クリス・ヒュートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ヒュートン Football pictogram.svg
Lewes 0 BHA 0 18 July 2015-1173 (19874711811).jpg
2015年のヒュートン
名前
本名 クリストファー・ウィリアム・ジェラード・ヒュートン
Christopher William Gerard Hughton
ラテン文字 Chris HUGHTON
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1958-12-11) 1958年12月11日(59歳)
出身地 ロンドン ニューハム区フォレスト・ゲート
身長 170cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF (SB)
利き足 両足
ユース
1970-1977 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1990 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー 297 (12)
1990-1992 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド 33 (0)
1992-1993 イングランドの旗 ブレントフォード 32 (0)
1977-1993 通算 362 (12)
代表歴
1979-1991 アイルランドの旗 アイルランド 53 (1)
監督歴
1997 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー (代行)
1998 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー (代行)
1998-2007 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー (アシスタント)
2003-2005 アイルランドの旗 アイルランド (アシスタント)
2008 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド (代行)
2009-2010 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッド
2011-2012 イングランドの旗 バーミンガム・シティ
2012-2014 イングランドの旗 ノリッジ・シティ
2014- イングランドの旗 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリストファー・ウィリアム・ジェラード "クリス"・ヒュートンChristopher William Gerard "Chris" Hughton, 1958年12月11日 - )は、イングランドニューハム区フォレスト・ゲート出身の元サッカー選手、元アイルランド代表。現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(サイドバック)。

左サイドバックとして、20歳の時にトッテナム・ホットスパーFCでプロキャリアを開始すると、キャリアの大半である1990年までの13年間を同クラブで過ごしたが、その後のウェストハム・ユナイテッドFCブレントフォードFCでは、それぞれ短期間の在籍に終わり、1993年に34歳で現役引退をした。アイルランド代表としては、1979年に初の黒人との混血の選手[1]として初出場を飾って以来、53試合に出場しており、UEFA欧州選手権1988では全3試合に先発した。

1999年から2007年までを古巣トッテナムでコーチと助監督として研鑽を積んだ後、ニューカッスル・ユナイテッドFCで2度の監督代行を経て、チャンピオンシップ (2部) 降格後に正式に同クラブのトップチームの監督に就任する。チャンピオンシップでは、最優秀監督賞を受賞する程の手腕で優勝共にプレミアリーグ (1部) 復帰に導いたが、翌2009-10シーズンの12月に苦戦をしていたところでマイク・アシュリー会長によって解任された。その後、バーミンガム・シティFCで指揮を執り、4位でシーズンを終えると、2012年6月からノリッジ・シティFCの監督に就任し、解任される2014年4月まで指揮をした[2]

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

13歳の時にトッテナム・ホットスパーFCの下部組織に入団、16歳でアマチュア契約[3]、1977年に同クラブのトップチームとプロ契約を締結する[4]。1979年にフットボールリーグカップマンチェスター・ユナイテッドFCとの第2回戦で左サイドバックとしてプロ初出場を飾り[5]、以来、トッテナムで公式戦398試合19得点を記録し、クラブ史上最高のサイドバックの1人として認識されている[6]。1981年と1982年にFAカップ、1984年にUEFAカップのタイトルを獲得し、1982年のリーグカップと1987年のFAカップは準優勝だった[5]

1990年11月、自身の生家に程近いウェストハム・ユナイテッドFCへ期限付き移籍を経て、負傷したジュリアン・ディックス (en) の代役としてウェストハムに完全移籍をする[4]。ウェストハムでは2季在籍で公式戦43試合0得点を記録し、1991年にはディビジョン2からディビジョン1に昇格をしている。1992年に自由契約でブレントフォードFCへ移籍して1季在籍34試合に出場した後、膝の負傷によって34歳で現役引退をした[7]

代表[編集]

イギリスに生まれながらも、アイルランド人の母とガーナ人の父を持つ[1]ためにアイルランド代表での出場資格を有しており、代表史上初の黒人選手として1979年のアメリカ戦での初出場から53試合に出場し[8]1982 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選英語版キプロス戦において初にして自身唯一の得点を記録する。UEFA欧州選手権1988では3試合全てに出場したが、1990 FIFAワールドカップでは若手スティーヴ・ストーントンの台頭から出場機会が訪れることはなかった[9]

2012年12月アイリッシュ・インデペンデント紙による最高のアイルランドのサッカー選手ベスト50で34位に名前を連ねた[10]

指導者時代[編集]

トッテナム・ホットスパー[編集]

1993年6月からトッテナム・ホットスパーFCで指導者としてのキャリアを開始し、2007年10月までレイ・クレメンスダグ・リヴァーモア (en)、オズワルド・アルディレスジェリー・フランシス (en) 、クリスティアン・グロス (en) 、ジョージ・グラハムグレン・ホドルデイヴィッド・プリート (en) 、ジャック・サンティニマルティン・ヨルといった10人の監督の下で働く中、最初はU-21チームを担当し、1999年からリザーブチーム、それから2年後にトップチームのコーチを務めていた。また、1997年11月にフランシス監督解任となると、グロス監督が就任するまでの1試合[7]、グロス監督解任後の1998年9月からグラハム監督が就任する1998年10月までをプリート・ディレクターと共に代行監督として指揮していた[11]。2007年10月25日、本拠地でのUEFAカップ 2007-08ヘタフェCF戦で敗戦すると、ヨル監督と共に解任となった[12]

トッテナムでコーチを務める傍ら、2003年2月からブライアン・カー (en) 監督率いるアイルランド代表で助監督を務めていた[13]が、2006 FIFAワールドカップ出場を逃した為にカー監督と共に非契約となった[14][15]

ニューカッスル・ユナイテッド[編集]

2008年2月22日にニューカッスル・ユナイテッドFCデニス・ワイズディレクターによって、ケヴィン・キーガン監督率いるトップチームのコーチとして任命され、スティーヴ・ラウンド (en)と共に守備を担当することになる[16]。なお、就任最初の試合は奇しくも古巣トッテナムであり、敵地ホワイト・ハート・レーンにおいて4-1で勝利している[17]。2008年9月8日、キーガン監督を始め、テリー・マクダーモット (en) アシスタントとアダム・サドラー (Adam Sadler) リザーブ監督が解任されたのに伴い、監督代行に就任した[18]が、リーグでは昇格組のハル・シティAFCに破れ[19]フットボールリーグカップではトッテナム相手に敗退した[20]ように、4戦全敗でジョー・キニアー (en) 監督と交代した。その後、トップチームのコーチにコリン・カルダーウッドが就任したことに伴い、自身は2009年1月26日に助監督に昇進することになったが、2月のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦を前にしてキニアー監督が病気を患ったことで急遽代役を務めることになり、3-2の勝利を収めた[21]。翌週にはキニアー監督が心臓のバイパス手術が必要なことが判明した為、数週間から数ヶ月の間をカルダーウッドとポール・バロン (en) 両コーチと連携して指揮を執ることになったものの、ボルトン、マンチェスター・ユナイテッドFCアーセナルFCに破れ、エヴァートンFCとハル・シティには引き分けと再び1勝も挙げることが出来ず、2009年4月1日にクラブがアラン・シアラーを暫定監督に据えることに決定したことで、自身は監督代行からアシスタントに就任し、2008-09シーズン終了までシアラー監督を支えることになった[22]

2008-09シーズン終了後にチームがチャンピオンシップ (2部) 降格となると、6月30日にシアラー監督の後任として再び監督代行に就任することが決定する[23]。開幕戦の敵地でのウェスト・ブロムウィッチ戦 (1-1) で引き分け、続く本拠地でのレディングFC戦 (3-0) でショラ・アメオビハットトリックによって勝利を収めると、次のシェフィールド・ウェンズデイFC戦 (1-0) では新加入ダニー・シンプソンの活躍で勝利といった具合に無敗を継続させる好調なスタートを切る中、自由移籍でペーター・レーヴェンクランズファブリス・パンクラト (en) をチームに迎え、更にズラブ・ヒザニシヴィリマーロン・ヘアウッドを期限付き移籍で獲得した。

正式な監督に
2010年にニューカッスル・ユナイテッドFCで指揮するヒュートン

代行監督ながらも2009年8月度[24]、9月度と2ヶ月連続で最優秀監督に選出される[25]手腕が評価され、2009年10月28日に正式な監督として1年半の契約を勝ち取ることに成功した[26]デレク・ランビアスマネージング・ディレクターから「彼は素晴らしい仕事をしており、今後の成功も祈っている」との期待に対し[26]、11月に月間最優秀監督に選出される[27]形で応えていったヒュートンは、チームを更なる高みへ導く為、2010年1月の移籍市場において、マイク・ウィリアムソンウェイン・ルートリッジ (en) 、レオン・ベストの完全移籍に加え、フィッツ・ホール (en) とパトリック・ファン・アーンホルトを期限付き移籍で獲得して選手層を厚くした。4月5日のシェフィールド・ユナイテッドFC戦を前にして、ノッティンガム・フォレストFCカーディフ・シティに0-0で引き分けたことでチームのプレミアリーグ昇格が決定することになったが、同試合 (2-1) をレーヴェンクランズのペナルティーキックケヴィン・ノーランオーバーヘッドキックで1季、更にカップ戦を含む公式戦における本拠地での試合が無敗という好成績でプレミアリーグ復帰を祝う[28][29]と、19日のプリマス・アーガイルFC戦 (2-0) でも勝利を収めてチャンピオンシップ優勝のタイトルを獲得した[30]

プレミアリーグに向け、ソル・キャンベルダン・ゴスリングジェームズ・パーチで補強して迎えた2010-11シーズンは、本拠地での最初の試合であるアストン・ヴィラFC戦 (6-0) においてアンディ・キャロルのハットトリック、ノーランの2得点、ジョーイ・バートンの1得点で大勝[31]し、その後に獲得したシェイク・ティオテハテム・ベン・アルファがすぐさま馴染んだこともあり、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦 (1-1) で引き分け、敵地でのエヴァートン戦で勝利、サンダーランドAFCとのタイン・ウェア・ダービーでは5-1の大差で勝利を収めた[32]ことで10月末の時点でチーム9位に付けており、その手腕に選手とファンの両方から大きな支持を得る[32]中、次のエミレーツ・スタジアムでのアーセナル戦 (1-0)では、キャロルの決勝点で5年振りの勝利を収めた。

2011年、バーミンガム・シティFCで指揮するヒュートン

当初チームは好調を維持していたものの、その後、12月のウェスト・ブロムウィッチ戦に敗北したことにより、直近5試合で3敗目を喫し、降格圏から勝ち点4差の11位となると、ランビアスMDから「より監督経験が豊富な人物が必要」との理由で解任となった[33]。この決定にCBのキャンベルは「全く理解出来ない」と語っており[34]、また、カルダーウッド監督[35]とシアラー監督[36]といったニューカッスルで指揮した両名がチームの決定に失望する以外にも元トッテナム会長のアラン・シュガー卿が非難し[37]、マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンドTwitter上で驚きの声を投稿する[38]等、ヒュートン解任はチーム内外に衝撃を与え、ニューカッスルのファンに至っては、12月11日のリヴァプールFC戦前にセント・ジェームズ・パークに集結してアシュリー会長へ抗議をした[39]

バーミンガム・シティ[編集]

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン[40]ウェストハム・ユナイテッドFC[41]カーディフ・シティFC[42]といった様々なクラブでの就任の憶測後、2011年6月にチャンピオンシップのクラブにしてフットボールリーグカップ王者のバーミンガム・シティFCの監督に就任した[43]。バーミンガム・シティでは、クラブ史上50年ぶりの欧州カップ戦となるUEFAヨーロッパリーグ 2011-12予選でスーペル・リーガ (ポルトガル1部) のCDナシオナルを3-0で下して本大会進出に導く[44]と、リーグ戦においては10月の試合で4試合1分の好成績を残したことで月間最優秀監督賞を受賞する良いスタートを切った。最終的にチームはFAカップで5回戦まで進出して再戦まで持ち込むも、チェルシーFC相手に0-2で敗北[45]し、リーグ戦では4位でプレーオフ進出するも、準決勝のブラックプールFC戦 (2試合合計2-3) で敗退した[46]

ノリッジ・シティ[編集]

2011-12シーズン終了後、バーミンガム・シティ側が交渉の許可を与えたことで、空席となっているノリッジ・シティFCの監督に2011年6月に3年契約で就任することが決定する[47]。開幕戦のウェストハム戦 (0-5) でこそ大敗した[48]が、その後、アーセナル[49]やマンチェスター・ユナイテッド[50]といった強豪相手にそれぞれ1-0で勝利を収めると、リーグカップ王者のトッテナム・ホットスパーFC戦 (2-1) も1点差で下す[51]等、度々番狂わせを起こしており、正GKジョン・ラディが負傷による5ヶ月離脱の影響もあってシーズン後半戦から調子を落とし、苦戦を強いられながらもシーズン終盤のウェスト・ブロムウィッチ戦とマンチェスター・シティFC戦で2連勝したことで11位で2012-13シーズンを終了した[52]

2013-14シーズンは、夏の移籍市場において2700万ポンド以上を支出[53]し、特に主軸だったFWグラント・ホルト (en) の穴埋めとして、ギャリー・フーパーリッキー・ファン・ウォルフスウィンケルヨハン・エルマンデルといったFWを重点的に補強をして開幕を迎えた。しかし、新戦力3名で合計7得点と結果を残せず[53]、また、チーム全体としても僅か26得点しか奪えなかったことも影響してチームは低迷しており、残留争いのライバルであるウェスト・ブロムウィッチ戦で敗北したことによって直近6試合で4敗と不振を極めると、2014年4月6日にシーズン残り5試合を残して解任された[54]。ノリッジ・シティ退団後は、プレミアリーグの様々なクラブからアシスタントとしてのオファーがあったが、拒否している[55]

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン[編集]

2014年12月31日、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCと3年半の契約を結び監督に就任した[56]

私生活[編集]

ガーナ人と父とアイルランド人の母の下[1]ロンドンフォレスト・ゲートに生まれる。地元の聖ボナヴェントゥラ学校で教育を受け[57]トッテナム・ホットスパーFCでプロに転向するまではリフトエンジニアとして4年間見習いとして働き、また、労働者革命党の出版物The News Lineでコラムを執筆していた[3]。その後、4人の子供を授かると、息子の1人シアン (en) は、U-21アイルランド代表経験を持つプロサッカー選手として活動し、自身がバーミンガム・シティFCで指揮を執っている2012年に息子を獲得した[58]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[59]

所属クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
トッテナム・ホットスパー 1977-78 ディビジョン2 0 0 0 0 - - 0 0
1978-79 ディビジョン1 0 0 0 0 0 0 - 0 0
1979-80 39 1 6 0 2 0 - 47 1
1980-81 34 1 6 1 6 0 - 46 2
1981-82 37 2 7 0 8 1 8 0 60 3
1982-83 38 3 3 0 4 0 3 1 48 4
1983-84 34 3 1 0 3 0 12 2 50 5
1984-85 31 1 3 0 4 1 7 1 45 3
1985-86 33 1 4 0 6 0 - 43 1
1986-87 9 0 2 0 0 0 - 11 0
1987-88 13 0 2 0 1 0 - 16 0
1988-89 21 0 1 0 0 0 - 22 0
1989-90 8 0 1 0 1 0 - 10 0
合計 297 12 35 1 36 2 30 4 398 19
ウェストハム・ユナイテッド 1990-91 ディビジョン2 32 0 7 0 - - 39 0
1991-92 ディビジョン1 1 0 0 0 0 0 - 1 0
合計 33 0 7 0 0 0 - 40 0
ブレントフォード 1991-92 ディビジョン3 12 0 - - 12 0
1992-93 ディビジョン2 20 0 - - 20 0
合計 32 0 - - 32 0
キャリア通算成績 362 12 42 1 36 2 30 4 463 19

代表での成績[編集]

出典:[59]

アイルランド代表
出場 得点
1979 1 0
1980 7 1
1981 4 0
1982 2 0
1983 5 0
1984 3 0
1985 6 0
1986 3 0
1987 2 0
1988 7 0
1989 5 0
1990 6 0
1991 2 0
Total 53 1

代表での得点[編集]

監督成績[編集]

match played 5 April 2014現在[60][61]
クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
トッテナム・ホットスパーFC 1997年11月20日 1997年11月25日 1 0 0 1 000.00
トッテナム・ホットスパーFC 1998年9月7日 1998年10月1日 6 3 2 1 050.00
ニューカッスル・ユナイテッドFC 2008年9月8日 2008年9月29日 4 0 0 4 000.00
ニューカッスル・ユナイテッドFC 2009年2月7日 2009年4月2日 6 1 2 3 016.67
ニューカッスル・ユナイテッドFC 2009年6月1日 2010年12月6日 70 39 17 14 055.71
バーミンガム・シティFC 2011年6月22日 2012年6月7日 62 26 21 15 041.94
ノリッジ・シティFC 2012年6月7日 2014年4月6日 82 24 23 35 029.27
Total 231 93 65 73 40.26

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ

トッテナム・ホットスパーFC

ブレントフォードFC

監督時代[編集]

クラブ

ニューカッスル・ユナイテッドFC

個人

脚注[編集]

  1. ^ a b c "Ireland’s first World Cup team – where are they now?"
  2. ^ "Chris Hughton: Norwich sack manager and appoint Neil Adams"
  3. ^ a b "Hughton's steady presence restores order on Tyneside"
  4. ^ a b "EXCLUSIVE: Former Tottenham No.2 Chris Hughton reveals why he's not bitter after surviving seven different managers at White Hart Lane"
  5. ^ a b "New Norwich City manager Chris Hughton factfile"
  6. ^ "Chris Hughton" tottenhamhotspur.com
  7. ^ a b "The great survivor: Chris Hughton's career in football"
  8. ^ "Football: I'd love to manage Ireland, but I almost ended up playing for ENGLAND; XCLUSIVE: CHRIS HUGHTON ON HOW FATE DETERMINED HIS LIFE IN FOOTBALL" thefreelibrary.com
  9. ^ "Republic of Ireland honour for Norwich City boss Chris Hughton"
  10. ^ "Republic of Ireland honour for Norwich City boss Chris Hughton"
  11. ^ "Gross leaves struggling Spurs"
  12. ^ "Spurs confirm Jol sacking"
  13. ^ "Hughton's Irish honour"
  14. ^ "Kerr saddened by departure"
  15. ^ "Hughton expected to lose Ireland job"
  16. ^ "Hughton poised for Newcastle role"
  17. ^ "Tottenham 1-4 Newcastle" BBC Sport
  18. ^ "Hughton handed Magpies reins"
  19. ^ "Newcastle 1-2 Hull" BBC Sport
  20. ^ "Newcastle 1-2 Tottenham" BBC Sport
  21. ^ "West Brom 2-3 Newcastle"
  22. ^ "Shearer confirmed as Magpies boss"
  23. ^ "Newcastle players return to Ashley in situ and Hughton as caretaker"
  24. ^ "Ameobi and Hughton clinch awards"
  25. ^ "Best awarded player of the month"
  26. ^ a b "Mike Ashley takes Newcastle off market as Chris Hughton is appointed manager"
  27. ^ "Chris Hughton, Lee Clark and Ronnie Moore win awards"
  28. ^ "Newcastle United 2 Sheffield United 1: match report" telegraph
  29. ^ "Newcastle United secure promotion to Premier League"
  30. ^ "Plymouth 0-2 Newcastle" BBC Sport
  31. ^ "Newcastle 6-0 Aston Villa" BBC Sport
  32. ^ a b "Chris Hughton holds all the aces after Newcastle hammer Sunderland"
  33. ^ "Newcastle bring end to Hughton reign"
  34. ^ "Boss Chris Hughton sacked by Newcastle United"
  35. ^ "Colin Calderwood shocked by Chris Hughton sacking"
  36. ^ "Alan Shearer dismayed at Newcastle firing Chris Hughton"
  37. ^ "Chris Hughton not treated 'decently' by Mike Ashley - Lord Alan Sugar"
  38. ^ "Paying the price"
  39. ^ "Fans protest over Newcastle United sacking of Hughton"
  40. ^ "Chris Hughton set to take West Bromwich Albion manager's job"
  41. ^ "Defiant Kevin Keen wants to be West Ham manager"
  42. ^ "Who is next for the Cardiff City manager's job?"
  43. ^ "Birmingham appoint Chris Hughton as their new manager"
  44. ^ "Nathan Redmond leads rampant Birmingham City to win over Nacional"
  45. ^ "Birmingham 0–2 Chelsea" BBC Sport
  46. ^ "Birmingham C 2-2 Blackpool (2-3)" BBC Sport
  47. ^ "Chris Hughton appointed as new Norwich City manager"
  48. ^ "Fulham 5-0 Norwich" BBCスポーツ
  49. ^ "Norwich 1-0 Arsenal" BBCスポーツ
  50. ^ "Norwich 1-0 Manchester United" BBCスポーツ
  51. ^ "Norwich 2-1 Tottenham" BBCスポーツ
  52. ^ "Premier League report card: 11th to 20th"
  53. ^ a b "Norwich City sack Chris Hughton: Norwich announce manager has left the club and has been replaced by 'progressive' youth coach Neil Adams"
  54. ^ "Chris Hughton: Norwich sack manager and appoint Neil Adams"
  55. ^ "Keith Curle: I’ve not seen anything to suggest ‘Rooney Rule’ would work"
  56. ^ Chris Hughton named new Brighton & Hove Albion manager”. BBC Sport (2014年12月31日). 2015年10月17日閲覧。
  57. ^ "Why school's never out for Jermain"
  58. ^ "Chris Hughton on signing son Cian for Birmingham City"
  59. ^ a b Chris Hughton”. 11v11.com. 2014年12月27日閲覧。
  60. ^ Managers: Chris Hughton”. Soccerbase. Centurycomm. 2014年12月27日閲覧。
  61. ^ Football: Chris Hughton”. footballdatabase.eu. 2014年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]