には移籍金100万ポンド以上を支払い、その他にもリー・バーナードなど多くの選手と新しく契約した。勝ち点10の減点処分を受けたにもかかわらず、リーグ戦終了の2試合前までは昇格プレーオフ出場圏内に定着し、最終的にもリーグ1中位の7位に導いた。同シーズンのフットボールリーグトロフィーではクラブを決勝に導き、ウェンブリー・スタジアムで行われた決勝ではカーライル・ユナイテッドFCを4-1で下して優勝した。クラブにとっては1976年のFAカップ優勝以来のタイトル獲得であった。

クラブスタッフの士気の低さや、パーデューとニコラ・コルテーゼ代表の対立などが報じられ[23][24]、2010年8月30日に解任された[25][26]

ニューカッスル・ユナイテッド[編集]

2010-11シーズン

2010年12月6日、ニューカッスル・ユナイテッドFCはプレミアリーグ昇格の立役者であるクリス・ヒュートン監督を解任した[27][13]。3日後の12月9日、パーデューはニューカッスル・Uと5年半の契約を結んで監督に就任した[13]Sky Sportsはニューカッスル・Uの新監督の適任者を選ぶインターネット投票を行っているが、そこでは4万件の投票のうち5.5%を得ただけであり[28]、地元紙によるアンケートでもパーデュー就任を望んだサポーターは2%にも満たなかった[13]。パーデューは「私はジョルディ[29]ではないが、試合をこよなく愛するサッカー人であり、私がやる気、チームへの願望、仕事への責任を持っていることは保障する。昨シーズンのクリス・ヒュートンは良い仕事をしてクラブをプレミアリーグ復帰に導き、今シーズンもまずまずの成果を上げていた。すぐに基盤を築き、クラブを成長させることを目指している」と述べた[30]。選手・サポーターらとの対立に直面するかもしれないことを認め、他の監督らに「あそこ(ニューカッスル・U)に行くなんて、君は正気ではない」と忠告されたことを認めたが[13]、パーデューは「このクラブはイングランドで五指に入るクラブである。見通しは非常に厳しいが、私は決して諦めない」と断言した[31][13]。12月11日にセント・ジェームズ・パークで行われたリヴァプールFC戦(3-1)が初采配試合となり、ケヴィン・ノーランジョーイ・バートンアンディ・キャロルの得点で6戦ぶりの勝利を飾った[32]。年が明けて最初のホームゲームとなった古巣ウェストハム・U戦は5-0で大勝した[33]。2000年代前半にボビー・ロブソンの下で働いたこともあるジョン・カーヴァー(アシスタントコーチ)を始めとするコーチングスタッフを呼び寄せ[34]、アンディ・ウッドマンはパーデューの下で再びゴールキーパーコーチに就任した。FAカップ3回戦ではリーグ2のスティブネイジ・ボロFCと対戦し、クラブ史に残る惨めな敗北(1-3)を喫したが[35]、2月5日のアーセナルFC戦(4-4)では劣勢の試合を引き分けに持ち込んだ。ハーフタイムの時点でニューカッスル・Uは0-4と大量リードを許していたが、相手MFアブー・ディアビが一発退場してから試合の流れが一変し[36]、プレミアリーグの歴史の中で最も顕著な挽回のひとつに数えられる采配を見せ、後半に4得点して引き分けに持ち込んだ[37][38]。その後は欧州カップ戦出場権争いにも残留争いにも絡まない順位で推移した。5月7日のバーミンガム・シティFC戦に2-1で勝利し、2試合を残してプレミアリーグ残留を決めると、その後はチェルシーFCに2-2、セント・ジェームズ・パークでのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに3-3という結果が続いたが、最終的な順位は就任時と変わらず12位であった。

2011-12シーズン

2011年夏にはノーランやバートンなどの主力の放出を余儀なくされ、ヨアン・キャバイェシルヴァン・マルヴォーなどリーグ・アンのクラブに所属する選手が獲得の目玉であった。2011-12シーズン開幕戦のアーセナルFC戦をスコアレスドローで終え、2節のサンダーランドAFCとのタイン・ウェア・ダービーでシーズン初勝利を挙げると、11節まで11戦無敗(7勝4分)を続け、クラブのプレミアリーグ史上最高のスタートを切った[39]。キーパーのティム・クルルを含めた最終ラインのメンバーを固定し、11節終了時点でリーグ最少の8失点の守備組織を構築した。チーム意識と一体感を形成し、サポーターからの支持は観客数の増加で表れた[40]。12節には最多得点で首位を走るマンチェスター・シティFCに敗れ、シーズン初黒星を喫したが[41]、翌週のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では、数的不利の状態を耐えきってオールド・トラッフォードから勝ち点1を持ち帰った。12月3日のチェルシーFC戦に大敗すると、守備の要であるスティーヴン・テイラーの負傷などの不運もあり、12月30日のリヴァプールFC戦(1-3)まで8戦未勝利と不調に陥ったが、2012年1月4日のマンチェスター・U戦では3-0で完勝し、9戦ぶりの勝利で前シーズン覇者相手にダブルを達成した。FAカップでは4回戦でチャンピオンシップのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに金星を献上し、試合によっては大敗を喫することもあったが、安定して欧州カップ戦出場権を争う順位を保ち続けた。3月4日、セント・ジェームズ・パークで行われたタインウェア・ダービー(1-1)では交代投入したショラ・アメオビが後半ロスタイムに同点弾を挙げ、土壇場で勝ち点を獲得した[42]

2013-14シーズン

2014年3月1日のハル・シティAFC戦で相手選手のデイヴィッド・メイラーに対し頭突きを見舞い退席処分を受け、クラブから10万ポンドの罰金[43]FAからもプレミアリーグ創立以来最長の7試合のベンチ入り禁止処分と6万ポンドの罰金を受けた[44]

個人成績[編集]

指導者としての記録[編集]

2012年3月4日時点
クラブ 就任 退任 記録
試合数 勝率
レディング イングランドの旗 1999年10月13日 2003年9月10日 &0000000000000212000000212 &0000000000000102000000102 &000000000000005200000052 &000000000000005800000058 &000000000000004810999948.11
ウェストハム・U イングランドの旗 2003年10月20日 2006年12月11日 &0000000000000163000000163 &000000000000006700000067 &000000000000003800000038 &000000000000005800000058 &000000000000004110000041.10
チャールトン・A イングランドの旗 2006年12月26日 2008年11月22日 &000000000000009000000090 &000000000000002800000028 &000000000000002600000026 &000000000000003600000036 &000000000000003110999931.11
サウサンプトン イングランドの旗 2009年7月17日 2010年8月30日 &000000000000006400000064 &000000000000003400000034 &000000000000001700000017 &000000000000001300000013 &000000000000005313000053.13
ニューカッスル・U イングランドの旗 2010年12月9日 在任中 &000000000000005500000055 &000000000000002100000021 &000000000000001700000017 &000000000000001700000017 &000000000000003817999938.18
通算 &0000000000000583000000583 &0000000000000252000000252 &0000000000000149000000149 &0000000000000182000000182 &000000000000004321999943.22

タイトル[編集]

選手時代[編集]

  • クリスタル・パレスFC
FAカップ 準優勝 : 1990
フットボールリーグ2 プレーオフ優勝 : 1988-1989

指導者時代[編集]

  • レディングFC
フットボールリーグ2 準優勝: 2001-2002
  • ウェストハム・ユナイテッドFC
FAカップ 準優勝 : 2006
フットボールリーグ・チャンピオンシップ プレーオフ優勝 : 2005
  • サウサンプトンFC
フットボールリーグトロフィー 優勝 : 2010

脚注[編集]

  1. ^ a b c Henderson, Jon (2006年5月7日). “Rise of the part-timer who almost quit”. The Guardian (London). http://football.guardian.co.uk/News_Story/0,,1769561,00.html 2007年11月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f Pardew's Charlton profile”. チャールトン・アスレティックFC公式サイト. 2007年11月16日閲覧。
  3. ^ Shaw, Phil (1995年6月26日). “No picnic for English clubs by the sea”. London: The Independent. http://www.independent.co.uk/sport/no-picnic-for-english-clubs-by-the-sea-1588438.html 2009年11月7日閲覧。 
  4. ^ Tottenham Hotspur FC profileUEFA.com、2000年1月1日
  5. ^ Alan Pardew managerial profile”. League Managers Association. 2007年9月21日閲覧。
  6. ^ “Pardew free to join West Ham”. BBC Sport. (2003年9月18日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/w/west_ham_utd/3120534.stm 2007年8月26日閲覧。 
  7. ^ “Crystal Palace 1–0 West Ham”. BBC Sport. (2004年5月29日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_div_1/3750773.stm 2007年8月26日閲覧。 
  8. ^ “Hammers boss feels the pressure”. BBC Sport. (2005年1月24日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/w/west_ham_utd/4201197.stm 2007年8月26日閲覧。 
  9. ^ “West Ham 1–0 Preston”. BBC Sport. (2005年5月30日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_div_1/4573799.stm 2007年8月26日閲覧。 
  10. ^ “Liverpool 3–3 West Ham”. BBC Sport. (2006年5月13日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/fa_cup/4756045.stm 2007年8月30日閲覧。 
  11. ^ “Palermo 3-0 West Ham (agg: 4-0)”. BBC Sport. (2006年9月26日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/5384280.stm 2010年12月13日閲覧。 
  12. ^ “Pardew humiliated after cup exit”. BBC Sport. (2006年10月25日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/w/west_ham_utd/6082588.stm 2007年8月30日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f 「ニューカッスルが『98%』不満な監督交代」footballista、ソルメディア、2010年12月22日号、33頁
  14. ^ Sinnott, John (2006年10月12日). “Pardew backed by West Ham bidder”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/w/west_ham_utd/6041932.stm 2007年9月21日閲覧。 
  15. ^ West Ham United Club Statement ウェストハム・U 公式サイト、2006年12月11日
  16. ^ Reed Leaves Charlton Sporting Life、2006年12月24日
  17. ^ Dean Kiely on Charlton's troubles BBC Sport
  18. ^ “Pardew admits Charlton frailties”. BBC Sport. (2007年5月8日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/c/charlton_athletic/6633503.stm 2007年9月21日閲覧。 
  19. ^ “Charlton 2-5 Sheff Utd”. BBC Sport. (2008年11月22日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_div_1/7727279.stm 2010年12月9日閲覧。 
  20. ^ Turbervill, Huw (2008年11月22日). “Alan Pardew and Charlton Athletic go their separate ways”. London: Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/sport/football/teams/charlton-athletic/3503383/Alan-Pardew-and-Charlton-Athletic-go-their-separate-ways-Football.html 2010年12月9日閲覧。 
  21. ^ Pardew and Charlton part company BBC Sport、2000年1月1日
  22. ^ “Southampton name Pardew as boss”. BBC Sport. (2009年7月17日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/southampton/8155056.stm 2009年7月16日閲覧。 
  23. ^ Wilson, Jeremy (2010年8月31日). “Southampton sack Alan Pardew due to concern over staff morale at St Mary’s”. London: Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/sport/football/teams/southampton/7971476/Southampton-sack-Alan-Pardew-due-to-concern-over-staff-morale-at-St-Marys.html 2010年8月31日閲覧。 
  24. ^ Fletcher, Paul (2010年8月30日). “Pardew sacking at Saints raises eyebrows”. BBC Sport. 2010年8月31日閲覧。
  25. ^ “BBC Sport - Football - Southampton sack manager Pardew”. BBC News. (2010年8月30日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/s/southampton/8954162.stm 2010年8月30日閲覧。 
  26. ^ Official Club Statement”. Southampton FC (2010年8月30日). 2010年8月31日閲覧。
  27. ^ “Boss Chris Hughton sacked by Newcastle United”. BBC Sport. (2010年12月6日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/n/newcastle_united/9261212.stm 2010年12月6日閲覧。 
  28. ^ Parrish, Rob (2010年12月9日). “Pardew lands Newcastle job”. SkySports. http://www.skysports.com/story/0,19528,11678_6563242,00.html 2010年12月9日閲覧。 
  29. ^ Geordie、ニューカッスル・Uが本拠地を置くタイン川流域地方出身者のこと
  30. ^ Stewart, Rob (2010年12月9日). “Alan Pardew confirmed as Newcastle manager until 2016”. The Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/teams/newcastle-united/8190898/Alan-Pardew-confirmed-as-Newcastle-manager.html 2010年12月9日閲覧。 
  31. ^ “Pardew admits other bosses question his Newcastle move”. BBC Sport. (2010年12月9日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/n/newcastle_united/9273388.stm 2010年12月9日閲覧。 
  32. ^ McNulty, Phil (2010年12月11日). “Newcastle 3 - 1 Liverpool”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_prem/9268294.stm 2010年12月12日閲覧。 
  33. ^ Posted '+ dateCreated +' (2011年1月5日). “Football News | Match Report | Newcastle v West Ham - 5th January 2011”. Sky Sports. http://www.skysports.com/football/match_report/0,19764,11065_3284042,00.html 2011年1月10日閲覧。 
  34. ^ “Newcastle United | News | Latest News | Latest News | Carver appointed”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/football/2011/jan/18/newcastle-john-carver-alan-pardew 2011年1月11日閲覧。 
  35. ^ “Newcastle United | Football | Premier League | Pardew apologises for upset”. Sky Sports. (2011年1月8日). http://www.skysports.com/story/0,19528,11678_6642955,00.html 2011年1月10日閲覧。 
  36. ^ 「ユナイテッド、最下位に… 25戦目の初黒星」footballista、ソルメディア、2011年2月16日号、23頁
  37. ^ Newcastle United | News | Latest News | Latest News | The Best Comeback Ever - Leon”. Nufc.co.uk. 2011年2月11日閲覧。
  38. ^ Football | Barclays Premier League | Andrew Leci: Goals Galore!”. Espnstar.Com. 2011年2月11日閲覧。
  39. ^ Edwards, Luke (2011年10月16日). “Newcastle United 2 Tottenham Hotspur 2: match report”. London: Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/premier-league/8827582/Newcastle-United-2-Tottenham-Hotspur-2-match-report.html 2011年10月17日閲覧。 
  40. ^ 「相次ぐ主力放出を補って余りあるキャバイェ→バのホットライン」footballista、ソルメディア、2011年11月23日号、8頁
  41. ^ 「ナンバー1堅守を、スローインから攻略。マンCの破壊力がただ際立つ」footballista、ソルメディア、2011年11月30日号、23頁
  42. ^ 「警告8人&退場1人、いつも通りの肉弾戦 『11人』ニューカッスルが劇的に追いつく」footballista、ソルメディア、2012年3月14日号、5頁
  43. ^ “ニューカッスル、監督が相手選手に頭突き クラブが1700万円の罰金”. Goal. (2014年3月2日). http://www.goal.com/jp/match/109592/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3-vs-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%AB/report 2014年3月12日閲覧。 
  44. ^ “頭突きのパーデュー、ベンチ入り禁止は7試合”. Goal. (2014年3月12日). http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/03/12/4677609/%E9%A0%AD%E7%AA%81%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E5%85%A5%E3%82%8A%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AF%EF%BC%97%E8%A9%A6%E5%90%88?ICID=OP 2014年3月12日閲覧。 

外部リンク[編集]