パット・ボナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パット・ボナー Football pictogram.svg
名前
本名 パトリック・ジョセフ・ボナー
ラテン文字 Pat Bonner
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 1960年5月24日(53歳)
出身地 クロウグラス
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1995 スコットランドの旗 セルティックFC 483 (0)
代表歴
1981-1995 アイルランドの旗 アイルランド 80 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

パトリック・ジョセフ"パット"ボナー(Patrick Joseph "Pat" Bonner, 1960年5月24日 - )は、アイルランドの元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはGK

経歴[編集]

ボナーはアイルランド共和国ドニゴール州のクロウグラスで生まれた。イングランドレスター・シティの下部組織でサッカーを学び、1978年5月14日にスコティッシュ・プレミアリーグセルティックFCへ入団した。ボナーはデビュー以来、一貫してセルティックでプレーを続けリーグ通算483試合出場を含め642試合に出場した。セルティックではリーグ優勝5回(1979, 1981, 1982, 1986, 1988)、スコティッシュカップ優勝5回(1980, 1985, 1988, 1989, 1995)に貢献した。そして1995年のスコティッシュ・カップ決勝を最後に現役を引退した。

アイルランド代表としては、1981年5月24日に敵地のブィドゴシュチュで行われたポーランド戦で代表デビュー。同国は1980年代後半からジャッキー・チャールトン監督の指導の下で急速に実力を付け、1988年のUEFA欧州選手権1988ではイングランドを下し、優勝したオランダをギリギリまで追い詰めるなど旋風を起こした。続く1990年のFIFAワールドカップ・イタリア大会ではベスト8進出、1994年のFIFAワールドカップ・アメリカ大会では1次リーグ初戦でイタリアを破る活躍でベスト16進出を成し遂げた。ボナーは1995年に代表から退くまで国際Aマッチ80試合に出場した。

引退後は指導者の道へ進み、アイルランドサッカー協会でゴールキーパーコーチを担当していたが、2003年2月2日に同協会のテクニカルディレクターに就任した。また、彼はTV3アイルランドのサッカー解説者としても活躍している。

エピソード[編集]

  • 息子のアンドリュー・ボナーもサッカー選手で、父親とは違いFWとしてプレーをしている。

外部リンク[編集]