ジェイソン・マカティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェイソン・マカティア Football pictogram.svg
McAteer, Jason.jpg
マカティア (2013)
名前
本名 ジェイソン・ウィン・マカティア
Jason Wynne McAteer
愛称 トリガー[1]
ラテン文字 Jason McAteer
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
イギリスの旗 イギリス
生年月日 (1971-06-18) 1971年6月18日(47歳)
出身地 イングランドの旗 バーケンヘッドトレンメア
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1990-1992 イングランドの旗 マリン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1995 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ 114 (8)
1995-1999 イングランドの旗 リヴァプール 100 (3)
1999-2001 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズ 72 (4)
2001-2004 イングランドの旗 サンダーランド 53 (5)
2004-2007 イングランドの旗 トレンメア・ローヴァーズ 81 (4)
1992-2007 合計 420 (24)
代表歴
1994 アイルランドの旗 アイルランド B 1 (0)
1994-2004 アイルランドの旗 アイルランド 52 (3)
監督歴
2005-2007 イングランドの旗 トレンメア・ローヴァーズ (選手兼任コーチ)
2006 イングランドの旗 トレンメア・ローヴァーズ (監督代行)
2009 イングランドの旗 トレンメア・ローヴァーズ (アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェイソン・ウィン・マカティアJason Wynne McAteer, 1971年6月18日 - )は、イングランドバーケンヘッドトレンメア出身の元サッカー選手、元アイルランド代表。ポジションは主にセントラル・ミッドフィルダーだが、時に右サイドハーフやサイドバックも務めた。

マカティアのキャリアにおいて、ボルトン・ワンダラーズFCリヴァプールFCブラックバーン・ローヴァーズFCサンダーランドAFCトレンメア・ローヴァーズFCと5つのプロクラブを総移籍金900万ポンドで渡り歩き、代表ではアイルランド代表として50試合以上に出場。2007年6月12日に現役引退を表明した[2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

ボルトン・ワンダラーズ[編集]

ノン・リーグのマリンFCに所属時に、グラフィックデザインを学ぶ為にサッカーの奨学金でアメリカ合衆国の大学に進学し、アメリカに在住する叔父でボクサーパットの支援でアメリカで一時期生活していた[3]。しかし、ビザの調整問題からイギリスに戻ると、フィットネスを維持する為にマリンFCで訓練に取り組み、同クラブのリザーブチームにおいてランカシャー州リーグの数試合に出場していた際に、ボルトン・ワンダラーズFCフィル・ニール監督の目に留まったことで1週間のトライアル参加を打診され、ボルトンと契約することになった[3]

1992年11月28日にバーデン・パークで行われたフットボールリーグ・ディビジョン2 (3部) のバーンリーFC戦 (4-0) 戦で初出場を飾り、以来、1992-93シーズンのリーグ戦において21試合に出場し、2位での2部昇格に貢献した。その後、1993-94シーズンはFAカップ準々決勝進出、1994-95シーズンはフットボールリーグカップ37年ぶりとなる決勝戦進出に貢献しており、リーグ戦においては、前者は中位に終わったが、後者では3位でのプレーオフに進出し、1995年5月29日にウェンブリー・スタジアムで行われたレディングFCとの決勝戦を勝利で収めてプレミアリーグ (1部) 昇格を果たした。なお、同試合においてマカティアは、2点を追いかける中、マイケル・ギルクス英語版をペナルティエリア内で後ろから倒してペナルティーキックを与える失態を犯す (GKキース・ブラナガン英語版のセーブで失点にならず) 一方、ドリブル突破でチーム3点目にして逆転弾の起点となった[4]

リヴァプール[編集]

1994-95シーズン終了後にブラックバーン・ローヴァーズFCアーセナルFCリヴァプールFCからオファーをされ、1995年9月に移籍金450万ポンドでリヴァプールと契約し[5]、奇しくも昨季リーグカップ決勝戦が、対戦相手リヴァプールに対するトライアルの形となった[6]。ボルトン時代は、セントラル・ミッドフィルダーを主戦場としていたにもかかわらず、ロイ・エヴァンズ英語版監督が、中盤のコンビにジェイミー・レドナップジョン・バーンズを据え、自身は右ウイングバックにコンバートされることになった[7]が、スティーヴ・マクマナマンと右サイドで良好な関係を築き[7]、それまで右サイドを務めていたロブ・ジョーンズ英語版を左サイドに追いやるプレーを見せ、一時は16試合無敗を記録する好調なチームを支え[8]ノースウェスト・ダービーとなったマンチェスター・ユナイテッドFCとのFAカップ決勝戦にも右ウイングバックとして先発を務めた。しかし、同試合は守備に奔走していたことで攻撃にはなかなか参加出来ず、また、目の前で放たれたエリック・カントナの決勝点をジャンプするも、防げなかった[9]

1996-97シーズンも主力としてプレーする。1997-98シーズンは、1998年1月下旬のブラックバーン戦において足を骨折[10]して約3ヶ月の離脱となったが、先発復帰した5月のウェストハム・ユナイテッドFC戦において2得点を挙げた[11]。1999年1月24日、マンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ4回戦では、負傷したポール・インスとの交代で出場した際には、自身が渇望するセントラル・ミッドフィルダーでプレーすることになったが、これがリヴァプールで最後の試合となった[7]

リヴァプールでの3シーズン半では、本職のセントラル・ミッドフィルダーと違い右ウイングバックや右サイドバックを主戦場とし、139試合6得点を記録する。また、当時は派手なライフスタイルで揶揄されたスパイス・ボーイズの一員[12]として、ディビッド・ジェームス、レドナップ、ロビー・ファウラー、マクマナマンらとタブロイドを賑わした。

ブラックバーン・ローヴァーズ[編集]

1998-99シーズンに就任したジェラール・ウリエ監督の構想外となった影響から、1999年1月下旬に移籍金400万ポンドでブラックバーン・ローヴァーズFCと4年半契約を締結する[13]も、低迷するチームを立て直す為に獲得を望んだブライアン・キッド英語版監督の期待に応えられず、シーズン終了後のチャンピオンシップ (2部) に降格する。2000-01シーズンにプレミアリーグ帰還に貢献したが、1999-2000シーズン途中に就任したグレアム・スーネス監督就任以来、地位を確立するのに苦戦し[14]2001-02シーズンには出場機会を得ることも難しくなっており、9月8日のサンダーランドAFC戦において交代出場するまでシーズン初出場は訪れなかった[15]。半ば構想外にあって、中盤に多くの負傷者が続出した為[16]に、22日のエヴァートンFC戦で初先発を務めて良いパフォーマンスを見せたが、状況は好転せずにいた[17]

サンダーランド[編集]

2002 FIFAワールドカップが近付く中、代表での地位を考えた末に出場機会を最優先[18]し、2001年10月19日に移籍金100万ポンドでサンダーランドAFCと3年契約を締結する[19]。10月22日のミドルズブラFC戦での初出場[20]以来、サイドハーフを定位置を掴み、負傷が相次ぐ際には本職のセントラル・ミッドフィルダーでもプレーし[21]、3月の古巣ボルトン戦において初得点を挙げる[22]と、イエローカードの累積警告による出場停止が明けた23日のサウサンプトンFC戦でも得点した[23]

加入1季目の2001-02シーズンは主力として27試合に出場したが、翌2002-03シーズンは、2002年9月21日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦以来、ヘルニアの問題でチームから離脱しており[24]、10月中旬に手術を受けたにもかかわらず、12月にヘルニアが再発した[25]ことで、2003年2月16日のFAカップでのワトフォードFC戦まで復帰に時間を要した[26]。しかし、復帰3試合目のフラムFC戦でハムストリングを負傷させ[27]、シーズン終了まで再離脱となり、公式戦出場10試合に終わる[28]。その間にチームは9連敗を記録する等でチャンピオンシップへと降格した。なお、同シーズンに行われた9月のマンチェスター・ユナイテッド戦において、ロイ・キーンとのボールの競り合いで激しくなり、ファウルを巡って口論に発展した際に、キーンの暴言に「次の本でそれを書け」と言い返し、キーンの自伝を揶揄するジェスチャーをすると、この行動に激怒したキーンから自身の後頭部を肘打ちをされることになり、論争の中心となった[29]

2003-04シーズンは、代表で師事したミック・マッカーシー監督の下でマイケル・グレイ英語版の後任として主将に任命された[30]が、8月9日のノッティンガム・フォレストFC戦後にハムストリングに問題を抱えて離脱[31]し、復帰1試合目の9月13日のクリスタル・パレスFC戦中に悪化させて再離脱となった[32]。その後、11月に復帰の目処が立ったマカティアは、同月中旬のブラックバーンとのリザーブ戦でチームに復帰すると共に得点を挙げる好調さを見せる[32]と、トップチームでの復帰試合となった12月14日のウェストハム戦で得点を挙げ[33]、復帰3試合目のブラッドフォード・シティFC戦においても得点を挙げる[34]等で負傷の影響を感じさせないパフォーマンスを披露した。同シーズンは、32歳という年齢を理由に、それまで務めてきたサイドハーフよりも、運動量が少ない本職のセントラル・ミッドフィルダーでのプレーを望んでおり[35]、その希望通り出場の多くを中央でプレー[36]し、プレーオフ進出に貢献する。そして、2004年5月17日のクリスタル・パレスとのプレーオフ準々決勝第2戦ではケヴィン・カイル英語版による先制点をクロスでアシストし、2-1の勝利に貢献したが、2戦合計4-4で行われたPK戦で外してしまい、チームは昇格は果たせなかった[37]

トレンメア・ローヴァーズ[編集]

2003-04シーズン終了に伴い契約満了でブラックバーンを退団した後、チャンピオンシップのレスター・シティFCシェフィールド・ユナイテッドFCからオファーが届くも、引退後に指導者への転身を考えていたマカティアは、ブライアン・リトル英語版監督の存在から、2004年7月20日にフットボールリーグ1 (3部)に所属する地元のトレンメア・ローヴァーズFCと2年契約を締結する[36]。加入初年度にもかかわらず、初出場となったプレシーズンでのラシン・サンタンデール戦から主将を任され[38]、プレーオフ進出に貢献したが、ハートルプールFCとの準々決勝第2戦において、頭を衝突したことで前半の早い段階で交代を余儀なくされ、チームとしてはPK戦で敗退となった[39]

2005-06シーズンも主将としてプレーしつつ、10月からは選手兼任コーチに就任し[40]、成績不振によってリトル監督が解任された後は、監督代行として最終節のドンカスター・ローヴァーズFC戦で指揮を執ることになる[41]。同試合では、ジョン・マクマホン英語版コーチと共に実際に指揮を執り、後半開始から自身もプレーしているが、0-2で敗北した[42]。2006年6月29日に契約を1年延長し、2006-07シーズンに就任したロニー・ムーア英語版監督下でも選手兼任コーチとして残留することになった[43]が、シーズン終了後に契約延長されることはなく、2007年5月25日に退団することになる[44]と、6月12日に現役引退を発表した[2]

2009年6月15日、リヴァプール時代の同僚のバーンズがトレンメアの監督に就任したことに伴い、アシスタントとして復帰する[45]。だが、チームは最初の11試合で僅か2勝にとどまり、リーグ最多となる26失点と低迷したことから、10月9日にバーンズ監督と共に解任された[46]

代表[編集]

イングランドに生まれながらも祖父がアイルランド出身[47]だったことで、多くのイングランド生まれの選手と同様にジャッキー・チャールトン監督によってアイルランド代表に誘われる。同時期には、イングランド代表ジミー・アームフィールド英語版コーチからテリー・ヴェナブルズ監督が自身をイングランドB代表に招集する考えであると聞かされる[47]が、1994年3月23日にランズダウン・ロードでのロシア戦でアイルランド代表として初出場を飾った[48]。右サイドハーフの位置で、ロシア戦、オランダ戦と良いパフォーマンスを見せたことで、1994 FIFAワールドカップ直前に行われたボリビア戦に向けて招集され[49]、そのまま本大会のメンバー入りを果たすと、強豪イタリアを下した試合でもプレーした。

UEFA EURO 19961998 FIFAワールドカップUEFA EURO 2000と主要大会を3度逃したが、2002 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のオランダ戦において決勝点を挙げる[50]活躍等で2002 FIFAワールドカップ出場に大きく貢献する。本大会では、直前に行われたサンフレッチェ広島との親善試合で相手DFミシェル・パンセ・ビロングのタックルによって一時は靭帯損傷の疑いもあったが、打撲で済み[51]、1試合目のカメルーン戦に先発出場した[52]。大会後、負傷の影響から、2002年9月のUEFA EURO 2004予選のロシア戦を最後に代表から遠ざかっており、2004年2月のブラジル戦において一旦復帰をした[53]が、同年9月2日に代表引退を表明した[54]

私生活[編集]

現役引退後は、様々な慈善試合に出場。また、ESPN Star SportsリヴァプールFCの公式チャンネルLFC TVで解説を務める。2013年にはリムリックで結婚式を挙げる[55]

イギリスのボクシングミドル級王者パットは叔父である[56]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[57][58]

所属クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ボルトン・ワンダラーズ 1991-92 ディビジョン2 0 0 - 0 0
1992-93 21 0 - 21 0
1993-94 ディビジョン1 46 3 - 46 3
1994-95 43 5 - 43 5
1995-96 プレミアリーグ 4 0 0 0 1 0 - 5 0
合計 114 7 0 0 1 0 - 115 8
リヴァプール 1995-96 プレミアリーグ 29 0 7 3 4 0 0 0 40 3
1996-97 37 1 2 0 4 0 8 0 51 1
1997-98 21 2 1 0 3 0 1 0 26 2
1998-99 13 0 2 0 2 0 5 0 22 0
合計 100 3 12 3 13 0 14 0 139 6
ブラックバーン・ローヴァーズ 1998-99 プレミアリーグ 13 1 0 0 0 0 0 0 13 1
1999-2000 チャンピオンシップ 28 2 1 0 0 0 - 29 2
2000-01 27 1 4 0 4 0 - 35 1
2001-02 プレミアリーグ 4 0 0 0 0 0 - 4 0
合計 72 4 5 0 4 0 0 0 81 4
サンダーランド 2001-02 プレミアリーグ 26 2 1 0 0 0 - 27 2
2002-03 9 1 1 0 0 0 - 10 1
2003-04 チャンピオンシップ 18 2 4 0 0 0 - 24[a] 2
合計 53 5 6 0 0 0 - 61 5
トレンメア・ローヴァーズ 2004-05 リーグ1 34 4 1 0 2 1 - 39[a] 5
2005-06 29 0 0 0 0 0 - 29 0
2006-07 18 0 1 0 1 0 - 22[b] 0
合計 81 4 2 0 3 1 - 90 5
キャリア通算成績 420 24 25 3 20 1 14 0 479 28
a. ^ 昇格プレーオフ2試合を含む
b. ^ フットボールリーグトロフィー2試合を含む

代表での成績[編集]

出典:[57][58]

アイルランド代表
出場 得点
1994 12 0
1995 5 0
1996 3 1
1997 5 0
1998 3 0
1999 2 0
2000 9 1
2001 5 1
2002 7 0
2003 0 0
2004 1 0
Total 52 3

代表での得点[編集]

獲得タイトル[編集]

個人

脚注[編集]

  1. ^ "‘Trigger’: Keane more suited to deputy role"
  2. ^ a b "McAteer opts to hang up his boots"
  3. ^ a b "Living out my dream; EXCLUSIVE McAteer grateful for support of family and friends through career ups and downs" thefreelibrary.com
  4. ^ "On this day in 1995: Bolton rally to seal Premier League place"
  5. ^ "McAteer opts for Liverpool"
  6. ^ "The League Cup made me - Jason McAteer"
  7. ^ a b c "Sunderland's three to watch"
  8. ^ "McAteer lives out his dream"
  9. ^ "FORMI-DOUBLE!; King Cantona does it again" thefreelibrary.com
  10. ^ "Football: Owen the winner as title rivals draw a blank"
  11. ^ "Football: Owen fires Liverpool's renaissance"
  12. ^ "James suited to dressing down for 'Spice Boys' reunion party"
  13. ^ "Houllier elbow sends McAteer to Rovers"
  14. ^ "McAteer ready to leave Ewood"
  15. ^ "McAteer dropped again by Souness"
  16. ^ "McAteer named in Blackburn squad"
  17. ^ "McAteer heading for Rovers exit"
  18. ^ "McAteer insists no fall out with Souness"
  19. ^ "Sunderland sign McAteer but miss out on Sinclair"
  20. ^ "Defeat for McAteer on Sunderland debut"
  21. ^ "McATEER FEARS MIDFIELD MISERY"
  22. ^ "McAteer makes Bolton suffer"
  23. ^ "Tessem's late reply"
  24. ^ "McAteer out for six weeks"
  25. ^ "McAteer adds to Sunderland worries"
  26. ^ "Smith piles on agony for Wilko; SUNDERLAND 0 WATFORD 1"
  27. ^ "McAteer adds to Black Cats' woes"
  28. ^ "McAteer backs McCarthy to succeed"
  29. ^ "Roy Keane gets mocked by 'hero' Jason McAteer over his latest autobiography"
  30. ^ "McAteer named Sunderland captain"
  31. ^ "McAteer makes return"
  32. ^ a b "Ready to ease back"
  33. ^ "Football: DEADLY DEFOE; WEST HAM.............3 Defoe 55, 61, Pearce 80 SUNDERLAND........2 McAteer 4, Oster 30: Jermain's double steals cream from Cats" thefreelibrary.com
  34. ^ "McAteer's strike gives Sunderland new impetus"
  35. ^ "Would I ever play again?" chroniclelive.co.uk
  36. ^ a b "Returning home to learn a Little more"
  37. ^ "Hughes hits spot for Palace"
  38. ^ "Football: MACCA SO EAGER TO GET STARTED" thefreelibrary.com
  39. ^ "Football: BRAVE HARTS; Tranmere 2 Hartlepool 0 AET (2-0 at 90 mins), 2-2 on agg: Hartlepool win 6-5 on pens" thefreelibrary.com
  40. ^ "Football: McAteer to start role; TRANMERE v COLCHESTER TODAY, 3PM" thefreelibrary.com
  41. ^ "Little leaves Tranmere"
  42. ^ "Tranmere 0, Doncaster 2 (Echo)" liverpoolecho.co.uk
  43. ^ "McAteer extends stay at Tranmere"
  44. ^ "McAteer heads Tranmere exit list"
  45. ^ "Barnes confirmed as Tranmere boss"
  46. ^ "John Barnes and Jason McAteer sacked by Tranmere Rovers"
  47. ^ a b "McAteer raises the premium"
  48. ^ "Football: Plus points please Charlton"
  49. ^ "Football: Irish warming up: Babb and McAteer add youth to Charlton's squad"
  50. ^ "McAteer's goal secures victory"
  51. ^ "McAteer winning fitness battle"
  52. ^ "McAteer may quit Ireland duty"
  53. ^ "McAteer in line for game against Brazil"
  54. ^ "McAteer steps aside"
  55. ^ "Jason McAteer ties the knot and laughs he wouldn't waste the paper to invite Roy Keane"
  56. ^ "City boxing legend dies; Jason McAteer's uncle passes away in America" thefreelibrary.com
  57. ^ a b Jason McAteer”. 11v11. 2015年2月20日閲覧。
  58. ^ a b Jason McAteer”. national football teams. 2015年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]