デヴィッド・コノリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・コノリー Football pictogram.svg
名前
本名 デイヴィッド・ジェイムズ・コノリー
David James Connolly
カタカナ デイヴィッド・コノリー
ラテン文字 David CONNOLLY
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
イギリスの旗 イギリス
生年月日 1977年6月6日(38歳)
出身地 イングランドの旗 ブレント・ロンドン特別区
ウィレスデン英語版
身長 172cm
体重 69kg
選手情報
ポジション CF
利き足 右足
ユース
0000-1994 イングランドの旗 ワトフォード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1997 イングランドの旗 ワトフォード 26 (10)
1997-2001 オランダの旗 フェイエノールト 25 (7)
1998-1999 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン (loan) 32 (6)
1999-2001 オランダの旗 エクセルシオール (loan) 48 (42)
2001-2003 イングランドの旗 ウィンブルドンFC 63 (42)
2003-2004 イングランドの旗 ウェストハム 39 (10)
2004-2005 イングランドの旗 レスター 49 (17)
2005-2006 イングランドの旗 ウィガン 19 (1)
2006-2009 イングランドの旗 サンダーランド 39 (13)
2009-2012 イングランドの旗 サウサンプトン 61 (14)
2012-2015 イングランドの旗 ポーツマス 35 (11)
2014 イングランドの旗 オックスフォード・U (loan) 16 (4)
2015 イングランドの旗 AFCウィンブルドン 8 (1)
1994-2015 合計 462 (178)
代表歴
1996-2004 アイルランドの旗 アイルランド 41 (9)
監督歴
2013 イングランドの旗 ポーツマス (選手兼任コーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年4月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デイヴィッド・ジェイムズ・コノリーDavid James Connolly, 1977年6月6日 - )は、イングランドブレント・ロンドン特別区ウィレスデン英語版出身の元サッカー選手、元アイルランド代表。現役時代のポジションはセンターフォワード

プレミアリーグウィガン・アスレティックFCサンダーランドAFCを含めイングランドの様々なクラブを渡り歩いた他にも、フェイエノールトエクセルシオールといったオランダの2クラブでもプレーした経験を持つ。代表としては、イングランドで生まれ育ったが、アイルランド代表を選択しており、2002 FIFAワールドカップに出場している。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ワトフォード[編集]

1994年にワトフォードFCの下部組織を経て、グレン・ローダー英語版監督率いる同クラブのトップチームからプロキャリアを開始する。翌1995-96シーズンは、低迷するチームにあって、1996年4月13日のポート・ヴェイルFC戦でプロ初得点を含むハットトリックを達成する[1]と、23日のグリムズビー・タウンFC戦でもハットトリックを達成する[2]等で終盤の6試合で8得点を記録した[3]が、チームを救済するまでに至らず、ディビジョン2 (3部)へと降格した。1996年12月9日、FAカップアシュフォード・タウンFC戦で途中出場から14分の間にハットトリックを記録した[4]

オランダ[編集]

1996-97シーズン終了後、アイルランド代表の先輩であるナイアル・クインから、クインが所属するサンダーランドAFCへの移籍を薦められたが、UEFAチャンピオンズリーグでのプレーを夢見た為[5]、1997年に自由契約でエールディヴィジ (オランダ1部)のフェイエノールトと4年契約を締結した。しかし、開幕から6試合目まで出番が訪れず、9月下旬にフィテッセ戦で初得点を挙げるも、以降は再び出場機会を得るのに苦労していた[6]レオ・ベーンハッカー監督交代後はチャンスが与えられ、FCトゥウェンテ戦で途中出場からリーグ戦2得点目にして決勝点を挙げる[6]プレーを見せたが、またしても出場に恵まれなかった[7]ことで、1998年8月にディビジョン1 (2部)のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC[8]、1999年からはエールステ・ディヴィジ (オランダ2部)のエクセルシオール・ロッテルダムへそれぞれ貸し出された。ウルヴァーハンプトンでは、ロビー・キーンとコンビを組み[7]、1998年11月のブリストル・シティFC戦において4得点[9]を挙げるも、シーズン全体では32試合6得点と印象を残すことは出来なかった。だが、エクセルシオールでは、1999-2000シーズンに得点王 (29得点)に輝いており[7]、翌2000-01シーズンもエクセルシオールに滞在することになったが、15試合13得点と昨季同様に得点力の高さを見せつける[10]と、2000年12月にフェイエノールトに呼び戻された[7]

期限付き移籍から復帰したフェイエノールトでは、アヤックスとのデ・クラシケルでの2得点[11]を含む5得点を記録。2000-01シーズン終了後、クラブから契約更新の提案があったが、自身の求める賃金と開きがあった為に退団する[12]と、自由契約選手となったコノリーにAZアルクマールローダJCの2クラブからオファーをされ[12]、最終的にアイルランド代表で共にプレーするケニー・カニンガム英語版の推薦もあり、2001年7月にディビジョン1のウィンブルドンFCと3年契約を締結した[13]。しかし、AZアルクマールから、ウィンブルドンFCとの契約前に3年契約で口頭合意していたと主張され、更にオランダサッカー協会からは、新クラブでプレーすることを禁止が言い渡され、一時暗礁に乗り上げていた[14]。7月27日にウィンブルドンFCでプレーすることが正式に決定した[13]

ウィンブルドンFC、ウェストハム[編集]

ウィンブルドンでエースとして、リーグ戦63試合42得点を記録[15]。特に2002-03シーズンは、主将のニール・シッパリー英語版とのコンビで24得点を挙げており[16]、その活躍にプレミアリーグのクラブからオファーがあったものの、2003年8月1日、プロキャリアを開始した時の監督だったローダー監督が率いるウェストハム・ユナイテッドFCと移籍金28万5000ポンドで合意した[15]。初出場を飾ったプレストン・ノースエンドFCとの開幕戦では、移籍濃厚だったジャーメイン・デフォーの残留に加え、期限付き移籍で加入したニール・メラーの存在から控えでのスタートとなった[17]が、メラーとの交代出場した8分後に決勝点を挙げてチームを勝利に導いた[18]。その後、デフォーやメラー、更にボビー・ザモラマーロン・ヘアウッドブライアン・ディーン英語版といった多くの選手とのポジション争い[19]を繰り広げながら、最終的に公式戦48試合14得点を記録した。2004年5月のクリスタル・パレスFCとの昇格プレーオフ決勝戦がウェストハムでの最後の試合となった。

レスター、ウィガン[編集]

2003-04シーズン終了後、かつてアイルランド代表で師事したミック・マッカーシー監督が率いるサンダーランドからオファーをされるも、2004年7月20日にポール・ディコフ英語版の後釜として、移籍金50万ポンドでレスター・シティFCと3年契約を締結する[20]。レスターでチーム最多の得点源として活躍し、翌2005-06シーズンストーク・シティFC戦でハットトリックを挙げる[21]等、好調を見せていたところ、2005年8月31日に移籍金200万ポンド(インセンティブ最大300万ポンド)でプレミアリーグのウィガン・アスレティックFCに引きぬかれ、3年契約で合意した[22]。初出場を飾ったウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦において初得点を挙げ[23]、早速結果を残したが、ジェイソン・ロバーツアンリ・カマラの牙城を崩せず、また、2006年1月10日にアーセナルFCとのフットボールリーグカップにおいて、ハムストリングを負傷した[24]ことでシーズンの大半を棒に振り、昇格組ながら10位と好調なチームにあまり影響を与えることが出来なかった。

サンダーランド[編集]

2006年8月31日、旧知のロイ・キーンが監督を務め、過去に2度誘われた[25]サンダーランドAFCと移籍金190万ポンド、3年契約で加入する[26]。サンダーランドでも負傷に悩まされながら[27]、11月18日のコルチェスター・ユナイテッドFC戦で初得点[28]を挙げて以降、12月9日のルートン・タウンFC戦の決勝点[27]、16日のバーンリーFC戦の同点弾といった重要な得点を挙げており[29]、チームはターンオーバー制を敷き、ストライカーの布陣は流動的であったが、チーム最多の13得点を挙げて、リーグ優勝及びプレミアリーグへの昇格に貢献した。だが、2007-08シーズン、特に2008年1月以来、鼠径部の度重なる問題[30]から出場機会を得ることが出来ず、2009年5月28日に退団となった[31]

サウサンプトン[編集]

自由契約選手となった後、暫くの間所属先が見つからなかったが、ウィンブルドンFC時代に師事したアラン・パーデュー監督率いるサウサンプトンFCでの3週間の練習を経て、2009年10月8日に同クラブと2009-10シーズン終了までの契約で移籍した[32]。パーデュー監督が4-5-1のフォーメーションを採用しており、1トップのレギュラーにリッキー・ランバートを据えていた[33]ことで、初出場を飾ったオールダム・アスレティックAFC戦、次のミルトン・キーンズ・ドンズFC戦と途中出場だったが、それぞれ得点を挙げて[34][35]アピールしていった結果、11月6日のブリストル・ローヴァーズFCとのFAカップで先発の座を掴み、そして2得点を挙げた[36]。その後、レギュラーと言えないながらも、20試合7得点を記録したのが評価され、2010年7月6日に契約を1年延長することに成功する[37]と、2010-11シーズンは、負傷の影響から17試合4得点と昨季より結果を残せずにいた[38]が、クラブから新たな契約を提示され、2011-12シーズン終了までの1年延長した[39]。2011-12シーズンは、リーズ・ユナイテッドAFC戦を皮切りにバーンズリーFC戦、イプスウィッチ・タウンFCと開幕戦から3試合連続で得点を挙げ、8月27日のレスター戦でも得点を挙げてリーグ戦5試合4得点と近年の不振を感じさせない結果を残していた。しかし、2012年1月の冬の移籍市場でビリー・シャープ英語版李忠成が加入した影響から定位置を掴むのに苦労し、最終的に先発出場試合11試合にとどまり、2012年5月19日にシーズン終了に伴って退団することが発表された[40]

ポーツマス、AFCウィンブルドン[編集]

2012年12月31日にポーツマスFCと1ヶ月の契約で合意する[41]。翌日のスウィンドン・タウンFC戦で初出場を飾る[42]。2月26日のミルトン・キーンズ・ドンズ戦で初得点を挙げる[43]と、次のクルー・アレクサンドラFC戦でも得点し、更にその次のベリーFC戦では2得点を挙げた[44]コノリーは、チームのフットボールリーグ2 (4部)への降格を防ぐことが出来なかったが、17試合7得点と一定の結果を残したことで契約を2年延長することに成功した[45]。翌2013-14シーズンは、9月下旬からガイ・ウィッティンガム英語版監督を支える選手兼任コーチに就任[46]。だが、リッチー・バーカー英語版監督就任以降は構想外となり、2014年1月31日に同シーズン終了までの期限でオックスフォード・ユナイテッドFCへ貸し出された[47]。2月1日のAFCウィンブルドン戦で初出場及び初得点を記録した[48]

期限付き移籍復帰後もポーツマスで出場機会を得られなかった為、2015年1月15日に双方合意でクラブと契約解除[49]し、同日に同カテゴリーのAFCウィンブルドンに移籍した[50]。2月21日のルートン・タウン戦で初得点を挙げる[51]。8試合(途中出場6試合)1得点を挙げた後、体力の限界を感じたコノリーは、ウィンブルドンFC時代に共にプレーしたニール・アドリー英語版監督との会談の末、2015年3月8日に37歳で現役引退することを発表した[52]

代表[編集]

イングランドで生まれ育つも、両親がアイルランド出身[53]だったことから、1996年5月のポルトガルとの親善試合に向け、アイルランド代表に初招集され[54]、初出場を飾る[55]。同年のen:1996 U.S. Cupにおいて、アメリカ[56]メキシコ戦でそれぞれ1得点挙げた[57]後、1997年5月22日の1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選リヒテンシュタイン戦で12分間にハットトリックを達成し、初出場から5試合5得点とした[58]。同予選では、アイスランド戦でも得点を挙げる等でプレーオフ進出に貢献したが、ベルギーとの第2戦において、1点差を追いかける中、途中出場から約10分後にヘルト・ヴェルハイエン英語版を蹴ったことでレッドカードによる一発退場処分となり、チームは1998 FIFAワールドカップ出場を逃した[59]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[60][61][62]

所属クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ワトフォード 1994-95 ディビジョン1 2 0 1 0 3 0
1995-96 11 8 1 0 12 8
1996-97 ディビジョン2 13 2 2 4 1 0 16 6
合計 26 10 4 4 1 0 31 14
フェイエノールト 1997-98 エールディヴィジ 10 2 15[a] 2
2000-01 15 5 15 5
合計 25 7 30 7
ウルヴァーハンプトン (loan) 1998-99 ディビジョン1 32 6 1 0 2 0 35 6
エクセルシオール (loan) 1999-2000 エールステ・ディヴィジ 32 29 32 29
2000-01 16 13 16 13
ウィンブルドンFC 2001-02 ディビジョン1 35 18 2 0 1 0 38 18
2002-03 28 24 2 0 0 0 30 24
合計 63 42 4 0 1 0 68 42
ウェストハム 2003-04 ディビジョン1 39 10 4 2 2 2 48[b] 14
合計 39 10 4 2 2 2 48 14
レスター 2004-05 チャンピオンシップ 44 13 5 0 0 0 49 13
2005-06 5 4 0 0 0 0 5 4
合計 49 17 5 0 - 54 17
ウィガン 2005-06 プレミアリーグ 17 1 1 1 3 1 21 3
2006-07 2 0 - - 2 0
合計 19 1 1 1 3 1 23 3
サンダーランド 2006-07 チャンピオンシップ 36 13 1 0 0 0 37 13
2007-08 プレミアリーグ 3 0 1 0 1 0 5 0
2008-09 0 0 0 0 0 0 0 0
合計 39 13 2 0 1 0 42 13
サウサンプトン 2009-10 リーグ1 20 5 1 2 - 23[c] 7
2010-11 15 3 1 1 1 0 18[d] 4
2011-12 チャンピオンシップ 26 6 0 0 0 0 26 6
合計 61 14 2 3 1 0 67 17
ポーツマス 2012-13 リーグ1 17 7 0 0 0 0 17 7
2013-14 リーグ2 18 4 1 1 0 0 36[d] 9
合計 35 11 1 1 0 0 52 16
オックスフォード・U (loan) 2014-15 リーグ2 16 4 0 0 0 0 16 4
AFCウィンブルドン 2014-15 リーグ2 8 1 0 0 0 0 8 1
合計 8 1 0 0 0 0 8 1
キャリア通算成績 462 178 24 11 11 3 522 196
a. ^ UEFAチャンピオンズリーグ4試合、CL予選1試合を含む
b. ^ 昇格プレーオフ3試合を含む
c. ^ フットボールリーグトロフィー2試合を含む
d. ^ フットボールリーグトロフィー1試合を含む

代表での成績[編集]

出典:[62]

アイルランド代表
出場 得点
1996 4 2
1997 7 4
1998 3 0
2000 6 1
2001 4 0
2002 4 0
2003 6 1
2005 1 0
Total 41 9

代表での得点[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ

イングランドの旗 サンダーランドAFC

イングランドの旗 サウサンプトンFC

個人

脚注[編集]

  1. ^ "David's treble chance; Watford 5 Port Vale 2" thefreelibrary.com
  2. ^ "Hat-Tricks scored for Watford FC in Competitive Games"
  3. ^ "Football: Ireland call on Connolly to convert chances"
  4. ^ "DAVE RAVE; Watford 5, Ashford 0" thefreelibrary.com
  5. ^ "Connolly column: More should follow Hitz"
  6. ^ a b "CONNOLLY TO MISS EURO KICK-OFF; Ban blow for David" thefreelibrary.com
  7. ^ a b c d "Football: IT'S GOOD TO BE BACK; Connolly beginning to re-build troubled career at Feyenoord" thefreelibrary.com
  8. ^ "Connolly to strike chord as McGhee gets his way" thefreelibrary.com
  9. ^ "Football: Slack City hit for six; BRISTOL CITY 1 WOLVES 6" thefreelibrary.com
  10. ^ "CONNOLLY IN LINE FOR RECALL"
  11. ^ "FEYENOORD SINK AJAX IN EPIC"
  12. ^ a b "Football: Holl over for David" thefreelibrary.com
  13. ^ a b "David Connolly cleared to play for Dons"
  14. ^ "Connolly move hits snag"
  15. ^ a b "Connolly joins West Ham"
  16. ^ "Royals confirm Connolly interest"
  17. ^ "Hammers circus rolls into town"
  18. ^ "Preston 1-2 West Ham" BBC Sport
  19. ^ "Problems pile up for Pardew"
  20. ^ "Connolly joins Foxes"
  21. ^ "Leicester 4-2 Stoke" BBC Sport
  22. ^ "Wigan secure signing of Connolly"
  23. ^ "West Brom 1-2 Wigan" BBC Sport
  24. ^ "Wigan suffer double injury blow"
  25. ^ "We Conn do it!"
  26. ^ "Six-pack swoop" sunderlandecho.com
  27. ^ a b "Irish strikers seal Sunderland victory"
  28. ^ "Elliott and Connolly on target in Sunderland win"
  29. ^ "Burnley 2-2 Sunderland" BBC Sport
  30. ^ "Connolly undergoes more surgery"
  31. ^ "Yorke heads Sunderland clear-out"
  32. ^ "Southampton sign striker Connolly"
  33. ^ "Connolly must wait his chance"
  34. ^ "DAVID CONNOLLY'S first goal [..." thefreelibrary.com
  35. ^ "Saints too strong for Dons"
  36. ^ "Connolly sends Saints though"
  37. ^ "Southampton striker David Connolly pens one-year deal"
  38. ^ "Saints start preparations"
  39. ^ "Southampton striker David Connolly signs new contract"
  40. ^ "Southampton release Lee Holmes, David Connolly and Radhi Jaidi"
  41. ^ "Former Southampton striker David Connolly signs for Portsmouth"
  42. ^ "Pompey debut turns sour for ex-Saint"
  43. ^ "Pompey pegged back at home"
  44. ^ "Portsmouth 2–0 Bury" BBC Sport
  45. ^ "David Connolly: Veteran striker agrees Portsmouth contract"
  46. ^ "Portsmouth: David Connolly still key - Guy Whittingham"
  47. ^ "Connolly in Oxford loan switch"
  48. ^ "Oxford Utd 2–1 AFC Wimbledon" BBC Sport
  49. ^ "Paul McCallum: Portsmouth sign West Ham striker on loan"
  50. ^ "David Connolly: AFC Wimbledon sign veteran striker" BBC Sport 2015年1月15日付
  51. ^ "AFC Wimbledon hero Connolly grabs last gasp winner to down Luton Town"
  52. ^ "David Connolly: AFC Wimbledon's former Ireland striker retires"
  53. ^ "Football: Ireland call on Connolly to convert chances"
  54. ^ "IT'S CHILD'S PLAY FOR MICK; Kids can bring us glory says Townsend" thefreelibrary.com
  55. ^ "Dons hitman Connolly still has time on his side"
  56. ^ "Connolly goal not enough for Republic"
  57. ^ "Angry McCarthy sees red"
  58. ^ "Football: Connolly's hat-trick keeps Republic in the hunt"
  59. ^ "Ireland fail to reach World Cup"
  60. ^ David Connolly”. soccerbase. 2015年4月16日閲覧。
  61. ^ David Connolly”. footballzz. 2015年4月16日閲覧。
  62. ^ a b David Connolly”. national-football-teams. 2015年4月16日閲覧。
  63. ^ "Keane gets FAI player of the year"

外部リンク[編集]